公開中コメント一覧

1,017ページ中 2ページ目を表示(合計30,485件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 ... 1017    [前のページ] [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
33,1572019-11-10 22:34:50/rail/takinosawa/main3.html [コメント一覧]10
SUGEEEEEEEEEEEEE!!!
33,1562019-11-10 22:26:27/rail/takinosawa/main3.html [コメント一覧]10
薄い橋脚と言えば、小阿仁森林鉄道・中茂支線の南沢〜中茂口間に残るガーダー橋の橋脚も厚み48cm・幅1mほどで、高さこそそれほどではないものの、薄っぺらさでは大差ないかと。
33,1552019-11-10 22:10:21/rail/takinosawa/main3.html [コメント一覧]10
コレは現役時代の動画があれば見てみたいですね
33,1542019-11-10 18:46:35/road/hiyama/main6.html [コメント一覧]10
 初めまして。S.Kと申します。藪山登山愛好家です。

 昨日、西飛山ダム経由で御殿山に登ってきましたが、事前にこちらのサイトを知っていれば・・・と思いました。飛山ダムと県道について面白い情報が満載で、事前に読んでおけばもっといろいろと写真を影したり、ツチノコを探してみたりしたのですが(笑)

 今週中には登山記録を私のHPで公開できると思います。作文するにあたりこのHPの飛山ダムに関する調査結果も参考にさせていただきます。

 今回の御殿山登山で判明したことをお伝えします。

・最初の大規模崩壊箇所、弛んだロープが張られた2番目の崩壊斜面は削られて車道ができていました(ヘリで小型重機を入れた? キャタピラ跡は残るが重機は見当たらず)。ただし、崩壊原因の沢で道路は削られて3m程度の崩れやすい崖になっています。その先もでかい落石や雨による土砂押し出しで車が通行可能な状況ではありません。でも今年6月以降に軽微とは言い難い土木工事が行われたのは確実です。やったそばからこの荒れようでは、毎年補修が必要でしょう。
・今は寒くなって草は枯れて周囲の状況が良く見えるようになっていましたが、最後の九十九折れ区間は大規模な地滑りで車道はほぼ判別不能でした。
・ダムは底のゲートがオープンしたままで垂れ流し状態でした。ダム湖に沈むはずの上流側の植生を見ても川岸まで樹木が密生しているので、相当長期間水が溜まったことはないと思われます。ただし、近年の記録的大雨ではダムの放水口がボトルネックになり、深さ10m程度は水が溜まることがあるようです。そのくらいの高さまで流木や流されてきた芦が積もっている箇所がありました。今回は尾根に取り付くために「湖底」まで下りました。
・御殿山に登るのにタジマ川とイカズ谷に挟まれた尾根を使いましたが、藪に埋もれていますが道があった形跡が微かに残っています。痩せ尾根でトラロープが残っていたり、ブナに人名が彫ってあったり、切り口が平らな枝などです。ただし、今はもう道らしい場所はほぼ無く、この尾根を歩くには読図能力とかなりの藪山の経験、藪漕ぎの体力が必須です。目印は1つも見かけませんでしたので、独力でルート判断が必要です。
・御殿山にツチノコがいるか不明ですが(笑)、熊は確実にいます。ダムに行くまでの県道ですら熊はいるでしょう。入る人はそれなりの装備が必要です。
33,1532019-11-10 03:48:50/rail/tamagawa/main13.html [コメント一覧]10
クニマスは再発見されていますね
33,1522019-11-10 00:52:32/bridge/sibazaki/main3.html [コメント一覧]8
すでに終了してるヤフオクの古い絵葉書ですが、今のところまだ画像を見ることができます。
【椿】戦前絵葉書【旧柴崎橋/工事中/西会津町】当時物 福島県 上野尻街並み 風景 通り 景色 日本歴史資料印刷物昭和初期頃★26
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p710708173
33,1512019-11-09 20:19:59/road/miyagase/main4.html [コメント一覧]10
最近、この道を上空からドローン撮影した動画がYouTubeで公開されました。なかなか見応えがあります。
https://youtu.be/tPdsF9gm4b4
ヨッキれん氏の探索時と状況にほとんど変化はなく、10号橋の孤立状態も解消されていないようです。
あと、高畑側の入口すぐ、15号橋の中央部にはワルニャン不可能そうなバリケードが新設されています。
33,1502019-11-09 15:00:53/rail/sugisawa/main4.html [コメント一覧]10
また戻ってきました。前回コメントは2017年でした。時がたつのは早いものです。。レールをもっと見たいぞ。
33,1492019-11-09 14:45:03/road/kpr515/main4.html [コメント一覧]9
2019年11月9日に行ってまいりました・・・が、名手の入り口から10分も歩かないうちに道が消えて無くなりました。
土砂崩れの新しめの色を見るに、今年の台風19号で路盤が丸ごとえぐれて流されてしまったようです。
ガードレールだけが空しく宙を渡っている様子は、何とも言えないものです。

別のイベントが控えているからそのまま帰ったけど、次回は覚悟を決めて空中歩行でもしようかしら。
33,1482019-11-09 14:14:21/tunnel/sennin_4.html [コメント一覧]10
何回見ても印象的な橋台ですね。できることなら画像サイズを大きくしてリニューアルしてほしいものです。
33,1472019-11-09 13:23:04/rail/takinosawa/main2.html [コメント一覧]10
広場から分岐
(右岸)橋脚元の玉石垣が軌道跡
あとは33,109さんの書かれた通り
かなぁ?
33,1462019-11-09 02:57:17/rail/takinosawa/main2.html [コメント一覧]10
ループ線作るような余地はなさそうな谷底なので、スイッチバックしていたのではないかと想像したのですが、どうでしょうか。
林鉄は滝の沢橋で右岸へ渡らずずっと左岸を登ってきて、ちょうど砂防堰堤のあたりで折り返して橋を渡り右岸に来ていたとすれば辻褄が合います。
33,1452019-11-08 23:24:46/rail/kumoi/main6.html [コメント一覧]10
明治以降戦後間も無くまで、国内の第一次産業が国内の需要を支えていた痕跡が至るところにある。
貿易によるコストダウンが可能になる以前の話であって、物の普及=社会の豊かさと言えた時代の話。社会の隅々まで物が行き渡るに従い第一次産業が衰退したと言える。
これらのレポートは、その時代へのノスタルジーが人々の好奇心を刺激する。

平沼さん、時代背景など「近代」と呼ばれるものを対象にしてるように見えますが、江戸時代以前なども含む「歴史」と呼ばれる分野でも活躍できそうに思えます。

あくまでも食指が伸びれば…の話ですが。興味を持てなければ文章にパンチも効かないってこともありますから。
33,1442019-11-08 22:58:23/bridge/maturube/main5.html [コメント一覧]10
このレポートに傷つく人などいるのだろうか。おれはまさしく地元民だが、全く傷つかない。たしかに被害はあった。そんなことより、この大自然の偉大さと人間なんか相手にしてないくらいの無神経さに驚嘆の念を共有することで逆に癒される。
同時にそこに果敢に挑む勇者のレポートをユーモアを交えて読むことで純粋に、良質な娯楽として楽しめる。
この超一流の趣味人から知的好奇心とはこうやって満たすものだということも臨場感とともに学ぶ。

平沼さんには最大の賛辞を送りたい。
33,1432019-11-08 22:38:30/rail/moriyosi4/main9.html [コメント一覧]10
懐かしいタイプの缶ジュース。小さな三角形の穴を開けるための2cmくらいの板金されたバールのような穴開け道具が付属していました。
33,1422019-11-07 20:14:29/rail/takinosawa/main2.html [コメント一覧]10
ループ橋なんですか。
33,1412019-11-07 19:34:03/road/morimo/main13.html [コメント一覧]10
ヨッキさんのツイート>トリさんのツイート>トリブログからこのレポートに久しぶりに戻ってきました。リアルタイムでレポート更新を見ていたのかどうか忘れてしまいましたが、”もう嫌だ、この道。”の写真を見て、やっぱり今もヨッキさんは変わってないなあとホッコリしましたよ。
33,1402019-11-07 18:27:05/rail/takinosawa/main2.html [コメント一覧]9
砂防ダム前の橋で、林道側に軌道が戻ってきたのではないですか?
33,1392019-11-07 17:14:17/rail/takinosawa/main2.html [コメント一覧]10
早く次の見たい
33,1382019-11-07 11:28:32/road/heturi/main2.html [コメント一覧]10
昨日、へつりに行きました。
もしや廃道ではと思っていたのでモヤモヤが解消されましたv
33,1372019-11-07 04:47:17/rail/moriyosi3/main8.html [コメント一覧]10
太めのゴムホースがあればサイフォンの原理で排水できそう
33,1362019-11-07 04:01:50/rail/takinosawa/main2.html [コメント一覧]10
落葉と枝葉のコントラストがきれいで、北海道のときの魔界のような静けさと対になるかのような華やかなレポですね!

謎の橋はもしかして、前の片洞門の空き地から一度川を越えながら高度を稼いでこちらに戻ってきていたのでしょうか?
33,1352019-11-06 21:37:09/rail/senzu2/main28.html [コメント一覧]9
最終回、期待してます。
33,1342019-11-06 21:07:08/rail/takinosawa/main2.html [コメント一覧]10
右岸から左岸かと思いきや、左岸から右岸に渡っていた?
33,1332019-11-06 18:40:41/rail/takinosawa/main2.html [コメント一覧]10
いい雰囲気の所ですね。
直前の林道の勾配がきつかったのでこの部分は新しく造った林道では? 滝の沢橋は渡らずそのまま左岸をとおり高度を稼ぎ、あの極細橋脚橋で右岸に渡っていたというのはいかがでしょうか。
33,1322019-11-06 18:04:26/rail/motokiyosumi/main21.html [コメント一覧]10
No.32844さんの、『大量の小赤を流す』というアイデアはすごく良いように思います。
私は以前、牛乳を流したらどうかと書き込みましたが、200メートル超の隧道では多分無理ですね。
やはり金魚が良いと思います。(お)
33,1312019-11-06 17:17:52/rail/takinosawa/main2.html [コメント一覧]10
昭和43年の「580mは改良による延長減で全線廃道」がなんか絡んでんのかな……??
33,1302019-11-06 08:57:39/road/komuro/main4.html [コメント一覧]9
読み応え十分です!いつも楽しみにしています
33,1292019-11-05 22:46:43/rail/takinosawa/main2.html [コメント一覧]10
>しかし、ここで抱えてしまった“謎”の答えは、
> 意外にも、このすぐあとに、間接的な形で、
> 解決の糸口を掴むことになるのだった。

最初に出ていた
「昭和43年度、1448mを自動車道に編入、580mは改良による延長減で全線廃道。」
が怪しいですね。

実は、ずうっと九十九折りで登っていたとか。。。

※万が一、次の公開前に、答えになってしまうなら、
非公開でもいいです。
33,1282019-11-05 21:43:31/rail/takinosawa/main2.html [コメント一覧]10
2019/11/5 21:42現在
8:39の【現在地】リンクが見られなくなっています。

1,017ページ中 2ページ目を表示(合計30,485件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 ... 1017    [前のページ] [次のページ]  

この画面の説明