公開中コメント一覧

996ページ中 4ページ目を表示(合計29,870件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 ... 996    [前のページ] [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
32,4792019-08-18 22:51:44/road/raiden1/main.html [コメント一覧]9
「しかし、私にはこの先にも道が続いているように見える」って、そう見えない人、いるのでしょうか?
まあ、「断続的に」といった形容詞は、必要かもしれませんけど、、、
32,4782019-08-18 22:40:06/road/raiden1/main.html [コメント一覧]10
崖と雲すごいですね、ここからどうなるのか楽しみです。
32,4772019-08-18 19:33:51/road/raiden1/main.html [コメント一覧]10
民明書房刊「日本の道路歴史大全集」
32,4762019-08-18 19:05:47/tunnel/honzongan/main.html [コメント一覧]8
バイパス開通して旧道化した現道は閉鎖されてるみたいですよ!?そろそろ??笑
32,4752019-08-18 17:35:24/road/arakura/main2.html [コメント一覧]9
昔ながらの集落が「自動車」という現代文明(?)ともがきながらも創意工夫して融合しているのがよく分かりました!
32,4742019-08-18 16:42:42/road/kusakiko/main6.html [コメント一覧]10
ダム・・・国益上必要なのでしょうが、このような水没遺構を見るとやはり寂しい気持ちになります。貴重なレポートをありがとうございます!
32,4732019-08-18 15:30:12/road/tpr236_seihou/main10.html [コメント一覧]10
第5回の廃車体(笑)ですが、特徴的にはトラクターっぽいですね。
◆1枚目
・右下にフィン付きドラムブレーキ
・4気筒
・エンジン下の盛り上がりはデフケース?(4WD)
◆2枚目
・左下にドラムブレーキ
・箱型ミッションケースの上に横並びのシフトブーツ
◆その他
・青ヶ島で使うなら小型
・使用時期は昭和後期
・小型トラクターの外装なんて…ねぇ

勘違いしてる処もあるでしょうけど、以上の特徴からすると【三菱 D1650FD】が近いかもしれません。
32,4722019-08-18 14:22:24/road/npr526/main7.html [コメント一覧]10
リベンジおめでとうございます!手に汗握るレポート、楽しく拝見しました。。。
32,4712019-08-18 08:43:19/road/mituno/main5.html [コメント一覧]10
川根が勤務地だった頃に、三盃の道が気になっていましたので、とてもよい記事でした。私は三盃あたりを自転車で回りたいです。
32,4702019-08-17 22:48:34/road/bankei/main3.html [コメント一覧]10
一昨日、層雲峡に行って柱状節理と滝を見てきました。
謎に包まれた大自然や人間が造った古い建築物にとても興味を持ち、検索でこちらにたどり着きました。
すごく、すごく面白かったです!
鳥になって、滝の上流や立ち入り禁止の道の向こうや森の奥の秘境を旅してみたいな・・・と思いました。
ありがとうございました。
32,4692019-08-17 20:41:43/road/raiden1/main.html [コメント一覧]10
ロンタルギアとは、言いも言ったりですな!
32,4682019-08-17 20:24:03/road/hiyama/main6.html [コメント一覧]10
最初からいなかったwww
32,4672019-08-17 17:01:07/road/raiden1/main.html [コメント一覧]10
雷電っていうと埼玉県秩父市国道140号雷電鳥頭山トンネルと雷電廿六木橋が真っ先に浮かびました。
それにしてもすごい景色。まさかビンノ岬の尾根に見えてるのは切り通しじゃないですよね(;^ω^)
32,4662019-08-17 16:12:56/koneta/koneta_137.html [コメント一覧]10
近くを通る機会があったので見てきました
https://youtu.be/jTgrbtpE9Ak
32,4652019-08-17 15:16:42/road/raiden1/main.html [コメント一覧]10
やはり北海道は自然が雄大で良いですね。
そんな自然に真正面から道を通して崩壊したワイルドでアグレッシブな廃道もたくさん見たい。
日本に、こんな凄い景色があったんだをすぐ近くに感じられる廃道レポを!
32,4642019-08-17 00:46:06/road/ozetokura/main3.html [コメント一覧]10
これは間違いなく中止して良かったダム
32,4632019-08-16 23:32:15/road/raiden1/main.html [コメント一覧]10
「奥只見シルバーラインを海水浴に連れてきたかのよう」って、そんなほほえましくかわいい事言っちゃって...
子供のころ、積丹半島周りが繋がる前、長大トンネルができる前の雷電国道は、2、3回通ったことがあります(あまり覚えていませんが)。層雲峡や黄金道路(336号)もよく通ったので、北海道の道なんてこんなものと、当時は当たり前に受け止めていましたが(笑)。
32,4622019-08-16 23:23:26/road/dd740/main6.html [コメント一覧]10
往路の新日本海フェリーから派手に崩れている
崖を望遠鏡で探してアプローチしてみたら偶然ここでした。
ステンレスの扉を見て既視感の原因がわかりました。
現在はラグーンの部分の防波堤に切り込みが入れてあり水が抜けやすくなってました。
https://i.imgur.com/HXvmDpN.jpg


32,4612019-08-16 23:10:04/road/raiden1/main.html [コメント一覧]10
すごい景色です。
全然違う話ですが、福島県伊達市に向かう高速道路IC付近に富士山の麓位巨大な箱庭のような複雑な景色を暗い明け方に見たノですが、あれもすごい景色であった。
どこだったか思い出せない。
32,4602019-08-16 22:43:16/hen/main4.html [コメント一覧]8
No.115の「チァボトリアリマス」はおそらく『“矮鶏(チャボ=小型の鶏)”有ります』つまり「飼育しているチャボを売ります」の意味だと思います。
天然記念物に指定されていますが飼育や食用に供する事は合法であり、田舎では鶏同様貴重な蛋白源ですので。
32,4592019-08-16 21:26:01/road/raiden1/main.html [コメント一覧]10
「雷電」というと、大日本帝国海軍の局地戦闘機と、「片や巨漢の雷電と、片や地獄の料理人、若秩父が……」の歌詞で有名な、なぎら健一の「悲惨な戦い」がイメージする。雷電は横綱になれなかったが。戦闘機も操縦に難があったし。
32,4582019-08-16 21:20:29/road/oochiyo/main11.html [コメント一覧]10
ここから次の案件行くんだもんなあ。たまげたなあ。
32,4572019-08-16 20:39:49/koneta/koneta_189.html [コメント一覧]8
今日たまたま通って、山いがで見たここ!と思って再度見に来ました。
新トンネルの最後(このレポと反対向きに通ったので私から見ると最初)だけ広いのなんでと思ったら、見通しのためですね。納得です。
でも先代の隧道が埋められてるのは残念…。
32,4562019-08-16 19:45:25/road/r113_akasiba/main3.html [コメント一覧]10
一昨日、ロードバイクにて胎内市〜小国町まで国道113号を走ってきました。帰り道にあの橋脚遺構に気が付き、もしかしたらと思って検索したらやはり山行がレポがありました!!さすがです!!!
32,4552019-08-16 19:34:51/road/raiden1/main.html [コメント一覧]6
いくら何でも糸魚川ではないだろう
32,4542019-08-16 18:43:04/road/raiden1/main.html [コメント一覧]9
盛り上げますな〜♪
32,4532019-08-16 17:56:59/road/hiyama/main6.html [コメント一覧]9
砂防ダムの巨大な物と理解すればいいのですな。あと100年も経てば自然の中に埋もれてしまうのでしょう。
32,4522019-08-16 17:42:10/koneta/koneta_194_2.html [コメント一覧]10
この道延びましたね
32,4512019-08-16 17:05:08/mini/218/main.html [コメント一覧]8
身近な場所にも感動があるもんだね。
32,4502019-08-16 15:31:37/road/raiden1/main.html [コメント一覧]10
やった、荒れますね!

996ページ中 4ページ目を表示(合計29,870件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 ... 996    [前のページ] [次のページ]  

この画面の説明