公開中コメント一覧

1,017ページ中 5ページ目を表示(合計30,485件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 ... 1017    [前のページ] [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
33,0672019-10-31 22:07:26/koneta/koneta_120_7.html [コメント一覧]10
| あれから4年も経ったいま、バイパスはとっくに開通しているはずだが、このナビクマちゃんはどうして居るんだろう…。

あれから13年経ったいま、何から何までどうなってしまったのでしょうか。

まずは、古い姿をいったん整理されたら良いのではないでしょうか。

そして、通行可能になった段階で、どうなったかをレポートされたら良いと思いますよ。

あまりおちゃらけた廃道レポートだと怒り出す人がいるかもしれませんけど、事実を淡々と記すレポートは貴重なものになるはずです。
33,0662019-10-31 20:44:29/mini/246/main2.html [コメント一覧]10
明治の議事録まで漁るとは恐れ入ります。
しかし土被りが浅くて大断面で支保工のみ
って山行が読者的には死亡フラグとしか
言いようがない・・隧道の知見があまりない時代ならではのエピソードですね。
33,0652019-10-31 20:38:19/mini/246/main2.html [コメント一覧]10
水路今日はなぜ撤去されてしまったんでしょうねー(泥沼)
33,0642019-10-31 20:11:37/mini/246/main2.html [コメント一覧]9
たいへんだなぁ・・・
33,0632019-10-31 18:51:48/mini/246/main2.html [コメント一覧]10
よっきサンの面目躍如
33,0622019-10-31 16:06:12/mini/246/main2.html [コメント一覧]10
お疲れさまでした。明治の記録を探すだけでも大変だと思うし深いなぁ(笑)
33,0612019-10-31 15:53:10/mini/246/main2.html [コメント一覧]10
フィールドワーク+緻密な資料調査とは、もはや学術研究の域になってますね。
そのうち交通史学とかいう学問が成立し、どこかの大学に「歴史学部交通史学科」が置かれ、ヨッキれん氏が教授として招かれそう。
33,0602019-10-31 14:58:10/mini/246/main2.html [コメント一覧]10
古道の神様の傑作です。感動しました。ぐぅの音もでないくらい圧倒されました。
33,0592019-10-31 11:38:32/mini/246/main2.html [コメント一覧]9
>もう当分、会議録は見たくない!!

いやいや、ご冗談を。
これからは議事録という迷宮の廃坑めぐりに没頭するのが、目に浮かびますぜ。
33,0582019-10-31 09:58:08/mini/246/main2.html [コメント一覧]10
・・・お疲れ様でした(笑)
大変興味深く拝読させて頂きました。

ミニレポと言えども調査の手を抜かない姿勢に敬意を表します。
33,0572019-10-31 09:47:38/mini/246/main2.html [コメント一覧]10
明治時代の給料は8円〜9円だった。
現在の1円を明治時代に換算すると、
1円≒4000円だったので、当時の給料は、3万2千〜3万6千円。
そこから考えれば、336円の費用は
約135万円…
33,0562019-10-31 09:43:00/mini/246/main2.html [コメント一覧]10
時間とともに流されていく歴史の一コマを掬い上げたすばらしい調査です!
33,0552019-10-31 09:29:27/mini/246/main2.html [コメント一覧]10
面白かったー
33,0542019-10-31 09:27:02/mini/246/main2.html [コメント一覧]10
老眼になるともっと辛くなりますぜよ。
33,0532019-10-31 08:45:47/mini/246/main2.html [コメント一覧]10
ヨッキさん,研究者になってきた.
でも面白い!
33,0522019-10-31 08:22:01/mini/246/main2.html [コメント一覧]10
ここまで来ると机上調査が本編だよね(笑)
33,0512019-10-31 06:16:08/mini/246/main2.html [コメント一覧]10
洞門トンネルて言葉の響き、既視感あるなあと思っていましたが、あれだ、アゴラ広場(笑)。
あの渓后坂隧道とほぼ同期であるのに、たどった顛末は対照的だったんですね
33,0502019-10-31 05:34:20/mini/246/main2.html [コメント一覧]10
もう道路史家の域ですね。
33,0492019-10-31 04:41:39/mini/246/main2.html [コメント一覧]7
肉眼検索お疲れ様でした ^^;
33,0482019-10-31 02:01:19/tunnel/gogaku/main2.html [コメント一覧]9
見出しの写真を見てどこか山奥を想像していたら予想外の場所でした。
完全に埋め戻されていると思ったら反対側は入れて、しかも分岐とかすごいことになってますね!ダム付近以外で洞内分岐があるのは初めて見ました。

気になってググったら現在は完全に入れないようですね。
http://www.hetima.net/blog/archives/5905
新道の方は「私道 行き止まり」という看板も出ているようですね。(それも2013年の記事なので2019年現在はどうなっているのか不明ですが)
33,0472019-10-31 00:48:11/mini/246/main2.html [コメント一覧]10
ここまで調べ上げる執念に拍手。
33,0462019-10-31 00:22:41/mini/246/main2.html [コメント一覧]10
水路橋、変な形の坑口の解明を明治の議事録で成し遂げるのはよっきれんならでは。最近 机上調査のキレがすごい! ミステリ小説を読んでいるようでした。文句なし10点。
33,0452019-10-31 00:20:15/mini/246/main2.html [コメント一覧]10
こういうの好き。
画像で見ても分からないような道のアドベンチャーは期待していない。
33,0442019-10-31 00:10:26/road/morimo/main13.html [コメント一覧]10
トリさんのブログ記事からたどり着きました。
あちらでは秋町隧道をサクッと高巻きして橋までたどり着いているように見えますが、この苦闘からの10年間の各方面の積み重ねかと思います。
本レポはとても読みごたえがあり、夜中に一気読みで寝不足です(笑)。
最後に、今後も、ご無事でありますようにお祈りしています。
33,0432019-10-30 23:52:34/mini/246/main2.html [コメント一覧]10
素晴らしく説得力のある考察と実証でした。なんか、秋田に戻られて文章も一皮むけた感じですね。
33,0422019-10-30 22:58:52/tunnel/hidou/main.html [コメント一覧]8
昭和40年代に旧田島町(現南会津町)に住んでいましたが、会津若松市へ行くのに普通にこの隧道を通っていました。
塔のへつりから湯野上にかけての道も片マンプ道でした。
当時の車で2車線分が十分にあった記憶があります。
33,0412019-10-30 18:54:02/road/raiden2/main4.html [コメント一覧]10
現役開発局職員です。職員的にはわるにゃんやめてほしいなぁと思いつつ個人的にはいいぞもっとやれと北海道シリーズ楽しくみてます。
33,0402019-10-30 17:58:20/tunnel/kazuno/main7.html [コメント一覧]10
まさかダムを泳いで廃トンネルに行くとは思いませんでした。興奮しながら読ませて頂きました。
33,0392019-10-30 17:15:02/mini/246/main.html [コメント一覧]9
開通時の写真の人たちの喜び具合が伝わってくる様です。手前とトンネルの向こう側に人力車が見えるんですが、同時に動いてトンネルの中ですれ違ったのか?素敵な式典だったに違いない。現在は何気ない様子なのですが、こういう歴史にスポットを当てて下さるのでいつもながら感心するばかりです。
33,0382019-10-30 16:45:33/mini/246/main.html [コメント一覧]10
ほっこりするとても良い物件ですね。
最後のマウスオーバーは感動しました!

1,017ページ中 5ページ目を表示(合計30,485件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 ... 1017    [前のページ] [次のページ]  

この画面の説明