公開中コメント一覧

1,051ページ中 12ページ目を表示(合計31,507件)    1 ... 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 ... 1051    [前のページ] [次のページ]  
番号書き込み日時書き込みURL▼点数
コメント
1,1072010-01-06 17:37:25/road/morimo/main10.html [コメント一覧]10
昔、六厩から歩いて真っ暗で長いトンネルを抜けて、森茂まで行きました。また森茂峠から車で下ったこともあります。昔は営林署の小屋があってそこで寝ました。今回、谷や山が大きく崩れていて驚きました。それにしてもよく森茂林道入り口からマウンテンバイクで橋まで行きましたね〜。感心しました。雪が解けたらモンキーでいってみたいと思いました。ありがとうございます。
1,1232010-01-07 23:05:00/koneta/koneta_148.html [コメント一覧]10
戦争って怖い!この自然を壊し、人をこき使ってもなんとも思わない。この遺構はそんな悲しい感じがします。
1,1242010-01-07 23:18:05/rail/iida_misakubo/main2.html [コメント一覧]10
地元出身の者です。

この隧道の付け替え工事中、現場を電車で通ったこともあります。トンネルの途中にトンネルの口が開いたのを見たときは、子供心にもびっくりしたのを覚えています。

付け替え前は落石覆いを過ぎてトンネルに入った頃に、付け替え後は狭いトンネルが広くなったところで走行音が変わるのを聞くと、降りる支度をしていました。最近はもっぱら車移動で、飯田線も久しく乗っていないですね。

久頭合から芋堀に抜ける道は、子供のころに歩いたことのある道です。まだ歩けるんですね。懐かしいです。
1,1262010-01-08 11:24:31/road/shimizu/main9.html [コメント一覧]10
「国道の謎」を読んだあと、ウィキからこのサイトにたどり着きました。敬服いたします。
1,1382010-01-08 19:51:39/road/chuo/main3.html [コメント一覧]10
偶然にも2010年1月3日 ヨッキ氏が訪問し丁度3年後に行ってきました。ゲートは取り払われ、車やジョギング中の翁もちらほら・・・完全に地元の道路として生まれ変わっています。
歩きましたが、結構な急坂です。ここでスピード超過&急カーブにより事故が多発した・・・というのも頷けました。
まだ残っている「この先急カーブ速度注意」などの標識に高速道路時代の険しい線形を想像でき、満喫できました。
1,1392010-01-08 21:14:48/road/morimo/main10.html [コメント一覧]10
地元に住んでいるものです。以前に三方向から単車でアタックしてみましたがだめでした。そんなに荒れているとはしりませんでした。体を張ったレポートありがとうございました。
                       おとへい
1,1402010-01-08 23:50:52/road/morimo/main10.html [コメント一覧]10
初めまして、いつもわくわくしながらレポートを拝見しております。
私は現在専門学校生通っております「しののぶ」と申します。
工業高校機械科に通っており、六厩川橋攻略作戦 第10回に出てきた六厩川橋の銘板に書いてある「材質 SS-14」について ひょっとしたら と思いコメントさせていただきました。
最終的には私の憶測なのですが、長文お付合い下さい。

JIS(日本工業規格、以下JIS)では現在SS400と言う材料があります。
SS400の
SS とは「スチール ストラクチャー(Steel Structure):一般構造用圧延鋼材」を示し車両、建築、橋梁、船舶などに使われているそうです。
400とは最低引っ張り強さ(単位N/mm2:ニュートン毎平方ミリメートル)をあらわし、引き千切れる直前の力の強さ、鉄鋼メーカーの保証する強度になります。
この最低引っ張り強さを表す単位は日本の標準単位がメートル・キログラム法から、SI国際単位系に改定により(私が中学の頃なので2000年前後?)力を表すKg:キログラムがN:ニュートンに変わりました。それ以前の単位はKg/mm2:キログラム毎平方ミリメートルで表され現在のSS400は旧JISではSS41と表していたそうです。


この規格を六厩川橋の材質SS-14に当てはめると

一般構造用圧延鋼材、最低引っ張り強さ14Kg/mm2

となり、現JIS表記ではSS140となります。
SS140という鉄を自分は聞いたことがなくて自信が持てないのですが…
以上よりSS-14はSS400と比べ弱い鉄のようなので六厩川橋は現在の橋とは違った、太い鉄骨や構造に工夫が凝らされていると思います。

以上、私の推論です。
マニアックな内容にもかかわらず、お付合いありがとうございました。

事故とお体にはお気をつけて、これからもオブローディングがんばってください。
1,1482010-01-10 01:43:43/road/morimo/main11.html [コメント一覧]10
よくカメラ構えたままこんな所を渡れますね!自分は平衡感覚が悪いので
すぐによろめいて床を踏み抜きそうで怖いです(;・∀・)
ちなみにスウェーデン鋼だとすると、SS14は規格番号ではなく材料記号ですね。
ダム補償工事で普通の道路橋より予算が潤沢だったという可能性があります。
それで、以下のようなメリットを生かしてスウェーデン鋼を使ったのかも
しれませんね。
  1. JIS SS400と同じ程度の炭素含有量しかないのに引張強度が2倍以上あり、
   同じ強度なら軽く作れる(吊橋に理想的)、溶接部強度低下がない
  2. ものすごく固いので、床板接触部が摩耗しにくい
  3. 不純物含有量が小さく錆の進行が遅いので長持ち(山奥で架替も
   ままならない場所に理想的)
1,1532010-01-10 08:59:16/road/morimo/main11.html [コメント一覧]10
最後の動画を見て熊よけの音と歩く速さが圧倒的に早いので、慣れてきた渡橋の様子に見えます、しかし、私が現場で言うのは慣れた頃に事故が待っているので要注意(恐れも必要以上だと返って危険ですが)

ついそんなことを考えながら見てしまいました、やはり水没隧道まで行ったのですね・・・by藁しべ
1,1552010-01-10 09:46:28/road/morimo/main11.html [コメント一覧]10
目標達成おめでとうございます。
やはり期待通り(やってくれるだろうという期待)のレポに感激しています。
しかし地形的にもこの場所を再訪するには舟は必須な気がしますね。歩きだとやはり時間的制約が大きいです。まぁどこから上陸するかも問題ですが。
1,1562010-01-10 10:17:59/road/morimo/main11.html [コメント一覧]10
橋の踏み抜きに対しては、故植村直己氏が氷原のクレバスへの転落対策として行っていた「竹竿を腰に結びつける」という方法はどうでしょうか?廃道では、ノコギリさえ持っていけば材料は現地調達!或いは折り畳みのストックでも代用可能か?
何れにしても、この原理を応用すれば、転落は腰の位置で留まるのでリカバリーは楽なはずです。

ゆうじ@滋賀
1,1582010-01-10 12:36:29/road/yokosuka/main4.html [コメント一覧]10
はじめまして!! 日経新聞の記事を見てから貴サイトにはまってしまいました。住まいが金沢区六浦ですので横須賀近辺のレポートから読んでます。昨日は十三峠をMTBで実際に走ってきました。自転車が大好きで六浦に住んでからでさえ30年近く隅々まで走り回ってるんで「三浦半島は庭!!」のつもりでいました。流石に16号のトンネル郡は日常茶飯事でしたが、旧田浦隧道、長浦田ノ浦隧道なんてのは「そういえばこんな穴があったな」くらいで興味の対象外でしたね。そんでもって昨日は十三峠に行ってきたのですが地図も持たずに、貴サイトの写真を思い出しながら押して走りました。いやあのっけから大爆笑ですよ。写真の通りなんですもん!! 逸見の急坂、階段国道、民家のスクーター、道看板の絵や文字・・・・・・塚山公園や安針塚は行った事があったので「ああここに繋がるんだ」みたいなところもありましたけど全体的には楽しませていただきました。田浦のループも知らなかったですね。今後も少しづつ拝見していきますのでケガ等されないようにレポートお願い致します。
1,1612010-01-10 18:13:10/road/morimo/main11.html [コメント一覧]10
やっぱりヨッキれんだわ (゜_゜)
時間内の分かっていてもなお確認せずにはいられないし、また実際に確認してきてしまう。
まぁ良い子は真似をしないように、、、としか言えないけどね。
1,1622010-01-10 18:13:26/road/morimo/main11.html [コメント一覧]10
復路で見当がついているとか、危険な部分は速度を緩めているとかあるにしても、高所恐怖症ぎみな自分からするとひえええー!な速度でノシノシ歩いていく動画が脅威でした。
1,1642010-01-10 19:32:07/road/okutadami/main7.html [コメント一覧]10
第6回の「私は、残り2本のトンネルを味あわねばならない!!」は、「味わわねば」が正しい日本語だと思います。
1,1832010-01-11 15:13:20/road/morimo/main11.html [コメント一覧]10
後は時速10キロの猛ダッシュですね。わかります!
1,1852010-01-11 17:20:06/road/spr288/main16.html [コメント一覧]10
とても面白かったです。鉄道好きなので、飯田線旧線のところでは、鼻息が荒くなりましたよ。

ところで、在りしの佐久間隧道坑口という写真ですが、他のサイトで、南口と記載されていました。
http://yama-machi.beblog.jp/sakumab/2009/12/post-5b2d.html
如何でしょうか。同じ写真に見えませんか・・・?
1,1872010-01-12 00:01:03/road/morimo/main12.html [コメント一覧]10
SS-14 → 引張強度 140N/mm2 以上のSS鋼
安全帯 → 手すりにフックを掛けようとしないで、一周回したロープにフックを掛ければ良いんです。強度的には弱くなりますが、腰より高い位置にフックを固定出来れば、通常体重の人が落下しても大丈夫です。腰より高い位置じゃないと落下した場合腰椎損傷しますよ。
1,1902010-01-12 02:13:05/road/morimo/main12.html [コメント一覧]10
動画でも熊避けの鈴が鳴っていましたが、よくご存じのように御母衣ダム周辺は熊が出没するそうで、夜間通過時は生きた心地がしなかったものと思います。レポートが掲載されているということは、無事お戻りになれたようで何よりです。
1,1912010-01-12 03:10:48/road/enna/main9.html [コメント一覧]10
(´Д`)ノ今の国政もそうですが地方行政でもその長に立つ者は多大なる権力を持ち、かつ殆ど責任を負わない事の現れですね。殉職された自衛官さんにとってはこの道路が開通しようとしまいと大して関わりが無いような気がします。自衛隊としてもあくまで山岳道路敷設の訓練の一環だったんだと解釈すれば、その訓練中の事故も後世に役立ち後輩自衛官の教訓にもなると思われます、と言うかそう解釈しなければこの道路と一緒で浮かばれないですよね。

あと多分どなたかからご指摘が有ったかと思いますが、「カシミール3D」で調べてみましたところ、ヘリポート入口辺りから富士山は見通せます。かなり条件が良く且つ双眼鏡等を利用すればと言うことだと思いますが。
1,1962010-01-12 10:09:29/road/morimo/main12.html [コメント一覧]10
巨大ぬこならいいんですけど、子熊っていう可能性は・・・
1,2042010-01-12 16:06:21/road/spr288/main16.html [コメント一覧]10
スリリングな展開に興奮し、一気に読みました。
冒頭の軽トラと犬ですが、農作物被害から守るための狩猟で、イノシシとニホンジカに限り、11月15日〜2月15日の間が狩猟解禁期間だそうです。
http://yama-machi.beblog.jp/sakumab/2009/11/post-e16b.html
1,2092010-01-12 19:00:38/road/morimo/main12.html [コメント一覧]10
2010年夏に御母衣湖のこの3林道を徘徊する予定だったんでまったくもって参考になったぜ!!それにしても夢中になっちまうレポートだなぁ〜〜!!!
1,2132010-01-12 21:42:32/road/morimo/main12.html [コメント一覧]10
六厩川橋の最後の眺めの写真ですが。

左の斜面(草木が生えていない所)に橋脚のような大きな人工物が見えませんか?
1,2142010-01-12 21:57:59/road/morimo/main12.html [コメント一覧]10
地獄谷とは言い得て妙ですね。あの景色はまさに地獄です。
御母衣湖には御母衣断層が通っていて、周囲は破砕帯が沢山存在する地滑り地帯で、御母衣ダム建設の際も問題になっていたそうです。小蓑谷隧道の東口の崖の凹んだ部分が、その破砕帯にも見えますね。
それとちょっと思い付いたのですが、小蓑谷隧道のコンクリの無い部分はもしかして、断層が動いた時にトンネルの変形を逃がすための構造なのかと… まあ、ただの想像なのですが。
1,2222010-01-13 11:50:02/road/r101_iriai/main2.html [コメント一覧]10
数年前に男鹿への旅行の際に、ここの一部を通行しました。
「国道な訳がない」と途中で離脱したのを思い出します。
松山寅吉
1,2232010-01-13 14:03:32/road/morimo/main12.html [コメント一覧]10
地図にない小蓑谷隧道ですが、Yahoo地図には書かれている様です。

http://map.yahoo.co.jp/pl?type=scroll&lat=36.13940012978285&lon=136.94226691867328&z=13&mode=map&pointer=on&datum=wgs&fa=ks&home=on&hlat=35.288647508179&hlon=136.45680854465&layout=&ei=utf-8&p=

しかし、拡大すると隧道も道も消えますが。(^^;
1,2252010-01-13 19:09:31/road/morimo/main13.html [コメント一覧]10
久しぶりにヨッキさんの真髄を見た気がします。でもあまり無茶はしないで、ほどほどに?無茶してくださいねー
1,2312010-01-13 20:24:01/road/morimo/main13.html [コメント一覧]10
お疲れさまでした。
確かにヨッキ氏の慣れから来る油断等を指摘する声はあれど、人間だれしも慣れれば油断するもの。
読者としては、今後の事故を防ぐための反面教師になるものだと思いますので、恥ずかしいでしょうが失敗談も包み隠さず今後も公開してもらえる事を期待します。
1,2412010-01-13 21:42:36/road/morimo/main13.html [コメント一覧]10
こんにちは。
自称廃墟フリークの49歳女子。
毎回楽しく拝見させていただいています。
が、
今回ばかりは(特に最終回は)後味が悪いです・・・
よく生きて帰ってきたものだと思います。
勇気と熱意には敬服いたしますが、
ヨッキれんさんはオブローダーのお手本とならなければならない人です。
探索途中に思いも寄らない発見があったりすると、つい長居をしたり、予定変更をしたりの気持ちはわかりますが、
まだお若いのですから絶対に無理をしないで次回に計画を立てて2度行くとかでしのいでください。
私のように行きたくても行かれない人には、ヨッキれんさんの報告だけが楽しみなんですから・・・・
お願いします。

1,051ページ中 12ページ目を表示(合計31,507件)    1 ... 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 ... 1051    [前のページ] [次のページ]  

この画面の説明