http://yamaiga.com/mini/250/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.43点 / 投票回数 572人)

2ページ中 1ページ目を表示(合計56件)    1 | 2    [次のページ]  
番号▼書き込み日時書き込みURL点数
コメント
37,3112021-02-24 00:34:36/mini/250/main2.html10
はじめまして。いつもワクワクしながら読んでいます。このレポートを読んで思い出したのが世界ラリー選手権(公道で行う自動車競技)のギリシャの山道のヘアピンカーブです。
1993 Acropolis Rally
https://www.youtube.com/watch?v=87o86loIs4U
動画の11:09の場面がそれです。ちゃんと転回スペースが設けてあるのが見て取れます(画面の左方向に道が続いているのかはわかりませんが)。コンマ1秒を競うモータースポーツにおいてこのコースのこのコーナーが印象的で、ずっと記憶に残っていました。各ドライバーの攻め方も様々で、右回りでクリアしたり、無理に曲がろうとして切り返すハメになっている場面(12:39)もありました。外国にはこんな道もあるんだなーと思っていましたが、日本の道にも線形的に同じような所があるんだな(形状的には佐白山観光道路の方が近いですね)と驚きました。この道の国道からの入口の様な、どこにつながっているのかわからない道を見ると辿ってみたくなる性分なのですが、車の仕様も含めて突入する根性が無いので、ストリートビューなどでガマンしていますが、それだけでは窺い知れない道の歴史や背景まで細かく洞察されているヨッキれんさんのレポートは、本当に読んでいて楽しいです!これからも面白いレポートを期待しています!
36,3982020-11-12 02:17:19/mini/250/main2.html10
北海道・新ひだか町と新冠町の境界線を海から800mほど内陸に入り込んだ新冠町側に、航空写真でしか確認できない平面ループがあります。その道(ソーラーパネルが設置されている?)を辿っていくと、反対側にも平面ループらしきものが。私有地のようなので主がどのように通行しているか見てみたいです。

ところかわって札幌・藻岩山の山頂から車道を下ってすぐに、平面ループが。こちらは航空写真から確認すると「バス」という文字が読めますが、現在日常的に使用しているのでしょうか。山頂行きのバスはおそらく無く、自家用車も中腹までしか入れないので、体験は難しいかもしれません。
36,0712020-10-06 22:12:03/mini/250/main2.html10
四国でお遍路したときにバンパー大破の勾配変化激坂を体験しました。
自転車(を引いていた)ので私はバンパー大破しなくて済みました。
35,4482020-08-07 15:42:18/mini/250/main2.html5
 なんか今回は、不完全燃焼
頂上付近も、牧場ぽいが、中途半端
神社の配置も無く、「巨大な額縁」の調査も無い
すぐ下に、民家ぽいのや、麓の村で軽い聞き込み等ぐらいはしてもいいのでは?
また、地形的には、白桃峠があるが、触れずじまい。大先生に有るまじき、手抜きぽい。

35,2392020-07-19 15:36:58/mini/250/main2.html10
猫を乗せたまま走り去った軽トラ…
ルドルフとイッパイアッテナを思い出しました。
34,3952020-04-23 18:32:32/mini/250/main2.html10
分岐とループの間の区間に萌えますね〜
34,3182020-04-12 04:42:05/mini/250/main2.html10
ここを目指す、とは何だったの?
シャッターの閉まった倉庫みたいな建物が目的地ですか?
34,2062020-03-30 00:14:39/mini/250/main2.html10
地元和歌山にこんなレアな道があったとは!
メロディーロードは行ったことがあるけど、近くにこんなテンションの上がる道路があったんですね。
次帰郷した際には是非訪れてみたいです。
34,1672020-03-21 22:58:14/mini/250/main2.html10
まさか、ヌコを載せたまま走り去ったとでもいうのであろうか。

正解!
34,1642020-03-21 21:40:57/mini/250/main2.html10
どことなく、ずーーーっと昔の山行がを思い出してしまうレポでした。こういうのが好きだったんです。楽しく読ませていただきました。
34,1512020-03-20 02:37:12/mini/250/main2.html10
昔は山から木材を引き出すための馬を飼っていて、祭りになると小学生・中学生・大人などにクラス分けをして競馬レースをやっていたのでしょうね。
34,1452020-03-19 07:32:16/mini/250/main2.html10
久しぶりにこのサイトに来て良いレポ読ませてもらいました。
34,1352020-03-18 19:26:17/mini/250/main2.html10
最後のヌコに関するレポが可愛いw
34,1192020-03-17 10:54:41/mini/250/main2.html10
普段のレポをギュッと凝縮したような、内容の濃さと展開の速さ、さらに机上調査まで!まさしく小粒でもピリリと辛いミニレポの鏡!!
34,1122020-03-17 01:31:15/mini/250/main2.html10
高野西街道沿いの要衝のようで
10km程下流には廃線になった野上電鉄の登山口駅があった位なので信仰が厚かった時代は人通りが多かったのでしょうね

航空写真見ると崖崩れの多い地域のようで狭隘補修も散見されますので安全対策が必須の地域、大変さが偲ばれます
もっとも此処に何か作るとみさと天文台の観測に支障が出るのは間違いないでしょうねw
34,0902020-03-16 12:33:15/mini/250/main2.html10
歴史発見!電信柱がない所ですね。
34,0892020-03-16 07:18:33/mini/250/main2.html8
まず行くことはないと思うが、ポツンと一軒家が取材に行ったとしたらあの平面ループを理解してちゃんと使うのかな・・・

その前に「こっち左ですね」とか言って無理やり登って存在にも気付かないか・・・
34,0882020-03-16 05:42:31/mini/250/main2.html10
付録にしては話しを最後まで引っ張るのが上手いなぁ。飽きる事なく読めてしまったよ
34,0862020-03-15 23:55:53/mini/250/main2.html10
馬場は道に含まれるのかな…
廃馬場は廃道に含まれるのかな…
(↑ヨッキれんさん的には、ここ重要そう)

神社の敷地で公道ではなさそうだから私道か。
交通を目的としたものではないけれど、法律上は馬は車両だから車道の一種。
廃サーキットみたいなものか…。
34,0812020-03-15 11:57:15/mini/250/main2.html10
神門の外の石段の木の根がラヒュタみたいですね。
34,0802020-03-15 03:52:21/mini/250/main2.html7
意外な場所に意外な物が…。
34,0792020-03-15 01:17:59/mini/250/main2.html10
佐白山のレポのときに、この紀美野町の物件をコメ欄にて紹介させていただいた者です。
全国区のサイトで、こんなどマイナーなところが取り上げられるとは!これぞ山行がの真髄ですね。
私は紀美野町民ではありませんが、このあたりは費用対効果にとらわれない道路建設に熱心な区域というイメージを持っています。
このループ道の半径3キロ圏内を見ても、1日にどれほど通行量があるのかとツッコミたくなるような600m級の町道のトンネルとか。かつての町長が自宅と国道とを結ぶ接続路を公費で作り上げて、後に問題となったこともありました。
1件(あるいは数件)の住民のための大規模な道路工事が計画されたとしても、それがまかり通るような風土があるのかもしれません。
また、公共性の高い道路では遊び心が反映されにくいと熱弁されていますが、近辺に「メロディロード」という遊び心の最たるものがありますしね。
そのような普通の人間には考えられない突飛な発想に加えて「利用者が限定的であること」と「ループ用地が確保できること」等、複数の条件が重ね合わさったことによって生まれた特異な光景なのかなという個人的な感想です。
34,0782020-03-14 17:54:28/mini/250/main2.html9
上の方にあった「現代的な電波塔」は、
携帯電話の基地局だと思います。
34,0772020-03-14 15:03:47/mini/250/main2.html10
平面ループって珍しいんですね。国道49号日大入口交差点や国道4号白河ジャスコ入口等、右折させないためのループは身近で気づきませんでした。
34,0762020-03-14 11:54:44/mini/250/main2.html10
スイッチバックのようなヘアピン・すごい急勾配というと、ミニレポ第224回・熱海の野中山トンネルや、青ヶ島の“道路.zip”を思い出します。
また、ラスト近くの“直線道路”は、塩那道路の天空回廊に似ている感じを受けました。
それぞれ現役・現役だけど利用者ほぼゼロ・未成廃道と違いがありますが、それらを1か所でまとめてつまみ食いできる、とても美味しい場所のように思います。
34,0752020-03-14 09:38:42/mini/250/main2.html9
まぼろしの流鏑馬奔るそらの道
34,0742020-03-14 09:20:43/mini/250/main2.html9
馬場は予想できなかったなあ。馬駆け神事で賑わってた写真とか残ってないのかな。
それにしても、◯◯料理倶楽部はどこ?あの倉庫の中で秘密裏におこなわれているとか?
34,0722020-03-14 03:55:43/mini/250/main2.html10
秋晴れの青空の高原での、馬駆け神事は爽快だったでしょうね。
ただ、ここまで上がるのがシンドイでしょうw とくに老人には。
ここまで馬を上げる必要もあったでしょうし。
こんな場所の道に大掛かりな土工してループ道路を作った理由を推察すると、
村人の登坂の便宜を図る目的で、何らかの神事が行われていた頃に作られたのではないでしょうか。
34,0712020-03-14 01:37:11/mini/250/main2.html10
旧道とか参道とかも気になります。誰かネットでレポートしてないかなあ。
馬駆け神事の馬をトラックで運ぶために道路を作ったのかもしれませんね。道路ができる前はどうしていたのか。
34,0702020-03-14 01:07:55/mini/250/main2.html10
天文台へのアクセス道もすんごく苛酷ですね。昔はR370を頻繁にツーリングしてたのですが、こんな道路があったのか。

2ページ中 1ページ目を表示(合計56件)    1 | 2    [次のページ]  

この画面の説明