http://yamaiga.com/rail/kurikoma/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.32点 / 投票回数 1070人)

4ページ中 2ページ目を表示(合計96件)    1 | 2 | 3 | 4    [前のページ] [次のページ]  
番号▼書き込み日時書き込みURL点数
コメント
29,5892018-07-31 02:04:12/rail/kurikoma/main4.html10
>29,525
だから何?と言いたい。

細かい法律は細々あるものだけれども、法律というものは国民が国に課したルールであって、国民同士が感情的に白黒解釈して運用するべきつくりではありません。
遵法精神のベクトルを勘違いしておられますね。
枝ばかり見て樹を見ないのは知性ある日本国民から遠いですね。
29,5882018-07-30 22:14:02/rail/kurikoma/main4.html9
これはよく調べましたねぇー
まさに鉱脈を掘る感じというか 鉱山だけに
地味だけど温泉地近くの良さげな環境だし
ささやかでも近代化遺産として保存公開されたらいいなぁー
29,5872018-07-30 21:50:30/rail/kurikoma/main4.html10
机上調査は簡単に済ませる,って言う逃げコメントを打ってあったのに,かなり踏み込んだ調査になっていて楽しく読ませて頂いた。長年の経験から得たノウハウがあるとは言え,資料の在り処を探し出し,それを読み解いて読者に判りやすく纏めるというのは楽なことではないと思う。いつもながら感服されられる。そこが現在のヨッキの最大の力であり,魅力でもあると思う。

また,今回の結びの1行,「みんなに見て欲しいから、出て来たんだぞ。」は素晴らしい! まさにそうだと思う。それを伝える伝道師,ヨッキの言葉をして確と拝見致しましたぞ。(ぜ
29,5862018-07-30 21:17:04/rail/kurikoma/main4.html10
雑だとのコメントがありますが,確かにとっちらかった書き方ですが,詳細な机上調査に落とし込むために意図的にやっているんではないでしょうか。複雑で不確かな状況を探偵が整理して推理していくような・・・,推理小説の読後の気分です。
29,5852018-07-30 21:05:38/rail/kurikoma/main4.html7
ここでもっきりやの名に出会うとは
29,5842018-07-30 20:27:25/rail/kurikoma/main4.html9
戦後のエネルギー革命時ならいざ知らず,巨大鉱山が明治41年に早くも(資源枯渇とはいえ)休山してしかもそのまま平成3年迄精練所の煙突も残ってたとかなんか狐につままれた感は残るな。。

29,5822018-07-30 19:18:09/rail/kurikoma/main4.html10
遺跡発掘レベルの素晴らしい調査力とレポートに感銘します。最近上から目線のコメントや採点が実に多いようですね、自分でその地に行かれもしない方々の文句や叱咤のコメントなどあまり気になさらずに、これからも素晴らしい調査を楽しみにしております。
29,5812018-07-30 18:38:38/rail/kurikoma/main4.html10
マスゴミマスゴミ言ってるやつは普段ネットに毒されてる根暗君かな??

さて、そんなことより素晴らしいいレポートでした奥羽山脈にはまだまだ見つかっていないロマンがありそうです!
29,5752018-07-29 12:53:38/rail/kurikoma/main3.html8
木製レールが残っている、という事実だけでも相当興味深いレベルなんやで...

ただ、確かに雑さは否めない気もしてしまいます、一昔前のミニレポでももう少ししっかりしていたかなぁって
29,5732018-07-29 11:39:42/rail/kurikoma/main3.html10
穴は温泉蒸気の噴気孔かも。
栗駒山への登山道の途中にも似たような穴が有り、熱い蒸気を出してます。
更にそれを利用した岩風呂みたいな建物もあります。

謎の建物跡ですが、30年以上前に子供の頃須川温泉に湯治に来て、
辺りを探索した際にまだ建物が有った記憶がありますね。
当然廃屋で近寄りませんでしたが、廃自販機とか見た記憶がおぼろげに・・・
あと近くにぬるいお湯の出るホースがあったのを覚えてます。
須川温泉から秋田県側に少し下るとある栗駒山荘は、
昔はとてもボロくて源泉すら別で(今は須川温泉から引いてます)、
温いお湯しか出なくて困っていたと聞いたことがあります。
その関連の施設かなと思ってました。
29,5722018-07-29 11:26:31/rail/kurikoma/main3.html1
このレポどーでもいいから早く終わらせて
29,5692018-07-29 03:09:43/rail/kurikoma/main3.html10
Yahoo!知恵袋にセラミックのレールについての質問がありましたが、直線だけでいいなら鉱山や排水処理施設や造船所などで使えると思うのですが。
29,5652018-07-28 23:34:56/rail/kurikoma/main3.html3
最近は、なんだかマスゴミにネタにされ出してから、ネタが雑に感じます。
29,5412018-07-26 21:38:33/rail/kurikoma/main3.html10
Googleマップで見ると、軌道の終点あたりから少し北西方向に行ったところに櫓跡?のような人工物の痕跡が見えますね。案外本当に索道の跡だったりして?
29,5392018-07-26 11:36:30/rail/kurikoma/main3.html10
ココではないですが、秋田県内の鉱山木道に関する記述を見つけましたのでご参考までに。

国会図書館の「秋田圖幅地質説明書」に、

石仮戸鉱山
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1085045/27
>精錬所は曳分近傍に在りて石仮戸を距る一里半余其間「木道」の設ありて運搬に供す
>又精錬所より陸中鹿角郡花輪に至るの途上凡三里半は亦「木道」を設けて運搬に供するも

……とありました。
さすがにコチラには痕跡は無いですかねぇ……

他にも、「仙臺鑛山監督署管内鉱区一覽 第九次」によると三菱系ということが判明したり、
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/936634/43

秋田県公文書館にも三点ほど資料があることが判明したりと、中々興味深いですな……
http://da.apl.pref.akita.jp/koubun/dasearch?search_basic_keyword=%E7%9F%B3%E4%BB%AE%E6%88%B8

ただ、「新鹿角」によると
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/935947/49
>毒瓦斯が出るといふ石仮戸硫黄山

……なんていう記述もあり、中々に恐ろしげですね……どんな所なんでしょう?

るくす
29,5382018-07-26 08:12:40/rail/kurikoma/main3.html10
ご自身でも、何度も挙げられている通り、カーブが不得意なので、そこだけ鉄道というのもありかなと思いました。更に言えば、腐食性環境を考慮してあえて木製だった可能性も。
29,5372018-07-25 23:52:20/rail/kurikoma/main3.html8
秋田県に木製軌道が存在した歴史を認めたい情熱がよー〜〜く伝わってきた
点数「普通が5〜6あたり」と言われても情熱に加点せざるを得ない
29,5362018-07-25 16:36:35/rail/kurikoma/main3.html10
>29,525
>今回の行為は触れるか触れないかギリギリのグレーゾーン、厳格な方は黒だと仰ると思います。

この程度の行為が、同条1項6号の「土地の形状を変更すること」に該当するということで処罰されることは考えられず、かつ、実際に処罰された事例も存在しないでしょう。
何をもってグレーとか黒とおっしゃっているのか不明ですが、どんな軽微な行為であっても形式的に法律の条項に抵触するように見えるから違法だという論調はおかしいと思いますね。
29,5342018-07-25 12:38:14/rail/kurikoma/main3.html10
とても興味深いです。
29,5292018-07-24 15:53:41/rail/kurikoma/main3.html10
硫黄鉱山とはいえ、レンガ造りの作業場兼事務所が1つ有っただけで、地上部分のほとんどは青空現場(ほったて小屋程度はあったかも)だったのではないかと想像できますね。
にしても木製レール見てみたいです。遠すぎて訪問難しいですが。
29,5282018-07-24 14:09:03/rail/kurikoma/main3.html10
ロマンがあるなあ
29,5272018-07-24 13:29:54/rail/kurikoma/main3.html10
うーむ、明確に何かが存在しているのに、確定する決定打がないのがもどかしいですね。
29,5252018-07-24 11:58:05/rail/kurikoma/main3.html4
>29,511
地面を掘り返した事について苦言を呈するコメントは自然公園法第33条に抵触することを危惧されているのだと思います。
今回の行為は触れるか触れないかギリギリのグレーゾーン、厳格な方は黒だと仰ると思います。その場にたまたま自然公園保護員の方が居合わせるような偶然があったら、制止され厳重注意くらいは受けていたかもしれません。
29,5242018-07-24 09:11:09/rail/kurikoma/main3.html10
こう云うコトって学術的価値が有るのかしらん??識者(既にヨッキれんはその域だとは思うけど)の意見も聞きたいな〜。
29,5232018-07-24 08:08:36/rail/kurikoma/main3.html9
硫黄は加熱すると溶けますので、レンガの散乱していたところで、採取した硫黄を成形して製品にしていたのかもしれませんね。
29,5222018-07-23 23:44:08/rail/kurikoma/main3.html10
お盆休みに行ってみたいですね。

29,5212018-07-23 23:27:26/rail/kurikoma/main3.html10
「遺跡」…なるほど、遺跡ですよね。
東京・汐留の再開発中に「創業期の新橋駅プラットホーム跡を発掘」という新聞記事を見て、日本の鉄道も「発掘」が行われるほど歴史を重ねてきたんだなぁ…と思ったことを思い出しました。
いや、まぁ、汐留は再開発が行われるまで終始鉄道用地として利用されてきたハズなので、本件とは条件が違いすぎますが。
29,5202018-07-23 21:11:00/rail/kurikoma/main3.html10
索道と連携していただろうというのはありそうなことですね。秋田側でその痕跡は探さないのでしょうか。そう言えば,廃の中でも鉱山はあまり興味ない以前読んだように記憶しているので,もう終わりかな。

探索云々は別にして,なだらかな地形ながら眺望が素晴らしい場所でハイキングに良さそうですね。ふと,恐山に行った時(なぜか2度w)のことが思い浮かびました。 

どうせならもっとちゃんと掘って確認して欲しかったですな。(ぜ
29,5152018-07-22 09:49:11/rail/kurikoma/main3.html10
>茶色いガラス製の薬品瓶のようなもの
ですが
何となく記憶がある瓶で
サントリーかアサヒのビール
もしくはビンのコーヒーのような気がします
記憶の蓋は調べるとマキシキャップというタイプらしく
現行オロナミンCのキャップと同様タイプですが大きいものでした

とここまで書いてコメント見たら既に同意見がありますが書き込みしちゃう
29,5122018-07-20 20:57:47/rail/kurikoma/main3.html10
【茶色いガラス製の薬品瓶のようなもの】は、かつてサッポロビールが販売していたミニボトルに酷似しています。「サッポロビール 樽型 ガラス瓶」で画像検索すれば、見つかると思います。
というか、このボトルはヨッキさんがコンビニ店長をしていた頃に現役だったんじゃないかと思いますが……。

4ページ中 2ページ目を表示(合計96件)    1 | 2 | 3 | 4    [前のページ] [次のページ]  

この画面の説明