http://yamaiga.com/rail/motokiyosumi/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.63点 / 投票回数 5406人)

24ページ中 21ページ目を表示(合計697件)    1 ... 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24    [前のページ] [次のページ]  
番号▼書き込み日時書き込みURL点数
コメント
23,8902016-09-29 18:28:32/rail/motokiyosumi/main3.html10
谷底に桟橋って、何じゃこりゃ!?
森林鉄道跡とのレポ名ですが、鉄道と言うよりも、本当に短期間だけの作業軌道レベルですね。
少しでも大雨が降れば全滅しそう。

しかし、だとするならば500mもの隧道が有るものなのでしょうか?
23,8872016-09-29 17:21:36/rail/motokiyosumi/main3.html10
古老の話を聞き流していた…第2回のゴルフ場に隣接した滝を遡るのが正解というオチが見えた
23,8862016-09-29 16:24:21/rail/motokiyosumi/main3.html10
これはやばい!!続きに期待です。
23,8852016-09-29 16:21:37/rail/motokiyosumi/main3.html10
やべえよ、やべえよ・・・

確かに千葉や地元三浦半島の山中の流れはいつもちょろちょろだから河床に桟橋も全く問題ないでしょうね!
23,8842016-09-29 15:35:29/rail/motokiyosumi/main3.html8
ドキドキしますねえ。なるほど桟橋に線路を敷くとは…相当軽い車両でないと厳しいでしょう。となると人力ですかな。
23,8822016-09-29 13:08:16/rail/motokiyosumi/main3.html10
鑿跡スゲー!!
23,8802016-09-29 10:39:56/rail/motokiyosumi/main3.html10
まじかー!
23,8782016-09-29 09:38:08/rail/motokiyosumi/main3.html10
ヨッキさん凄い!私だったらこの探索が終わって翌週には記事にしてアップせずにはいられない発見です!!
23,8772016-09-29 09:29:41/rail/motokiyosumi/main3.html9
おぉっ!!
23,8762016-09-29 09:17:44/rail/motokiyosumi/main3.html10
増水して濁流にのまれなければ路盤がしっかりしているので斜面に桟橋かけたり石垣築いたりするより合理的ですね
23,8752016-09-29 09:13:38/rail/motokiyosumi/main3.html10
京都の貴船の川床を思い出しました
座って料理を食べるのではなく
そこを運材列車が走るのですね
きっと夏は涼しいと思います
23,8742016-09-29 04:38:40/rail/motokiyosumi/main3.html10
ここって、手押し軌道だったんですかね。
この勾配をいくら空荷の車両でも機関車で登れるものなんでしょうか?

重い荷物(材木)が下りだけの林鉄なら手押しでもなんとかできそう、なんて思ってしまいました。
23,8732016-09-29 04:32:28/rail/motokiyosumi/main3.html10
谷底に桟橋で路盤を組んでレールを敷設するなんて、想像の範囲を超えています。
23,8692016-09-28 04:14:06/rail/motokiyosumi/main2.html9
レール発見!素晴らしいですね。
ちなみに、金属製の用地杭もどき?のマークは森林管理署の地図記号かと…
23,8652016-09-27 00:38:58/rail/motokiyosumi/main2.html10
=͟͟͞͞( •̀д•́)))
23,8632016-09-26 16:40:43/rail/motokiyosumi/main2.html9
水路穴も。。(;´Д`)
23,8612016-09-26 12:35:19/rail/motokiyosumi/main2.html9
おぉっ!・・一寸テンション↓。
23,8602016-09-26 11:46:17/rail/motokiyosumi/main2.html9
9:20の現在地がリンク切れのようです。
23,8592016-09-26 11:24:30/rail/motokiyosumi/main2.html10
赤枠の画像にカーソル乗せるとしっかり穴の内部の様子が
>>9:18 【現在地】
>>9:20 【現在地】
地図が無いよ
23,8572016-09-26 11:01:50/rail/motokiyosumi/main2.html10
線路あるじゃん!!
23,8562016-09-26 09:21:29/rail/motokiyosumi/main2.html10
毎度毎度のすげえー
と思ったけど
陰に不発に終わった探索も大量にあってのこのレポートなんでしょうね
23,8552016-09-26 07:42:18/rail/motokiyosumi/main2.html10
こんな小さな谷にも森林軌道が敷かれていたのでしょうか?続編が楽しみです。
23,8542016-09-26 07:21:05/rail/motokiyosumi/main2.html10
バイクの遊び場を探索している時に件の廃橋を発見しましたが、渡れず引き返した事があります。まさ左に抜け道が在ったとは・・・
23,8532016-09-26 04:42:55/rail/motokiyosumi/main2.html8
こんな狭くて切り立って曲がりくねった谷にどうやって線路を通したんだろうなあ・・・?
こういう地形ばかりなら、林鉄が流行らなかったのも道理でしょうか。
23,8522016-09-26 01:34:25/rail/motokiyosumi/main1.html10
んんんんんんんん!!!!
こ、これは?????
23,8512016-09-26 01:03:35/rail/motokiyosumi/main1.html10
流石にこれは自然穴だろー
と思う程度にはスれてきました。
23,8502016-09-25 22:09:01/rail/motokiyosumi/main1.html10
あのゴルフ場は、一部のバイク乗りに天竺と呼ばれる遊び場ですね!
最後の熊のお家もワクワクします。
23,8492016-09-25 20:44:38/rail/motokiyosumi/main1.html9
最高にドキドキワクワクなのですが…最近あまり感じなかったけどまた出だした高尚な文章表現がちょっと…常用漢字以外はひらがなにしていただけたら、と。日常で目にしない文言は平易なそれにしていただけたら、と。

そのたびに、知ってる漢字や文言でも一瞬思考停止に陥って、読む流れが止まってしまうのです。
ここ、純文学じゃないでしょ?えっ?純文学なんですか?じゃあしょうがないか。

23,8482016-09-25 17:35:59/rail/motokiyosumi/main1.html8
| 流石に板の配置は2枚重ねを基本とした、橋的表現ならカンチレバー方式(?)とでもいうもの

これ、プロの技、というよりも、梁の間隔と板の長さが異なるため、手前を梁にあわせれば、先端はカンチレバー風になる、というだけの話ではないでしょうか。

それにしてもこの板、何らかの方法で固定しているのでしょうか。写真からは、ボルトや針金のようなものはみえないのですが、まさか接着したということですか? 固定してなければ、風で飛んでしまいそうな気がするのですが、、、
23,8472016-09-25 13:27:00/rail/motokiyosumi/main1.html10
こういうダム湖のバックウォーター最上部とか、秋町隧道みたいな水没トンネルとか、空気注入式のスタンドアップパドルボードがあるといいんでしょうけど……やはり荷物になってしまいますかねぇ。
そして、やっぱり穴ですか……トロッコのトンネルか、自然の穴か、次回が楽しみです。

24ページ中 21ページ目を表示(合計697件)    1 ... 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24    [前のページ] [次のページ]  

この画面の説明