http://yamaiga.com/rail/motokiyosumi/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.63点 / 投票回数 5160人)

22ページ中 2ページ目を表示(合計657件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 ... 22    [前のページ] [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
25,3232017-03-29 09:08:24/rail/motokiyosumi/main20.html10
すばらしい超大作でしたね!
房総半島の凄さを改めて知りました。
25,3142017-03-28 15:16:53/rail/motokiyosumi/main20.html10
ブラボー!ヨッキさん。
25,3122017-03-28 13:53:04/rail/motokiyosumi/main20.html10
ワクワクしどうしでしたよ〜ヨッキさんお疲れ様でした。
25,3112017-03-28 09:16:08/rail/motokiyosumi/main20.html10
>林道へ復帰するための10mほどの登攀は、大袈裟ではなく最後の頑張りどころであった。

もう少し川を下れば3〜5mくらいで林道にいかれますが、
川を下るより、無理してでも林道に上がった方がよかったのでしょうかね。


第3の証言者のツボイ沢の水没隧道は本当にそこに無かったのか?
4つの隧道のうち3つを正確に指示しているのに、なぜそこだけ間違えるのか不思議です。
山奥の隧道は未確認との事ですが、他の水没隧道は水没前に確認したのか
他の人の話や資料などから位置を示したのか、
そこのところをご教示していただけたらと思います。
25,3092017-03-28 07:16:41/rail/motokiyosumi/main20.html10
冒険小説のようにワクワクしながら読みました。
とてもおもしろかったです。
25,3082017-03-28 02:18:02/rail/motokiyosumi/main20.html10
素晴らしいレポでした。お疲れ様。この軌道のイメージで、林鉄のレイアウト作りたいです。
25,3072017-03-28 01:23:05/rail/motokiyosumi/main20.html9
面白かったです。ところでこのあいだ近くの高宕川でも小滝の手前で似たような橋脚孔を見ました。手前の林道が途切れるあたりには前後が途切れた路盤と小さい隧道もありました。トロッコ用かどうかはわかりません。
25,3032017-03-27 17:52:23/rail/motokiyosumi/main20.html10
いつも楽しみに読ませて頂いてます。

君津市街地(海の方)に住んでいるので、笹川湖の方にはたまに行くのですが、こんな身近な所に林鉄があったとは思いもよりませんでした。

次の探索を楽しみにしています。
25,3022017-03-27 17:32:12/rail/motokiyosumi/main20.html8
本当にこれで完結なのかな?カナ?
差し当たって最後の地図で言うところの田代線の支線Cが
次回に期待
25,3012017-03-27 17:05:47/rail/motokiyosumi/main20.html10
ここまでくると笹川湖に沈んでいる?未確認隧道から右に眼を転じると「ここは、何故ショートカットしなかったのかしら?」と疑問を抱かざるを得ないほどの川回しにもってこいの場所が・・・
逆に川沿いを進んでいたのならビル沢に(短期なり、仮設なり、(本線まで搬出するための連絡していない)作業線が存在するのかも知れない
25,3002017-03-27 12:17:22/rail/motokiyosumi/main20.html10
久しぶりの長編大作レポート堪能させてもらいました、やっぱり"穴"は房総ですね!!

オブローディングの神はヨッキれんでしょう!
25,2992017-03-27 11:15:37/rail/motokiyosumi/main20.html10
謎深き房総の林鉄の解明は大作ですね
探索や発見にワクワクするとともに古の人の営みに浪漫も感じました
25,2982017-03-27 10:27:03/rail/motokiyosumi/main20.html9
田代川本流沿いの路線の存在が明らかになったときからうすうす感付いていましたが、やはり支線Aは存在しないのですか…。

今さら感はありますが、笹川湖の貸ボート乗り場でいただいた地図によると、支線Aの入っていく沢は衛士沢というらしいです。ですので支線Aの名称も衛士支線とされてはいかがでしょうか。
25,2972017-03-27 10:24:00/rail/motokiyosumi/main20.html10
この翌日以下の成果で発表に至らない探索がどれほどあったか考えると殆ど戦慄せざるを得ないっすね(;´Д`)お疲れ様です!!
25,2962017-03-27 10:01:45/rail/motokiyosumi/main20.html10
ご本人も仰せですが、執念を感じる大きなレポートとなりましたね。こんな立派な森林鉄道が埋もれていたなんて。当時の写真がなぜ無いのかの時代背景も分かってきた感じでさすが山行がです。望みは薄いのでしょうが現役時代の隧道や木橋、トロッコなどの写真が見つかるといいですね。 いやー、面白かった!
25,2952017-03-27 08:02:10/rail/motokiyosumi/main20.html9
>>馬を背負って歩く行商人がどこにいる
面白い表現ですね
25,2942017-03-27 07:58:40/rail/motokiyosumi/main20.html10
お疲れ様でございます
としか言いようのない一連のレポート
探索の楽しみがとても伝わってきました
>馬を背負って歩く行商人
ここでくすくす笑いました
25,2932017-03-27 04:36:54/rail/motokiyosumi/main20.html10
本当にお疲れ様でした。
25,2922017-03-27 04:26:06/rail/motokiyosumi/main20.html10
原木シイタケw
今までで一番興味深かったです。
25,2822017-03-25 13:59:08/rail/motokiyosumi/main20.html10
素晴らしいです良いレポートを
ありがとうございます。
25,2782017-03-24 15:25:15/rail/motokiyosumi/main20.html9
よく考えてみると崖の中腹にどうやって掘ったんだ?
25,2732017-03-24 05:15:13/rail/motokiyosumi/main20.html10
すごーい。隧道の反対側の崖に登れて、ものすごくよかったですね!
隧道から外を覗いたときはなんかわかりにくかったみたいですし、まさにこの位置、という感じでしょうか。
25,2722017-03-24 01:21:07/rail/motokiyosumi/main20.html10
支線の先の谷に、隧道がありそうな場所は無いのか…!?
と、地形図とにらめっこしたのはきっと私だけではないハズ(笑)
25,2712017-03-23 23:45:59/rail/motokiyosumi/main20.html9
支線みたいなのは、案外、行き違いのスイッチバック式信号所みたいなものなのかもしれませんね
25,2682017-03-23 19:11:30/rail/motokiyosumi/main20.html10
貫通画像に胸熱!
25,2662017-03-23 12:46:03/rail/motokiyosumi/main20.html10
壁穴、ほんと印象的な眺めですね。自分の眼で見られたヨッキさんが羨ましいです!
いつか支線も含めて、この軌道の全貌を解明してくださると有難いです。
25,2652017-03-23 12:24:38/rail/motokiyosumi/main20.html10
オブローダーの神への捧げ物、それは・・自転車を投げ落とすコトなんだなぁ。
25,2642017-03-23 11:24:46/rail/motokiyosumi/main20.html8
これだけフォトジェニックな隧道が
沢歩きの人にさえ気付かれずに埋もれていたというのも不思議なものですね。
意識して探していないとなかなか認識できないのでしょうね。
25,2632017-03-23 11:06:18/rail/motokiyosumi/main20.html10
http://yamaiga.com/rail/motokiyosumi/motokiyosumi_553_1.jpgに痺れました。現役時代を見たかったですねえ〜。いつもは俺の中での採点基準の減点対象なんだけど,支線の確認を省略しても今日は許すw
25,2622017-03-23 10:14:03/rail/motokiyosumi/main20.html10
最後の眺めはまるで宇宙に浮かぶ緑の惑星のようです

22ページ中 2ページ目を表示(合計657件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 ... 22    [前のページ] [次のページ]  

この画面の説明