http://yamaiga.com/rail/motokiyosumi/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.63点 / 投票回数 5396人)

24ページ中 3ページ目を表示(合計693件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 ... 24    [前のページ] [次のページ]  
番号書き込み日時書き込みURL▼点数
コメント
23,8572016-09-26 11:01:50/rail/motokiyosumi/main2.html10
線路あるじゃん!!
23,8592016-09-26 11:24:30/rail/motokiyosumi/main2.html10
赤枠の画像にカーソル乗せるとしっかり穴の内部の様子が
>>9:18 【現在地】
>>9:20 【現在地】
地図が無いよ
23,8652016-09-27 00:38:58/rail/motokiyosumi/main2.html10
=͟͟͞͞( •̀д•́)))
23,8732016-09-29 04:32:28/rail/motokiyosumi/main3.html10
谷底に桟橋で路盤を組んでレールを敷設するなんて、想像の範囲を超えています。
23,8742016-09-29 04:38:40/rail/motokiyosumi/main3.html10
ここって、手押し軌道だったんですかね。
この勾配をいくら空荷の車両でも機関車で登れるものなんでしょうか?

重い荷物(材木)が下りだけの林鉄なら手押しでもなんとかできそう、なんて思ってしまいました。
23,8752016-09-29 09:13:38/rail/motokiyosumi/main3.html10
京都の貴船の川床を思い出しました
座って料理を食べるのではなく
そこを運材列車が走るのですね
きっと夏は涼しいと思います
23,8762016-09-29 09:17:44/rail/motokiyosumi/main3.html10
増水して濁流にのまれなければ路盤がしっかりしているので斜面に桟橋かけたり石垣築いたりするより合理的ですね
23,8782016-09-29 09:38:08/rail/motokiyosumi/main3.html10
ヨッキさん凄い!私だったらこの探索が終わって翌週には記事にしてアップせずにはいられない発見です!!
23,8802016-09-29 10:39:56/rail/motokiyosumi/main3.html10
まじかー!
23,8822016-09-29 13:08:16/rail/motokiyosumi/main3.html10
鑿跡スゲー!!
23,8852016-09-29 16:21:37/rail/motokiyosumi/main3.html10
やべえよ、やべえよ・・・

確かに千葉や地元三浦半島の山中の流れはいつもちょろちょろだから河床に桟橋も全く問題ないでしょうね!
23,8862016-09-29 16:24:21/rail/motokiyosumi/main3.html10
これはやばい!!続きに期待です。
23,8872016-09-29 17:21:36/rail/motokiyosumi/main3.html10
古老の話を聞き流していた…第2回のゴルフ場に隣接した滝を遡るのが正解というオチが見えた
23,8902016-09-29 18:28:32/rail/motokiyosumi/main3.html10
谷底に桟橋って、何じゃこりゃ!?
森林鉄道跡とのレポ名ですが、鉄道と言うよりも、本当に短期間だけの作業軌道レベルですね。
少しでも大雨が降れば全滅しそう。

しかし、だとするならば500mもの隧道が有るものなのでしょうか?
23,8922016-09-29 21:18:15/rail/motokiyosumi/main3.html10
軌道の所在は谷底だったなんてそんなばかな
台風や集中豪雨に遭ったら流されてしまうのでは
人が避難するにも鉄砲水が出る谷底に敷かれた軌道を徒歩でもトロッコでも下るのは危険では
それと500mのトンネルは何をショートカットするために?
地図でそれほど大きな蛇行は見えないが
23,8932016-09-29 22:36:43/rail/motokiyosumi/main3.html10
えーー!
23,8942016-09-29 23:10:59/rail/motokiyosumi/main3.html10
トンネル出現の予感!
23,8972016-09-30 21:18:05/rail/motokiyosumi/main3.html10
この状態で500mの隧道となると、川の蛇行の短絡程度のレベルじゃなく
隣接谷へ移行か、下手すると分水嶺越えで太平洋側の谷筋に出そう・・・
23,9002016-09-30 22:46:53/rail/motokiyosumi/main3.html10
まさに大発見ですね 続き待ちきれません
23,9012016-10-01 01:50:38/rail/motokiyosumi/main3.html10
なんていうかもう鉄道っていうより、車輪付きの筏流し(笑)
水が足りないから、苦肉の策として筏に車輪を付ければ流れるだだろうっていう、
普通の鉄道とは根本的に違う原点から生まれた奇策ではと思えてしまいます(笑)
23,9042016-10-01 20:05:44/rail/motokiyosumi/main3.html10
これ地形図見てる感じだと、500mの隧道があれば隣の谷に届きそうなんだけど・・・
23,9052016-10-02 00:11:19/rail/motokiyosumi/main4.html10
「承」が続くということは、林鉄は他の谷にもあったということなのか....
次回がまちきれません
23,9062016-10-02 00:24:48/rail/motokiyosumi/main4.html10
構造物の簡素さから言ってやっぱり木炭運搬用の手押し軌道かな
23,9072016-10-02 00:46:55/rail/motokiyosumi/main4.html10
はたして謎は解き明かされるのでしょうか?
転と結がある長編であることに望みを託し、楽しみに待ちます。
23,9082016-10-02 01:07:17/rail/motokiyosumi/main4.html10
第4回、谷奥で発見された炭焼窯群が東(京帝)大の演習林にかかる(戦時中の)製炭窯の遺構だとすると、猟師が通ったという「長大隧道」も、この製炭窯の拠点に木材を集めるために掘られたものと推測されるけれども、全然ちがう位置に掘られているのかもしれない。そもそも、猟師が言っていた捨てられたレールなんて、これまでのところほとんど見つかっていないのだから、別の場所なんだろう。まさにまだまだ「承」という感じ。しかし、三浦と房総は、規模は違うが、地形が双子のように似ていますね。
23,9092016-10-02 01:46:43/rail/motokiyosumi/main4.html10
痕跡は点々と残っている。当時の写真があれば面白いだろうに。。
23,9102016-10-02 02:21:04/rail/motokiyosumi/main4.html10
引っ張るねぇ〜w 段々ドラマ仕立てが凝ってきたなw 素直に更新を楽しみに待つぞ! (ぜ
23,9112016-10-02 03:59:24/rail/motokiyosumi/main4.html10
「あみ印のチャーハンの素」は大正義!
23,9122016-10-02 08:09:27/rail/motokiyosumi/main4.html10
河床を使った軌道は聞いた事がないので驚いてます(せいぜい城のお堀の中を走った名鉄や砂浜を走った旧東海道くらいしか)。
古老の言われた分岐を左にいくという言葉を覚えてますので…まさか…
23,9132016-10-02 08:39:03/rail/motokiyosumi/main4.html10
分岐は左でしたね

24ページ中 3ページ目を表示(合計693件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 ... 24    [前のページ] [次のページ]  

この画面の説明