http://yamaiga.com/rail/nigorigo/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.61点 / 投票回数 3534人)

10ページ中 9ページ目を表示(合計286件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10    [前のページ] [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
16,5552014-08-16 20:58:48/rail/nigorigo/main2.html7
[おぶやき]での「とっても地味な回です。」って発言…
これがとっても地味って、本チャンの軌道跡にはどんだけ凄いモノがあったというんですかい??
16,5522014-08-16 16:21:52/rail/nigorigo/main2.html10
由緒ある滝を見に行くルートは、大岩壁が途切れたその場所しかない。日光鵲橋レポを思い出しました。
16,5492014-08-16 15:21:18/rail/nigorigo/main2.html10
すごーい、ワクワクしますね。
16,5482014-08-16 14:32:08/rail/nigorigo/main2.html10
滝は本編に登場するのでしょうか?
それにしても遊歩道があってよかったですね。
旧版の地形図はけっこう等高線に誤差がありますね。
比較してもあまり同じ所とは思えませんね。
それだけ山奥ということでしょうね。
16,5432014-08-15 19:06:23/rail/nigorigo/main1.html10
楽しみにしていました。期待通りの花◎です♡。対岸に渡られるのでしょうね。目が離せません。(お)
16,5402014-08-15 04:07:02/rail/nigorigo/main1.html9
本当は10点だけどお気に入りのアイコンが全て山さ行がねがのアイコンになってしまったので−1
16,5312014-08-13 20:31:51/rail/nigorigo/main1.html10
これは今までならORJクラスのネタでしょう。ここで無料公開するとは太っ腹ですね。
16,5262014-08-12 20:20:10/rail/nigorigo/main1.html10
「サザエさんの家」はすぐ判りましたよ。修正しちゃいました?
16,5242014-08-12 16:13:10/rail/nigorigo/main1.html10
索道が意外と良く残っている。やはり撤去が難しかったのだろうか?
しかし、どうやってこの絶壁の谷を越えた対岸にまで建設したのだろう? それもヘリコプターも無い昭和15年に。
この分だと、上部軌道にレールなどが残っている可能性が高いか?(路盤が現存していれば、ですが)
16,5202014-08-12 14:42:24/rail/nigorigo/main1.html10
上着引掛けるのは無理としても、仮に滑車を持ち込んで鉄柵を滑ったとしても、一番垂れ下がった谷の中央に宙ぶらりんで絶体絶命でしょうね。
16,5192014-08-12 14:06:37/rail/nigorigo/main1.html9
なんでひめしゃがに機車が展示してあったのか、コメント欄で謎が解けた!(笑)

御嶽少年自然の家現役時代、旅館御嶽など地元萩原の設備メンテの事務所を辞める3年前まで何回か足を運びました。
林道が谷底の辺まで行っている事は解っていましたが、
まさかそれ以前に林鉄があったとは。
続きを楽しみにお待ちしています。

あの狭いパノラマ街道を2トンユニックで観光バスとすれ違う時は正気の沙汰ではないと思いました。
16,5182014-08-12 09:12:02/rail/nigorigo/main1.html10
動画を見て思い出しました。策道で上の人に「送って良いよ」の合図をする時、ワイヤーを棒でガンガンたたいてました。
また策道の事を「でんしん」(字は不明)と呼んでいました。
16,5172014-08-12 08:29:01/rail/nigorigo/main1.html10
索道かっこいい!
16,5162014-08-12 08:07:58/rail/nigorigo/main1.html10
流石にここは渡れないか⁉︎
16,5152014-08-12 07:44:53/rail/nigorigo/main1.html9
この後、颯爽と脱いだ上着を鉄索に引っかけ、両手で掴んですべり降りたんですね。
エキサイティングな動画、期待してます!
16,5142014-08-12 07:09:46/rail/nigorigo/main1.html10
今でも厚生労働省の管轄する資格で、機械集材装置の関連は生きてますよ!特別教育とかも有るから、テキストも取り寄せ可能と思います。
16,5132014-08-12 06:35:46/rail/nigorigo/main1.html10
いいですねぇ♪よく残っていたもんだ。そいう言われればグーグルマップ航空写真に何か建物らしき白い部分が...気のせい?

このレポが始まる前に,たまたまユーチューブで林業実習かなにか用の索道の種類と操作の仕方の動画を見ました。我が家の在所近辺は今でも,材木の運び出し現場で索道が見られます。索道屋さんの宣伝看板も見掛けます。

探索の最後に,逆方向からヨッキれんが索を滑り降りる動画がアップされるだろうから,それを楽しみに待ちますww 
 
今回の最大の謎,「サザエさんち」?? ぜ)
16,5122014-08-12 02:40:58/rail/nigorigo/main1.html10
この谷を一体どうやって渡るのか?ワクワクして来ました!
16,5102014-08-12 01:30:07/rail/nigorigo/main1.html10
根尾滝駐車場から遊歩道で十六周りを降り対岸にわたったと予想
16,5092014-08-12 01:22:25/rail/nigorigo/main1.html7
「汽車・水車・渡し船」に書かれた全長が8.7kmで一致しないとか言いながら、舌の根の乾かぬうちに自分で上部軌道8.7kmって書いてるじゃん。
16,5082014-08-12 01:22:23/rail/nigorigo/main.html10
いい導入だぁ良作期待

なかった事にされてる乗越峠が気になるちゃん
16,5072014-08-12 00:54:07/rail/nigorigo/main1.html10
【林業用索道の基礎知識講座】たいへん勉強になりました。
学生時代(昭和60年前後)丹沢で遊んでいた当時、廃登山道を歩いていたら頭上を木材が飛んで行ってびっくりしたのを思い出しましたよ。
16,5042014-08-11 23:16:24/rail/nigorigo/main.html10
今回はとりわけ困難そうな感じですね。ワクワクします。
16,5022014-08-11 15:33:16/rail/nigorigo/main.html10
山奥、険しそう、人が住むところでなさそうで軌道跡があるのかないのか、あったとしても1歩外れればそこは大自然の中、それもあまり好意的ではなさそうな自然。このレポートがあるので無事に帰還したことは分かりますけど単独向きではないエリアへまた行きますか。次が楽しみー?です。
16,4992014-08-11 10:59:51/rail/nigorigo/main.html9
重要な追記ってチャリデポのことなの?w
16,4982014-08-11 08:59:48/rail/nigorigo/main.html10
のっけから香ばしい探索ですね〜
16,4972014-08-11 08:47:48/rail/nigorigo/main.html8
「このデポ作業だけで結構な時間と神経を消耗してしまった」
はい、よっくわかりますw
狭くて見通しの効かないコーナーが延々と続き行けども行けども終わらない。
自分の中では長野愛知静岡r1と並び、「最も疲れる道」の1つですね。
16,4962014-08-11 07:11:06/rail/nigorigo/main.html10
鈴蘭峠を越えて、飛騨小坂方面に抜ける自転車ツーリングをした際、林鉄跡を利用したサイクリング道があることを知り、「おっ、こんなところにも林鉄跡が!」 と思ったものですが、よっきれん氏が探索してくれていたとは!
楽しみにしています。
レポート、途中でストップしたりせずに、完結まで一気にお願いします。
16,4942014-08-11 01:45:25/rail/nigorigo/main.html10
昔、何度も通った濁河温泉への道のそばにこんな物件が。
とても楽しみです。あの御嶽パノラマライン、本当に狭く長く、自転車をデポしたときの気持ち、よくわかります。
長編になるのでしょうね。公開が楽しみです。

長編といえば、未結の物件も終わるのを楽しみにしています。樫山とか、早川とか、吉原狭区とかも個人的に終わりが見たいです。こちらも忘れずに!
16,4932014-08-11 01:34:48/rail/nigorigo/main.html7
古い地図から自力で“獲物”を見つける瞬間はエキサイティングでしょうねぇ。
かなり中毒性ありそう。

そういえば山奥の廃林鉄といえば、千頭森林鉄道でしたっけ、
あれの本線奥地って、いつかレポになる予定でしたっけ??

10ページ中 9ページ目を表示(合計286件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10    [前のページ] [次のページ]  

この画面の説明