http://yamaiga.com/rail/senzu2/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.65点 / 投票回数 6277人)

23ページ中 1ページ目を表示(合計665件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 ... 23    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
33,2202019-11-20 14:58:57/rail/senzu2/main28.html9
新しいネタも楽しいんですが、史上最長の林道歩きの続き、待ってます、いつまでも。
33,1352019-11-06 21:37:09/rail/senzu2/main28.html9
最終回、期待してます。
32,7492019-09-18 14:36:51/rail/senzu2/main28.html10
最終目的地まで到達できなかったのは残念でしたが、数々の発見を楽しく
驚きながら拝見しました!
32,7122019-09-12 20:48:45/rail/senzu2/main28.html10
秘境の景色はやっぱり凄いですね、周辺数キロに誰もいないっていうのはちょっと怖いですが。バイクの免許とってこういうところまでいってみたいです。冷房の効いた部屋にいるオタクの妄想ですが。
32,3712019-08-09 20:01:41/rail/senzu2/main28.html10
しばらくぶりにこのサイトに伺ったら、壮絶なレポの続きが…。

仕事、仕事で疲れたなぁと思うことも多い今日この頃ですが、
こう言うのを「ヨッキれんさんすげーwww」と思いながら読んでると、
マダマダ頑張れるような気がしてきます。ありがたや。
32,2532019-07-25 06:14:40/rail/senzu2/main28.html9
南アルプスは奥が深い所です。ここから登るつもりなら一に体力、二に体力・・・・・だそうです。
このレポートで納得です。
32,2112019-07-19 22:31:10/rail/senzu2/main28.html10
「タクシーはこの電話で継ながります」

まぁ昔の話だ。その男、ヨッキれんは頭の中で独りごちる。
だがそんな思考とは裏腹に、彼の手はおもむろに電話機へと伸びていた。
もう限界だ、歩かずに済むなら歩きたくない。そんな身体の奥底からの叫びが、彼に不可解な行為を強いたのかも知れない。
手に取った受話器を耳に当てる、と――


「もしもし。栃沢小屋ですね? すぐお伺いしますのでお待ちください」


中年男性の明朗な声だった。
その直後だった。遠くから自動車のエンジン音が近付き、小屋の手前付近で止まる。
車のドアの開閉音、草を踏み分け歩み寄る音。小屋の引き戸のすぐ向こうでそれは止まり――
ドンドン。



ドンドン。
32,2082019-07-19 11:50:35/rail/senzu2/main28.html10
磁石電話の管理を地元のタクシー会社に委託しているのですか。
32,1912019-07-17 16:10:52/rail/senzu2/main28.html10
ゆるくないキャンプ△
32,1882019-07-17 10:24:56/rail/senzu2/main28.html10
林道沿いに電柱が無いので電話線は道路の下に埋まっているのでしょうか?
32,1862019-07-16 23:56:20/rail/senzu2/main28.html9
懐かしいですね、磁石式電話。
手回しでなく電池式になっていることが多いのですが、鉄道現場では現役で残っている場所もかなりあります。もっとも、そういう場所でも通常使用は無く非常用に残されているものが大半ですが。
避難小屋の黒板にはぜひ日付を残して欲しかったと思います。次なる者への勇気付けのためにも、偉大なる足跡の記録としても。
32,1852019-07-16 21:53:49/rail/senzu2/main28.html9
栃沢小屋の音はよく分からないけど…
キティちゃんはスルーですか?
キティちゃんはつっこんじゃだめですか?
そうですか…
32,1832019-07-16 13:14:34/rail/senzu2/main28.html10
タクシーが復活したら行ってみたいです(笑)
32,1802019-07-16 09:35:27/rail/senzu2/main28.html10
無事小屋に辿り着けてよかった
しかし過酷なタビは続く
次回も楽しみにしています
32,1792019-07-16 06:09:00/rail/senzu2/main28.html10
千頭森林鉄道 奥地攻略作戦 帰還編の更新が待ちどおしくてしかたないです。
今、私の心の中でヨッキさまは、千頭の左岸林道に居ます。
32,1682019-07-15 19:20:19/rail/senzu2/main28.html9
前回から数か月とか半年単位以上空いてるならともかくも
4日だけなら不正確と言ってもそこまでの話じゃないと思うがな…
それはそれとしてライト消すと動き出すってわかってるなら点けたまま撮ったらだめじゃん!音入ってるわけないじゃん!
32,1522019-07-14 19:31:17/rail/senzu2/main28.html10
行きも大変なら帰りも大変ですね……
小屋も夏場は虫だらけになってそう

>>32141
記名しろなんてどこにも書いてないのだから
記名するしないはあくまで個人の自由では?
それを自分の考え一方的に押し付けた上で
「独りよがり」なんて批判するのはどうかと……
言わんとしている事も多少は分かりますが
32,1512019-07-14 09:11:07/rail/senzu2/main28.html10
黒板に書かれていた名前(?)は営林署職員だったら実名を書くでしょうから、それ以外の方だと思われます。
よっきさんも書くべきだったと見解を述べている方がいますが、何かルールでもあるんでしょうか?
何か理由があって記録を残したい人へのスペースを残しておくという配慮も必要なのでは?
よっきさんもそのように考えたのだと推察します。
32,1502019-07-13 21:19:08/rail/senzu2/main28.html10
もしかしたら磁石電話は使用可能だったかもしれないです。辛うじて発信元が判明する程度の機器があった可能性があります。
しかし一般の乗用車タイプのタクシーでは来られないでしょうし、
山岳救助隊がヘリコプター飛ばして来るレベルの騒ぎにはなるでしょうね。
もし森林管理局が今なお各小屋の定期的な最低限のメンテナンスをしているとすれば、おそらくヘリコプター利用かと思われます。
小屋の至近にはヘリポートにも出来そうな平坦な広場があるはずです。
32,1482019-07-13 17:25:35/rail/senzu2/main28.html10
千頭の帰りはスゴイリアルなドラマですね
それだけ奥が深いんですね
32,1472019-07-13 16:52:05/rail/senzu2/main28.html10
お疲れさまでした。「タクシーはこの電話で…」、別の方のレポートでも見ましたよ。
32,1462019-07-13 16:32:47/rail/senzu2/main28.html7
動画の中でネコのゴロゴロ音を小さくした様な自動車のアイドリング音を極めて小さくした様な音が聞こえますが,それがハクビシンの息遣いなんでしょうか…??
32,1452019-07-13 10:55:54/rail/senzu2/main28.html8
とりあえず、お疲れ。
電話機だのハンドロータリーポンプだの造林鎌だのが
残されたままになっているあたりからすると、
初めから登山者向けに用意されたわけではなく
あくまでも林業用施設が本態で避難小屋を兼ねるという感じでしょうか。
32,1442019-07-13 10:54:16/rail/senzu2/main28.html9
良かった、アルミサッシの小屋で安心しました。ハクビシンは感染症を媒介するといわれていますので、機会がある方はご注意下さい。。。
32,1432019-07-13 09:48:12/rail/senzu2/main28.html10
小屋の注意書きは登山者有志が書いたのか、営林署職員あるいはそこから委託を受けた誰かが書いたのか、興味深い。
32,1422019-07-13 08:20:58/rail/senzu2/main28.html10
お疲れ様でしたの場面ですね。ちなみにヘッドライトの問題点を書かれた、足が大変なことになられた、夜に歩かざるを得ない状況になられたは清水国道リベンジ編ですね。
32,1412019-07-13 08:14:33/rail/senzu2/main28.html4
>この黒板は、私が間違いなく生きた人の行動圏に辿り着いていることを知れる、元気の種となった。

貴方がそう思ったのならばこそ、今後に当地を訪れようとする人々(が居るかどうかは不明ですが)の為に
貴方も黒板に訪問の日付を記述すべきだった筈です。

貴方がその黒板を見て『元気の種』となったという事実は、貴方がそこに辿り着いた
僅か四日前の日付が存在していたからだという事実を軽んじてはいけません(『私のように
記名しなかった人もいるだろう』という見解は独り善がりです)。

疲労困憊などの理由で記述しなかった・記述出来なかったのかも知れませんが、
貴方が黒板に日付を記述しなかったという事実は
廃道の荒廃度合いと訪問者(生きた人の行動圏)の時間的相関関係を不正確にする行為だと感じました。
(このサイトを知らない人から見れば、当小屋周辺の最終訪問者(生きた人の最終行動記録)は
平成22年5月1日が真実となってしまう)

廃道というものを歴史的観点から考察・検証する事も踏まえている貴方であればこそ、
そういう“記録”は他の訪問者の為にもしっかりと残すべきだったです。
32,1392019-07-13 03:49:47/rail/senzu2/main28.html10
懐かしい電話機ですね。子供の頃、一般家庭に電話が普及していなくてタクシーを呼べない時、空車のたまり場があってそこまで出かけたものです。
そこに車が無い時はこれで本社へ連絡しました。受話器をあげてハンドルグルグルで相手(あるいは交換手)が出ます。
32,1382019-07-13 01:35:23/rail/senzu2/main28.html8
今夜の寝床を構えた栃沢の小屋は誰がどうやって管理しているのだろう
それとも今後ガラスが破れたり天井が吹き飛ばされたりしたらもうそのまま放置されるのか
32,1372019-07-13 00:51:50/rail/senzu2/main28.html10
夜中に得体のしれない物音とかいやすぎ…(笑)
ハクビシンだとしてもいつから中にいたんだろう、きっとどっかに隙間があって入ったんでしょうね。

23ページ中 1ページ目を表示(合計665件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 ... 23    [次のページ]  

この画面の説明