http://yamaiga.com/rail/senzu2/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.65点 / 投票回数 6179人)

22ページ中 4ページ目を表示(合計657件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 ... 22    [前のページ] [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
31,8492019-05-31 19:09:17/rail/senzu2/main25.html10
いやはや凄いの一言ですねぇ。現地の踏破も資料の発掘も,名実ともに日本きってのオブローダーですね。

今となっては,事実の掘り起こしは,図書館という「フィールド」での仕事になりそうに思えます。また,当時ここで働いていた人の話などを聞ければ,更に別の楽しさも味わえるんでしょうねぇ。(ぜ
31,8482019-05-31 17:53:53/rail/senzu2/main25.html10
うーん、残りの隧道が気になる…そして帰還編が楽しみです。
はじめ氏と無事合流してホッとさせてください。
「賛歌、千頭森林鉄道」買いました。
とても興味深く読め、また写真が心に響く。永久保存決定です。
31,8472019-05-31 17:02:51/rail/senzu2/main25.html10
奥が深いですね
現地探索と机上調査
大学の研究みたいですね!
31,8452019-05-30 22:48:27/rail/senzu2/main24.html8
第21回に
>この山域にはかつて、おぞましすぎるシングルケーブルの吊橋が存在していた記録があるのだ。
とありますが、これは構造的には千頭駅と川根両国駅との間あたりの対岸支流にある
小長井の吊橋と似た物なのでしょうか
http://blog.livedoor.jp/shizuokak/archives/4050486.html
31,8432019-05-30 16:48:25/rail/senzu2/main24.html10
おつかれさまでした!
帰路の左岸林道の様子も楽しみにしています
31,8302019-05-25 08:22:52/rail/senzu2/main24.html8
NHKの「ニッポンぶらり鉄道旅」という番組の
「“里山のぜいたく”を探して 大井川鐵道」という回に
無想吊橋など千頭の吊橋に似た構造の現役橋が出てるようですね。
次の再放送はBSプレミアムで 2019年5月30日(木) 午後0時30分 だそうで。
31,8292019-05-24 15:11:31/rail/senzu2/main24.html10
いつか林道の終点まで,制覇して下され♪別に林鉄に限定することないスペクタクルの連続です。
31,8282019-05-24 10:08:32/rail/senzu2/main24.html10
他の山歩き系WEBみて来て思ったのですが、毎回、苦行、ルーチン作業を出るだけ省き、あまり恐怖を覚えずにみられるレポートにして頂きありがとうございます。
31,8252019-05-24 00:14:06/rail/senzu2/main24.html10
「これが後に言う“釜ノ島の退き口”である」

…と言ってもいいようなドラマチックな撤退。本当にお疲れさまでした!
というか、撤退戦も重要なドラマなので、気の遠くなるほど遠い帰り道のレポも期待しております(鬼)
(無事帰還されていることを知っているが故の軽口です。ご容赦を…)
31,8222019-05-22 23:54:38/rail/senzu2/main24.html10
↓これで引き返しに納得できました 

>この先についても高確率で最後まで林道に呑み込まれていると考えられたこと。
31,8212019-05-22 23:49:01/rail/senzu2/main24.html10
まだ終点にはいってないんですね
31,8192019-05-22 21:11:45/rail/senzu2/main24.html9
>>この寸又川左岸林道へは、左の写真の目印も何もない路肩からよじ登ってきた。
前回軌道跡からエスケープした時は人が歩けそうな所に見えたのに
こうして林道から見た画像を見せられたら本当に何も無い斜面を攀じ登ってきたのか
一般登山者から見ると突然変な所から現れる沢屋さんだってこんな所登って来ないぞ

それと結果論だがこの翌日に夢想吊橋へ行っておいて良かったのだな
夢想吊橋を後の機会へ回していたら壊れる前に再訪できただろうか?
柴沢は…今どうなんでしょ
31,8182019-05-22 18:07:45/rail/senzu2/main24.html10
舗装された道でも一般の方はそう簡単に歩ける距離ではないから、ここまでたどり着けただけでもすばらしいですよ!
31,8172019-05-22 12:54:47/rail/senzu2/main24.html10
読み応えありました。良かったです。今から30年程前に登山を終えて光岳から柴沢へ下りました。季節外れのこともあり他の登山者は無く1人っきりでした。元々不便なこちらへの登山者は少数だったと思います。林道、当時と比べて荒れていますね。このレポートの写真の状況ですと車は無理と思いますが当時は調査用の車がたまに走っていて車種は普通のライトバンでした。37キロと聞いていた林道、南ア全山縦走してきた登山者にも心と体にしっかり手ごたえありました。また当日に千頭までたどり着けない。途中で夜をやり過ごさないとならない。一人っきりの場合、夕暮れの時間があまり好きになれません。ヨッキさんも同じような感触を文の中に拝見してチョット嬉しかったりしました。
31,8162019-05-22 12:33:19/rail/senzu2/main24.html10
命あっての廃道レポ
31,8152019-05-22 11:40:35/rail/senzu2/main24.html10
御疲れ様です。
もし次回探索されるのでしたら、副次的効果として“道路レポート「寸又川左岸林道」”の記事も新たにできそうですね・・・
31,8142019-05-22 10:42:00/rail/senzu2/main24.html10
HP見てみたら「林道歩き→×山歩き→○」とのことwww 命があってよかった
31,8132019-05-22 09:01:17/rail/senzu2/main24.html10
無謀な進行より勇気ある撤退。とても大事な事だと思います。
31,8122019-05-22 06:01:48/rail/senzu2/main24.html10
でもこれからこの人、
夕暮れの林道を20km、
歩いて下るんだぜ…


端折らずよろしく!待ってる人どうなった?
31,8112019-05-22 00:11:42/rail/senzu2/main24.html10
無想吊橋がこの探索直後に封鎖されたことを考えると、最高の退き際だったのではないでしょうか。正しい退き際を冷静に判断できるというのは凄いことですね。もちろん、柴崎への再チャレンジは期待しています。それか、日向林道の終端……
31,8092019-05-21 21:56:22/rail/senzu2/main24.html10
一読者の勝手な感想としては「楽に歩けそうな道の先、柴沢という地を見たかった」というのが本音なのは、言うまでもありません。
しかし、ここまでのすさまじい行程を見るに、これ以上は体力も気力も保たず日没も近い時刻になっていることから、この場所での撤退は正解と思います。
願わくば、いろいろやり残したことを含めて再訪の上「柴沢」の姿を見せていただければと思います。が、左岸林道の荒廃が進んでしまった今、もう「柴沢」は誰も行けない場所になってしまったのかも知れません。
過度の期待は持たず、しかしある日ひょっこりと「千頭奥地の残し物回収と柴沢到達」というレポートが上梓されることを、楽しみに待ちたいと思います。
31,8082019-05-21 21:28:38/rail/senzu2/main24.html10
引き際が潔い!賢明な判断だと思います、ホント生きててよかった…
31,8062019-05-21 19:02:10/rail/senzu2/main24.html10
やはり撤退されましたか。
気になって最初から読み返してみましたが、伏線?らしき記述がちらほら。
(結論ありきで読んだせいかもですが)
でも、密度の濃い、すばらしいレポートでした。
いつの日か再訪レポがよめますように。(お)
31,8052019-05-21 18:10:25/rail/senzu2/main24.html10
再探検してほしいものですね
31,8042019-05-21 17:31:31/rail/senzu2/main24.html8
来年はこの探索からちょうど10年というわけで
10年分の左岸林道荒廃の進み具合いを比較できるのは
美味しいネタになるではありませんか。
(この時に充分な記録を取っていれば、の話しですが…)
林鉄の方は正直[廃]としての[旬]をとっくに過ぎたようで
ここから10年後に行っても新たに得る物は少ないかもしれませんが。
31,7992019-05-20 14:55:01/rail/senzu2/main23.html10
息を詰めて読みました。握り締めていた手のひらがじっとりと汗ばんでいました。緊張につぐ緊張・緊迫…、本当に、本当に、無事で良かったと思います。

それはさておき、次回への見出しが「私の終着地へ」になっているのが悩ましいです。終着地が柴沢でしたら嬉しいですが、もしかしてその前に終了ということなのでしょうか?時間的にもそんな気がしてなりません。わがままですが、是非とも最奥地まで到達していただきたいです。
次回更新を、心から楽しみにしています。  (お)
31,7942019-05-19 08:49:42/rail/senzu2/main23.html10
中央アジア探検記より面白い読み物でした
植村直己賞か大宅壮一ノンフィクション賞(?)に該当するのではないでしょうか
31,7882019-05-18 01:59:52/rail/senzu2/main23.html10
隧道に崩壊に林道とは盛りだくさん
31,7872019-05-17 21:31:22/rail/senzu2/main23.html10
いつもながら引き込まれます
31,7862019-05-17 16:21:21/rail/senzu2/main23.html10
壮絶だ...
無事でよかった

22ページ中 4ページ目を表示(合計657件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 ... 22    [前のページ] [次のページ]  

この画面の説明