http://yamaiga.com/rail/senzu2/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.65点 / 投票回数 6239人)

23ページ中 7ページ目を表示(合計662件)    1 ... 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 ... 23    [前のページ] [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
31,7062019-05-09 23:58:17/rail/senzu2/main21.html8
いかにも隧道が有りそうな地形を下から指を咥えて見ているわけには行かないというわけですね。
デカくて重いリュックが無ければだいぶ違った印象になったでしょうか。
31,7052019-05-09 23:32:02/rail/senzu2/main21.html10
牛馬道……凄すぎる。
31,7042019-05-09 21:59:33/rail/senzu2/main21.html10
キタートンネル
31,7032019-05-09 21:14:48/rail/senzu2/main21.html7
「ワナ」にハマりましたねwwww
31,7022019-05-09 20:50:54/rail/senzu2/main21.html10
崩落が左岸林道まで続いているのは気づいてまずかったですか?
帰りも大変そうですね。。。
31,7012019-05-09 20:34:09/rail/senzu2/main21.html10
更新お疲れ様です。
文章でも緊迫感あふれる雰囲気を感じました。当時の現場でも、例の死体を見たとき、生きた心地がしなかったでしょう。
ここは一つ、緊急連絡も兼ねて、ヨッキれんさんの仲間たちでアマチュア無線の免許を取るのはいかがでしょうか?
スマホの通じない山奥で探索するときに役立つと思います。
31,7002019-05-09 19:05:54/rail/senzu2/main21.html10
これはまた…なんとも蠱惑的かつ凶悪な印象の隧道ですね。ついにラスボスの登場でしょうか? 楽しみにしながら続編をお待ちしています
31,6992019-05-09 18:48:57/rail/senzu2/main21.html10
執念が実った瞬間、ですね!
31,6982019-05-09 17:17:22/rail/senzu2/main21.html10
死と隣り合わせの遡行ですね
地形図を見ると先もがけのようですし、進めるのでしょうか?
冒険小説を読んでるみたいです
31,6972019-05-09 17:06:53/rail/senzu2/main21.html9
>>そんな必死の願望を持っていた。
>>この状況を無駄足だと笑いたければ笑うがいいのだ。
本当に無駄足だったら?
画面の前でガーッハッハッハッハッハと笑ってやる
無駄足だったことを確認してきたことも立派な成果だから
31,6962019-05-09 14:31:34/rail/senzu2/main21.html8
南アルプスの鹿汁 INペットボトル
31,6952019-05-09 13:15:14/rail/senzu2/main21.html10
悩ましい展開・・・でも読者に押されて前に進め!隧道へ、続編へ!!
31,6942019-05-09 12:35:46/rail/senzu2/main21.html10
読んでいたこちらも昂奮した、続きが早く読みたいです!
31,6932019-05-09 12:14:49/rail/senzu2/main21.html10
ドキドキのアドベンチャーで手に汗握って読みました(^。^;)
31,6922019-05-09 12:07:15/rail/senzu2/main21.html10
凄い、こんな奥地に未知のトンネル!

久々の再開がコンスタントに進んでいて嬉しいです。
31,6912019-05-09 11:53:09/rail/senzu2/main21.html10
あああああ!!難所に継ぐド難所の連続で、震えながらモニターにかじり付きました。
「ド難所」なんて書くと「どないしよ!?」にゴロが似ていますが…いやいや縁起でもない(笑)。

それにしても、
『〜前略〜迂回をし、正面突破をし、その両方を体験することで、私は千頭と一つになれるのだ(?!)。』

…うーん、この中二、いえ、血湧き肉躍る場面は、間違いなく、オブの神様がよっきさんに微笑んでいる証拠でしょうね。
そしてラストはまたまた隧道ですかっ!!
閉塞か貫通か?…貫通していたとして、その先は果たして、地獄のクレバスかそれとも栄光か?!
早くも続きを渇望しています。(お)
31,6902019-05-09 09:10:16/rail/senzu2/main20.html10
もうホント心待ちにしてました。
もったいなくて10から読み直しました。
千頭から比較的近い所に住んでいるので、このレポには特に愛着があります。大間までは何度も行った事がありますが、あの奥にこんな壮大なロマンが隠されていたとはタマランです。
31,6882019-05-08 23:56:28/rail/senzu2/main20.html10
安全に五月蠅い昨今の風潮のせいかどこを踏破してても余裕が感じられるよっきだが此処は流石になかなかの緊迫感でいいっす(決して危険を煽っている訳では無いw)
31,6852019-05-08 14:28:54/rail/senzu2/main20.html10
探索されてからもう9年も経つのですか・・・ 当時はかろうじて通れた左岸林道も、現在は路盤大崩壊大欠損にてザイルなしで歩くことは完全に不可能になり、林鉄奥地探索のエスケープとしては使えなくなりました。
釜の島先に決定的な岩場の崩落場面があり徒手空拳ではここまでが限界なのでしょうね。
31,6842019-05-07 23:20:16/rail/senzu2/main20.html10
第18回の「14:03 続出! 凶悪なる涸れ谷のクレバス。」写真の左下に、階段や人工物のような跡が見えますが、これは林鉄の構造物でしょうか?勘違いでしたらすいません。
31,6802019-05-07 16:44:28/rail/senzu2/main20.html10
地形の急峻さは別として、新緑の淡い緑がとてもきれいですね。
31,6752019-05-06 14:42:42/rail/senzu2/main20.html10
グーグルマップを参照しながら読ませて頂きましたが、よくぞ踏破されたものだと驚くばかり。
31,6742019-05-06 12:12:47/rail/senzu2/main20.html10
世間様は超連休らしい(私は違うがな)。
レディオ「…崩落地からの帰りで、渋滞何キロです…」
私(崩落地か、撤退かな…ハッ!)
脳が崩落したようだ。
31,6722019-05-06 10:40:50/rail/senzu2/main20.html10
むしろこの区間は下からの仰望が路線の厳しさを伝えていると思います。惜しむべきは、当時のカメラの望遠性能ですね。。
31,6712019-05-06 09:10:40/rail/senzu2/main20.html8
2日目後半には帰りに入る計画ではなかったか
31,6702019-05-06 08:53:53/rail/senzu2/main20.html10
路盤復帰おめでとうございます!

しかしこの先、1154ピークの南側の等高線がヤバすぎる。どうなってるんだろう、ドキドキする!
31,6672019-05-06 01:23:42/rail/senzu2/main20.html10
大崩壊地の軌道跡上部の平行線は、落石防止用の設備か何かのためのものかもしれませんね。それにしても濃い展開。
31,6662019-05-06 00:04:45/rail/senzu2/main20.html10
嬉しいです。夢にまで見た千頭が、どんどん更新されていく…どきどきわくわく。
どうかどうか、釜ノ島といわず、柴沢までのレポが読めますように!!   (お)
31,6652019-05-05 23:37:26/rail/senzu2/main20.html8
第18-2回
>私は、河床と路盤を自由に選べるならば絶対に路盤を歩きたい気持ちが強いんだから、
>この愛と期待に応えてくれ! 頼むぜー路盤!!

地形図ではこの先で南に転じた所の方が等高線の密度が高いなあ
どーなるのかなーーー
31,6592019-05-05 10:58:47/rail/senzu2/main20.html10
廃道にも興味がある源流釣り師なので、崩壊場面が来ると沢に降りてくれるんじゃないかと不謹慎にもワクワクしてきます。寸又奥地の沢の写真は大変参考になります。

23ページ中 7ページ目を表示(合計662件)    1 ... 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 ... 23    [前のページ] [次のページ]  

この画面の説明