http://yamaiga.com/road/kpr701/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.32点 / 投票回数 2779人)

2ページ中 2ページ目を表示(合計49件)    1 | 2    [前のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
10,4132012-08-17 02:00:48/road/kpr701/main4.html9
冒険的であり、おもしろかった!
ゴルフ場がなければ、ちょっとMTBで行ってみたいかな。
忘れられた県道というよりも古道散策という感じ。
9,7592012-05-22 22:53:05/road/kpr701/main4.html10
秦野に住んでます。ここはよくバイクで走ってますが、こんな歴史のある道だとも、ましてや県道だとも知りませんでした。秦野、中井、松田辺りの里山にはこの様な道がいくつもあります。是非レポートして頂きたいと思います。
9,5822012-04-13 21:18:40/road/kpr701/main4.html10
今日、一人でバイクで行ってきました。
ゴルフやってる人の真横で溝にはまって心配される始末・・・。
おそらく徒歩が一番楽という県道、ハマりそうです。
9,5662012-04-10 20:16:14/road/kpr701/main4.html10
神奈川県秦野市のもろ地元の者ですが、全く知らなかった事でした。とにかくとても興味深く面白かったです。
道の繋がりから大道十字路が起点というのも納得です。そしていくら大山が重要だったとしても、この急峻な狭い峠が善波峠などよりも重要視されていたとは驚きです。
9,2432012-02-26 06:23:30/road/kpr701/main4.html10
道標石に刻まれていた「道了」とは
大雄山最乗寺 道了尊 の事だと思われます。
http://g.co/maps/3txky
また、道了尊にも大滝荘と同じ様な寄進された碑が沢山あります
8,7082011-11-23 21:33:00/road/kpr701/main4.html10
最後のガードレール越えは、すばらしいです。
5,9942011-01-11 03:06:20/road/kpr701/main4.html10
秦野市在住の者です。楽しく、かつ驚きながら拝見させていただきました。
ご参考になるかわかりませんが、当地の郷土研究家、武勝美さんの「秦野のおはなし」というHPに「いより越え」という言葉が見えます。
http://echo-take.sakura.ne.jp/story0003/story0003.htm
(上記urlの第25話です)
5,9582011-01-05 19:26:18/road/kpr701/main4.html10
神奈川県道701号線、最高です。
今日、ウチのとオフ車で途中まで走ってきました。
バイクで行ったら、全く写真を撮る余裕がなく、玉砕に近い感じでした。
申し訳ありませんが、一枚だけ画像の転載をさせて下さい。
よろしくお願い致します。
5,4142010-10-31 13:07:53/road/kpr701/main4.html10
面白かった。
5,2032010-10-10 16:31:36/road/kpr701/main4.html10
悠久の時の中で、今はもう来ない禊の方達を待ち続けているそんな気がしました。ロマンですね^^
5,0322010-09-24 22:47:02/road/kpr701/main4.html10
ちなみに大山秦野線の近くにある神奈川県道710号線は秦野峠をパスするように新道を作る予定だったんですって(チャンピオンビッグマップ6(2002年)より)
近所の都立図書館で見つけました。
5,0262010-09-24 01:31:25/road/kpr701/main4.html9
OSM-MLをたどってやってきました。
いやぁ、自分がその場に行ったような感覚になるくらい
詳細なレポートですね。楽しいです。
もっとあちこち見たいですね。
4,9892010-09-20 14:40:58/road/kpr701/main4.html10
面白かったので昨日行ってみた。
のぼりはほとんどヤブコギ状態。
ヒルにもやられた大変だった。
4,7082010-08-28 23:08:08/road/kpr701/main4.html10
このような県道があるなんて、驚き。
3,4592010-06-10 00:40:07/road/kpr701/main4.html10
地元秦野に先祖代々住んでいる者です。結論から言えばたまげました。行ってみたいものの私では逝ってしまいそうですが・・・
ちなみに「いより峠」は私どころか母ですら知りませんでした。祖父母が生きていれば知っていたかも知れませんが、今となっては不可能です。なお、文中の「大町四つ角」は「台町四つ角」として市内に存在します(だいまちとよみます)。コレは矢倉沢往還の一つの施設でもありました。また、首塚は「源実朝首塚」で付近に波多野氏と言う御家人の居宅がありました。この子孫は戦国武将として関西の方に移り、信長に殺された波多野兄弟になります。
3,4162010-06-06 18:45:29/road/kpr701/main4.html10
私は東京生まれの埼玉育ちで現在は神奈川県秦野市在住のアラフォ男です。近所の山中にこんな歴史的なものがあったなんて驚きです。お疲れ様、そしてありがとうございました。
1,6202010-01-30 14:49:45/road/kpr701/main4.html10
古い道標を楽しみに旧道探索をしているものです。
楽しいホームページ、ときどき読ませていただいてます。
ありがとうございます。

ひとつだけ気がついた点があって、お知らせします。
道標の文面で「右 小田原 道了 至」「左 大山 大瀧 至」と
読まれているいるとこですが、「至」ではなく、「道」の崩し字です。 ご参考まで。
7412009-12-20 09:30:20/road/kpr701/main4.html10
秦野在住です。まさか自分の住んでいる地域にこんな素敵な道があるなんて知りませんでした。面白かったです!
4092009-11-18 14:36:07/road/kpr701/main4.html10
こんにちは。初めての訪問です。私の住んでいる秦野市にあんな古道があったなんて!!楽しいレポートでした。また、オフロードバイクを趣味としている私がたまに通る浅間山の林道が関わってくるなんて・・・。それにしても友人から林道バカと呼ばれている私から見ると、世の中には色々な趣味人がいますなぁ〜(笑)。陰ながら応援しますよぉ〜〜!!また、これからじっくりと他のレポートも読ませていただきますね。

2ページ中 2ページ目を表示(合計49件)    1 | 2    [前のページ]  

この画面の説明