http://yamaiga.com/road/r418_shimizu/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.17点 / 投票回数 737人)

3ページ中 2ページ目を表示(合計67件)    1 | 2 | 3    [前のページ] [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
13,7062013-08-29 11:27:22/road/r418_shimizu/main3.html9
遠山郷入りの本命は・・・やはり林鉄ですか?
そうでしたら、そちらもとても楽しみですね (^_^)v
13,7022013-08-28 22:58:06/road/r418_shimizu/main3.html10
歓迎看板の注目度を高める方法。
RPGをプレイしていると、「〜村へようこそ」と述べるキャラクターが村の入口付近に配置されていることがあります。
これを真似て人形と「〜市へようこそ」の看板を立て、少し先に「〜市内広域覆面取り締まり中」の看板を立てておけば、市の名前はドライバーの記憶に残ります。
ドライバーの警戒を招くことになりますが、違反摘発や事故は減るでしょうから、悪い印象は残らないと思います。
13,7002013-08-28 20:21:50/road/r418_shimizu/main3.html9
謎の線路工夫です。
偶然にも8月12日に現地を通過し、道が新しくなっている事に驚きました。以前この道が県道の頃にも訪れた事が有りましたが、この県道の開通以前の道の気配がないので、それ以前の交通通手段について心配しておりましたがさらに旧道が存在していたのですね。安心しました。橋梁メーカーのサクラダですが、「純国産蒸気機関車第1号の製造所と推定」(機関車の系譜図3)されており、そのスジの方々には有名なメーカーでした。ところで新十方峡トンネルと飯田線に挟まれた旧道のトンネルは、"平岡ダム建設に伴う付け替え以前の飯田線トンネル゛を転用したものと思われますがその辺もレポートされますか?
13,6992013-08-28 19:57:56/road/r418_shimizu/main3.html6
418号は新丸山ダムが完成して水没する前に、よっきさんならではの語り口で紹介して欲しいですね〜

サクラダ??あっ…あの広島の新交通シス…(察し
13,6982013-08-28 19:32:44/road/r418_shimizu/main3.html10
ダメじゃん道路トンネル大鑑 
13,6972013-08-28 19:00:20/road/r418_shimizu/main3.html10
遠山郷に入って何をしたのか→遠山森林鉄道・R256点線区間・地蔵峠、候補が多すぎて絞れないですね
13,6952013-08-28 15:19:51/road/r418_shimizu/main3.html10
昭和30年代竣工で素掘りの隧道って普通にあるもんなんですか?
13,6942013-08-28 15:08:06/road/r418_shimizu/main3.html10
布滝の鉄板は、鉄橋も撤去するなら、一緒に撤去してほしい、というか、撤去すべきですね。
ただ、旧隧道まで管理道として利用するなら、撤去しないかも。
布滝橋北詰まで布滝見物遊歩道として、再利用という希望的観測をしておきます。
13,6932013-08-28 14:19:44/road/r418_shimizu/main3.html10
早いうちにいかないと、旧橋がなくなりそうですね。増水時に上流側に低いものがあると、早い段階で詰まってしまう危険があるので仕方がないのかもしれませんが。
13,6922013-08-28 14:11:38/road/r418_shimizu/main3.html10
10年近く前に平谷から終点の南信濃まで通りました。旧道の風景が懐かしく思い出されました。あの時は台風が来ていて、川は氾濫し岩石や木が道路に転がっているという、酷道以上の惨状でした。1-1.5車線の道は、国道なのにカーブミラーが不足していて、対向車とあわや衝突しそうになりました。こうして天候が穏やかな時にもう一度通りたいと思ってました。詳細なレポートをありがとうございました。
13,6912013-08-28 13:46:26/road/r418_shimizu/main3.html10
廃道趣味や道路趣味は現地で分かるものが多いが、生まれる謎も多いので面白い。
机上調査だけではどうにもならなく、現地調査だけでは全ては分からない。
こういう奥深さが全て詰まったような面白いレポートでした。
次も楽しみにしています。頑張って下さい。
13,6902013-08-28 12:45:48/road/r418_shimizu/main2.html10
「南信の上高地」…。
素晴らしい表現ですね。すぐに行ってみたくなる表現。
埋もれている主塔に、心から労いの言葉をかけたい。
横浜:なまちゃん
13,6862013-08-28 00:12:19/road/r418_shimizu/main2.html10
いつもながらの名文にほれぼれ。道を愛する人にしかああいう表現はできませんね。続きが楽しみでたまりません。早く公開してください〜!!
13,6832013-08-27 23:35:18/road/r418_shimizu/main2.html10
サクラダといえば、広島のアストラムライン建設工事中に、横取り降下工法に失敗して鉄骨を落としてしまった事故を思い出します。
社名を変更するときに濁点を1つ増やして、サグラダ・ファミリア、またはいつまでたっても工事の終わらない横浜駅工事にでも参加できていれば事業は継続できていたかと。
13,6822013-08-27 23:19:37/road/r418_shimizu/main2.html8
旧橋…まだ使えそうなんですけどねーこれも時代の流れという物なのでしょうかね…
13,6792013-08-27 22:18:20/road/r418_shimizu/main2.html10
そう言えば少し前までこのバナナ隧道通ってた。
まさかよっきれん氏のレポートになるとは。
偉くなったものよ。
13,6772013-08-27 15:09:44/road/r418_shimizu/main.html10
>パチンコで遊ぶ人などいない当時
パチンコは終戦直後からありますよ。
ただデジパチの登場が昭和50年代になってからってだけです。
13,6732013-08-26 21:16:27/road/r418_shimizu/main.html9
去年の10月に走りました。
13,6722013-08-26 20:01:42/road/r418_shimizu/main.html8
十方峡のところにあんなコンクリートの主塔があったなんて・・・
以前旧十方峡トンネル見に行ったときに近くを通ったはずなのに
気づかなかった〜・・・・・orz
13,6702013-08-26 12:48:17/road/r418_shimizu/main.html10
地元が紹介される事がこんなにも嬉しいとは!ようこそ遠山へ!!418号は意図的に避けていると思っていたので本当にうれしいです。ありがとうございます。
13,6672013-08-26 01:44:47/road/r418_shimizu/main.html9
ここは、平岡ダムの堆砂で河床がかなり上がっています。吊橋架橋時にはもっと低かったことは確かです。
13,6662013-08-26 01:31:42/road/r418_shimizu/main.html10
ひょっとすると全3回で、中編が旧旧道、後編がタイトル通りの旧道でしょうか。
13,6652013-08-25 23:44:19/road/r418_shimizu/main.html10
三代に渡って素敵な橋がありますね。石の吊橋の主塔は最高!!!  何度か見に行きましたが、いつまでも残っていてほしい。
13,6642013-08-25 21:44:31/road/r418_shimizu/main.html9
ついによっきれんが南信濃に!!
清水トンネル以北にも418号には隧道の遺構がたくさん見られます!
旧橋もたくさん残っていて風情の残るいい道路desune!
13,6622013-08-25 20:29:42/road/r418_shimizu/main.html10
学生時代、霜月祭に訪れた時は、狭い旧道が現役でした、これからの展開が楽しみです。
13,6612013-08-25 19:44:55/road/r418_shimizu/main.html10
あー早く続きを!
13,6572013-08-25 17:34:46/road/r418_shimizu/main.html9
ニョッキリ主塔事件…
13,6542013-08-25 12:20:23/road/r418_shimizu/main.html9
ストリートビュー見ると新道開通前の旧道を通っていますね。もちろん旧旧道の主塔も見えています。
13,6532013-08-25 11:46:43/road/r418_shimizu/main.html10
ニョッキリ主塔の背後にトンネルがあるようにも・・・??
13,6522013-08-25 11:44:59/road/r418_shimizu/main.html10
やっぱりトンネルの旧廃道はわくわくする。十方峡トンネルのほうの旧道もいつか紹介して欲しいです。

3ページ中 2ページ目を表示(合計67件)    1 | 2 | 3    [前のページ] [次のページ]  

この画面の説明