http://yamaiga.com/road/setoguti/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.44点 / 投票回数 757人)

3ページ中 1ページ目を表示(合計77件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
31,2882019-03-13 09:04:14/road/setoguti/main4.html10
絶壁の小道を攻略したヨッキさんのレポートが早く見たいです!
31,2612019-03-09 22:56:17/road/setoguti/main4.html8
岩波写真文庫 -新風土記- 新潟県
のP.31に清津峡の岩場を歩く観光客?の写真がありました。
31,1762019-02-27 01:48:12/road/setoguti/main4.html10
最終回-2マダカナァ・・・(・ω・` )っ/凵⌒☆チン
31,1652019-02-26 11:58:54/road/setoguti/main4.html9
続きはよ!
31,0542019-02-15 02:42:32/road/setoguti/main4.html10
鮎釣りの人がたくさんいそうな川に見えます。
31,0392019-02-11 12:59:05/road/setoguti/main4.html10
興味深々・・・。
31,0262019-02-09 20:06:40/road/setoguti/main4.html8
20m先を左って意味では?
31,0092019-02-08 12:47:40/road/setoguti/main4.html10
水面がヨッキれんを呼んでいる・・・
31,0052019-02-07 21:10:21/road/setoguti/main4.html10
現在地のmapを見ると、よくもこんな短い区間にオブ物件がたくさん詰め込まれていると驚きました。
レポを読みながら、次々と隧道や橋梁が続いた神岡軌道を連想しました。
31,0042019-02-07 18:52:20/road/setoguti/main4.html10
想像以上に狭い!
よくこんなの見つけましたね
31,0022019-02-07 14:09:23/road/setoguti/main4.html8
足元の水の流れがどのくらいの速さなのか
画像によって穏やかそうに見えたり
速そうで深そうに見えたりする
31,0012019-02-07 10:52:23/road/setoguti/main4.html9
国道の看板は現地までの距離ではなく「10m(20m)先を曲がれ」の意味ですよね。ストリートビューで裏を見ると「10m手前」になってますし。
じゃあ交差点まで10mか20mかどっちだよ? とgoogleマップで距離を測ってみると、40m …どっちも合ってねえ!w
しかもストリートビューで過去を見ると2013年の看板上部は今と異なる古いものなんでこの5年で新しくしてるんですよね。割と最近までやる気あったんですねえ…
31,0002019-02-07 08:48:43/road/setoguti/main4.html10
最終回-2に期待します
30,9992019-02-07 07:56:30/road/setoguti/main4.html10
ヨッキさんのポリシー?として、当然平場に降りられると思いましたが…、
うーむ、思っていたより、短くて狭いですねー。川面スレスレに長々と続く道を密かに期待していました。どなたかもコメントされていましたように、ちょっと小匠的な展開になるかな?って(笑)。
ですが、特大片洞門の規模と圧迫感にハァハァできたので二重丸◎です。

最終回その1ということは、次回完結?それとも、その3もあるのでしょうか?
最近また、更新頻度を上げてこられましたし、期待して正座して待ってます。
そしてその後は、私も30897様に激しく同意する次第なのです。
↓ ↓ ↓
ところであの、千頭をそろそろ… (お)
30,9982019-02-07 01:11:46/road/setoguti/main4.html9
こんにちは。清津峡入口の「瀬戸渓谷歩道 ↙10m」は、この看板の10m先の道を降りろ、と言う意味だと思います。ストリートビューで裏側を見ると「10m↘ 手前」と書いてありますので。きっとそこに渓谷歩道の入口があったのでしょう。まぁ、現状では跡形も無い感じですけれどもね。これも廃道なんでしょうか。
そんなわけで、その下の旅館の「←20m」も、20m先の舗装路を左折しろ、との意味ではないでしょうかね。
30,8992019-01-24 02:57:29/road/setoguti/main3.html10
ダイハツミゼットか、ホンダT360が走っていたのですね。
写真があれば見てみたいです。
30,8972019-01-23 04:18:52/road/setoguti/main3.html9
なんだろう?この圧迫感…
あまり『廃』の雰囲気は感じないんですがね…何と言うか気味が悪いと言うか

ところであの、千頭をそろそろ…
30,8922019-01-21 16:06:35/road/setoguti/main3.html9
まさに人は去り、道が残ったですね。そしていつかヨッキれんがやってくる!
30,8912019-01-21 13:35:45/road/setoguti/main3.html9
トンネルの間の短い明かり区間に覆いを付けるのは積雪期にわざわざそこだけ除雪に行かなくても済むからです

30,8902019-01-21 09:32:36/road/setoguti/main3.html7
アレ…?真面な道に出て来ちゃったよ??
30,8882019-01-20 21:44:24/road/setoguti/main3.html10
ピ○ータです。清津峡トンネルのコメント読んでから書き込んでます。
片洞門と旧トンネルは自動車で通った覚えがあります。現道のトンネル工事の最中だったので(初めて観たトンネル工事の現場)印象に残ってます。
観光と安全ですが、清津峡が正にそれです。確か子供が落石事故で亡くなり、岩場のコースがトンネル化されました。
30,8862019-01-20 18:55:18/road/setoguti/main3.html10
>観光は安全になされるべき「ではない」と主張する人は少ないだろうが、そもそも観光地を選択する余地が少なくなってきている現実は如何ともしがたいものがある。
>だからこそ、この「山さ行がねが」が流行っているのだが。

自己を取り巻く現状に自覚的ですね。
自分もかつては行けた観光地が、進入禁止になってしまった事例を多々見ています。
30,8852019-01-20 18:16:01/road/setoguti/main3.html10
ようこそ地元へ。普段ここを仕事で走り回っていますが、トンネル間の明かり区間にトンネルと一体になったシェッドがあるのは新幹線と国道148号に似ているなと感じますね。これらは豪雪対策で行われているようです。
さて、旧道の廃バイクですが、外装の形状から恐らくはスズキのスーパーフリーか、バーディーの初期型だと思います。年式までは分かりませんが…。
それと近隣のr389号の清津公園トンネルにも旧隧道が存在します。
そちらは今でも開通している上に、比較的小規模ですが、レポート内の旧隧道に近い規格ですので、恐らくは同時期に施工されたものと思います。
30,8842019-01-20 15:58:02/road/setoguti/main3.html10
観光地についての分析にだいたい同意
ちょっとでも不便な所と安全が絶対保障されない所が淘汰されて
どこも変わり映えしなくなっているように思う
30,8812019-01-19 21:48:10/road/setoguti/main2.html10
ヨッキさんお疲れ様です!
母に話を聞いたところ、下の川沿いの道なんですが・・・車も走ったと申しておりますが('_')
30,8802019-01-19 14:39:49/road/setoguti/main2.html9
ええと…?
1/17付の更新というのはもしや、ツイッターの呟きのことでしょうか?
瀬戸口旧隧道の続きを期待して鼻息フーフーさせながら馳せ参じましたが…?

ですが、ご体調本復されるも今度はスランプ(珍しい!)でいらっしゃるとか。いつまでも気長に待っています。
(お)
30,8622019-01-13 17:57:34/road/setoguti/main2.html10
自転車が無いからトンネルの大きさが分かりにくいです。
30,8602019-01-13 13:23:15/road/setoguti/main2.html9
廃隧道、廃橋、廃道と3コンボの廃セット!廃の宝庫ですね。
30,8592019-01-13 11:50:06/road/setoguti/main2.html9
なんとも枯れ切ったというか、ジューシーさがないシビアな状態ですね。
30,8582019-01-13 08:59:47/road/setoguti/main2.html10
学術調査は、おそらく地域内の他の地点でも行っているのではないでしょうか。
川側の壁ということで直射日光が当たらないかと思いますので百葉箱と同じような働きが期待できるのではないかと思います。
おそらくほかのコウモリのいる洞窟とこの隧道で測った気温を比較することによってたとえば気温差でおおよその個体数を測ることができるかもしれません。またこの地区のコウモリがどのような環境を好むのかというのが数値でわかるようになります。
見るところ10年にわたって設置するとのことなので論文は大作になる可能性が大です。もしかしたらコウモリの新たな生態が明らかになるかもしれません。

不知森

3ページ中 1ページ目を表示(合計77件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  

この画面の説明