http://yamaiga.com/road/wpr213/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.62点 / 投票回数 1971人)

7ページ中 1ページ目を表示(合計204件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
29,1342018-06-11 03:14:05/road/wpr213/main8.html10
(((o(*゜▽゜*)o)))
29,1032018-06-08 06:07:17/road/wpr213/main8.html10
オフロードのオートバイが欲しくなりますね。
29,0442018-06-01 02:57:58/road/wpr213/main8.html10
(´Д`)ノ 「関係者」さんの勇み足も多少はあるのかな?とも思えましたが、むしろ重い腰の行政を引きずり起こす執念に近いモノを感じました。現地の探索も素晴らしかったのですが、それ以上に机上調査による一枚一枚歴史を解き明かしていく流れが感動もので、変な意味ではありませんがヨッキれんさん自身も隠れ「関係者」に見えてきます。ミニレポからかなりの大作までそれぞれに味があり中身があり感動があり…なのですが、今回のこのレポートは本当にお腹いっぱいの10点満点以上を付けたい超大作でした。
28,9172018-05-15 17:34:17/road/wpr213/main8.html10
本日(2018/05/15)、和歌山県道37号線を大塔村方面から日置方面へ通り抜けました
トンネルは現在工事の真っ最中で久木橋の前後にはガードマンがいて停止して観察することはできなかったのですが
久木側の坑門は既にほぼ完成しているようでした、坑口の位置はヨッキれんが推定計画位置として記した位置とだいたい同じ位置に見えました、なので無名隧道は無事だとは思いますが残念ながら視認はできいません
27,7172018-01-20 23:11:31/road/wpr213/main8.html10
まさか二階議員が出てくるとは思いませんでした。今までで最も読み応えがありました。
私も改良よりMTBで楽しめる未舗装路を残して欲しいと願っています!
27,6912018-01-18 19:47:15/road/wpr213/main8.html10
あの切り通しや無名隧道はぜひ残って欲しいものです。凶悪な急坂も取り壊しには惜しい気がする。4ヶ月の差で通行できたとは、何か(神?魔?)の導きの疑いが。
27,4882017-12-29 13:52:41/road/wpr213/main8.html10
現在も水路らしきものが現役であるなら、極力触らないと思うけど、
新隧道に水路も移設されるなら、いじくり回される可能性はありますね。
そもそも何の用途に水路があったのかも謎ですが。
27,3362017-12-11 07:23:51/road/wpr213/main8.html10
面白かった〜!  一歩違えば“廃道化”して遥か昔に歴史の闇に消えていたかも知れない。そんな1本の細い道が、地域住民の尽力の継承を糧に永き影の時代を耐え忍び、今此処に、眩い陽の光を浴びるべき機会を漸く迎える! 道の年代記だコレは。www ”廃”探索を主旨とする「山行が」のスタンスとは真逆の結末とも言えますが、“道”を辿る者であればこそ、とても心に響く感慨深いお話だと思います。 う〜ん、浪曼だ。 最後のヨッキ氏の要望がまた、廃道ロマン満載で思わず笑いを誘う! 予想通りのトンネル設置が実現し、破壊を免れ廃道となるであろう旧道区間が発生したならば、出来るだけそのままで残して欲しいと、自分も思いました。未来のオブローダー達が、そんな場所に改めて踏跡を刻む事もあるでしょうから。 いやぁ、“道”って面白いなぁ。 読み応えタップリの調査報告公開に、感謝です。☆
27,2252017-11-25 09:40:22/road/wpr213/main8.html10
いつも楽しく拝読しています。在住で地元の歴史系研究会に所属しております。
庄川越えの起源は、史料上はっきりしませんが、中世の室町時代〜戦国時代にかけて、久木は紀南地域に勢力を持った「久木・小山氏」の本拠地として史料に名前が残ります(秀吉の紀州攻め関係)。
久木小山氏には、現上富田町域の有力な所領が確認されていますが、日置川河口域には「安宅(あたぎ)氏」が勢力を有していました。友好関係にはあったようですが、他領主の領域を通過するには関銭が発生している可能性が高く、
久木小山氏が、本居地と所領を結ぶ陸路「庄川越え」を利用(周囲の街道の状況から開拓の可能性も)していた可能性は低くないと思われます。
近年、「海の領主」としての紀南の領主が注目され、久木小山氏の史料の整理が進んでいるようです。民俗学の分野では紀南の陸路での交流をうかがわせる伝承が残っていますので、その辺りのパズルが解ければ、庄川越えの起源がみえてくるかもしれません。
長々と失礼いたしました。今後のご活躍を期待しております。
26,9952017-10-23 14:03:01/road/wpr213/main8.html10
昨日の台風21号で崩落などが発生してないといいですね...
26,9332017-10-17 22:25:17/road/wpr213/main8.html10
平和な道行のレポートは安心して見れるのでいいです
26,6082017-09-11 07:48:06/road/wpr213/main8.html9
近畿ネタなので楽しく読めました。
住んでおられるところの都合上仕方ないのでしょうが、ここまで著名になって来られたら、今後は西日本の調査もドンドンしていただけることを期待しています。
26,5192017-09-01 18:10:31/road/wpr213/main8.html10
初めて読みましたが、とてもワクワクしてあっという間に読んでしまいました。

工事開始前に入れたことは僥倖でしたね。
また、庄川側からスタートしたことも、不穏な看板から始まり、隧道とそこからの景色に至るまでの展開がが素晴らしくなり、幸運だと思われたんじゃないでしょうか(私も数々の発見と幸運に興奮しました!)

これからも楽しい探検レポを期待してます。
26,1532017-07-28 14:34:13/road/wpr213/main8.html10
どんな道か知らずに通ったら、感動で震える自信有り。
後世に残って欲しい道です。
25,9252017-06-26 13:07:27/road/wpr213/main8.html10
謎の「関係者」看板からの最終回までのレポート、すごく面白かったのと同時に、
道路と生活とのつながり、政治的側面、開削への執念、
いろんなものが1本に詰まってた感じで良かったです。
25,6122017-05-08 00:06:22/road/wpr213/main8.html9
奈良と和歌山の山奥は言うならばトンネルに近いと思う。道を走っていても山が迫ってくる谷に飲み込まれるというのが普通の光景だから。
25,5552017-04-28 03:33:06/road/wpr213/main8.html10
これ程に濃密で面白いレポートを読めたことに感謝します。
他のレポートも随時読んでいきたいと思います。
25,4442017-04-10 10:03:17/road/wpr213/main8.html9
机上調査編、あの切り通しや隧道がどうなってしまうのかドキドキしながら読みましたが、とりあえずは良かった。
25,4052017-04-06 20:04:22/road/wpr213/main8.html10
オブローディングの冒険的側面と、道に関わる歴史的および政治的な背景が絶妙に交差して、一つのエンターテイメントとも言える作品ですね。現地の状態も通告を含め最高です。素晴らしい体験をされましたね。そして、これを追体験させてもらいありがとうございました。この道を題材にして、浅田次郎氏に小説を書いてもらいたい!
25,4042017-04-06 19:36:56/road/wpr213/main8.html10
庄川久木地区のみなさん、おめでとうございます!
25,2892017-03-26 18:41:11/road/wpr213/main8.html10
とても面白かったし、勉強になりました!
道路は利用する人と地域の歴史、人の思いと一緒にあると改めて感じました。
ヨッキさんの締めの一文、いいですね〜。
25,0792017-03-01 18:57:05/road/wpr213/main8.html10
去年の夏に和歌山に行きました。
勿論『小匠ダム』が目当てでした。
また和歌山に行きたくなってます。
25,0442017-02-23 18:30:32/road/wpr213/main8.html10
「道に歴史あり」とは言いますが、そういう場合は江戸時代などからの古来の道を取り上げることが多いですが、現在進行形での「歴史」を感じることができるとても素晴らしいレポートだと思いました。
土地の人のこの道に対する執念がすごすぎる。
25,0322017-02-22 17:25:21/road/wpr213/main8.html10
繭街道を、二階議員と歩く会・・
素晴らしい。

本人(二階議員)は、
忘れてるかもしれないが・・
24,9332017-02-14 23:16:37/road/wpr213/main8.html10
始めは「ただの廃道(未成道)」だろうと思い読みはじめたのですが、ものすごい急坂や荒削りの道、とんでもない切り通しが出てきて、それだけでも道路的に面白いのに、その道の影には長きにわたる住民の方々の努力があったと知りとても驚くと同時に、並々ならぬ強い思いに感動しました。また、筆者様の詳しいレポート・考察にも感動しました。素晴らしいですね!
少し大袈裟ですが、この道と出会えて嬉しい気持ちで一杯です。本当にありがとうございました!レポート、お疲れ様でした!
24,8812017-02-11 23:11:06/road/wpr213/main8.html10
めちゃくちゃ面白い!
24,8642017-02-08 06:02:24/road/wpr213/main8.html10
道の背景まで詳細に調べていただいて非常に面白かったです。
24,831さんの前半に同意。今になってこの道に巨額を投じる必要性って。
そして「関係者」って主に庄川地区の人々みたいですが(看板の位置からしても)、山の西側に住む彼らが現在この道に何を求めているのかなという。
24,8632017-02-08 01:54:25/road/wpr213/main8.html10
現在、過去、未来。そしてオブローダーを満たす素晴らしいレポートである。
24,8622017-02-08 01:21:20/road/wpr213/main8.html10
「関係者」にこのレポを読んでみてほしい!
24,8582017-02-07 12:03:51/road/wpr213/main8.html10
感動した!!

7ページ中 1ページ目を表示(合計204件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7    [次のページ]  

この画面の説明