http://yamaiga.com/tunnel/kama/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.59点 / 投票回数 4812人)

4ページ中 1ページ目を表示(合計98件)    1 | 2 | 3 | 4    [次のページ]  
番号書き込み日時書き込みURL▲点数
コメント
14,7822014-01-01 17:30:12/tunnel/kama/main7.html1
結論がよくわからない。
まあ、無事に帰ってこれてよかったですね。
23,3592016-08-05 22:33:33/tunnel/kama/main7.html8
東北大学が公開している「外邦図デジタルアーカイブ」という所に
昭和6年に発行された上高地の地図がありましたが
ここに「釜隧道」と書かれたトンネルが載ってますね。
http://chiri.es.tohoku.ac.jp/~gaihozu/ghz-dtl.php?lang=ja-JP&fm=l&ghzno=TH011819
古い測量のせいか釜ヶ淵の特徴的な屈曲が見られませんし
川とトンネルの位置関係もずいぶん違って描かれていますが
これがレポートにある「古釜」と同じものなんでしょうか?
古釜はさすがにトンネルじゃなく隧道と呼ばれてたんでしょうかね
32,1322019-07-12 20:09:51/tunnel/kama/main7.html8
旧々抗口の発見から「謎は解けた!」そして再調査による事実と現状確認の流れが燃える!
7,3882011-06-24 20:53:43/tunnel/kama/main7.html9
2011/6/23発生の釜トンネル北側の崩落事故がきっかけで、このページにたどり着きました。とても興味深く、読み応えがありました。
私自身は、有人の運転ですが、2度ほど、昔の釜トンネルを通った時の断片的な記憶が蘇ってきました。
上高地側の出口近くになって、焼岳の方の景色が非常に印象的だったのを覚えております。
他のレポートも読んでみたいと思います。
また、更新も楽しみにしております。
11,1262012-11-26 22:22:41/tunnel/kama/main7.html9
河童橋にあるホテル白樺荘に古い写真が掲示されていました。このページの下のほうの写真は釜トンネルとありました。
大きさ的に小釜のほう?
http://www.shirakabaso.com/history.html
16,7982014-09-13 15:28:30/tunnel/kama/main7.html9
5年ぶりくらいにこのページを読み返しましたがやはり面白い。平成14〜17年時代、旧釜TNと新釜上TNの境目の接続部だけが下り坂になっていたということは、新釜上TNを作る時点で新釜(下)TNも作る構想があったんでしょうね。
20,5892015-11-07 06:52:31/tunnel/kama/main7.html9
 大変貴重な報告お疲れ様です、毎度ご自身を犠牲にした突撃取材ぶりに頭が下がります。 何度か近辺を通行していましたが、マイカー規制による半隔離状態で勝手に外国扱いしていた上高地にそんな遍歴が有ったとは! ヨッキ殿の仰る通り魔の巣窟に思えてならないです。俗に言う別天地その儘に大半の民衆には縁遠い彼の地なんですね。あそこ迄接近しながら上高地本体に完全ノータッチな点は好感度大です(只のニアミスですね)。但しこれだけ煽られると釜ヶ淵が気になって仕方なくなってきます、決してノーリターンとは思えませんが... 冒頭と終盤で対警備員警戒度に雲泥の差の生じ具合に肩の震えが止まりません。たまに地方で遭遇する無用な威丈高の同業者を彷彿とします。その姿勢は地元民ではなく無作法な外国人に向けられるべきとは思いますが... (♪警官や お〜もた〜らガードマンや〜♪ byたむ●ん) お蔭で北アルプス方面の興味がかなり湧いてきました、其の内上高地本体へ訪問してみたいです。
23,8442016-09-25 08:54:09/tunnel/kama/main7.html9
長野県民です。
旧釜は5回ほど自転車で走破してました。
現役時代も、濡れた舗装路面と路面の細かい砂利で、スリップしてこけそうなのを必死で堪えました。雨が多いときは、路面に川が出来る始末です。路肩もすでに壊れていた箇所も有り、すでに廃道みたいな雰囲気がありました。

交互通行なので、バスが来たら路面の少し広い場所に自転車もろとも張り付いて車をやり過ごしました。命懸けでしたねw

途中でノミの跡が生々しい岸壁があり、自然の凄さを感じたものです。
それにしても途中の穴が旧釜トンに繋がっていたとは・・・

あと心霊目当ての人!当方旧釜廃止前12月に上高地入山旧釜歩いてますが、顔色が悪い謎な登山者に出合いましたよ!うつむいて歩いていた当方を睨む様に青白い顔で一瞥し、いつの間にかいなくなりました。
24,0872016-10-20 11:12:16/tunnel/kama/main7.html9
先日槍ヶ岳へ登るのにバスで往復しましたが、旧道と旧々道がこうなっていたとは…。

ヨッキさんの執念には頭が下がります。
30,3982018-11-15 21:55:55/tunnel/kama/main7.html9
こんな世界があるなんて知れて感動です。
ゲートってあいてるんですね。安心。。
2832009-11-03 23:21:32/tunnel/kama/main7.html10
大変お疲れ様でした。
綺麗な写真と臨場感溢れるレポートで、現場で見ているような気持ちで読ませて戴きました。

私が、初めて釜トンを通ったのは、30年前で、地肌の出た内部が印象的で、とても恐怖したのを覚えています。

そんな釜トンが付け替えられたのは、少し嬉しく、大変ショックです。
やはり釜トンは、上高地と自然の関として、畏怖を与える存在であって欲しかったです。
4042009-11-18 12:30:49/tunnel/kama/main7.html10
新旧全ての釜トンを、是非とも自分の運転で通過したいと思わせるレポートでありました。返す返すも残念でありますが、自然を守る為ならば致し方なし。いずれ観光バスの最前列でも予約して……
4972009-11-25 22:45:10/tunnel/kama/main7.html10
旧釜トンネル時代に自分で車を運転して上高地に入った記憶が呼び覚まされました。何でも便利にすれば という風潮には疑問を感じます。
7502009-12-20 16:00:52/tunnel/kama/main7.html10
撤退レポートのほうが面白い、と言えますね
1,7412010-02-06 23:48:59/tunnel/kama/main7.html10
おもろすぎ。急釜トンネルを残雪期に徒歩で登って上高地に入っていた者としてはこんな未知の部分がありそれに挑んでいた人がいた事に驚愕しています。自分なら絶対こんなことしません。きっぱり!がはははははは
1,9142010-02-16 00:11:37/tunnel/kama/main7.html10
62歳♂登山・ツーリング経験多少あり。オブロードなる言葉を初めて知り目茶魅惑されました。体を鍛え直して(無理かな)トライしてみたい!
3,2892010-05-24 07:53:45/tunnel/kama/main7.html10
20年以上前に上高地で働いてて 旧釜トンの真ん中付近から川へと通ずる道があるのは何の為にかとずっと不思議に思っていましたが 霧沢発電の開発の為の鉃道坑だとは。ありがとうございました。
3,6182010-06-30 20:33:36/tunnel/kama/main7.html10
昔は大変だったのだろうが、今はカンターン。

ハア・・。
3,7052010-07-07 23:00:49/tunnel/kama/main7.html10
オイ!そこの初心者!
はやくはやくはやくはやくはやくはやく!!!
4,4002010-08-12 01:49:15/tunnel/kama/main7.html10
平成元年に釜トンネルをチャリで走ったことがある者です。
ちょっと山奥のツーリングルートを探してるうちにここにたどり着きました。
あの強烈な思い出があるトンネルが付け替えられてたことも知らなかったのですが、久しぶりにこんな形で再開させてもらいました。あの排気ガスや滴り落ちる水と湿度、手彫りの壁や流れる水で端が陥没したアスファルトなど、今考えたらよくバスに接触せず走りきったなーと思い出します。またこんな歴史があったことも知り、感激しました!
4,6932010-08-26 22:29:10/tunnel/kama/main7.html10
釜トンネル・・・
かっこいい!
4,8832010-09-08 00:24:42/tunnel/kama/main7.html10
旧釜トンネル以外のトンネルが出来る前に数回自家用車で上高地に行きましたが、探検された今回の様な道路が沢渡上辺りから上高地に続いていたのを思い出します。乗用車でも対向車とのすれ違いがやっとでしたね。沢渡から上高地まで1時間以上掛かっていたかと思います。
ところで何かの資料で写真を見ましたが、バスが渓谷の川岸を走っていました。つまり川の真横です。もしかしたら一番初め道は川の横で、増水時等通行が出来なくなるので現在の高さで道を再度作ったのかもしれませんね。
とても面白く見させて頂きましまし。
4,8992010-09-10 20:52:24/tunnel/kama/main7.html10
昭和63年5月頃上高地へ旅しました。オートマ車のほとんど無かった時代、現地よりもこのトンネルの急勾配での渋滞が強く印象に残っています。途中分岐したトンネルはやはり初代でしたか。当時は閉塞されておらず真っ直ぐに出口が見えていました。
5,7772010-12-19 23:47:52/tunnel/kama/main7.html10
施錠されたトンネルの門はどうやって通過してるのですか?
旧釜トンの上高地側口など開錠しなければ通れそうにないんですが・・・
6,0522011-01-21 18:17:46/tunnel/kama/main7.html10
高校時代(1980年代後半)、チャリで旧釜トンを登りました。途中で信号が変わり、上からの観光バスを素堀のトンネルにピタッとくっつき、ぐしょぐしょになりながらやり過ごしました。2010年に上高地に行ったとき、全て新トンネルになってしまったことを知りました。リポートにはしびれました。
6,7872011-04-14 14:00:55/tunnel/kama/main7.html10
気が付いたら最後まで読んでしまっていました。
自然を前にした人工物のはかなさというか・・・切なくなりますね。
7,0002011-05-05 13:25:24/tunnel/kama/main7.html10
2011年5月久しぶりの上高地観光、釜トンネルに信号機が無い、交互通行では無い。若い頃の釜トンネルはどうなったのか知りたくて、このサイトに来て良かったです。レポート読んでいてとても楽しかったです。
7,3142011-06-13 15:23:26/tunnel/kama/main7.html10
私の知っている釜トンネルはもう現在の姿ですが、母の幼少時代には現役でした。あのトンネルを通過するとき、曇ったガラスにポトポト水が落ちてきて、怖くて怖くてしょうがなかった、と母の思い出話が止まりません。貴重なレポありがとうございました。
7,3782011-06-23 21:26:41/tunnel/kama/main7.html10
何度読み返しても釜トンはおもしろいです!
釜トン付近で土石流があったようですが・・・旧道のダメージがなければよいですね
7,3932011-06-25 00:11:32/tunnel/kama/main7.html10
すばらしい、実にすばらしいレポートです。特に、無茶をせず、無事に帰ってきたことがすばらしい。(帰って来れなければレポートはありえませんが・・・)、あぁ・・思えば、最近の上高地は無粋な日帰り観光客荒らされていて足が遠のいていましたが、釜トン改装前に一回行っておけば良かった。懐かしい映像、ありがとうございました。

4ページ中 1ページ目を表示(合計98件)    1 | 2 | 3 | 4    [次のページ]  

この画面の説明