http://yamaiga.com/tunnel/kama/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.59点 / 投票回数 4817人)

4ページ中 2ページ目を表示(合計98件)    1 | 2 | 3 | 4    [前のページ] [次のページ]  
番号書き込み日時▲書き込みURL点数
コメント
10,6212012-09-11 20:53:29/tunnel/kama/main7.html10
登山基地としても利用しているので、年に何度か釜トンネル通るんです。
行く前にはヨッキレンのこのレポが必ず見たくなり、トンネル通過時には壁の向こうの世界にトリップしてます。
10,7412012-09-29 08:45:21/tunnel/kama/main7.html10
十年以上前に松本に暮らしていました、その当時釜を抜けたことが何度かありましたね。『なんじゃこりゃ!?トンネル内で二叉路がぁぁ・・・』
懐かしく拝見しました。
11,1262012-11-26 22:22:41/tunnel/kama/main7.html9
河童橋にあるホテル白樺荘に古い写真が掲示されていました。このページの下のほうの写真は釜トンネルとありました。
大きさ的に小釜のほう?
http://www.shirakabaso.com/history.html
11,2182012-12-03 23:35:37/tunnel/kama/main7.html10
素晴らしいレポートありがとうございます。
釜トンネルの歴史を垣間見ることができ、何だか非常に清々しい気持ちです。
それにしても、各ゲートの鍵は一体...w
11,6372013-01-05 00:59:50/tunnel/kama/main7.html10
伝説の「釜トンネル」がどのようなものか、是非見てみたいと思っていた所、新道→旧道に加えて旧道→旧々道の2段構内分岐オチとは夢にも思いませんでした。お腹いっぱいでございます
11,7422013-01-19 15:23:55/tunnel/kama/main7.html10
よくまあ、これだけやったなあと、感服することしきり。
12,6422013-05-03 01:04:04/tunnel/kama/main7.html10
私も昔 登山の為に自家用車で釜トンネルを通りました(当時はまだ土日のみのマイカー規制でした金曜日までに入れば土日でも出ることは可能でした) あのトンネルにこんな秘密があったとは ありがとうございました
12,8392013-05-29 22:39:55/tunnel/kama/main7.html10
大変面白く読ませていただきました。私は現在62歳ですが、10歳ころ、、つまり昭和35年頃に松本に住んでおりました。父や父の友人の車で数回この釜トンネルを通り上高地に出かけたのをはっきり覚えています。
確かに当時の釜トンネル内部はむき出しの岩でした。
ごく初期のブルーバードやコロナで出かけたと思います。
トンネルは暗くて待たされるし不快でしたね。
この釜トンネルだけでなく島々からの道も険しくて、トンネルなどなく 何度もすれ違えなくて断崖絶壁のところをコワゴワバックしました。
その後は、今から30年ほど前に友人と釜トンネルをマイカーで通りました。ハイシーズンは通行不可でしたね、確か。でも釜トンネル自体は楽に通行しましたよ。
とても懐かしいレポートでした。
また上高地に行きたくなりました。
13,7052013-08-29 10:12:48/tunnel/kama/main7.html10
釜トン、地元だっただけに関心が高いです。旧隧道との接続部分は昭和60年位までは塞がれていなかったと記憶しています。記述のような渋滞エンストパニックにも遭遇した事が有りましたが、その頃は既に警備員が居て先頭と最後尾の車のナンバーを上下で連絡していました。
沢渡〜中の湯間の旧道にも興味が有りますね。
14,6542013-12-09 17:12:09/tunnel/kama/main7.html10
9歳年上の兄が旧釜トンネルへ軽自動車で突入し15%の坂でひどい目にあったと言っていたのが実感できました。まさに前後から挟まれての針のむしろ状態だったんでしょうね。読んでいて兄の汗だく顔が眼に見えるようで笑ってしまいました。
14,7822014-01-01 17:30:12/tunnel/kama/main7.html1
結論がよくわからない。
まあ、無事に帰ってこれてよかったですね。
15,0592014-02-14 21:45:29/tunnel/kama/main7.html10
ゾクゾクするような臨場感でした。ありがとうございました。
ところで、新旧釜トンネルを結ぶ赤い明りのついた分岐区間ですが、新(上)トンネルに向けて下りなんですよね。新(下)トンネルができない間の湧水の排水はどうしていたのですしょうかね。上下の新トンネルは一体の計画で、下トンネルには上トンネルの排水を兼ねた狭い先進導坑があったのではないか、で上トンネル供用後に下トンネルを切り拡げたのではないかと想像するのですが・・・。
15,7322014-05-09 17:26:17/tunnel/kama/main7.html10
そうそう、上高地側で、長い間信号で待たされたのを、思いだしました。バイクのエンジン止めて、かなり待ったなあ。
私、52歳になりますが、何十年かまえに、職場の後輩と、上高地にツーリングに行ったことがあります。あの頃はまだ、通年規制はなくて、河童橋の駐車場まで行けました。多分、お盆明けでしょう。実は、知り合いがホテルを経営していたので、ご厚意に甘えて、寄らせてもらったのです。
釜トンネルの印象は、子供の時と変わらず(私は、松本在住)、真っ暗な洞内、響き渡る轟音、滴り落ちる水滴、びしょぬれで滑る路盤、そして不気味な素掘り。その光景を、読み進むうちに、鮮明に思い出しました。その時の後輩たちは、ある意味、興奮して喜んでいましたっけ。すごい所だと、、
釜トンネルの意外な側面も、興味を持って拝見させていただきました。
ヨッキさんのサイトに来てから、まだ日が浅いのですが、これからも、楽しみにレポートを待っています。事故等無いよう、充分に気を付けで、今後もご活躍くださいませ。
16,5872014-08-18 22:22:53/tunnel/kama/main7.html10
2014年8月16日に上高地へ行った際にここを通りましたが、梓湖と釜トンネルの間の梓川の対岸は斜面が崩れているところが何カ所もありましたし(目の前で岩がゴロゴロ落ちていました)、土砂で梓川が埋まってしまうのではないかと心配するほど現在進行形で斜面が崩れていました。また釜トンネルの上高地側を抜けたところに新たにトンネルを掘っていました。バスの運転手さんの話では、大正池をスルーして上高地バスターミナル近くまでトンネルで結ぶそうです。開通すると道路から大正池が見えなくなってしまうらしく残念ですが、本リポートを見る限り安全の為には、やむを得ないのかな。
16,6082014-08-22 00:20:51/tunnel/kama/main7.html10
懐かしいです。1997年にMTB買ってから毎年3回は上高地自転車入りしてました。今でも行きますが・・・
写真も撮ったはずなので、旧釜トンネルの現役時代もあるかもです。
新釜の工事が始まった時は、凄い粉じんで、トンネルも途中まで旧トンネルその先新トンネルで、工事用の柵で囲いがされていて旧側が通れなくなってました。
旧トンネルは冬季も歩いて、幽霊らしき登山者と出合ってもいます。出来る事ならもう一度旧トンネル歩いてみたいです。
16,7982014-09-13 15:28:30/tunnel/kama/main7.html9
5年ぶりくらいにこのページを読み返しましたがやはり面白い。平成14〜17年時代、旧釜TNと新釜上TNの境目の接続部だけが下り坂になっていたということは、新釜上TNを作る時点で新釜(下)TNも作る構想があったんでしょうね。
16,9382014-09-30 09:45:55/tunnel/kama/main7.html10
昨日上高地に行ってきました。観光バスで通るだけでしたが、すごい道でした。
以前こちらのレポートを読んで道路的に興味のあるところでしたので、観光バスで通るだけでも土木クラスタにとってはなかなかすごい所でした。

特に新釜トンネルの勾配はバスで通るだけでもかなり来てますね...

場所は詳しく記憶していなかったのですが、道の駅を少し上高地側に行った水殿ダムのところでも改良工事が始まっていて、またトンネル掘るそうです。

上高地近辺は年間200万人くらい訪れるところなのに、未だに酷道があちこち存在していてすごいところですね。

また、新釜トンネルの上高地側、大規模な工事を行っていました。
他の方がコメントされているバスターミナル直行トンネルなのでしょうか。
確かにバスから大正池が見れなくなるのはちょっとつまらないですね。
これで上高地通年営業とか始まったらちょっと嫌ですね。

*余談ながら当方野鳥好きでして、初めて上高地行ったのですが都会ではなかなか見かけない鳥が沢山いて感動したものです。
レポート内に野鳥が出てくることはあまりありませんが、
よっきれんさんも知らず知らずのうちに貴重な野鳥に遭遇したりしているかもしれませんね。
18,4472015-04-03 12:29:41/tunnel/kama/main7.html10
上高地サイクリングの検索から辿りつきました。
一気に読ませていただきました、とても興味深く楽しかったです。
18,9982015-05-26 19:45:48/tunnel/kama/main7.html10
釜トンネルって、こんなにすごかったんですね。驚き!
19,0822015-06-08 16:33:04/tunnel/kama/main7.html10
私は岐阜県民です。釜トンには馴染みがあり、若かりし頃「なんて恐ろしいトンネルなんだ…」と思いながらもそのスリルにワクワクしたものです。現在の新トンネルではそのスリルを味わう事は出来ませんが、よっきれんさんのレポートにより、昔の光景が甦りました。釜トンの鉄扉、どうやって越えたんですか?凄過ぎです。それに旧旧道の存在には超驚きです! これからも怪我には十分気を付けて、探索して下さいね。期待してます( ̄^ ̄)ゞ
20,1342015-09-23 18:23:05/tunnel/kama/main7.html10
旧釜トンネルに関する映像資料があります。
ご覧になってみてはいかがでしょうか。
https://www.youtube.com/watch?v=hB--oc11eOI
20,5242015-10-30 21:14:27/tunnel/kama/main7.html10
本日(2015.10.30)、NHK BSプレミアムで、上高地を放送しているのを偶然視聴し、そこで、ダートロードを上り、旧釜トンネルに吸い込まれていくボンネットバスの動画が紹介されたり、おそらく旧旧道を通って、大正池に魚釣りに行った沢渡の古老の話など、興味深く拝見したので、また、ヨッキさんの本編を読み直してしまいました。本当に貴重な記録映像が紹介されていました。
20,5812015-11-06 01:56:29/tunnel/kama/main7.html10
録画してあったNHK・新日本風土記(20,524さんと同じ?)を見て、昔通った釜トンネルをもう一度見たみたいと思って検索していたら、こちらにたどり着きました。
最高に面白かったです。
ありがとうございました。
20,5892015-11-07 06:52:31/tunnel/kama/main7.html9
 大変貴重な報告お疲れ様です、毎度ご自身を犠牲にした突撃取材ぶりに頭が下がります。 何度か近辺を通行していましたが、マイカー規制による半隔離状態で勝手に外国扱いしていた上高地にそんな遍歴が有ったとは! ヨッキ殿の仰る通り魔の巣窟に思えてならないです。俗に言う別天地その儘に大半の民衆には縁遠い彼の地なんですね。あそこ迄接近しながら上高地本体に完全ノータッチな点は好感度大です(只のニアミスですね)。但しこれだけ煽られると釜ヶ淵が気になって仕方なくなってきます、決してノーリターンとは思えませんが... 冒頭と終盤で対警備員警戒度に雲泥の差の生じ具合に肩の震えが止まりません。たまに地方で遭遇する無用な威丈高の同業者を彷彿とします。その姿勢は地元民ではなく無作法な外国人に向けられるべきとは思いますが... (♪警官や お〜もた〜らガードマンや〜♪ byたむ●ん) お蔭で北アルプス方面の興味がかなり湧いてきました、其の内上高地本体へ訪問してみたいです。
20,7462015-11-23 21:00:39/tunnel/kama/main7.html10
とっっっっっっっっっっっっっても面白かったです。
20,7472015-11-23 21:00:49/tunnel/kama/main7.html10
とっっっっっっっっっっっっっても面白かったです。
21,6502016-01-30 15:40:20/tunnel/kama/main7.html10
凄い!
21,7102016-02-02 10:07:55/tunnel/kama/main7.html10
只でさえ立入困難な所を撮影しながら…頭が下がります。今回も楽しませていただきました。
21,8002016-02-08 00:26:33/tunnel/kama/main7.html10
心霊スポット探索をしているものです。
とても参考になりました!
21,9972016-02-28 16:11:57/tunnel/kama/main7.html10
昭和8年(?)のみならず、廃道化して以降も土砂崩れなどあったのでしょうな

4ページ中 2ページ目を表示(合計98件)    1 | 2 | 3 | 4    [前のページ] [次のページ]  

この画面の説明