http://yamaiga.com/tunnel/souunkyo/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.16点 / 投票回数 1471人)

7ページ中 7ページ目を表示(合計194件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7    [前のページ]  
▲番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
29,5962018-07-31 22:41:54/tunnel/souunkyo/main4.html7
>“神削壁”
すげーなこれ。
>現在危険防止のために封鎖されている
えー、どこどこ(地形図を見る
ああ、道路が地図上で抹消されている・・・壁の名前はあるのに・・・。
というか冒頭のマピオン地図を見ていなかったけど、層雲峡温泉って有名な大雪山の近くなんですね。
こりゃ見どころ多すぎてキリが無いんじゃないですかね。
まだほんの序の口って奴でしょう?
29,6062018-08-02 18:36:25/tunnel/souunkyo/main4.html10
我を忘れるくらい夢中でレポを拝読しました。
心を動かされるレポだと思います。
よっきさん 素晴らしいです。
29,6322018-08-07 19:55:54/tunnel/souunkyo/main4.html8
机上調査編は最後に公開になるが、これがあったからこそ向かったんだろうと思う。
29,9132018-09-07 12:30:02/tunnel/souunkyo/main4.html10
今回の地震で崩壊してないだろうか
30,0012018-09-16 23:24:17/tunnel/souunkyo/main4.html10
国道として利用してなかったんでしたっけ?私はほんの少ししか興味がないので深く掘り下げていませんが、トンネルに湯気が立ち込めて視界不良が酷いから使わなくなった筈ですよ。ビジターセンターあたりに聞くと詳しい筈。
30,3652018-11-09 08:07:53/tunnel/souunkyo/main4.html10
1975年の土石流災害の頃には廃止されてた記憶。あのへんはどこを掘っても温泉だからトンネルとは相性が悪い。
30,4192018-11-18 15:02:34/tunnel/souunkyo/main4.html10
偶然見つけたWEBサイトでしたが思わず読みふけってしまいました。
まず行ってみて、後から資料でも丁寧に確認しておられるところが探求者らしくて素晴らしいです!
そして何よりご無事に帰ってこられたことに惜しみない拍手を…。
また拝読しに参ります。
31,2442019-03-08 14:14:55/tunnel/souunkyo/main4.html10
いつも楽しく拝見させていただいております。
上川〜温根湯間の林鉄の存在は知っておりました。温根湯には今でも林鉄後を利用した道路「林鉄線」というのも存在します。
話は変わりますが、上川〜層雲峡の間に、旧道を新道の間になぞの鉄橋が残っております。
恐らくその鉄橋も林鉄の名残?かと思いますが、詳細が全く無いのが残念です。
31,3292019-03-17 16:12:32/tunnel/souunkyo/main4.html9
面白かったです 私も小学校の頃に探検して中に入りましたが、恐怖とぬかるみの深さに引き返しました。
40年くらい前の話です。懐かしいなぁ・・
自分が子供の頃はもう公園になっていてオバケトンネルと呼ばれてました
31,4962019-04-08 13:00:48/tunnel/souunkyo/main4.html10
毎回現地調査から机上調査に至るまで、その内容大変すばらしく、学術論文を読んでいるかと思うほど質が高く、楽しみに拝読させていただいております。今回のレポートも素晴らしかったです。
31,5872019-04-26 01:45:44/tunnel/souunkyo/main4.html9
八甲田の毒ガス隧道を思い出しました。あのときはズボンがお亡くなりになりましたよね。
33,1612019-11-11 02:58:18/tunnel/souunkyo/main4.html10
最初の硫黄臭で「流石にこれは命に関わるだろうから入らないだろうけど…でもやっぱり入るのかな」と思ってたら入ってましたね。
両側坑口ともアクセスはしやすそうでしたが、通り抜ける人は流石にいなさそうだし、クマさんの住処にもならなさそうですね。
34,4562020-05-04 13:19:08/tunnel/souunkyo/main4.html8
昨日たまたまここのトンネルを見つけてそばまで行って見てきました。
中は底に白い塊りがあったので雪が積もっているのかと思ったら湯気が大量に溜まって白く見えていました。もっと近づいたら湯気の塊りがこちら側に全て漂って出てきて不思議な感じでした。
硫黄の匂いがけっこうキツかったです。
34,8222020-06-05 23:04:17/tunnel/souunkyo/main4.html10
超スゴいです!町から数百米も超えない近くにはこんなにトンデモ廃隧道があるとは。
ヨッキさんは最近のツイートでガス検知器等(とトリさんでの代用?!:)について検討していらっしゃるようですね。硫黄を含むガス等には確かに命の危険があります。自分の命で試すことは絶対しないで、これから毎回きちんと検知器等を装備してくださいね。

また、林鉄についてですが、地理院地図では、国道39号をこの層雲峡隧道の場所より上川市街方に行くと、上川町字層雲峡所属の「万景壁」直下の四の岩覆道から同町字清川所属の「真勳別発電所」まで、所々謎の直線状擁壁、自転車専用道路と道を載せていない盛土が見えます。もしかしたら、これが林鉄から転用された林道の跡では?もしくは、国道となった林道に並行していた道道の跡でも?

それに、層雲峡隧道の場所より少し石北峠方に行くと、「小函」を迂回する長〜い「銀河トンネル」があります。層雲峡の右岸にはビミョーに広い平場と、いくつかの崩壊の跡(長隧道の旧道の定番?)も見えます。Wikipediaによると、本当に旧道も旧旧道もあって、現道の「銀河トンネル」は旧道の「小函トンネル」の一部区間を使用しています。何とか物々しい感じです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%80%E6%B2%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB
さらに少し石北峠方に行くと、「新大函トンネル」のすぐそばに、同じくらいの長さの軽車道隧道と描かれているものがあります。これもなぜか国道から外された旧道かもしれませんね。新旧隧道が同じぐらい長いのも面白いです。現状が気になります。
さらに東には、大雪湖と石北峠の間の「武華トンネル」も旧道があるようです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E8%8F%AF%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB

以上はヨッキさんが既に知っていたらすみません。参考になると幸いです。

7ページ中 7ページ目を表示(合計194件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7    [前のページ]  

この画面の説明