http://yamaiga.com/rail/ooarasawa/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.55点 / 投票回数 1059人)

3ページ中 1ページ目を表示(合計86件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
48,5102021-10-19 10:45:15/rail/ooarasawa/main3.html10
素晴らしい🤗パーフェクト😇これぞ趣味人の極みです💯💯💯
42,2902019-09-22 12:33:41/rail/ooarasawa/main3.html9
哀愁漂うダムに沈んだ駅のレポート、興味深く拝見しました。
29,3382018-07-04 14:13:51/rail/ooarasawa/main3.html10
ttps://www.iwate-np.co.jp/article/2018/7/3/17640

ヤフーニュースで紹介されていたので、久々に見に来た。URLは元記事の岩手日報。
26,2602017-08-11 02:08:55/rail/ooarasawa/main3.html10
(´Д`)ノ 内田百里気鵑泙播仂譴箸蓮ΑΑ
湖底に沈んだ歴史が10年に1回蘇るんですね。
26,1792017-07-31 17:41:09/rail/ooarasawa/main3.html10
錦秋湖大滝 サマー LIGHT フェスティバル in にしわが のイベント告知のなかに、在りし日の大荒沢駅の写真がありますよ。
http://www.thr.mlit.go.jp/bumon/kisya/kisyah/images/66476_1.pdf

湯田ダムふるさと写真展にも他の写真が展示されるかも知れませんね。
23,8832016-09-29 15:04:31/rail/ooarasawa/main3.html10
昭和58年頃、お袋の実家 平鹿郡大森町(現在 横手市)に帰省の際、湯田ダムの脇を通る国道を通っておりましたが、満水のダム湖の底に、こんな素朴な風景が存在していたとは想像もつきませんでした。
22,9702016-06-09 18:27:44/rail/ooarasawa/main3.html10
細田氏の幸せそうな様子がすごく伝わってきましたw
21,0322015-12-13 05:16:18/rail/ooarasawa/main3.html10
私めが尊敬致しますヨッキさんが、これまた私が尊敬する百寮萓犬里海箸鮑里蠑紊欧討れるとは万感胸に迫る思いであります。
21,0202015-12-12 21:11:36/rail/ooarasawa/main3.html10
パソコンやスマホ、タブレットに全て対応で、山行がのアプリがあったら嬉しいです。(パソコン版はこのサイトで無料配布してほしいです。)
20,9322015-12-07 22:12:48/rail/ooarasawa/main3.html10
遂に百寮萓庫動員しちゃいましたか♪
20,9252015-12-07 17:28:11/rail/ooarasawa/main3.html10
文章、巧くなりましたね
ますます楽しめそうです。
20,9232015-12-07 10:08:19/rail/ooarasawa/main3.html10
内田百了瓩惑も大好きという偉大な先生ですw
20,9222015-12-07 09:12:26/rail/ooarasawa/main3.html10
国鉄時代のプロトタイプ駅舎が目に浮かびますね^^
20,9192015-12-07 01:21:07/rail/ooarasawa/main3.html10
12/6追記の最後の一文にぐっときました。
駅自体はもう二度と列車が来ることはなく、このまま湖底で泥に沈んでいくばかりなのに、ヨッキさんとここに集う読者さんたちのおかげで廃止から半世紀経った今もこうやって新しい歴史が掘り起こされていく様子を見ていると思わず熱いものがこみ上げてきます。
20,8352015-12-01 23:53:58/rail/ooarasawa/main3.html10
最後の木柵の残った理由のところだけでも泣けますね。
20,8002015-11-30 16:49:33/rail/ooarasawa/main3.html10
謎の構造物は花壇(木枠)と真ん中に植えられた木?では内ないでしょうか。
20,7932015-11-29 18:58:57/rail/ooarasawa/main3.html10
>切り株の切断位置が妙に高いところから見て、
>これを遺すために敢えて伐採したっぽいですね。
大きめの木は高く刈り、そうでもないのは低く刈るという労力削減という無粋な理由の可能性もあるけどな。
あえて残したというのであればレポには載っていないけど小学校の玄関柱?の方がよほど象徴的だった。
20,7922015-11-29 14:47:25/rail/ooarasawa/main3.html10
多くの人に愛された大荒沢駅。
改札口の柵も、ヨッキさんの訪問を喜んでいるでしょう。
20,7912015-11-29 14:35:00/rail/ooarasawa/main3.html10
錦秋湖の道の駅に展示してある大荒沢集落の俯瞰写真を見て、湖底に沈んだ集落の在りし日の姿に想いを馳せておりました。
ダムの点検という千万一遇のチャンスとはいえ、こんなに鮮明に駅跡が現れるとは‼ここまで詳細にレポートをして頂いて感謝感激です。
一部心ない独りよがりの書き込みもありますが、どうかこれからもご自分のペースで、グイグイ引き込まれる臨場感溢れる素晴らしいレポートを掲載して下さい。個人的には、庭坂から通じていたとされる、万世大路昭和の大改築の資材運搬軌道跡の続編を期待しています。
20,7902015-11-29 12:52:26/rail/ooarasawa/main3.html10
細田さんが登場すると盛り上がりますな。
副駅長姿も最高です。
20,7892015-11-29 08:03:45/rail/ooarasawa/main3.html10
よっきさんが便所ではないかと称された池みたいなもの、
あれこそ列車運行の要、信号梃子扱い所ではないかと個人的には思います。
そこを拠点にして各種の腕木信号機と直結するワイヤーが這いつくばっていたのかと。
位置的にも駅務室に最も近いですし、貨物ホーム側は一般客もなかなか近寄らない場所で、
池にしては早々に水が抜けてるのは、地を這うワイヤーの
連絡のためにホーム下に穴が沢山開いてたからかなと思いました。
もし便所であれば、駅務室が最も臭くてたまらんかったでしょう。
もちろんそういう配置の駅も沢山ありましたが。
20,7872015-11-29 02:10:08/rail/ooarasawa/main3.html10
やっと後編が執筆されて一安心したと同時に楽しませていただきました。
本文で、貨物ホームにあるコンクリート製車止めの記述がありますが、現在でも新規で設置されている箇所もあります。
理由としては、車止めの先に橋脚など重要なものがあり、それらを守るため
仮にオーバーランで車止めを突破する事態になっても、絶対にその先へ行かせないようにするためなどです。

この場合は、昔の貨車の操車は突放など普通に行っていたのと、たぶん鉱石等を扱っていたと思いますから、安全対策でコンクリート製になっていたのかもしれませんね。
20,7852015-11-28 22:25:10/rail/ooarasawa/main3.html5
当面は廃線オンリーで行くのでしょうか?
20,7832015-11-28 21:41:50/rail/ooarasawa/main3.html9
やっと完結した!と言うか良く完結したなぁ。
このレポも迷宮入りかと思っていた。
20,7812015-11-28 20:06:48/rail/ooarasawa/main3.html9
ちゃんと完結して安心しました。
20,7802015-11-28 16:11:54/rail/ooarasawa/main3.html10
ようやく完結、おめでとうございます

>昭和40年代以前の当地なら、自転車、カブ、リアカー、オート三輪、ボンネットバスなどが跋扈する、賑わいの駅頭であったろうか。

戦前は「危弱ナル橋」だったようですが、戦後に替橋されたのか、気になるところですね。
ただ、戦前から寒駅・寒村だったようですから…
20,7792015-11-28 09:17:47/rail/ooarasawa/main3.html10
ヨッキ氏の探索から2週間後、9月28日に湖底探索をしました。当日は晴れだったんですが、現地へ到着するのが遅くなり湖底に下りられたのが夕方でしたが、何とか大荒沢ダムにも到達出来ました(ダム事務所までは無理でしたが)。あの目の細かい泥、ひび割れたとこなら大丈夫!と思ってたのに足首までズブズブ埋まることもしばしばで、歩くのに苦労したのが印象的でした。
20,7782015-11-28 03:08:41/rail/ooarasawa/main3.html10
先に阿房列車に触れられた方とは違う者ですが、内田百了瓩榔羽本線阿房列車において大荒沢駅について『陸橋もない寒駅で、…低い屋根や、屋根のない歩廊…、改札の手すりも駅長事務室の硝子戸も濡れている。…今同じ汽車で降りた学校の子供が十人計り、改札口に押し合いへし合いして、…ちっとも埒があかない。』と記しています。

ヨッキれんのレポートを見た後、上記の文章とこの記事とを見比べてみましたが、これがその改札口か!と感嘆しました。往時の写真や駅本屋の間取りも調査されているので、現役時の利用者、列車や駅職員のようすが簡単に想像できます。
20,7772015-11-28 01:40:07/rail/ooarasawa/main3.html8
これ中編迄で中断してたんですねぇw
20,7752015-11-28 00:09:14/rail/ooarasawa/main3.html10
速く塩那書け!

3ページ中 1ページ目を表示(合計86件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  

この画面の説明