http://yamaiga.com/road/ennakouji/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.64点 / 投票回数 5897人)

16ページ中 14ページ目を表示(合計479件)    1 ... 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16    [前のページ] [次のページ]  
番号書き込み日時書き込みURL▼点数
コメント
18,9482015-05-23 12:44:08/road/ennakouji/main.html9
ついに塩那外伝スタートですね。
楽しみにしています。
18,9492015-05-23 13:33:55/road/ennakouji/main.html9
ものすごく期待
18,9722015-05-24 22:32:25/road/ennakouji/main.html9
塩那って文字を見るだけで血湧き肉踊ります。期待しています!!!
18,9842015-05-25 18:50:38/road/ennakouji/main1.html9
キャンプ場の管理棟に明かりが点いているが怪しまれないのか。途中迄でも行ってみたいが・・
18,9882015-05-25 21:05:28/road/ennakouji/main1.html9
家にある鉄道旅行地図帳をみましたが、そこらへんに森林鉄道はありませんでした。深山湖のすぐ近くに、深山林用軌道がありました。
18,9992015-05-26 20:46:42/road/ennakouji/main1.html9
キチンとした道があることの保証がないところを、標高差920mとは・・・。
私も登山をする手前、かなり過酷な行程であることは分かります(^^;
滑落などの遭難には、くれぐれも気をつけて下さい。
困難な場所へと挑むときの頼もしい味方、山行が合調隊の登場もまた期待しています。
一人で無茶はしすぎないで下さいね。
山で命を落としてはいけない、というのは全ての入山者に共通する心構えですから。
19,0002015-05-26 21:41:23/road/ennakouji/main1.html9
>この山域で行方不明や滑落事故が多発しているというのが、脅しなのかそうでないのかは分からないが

林道好きです。しかも自転車で、ゲートを越えて走ってます。
場所にもよりますが、山菜関係の利権などで余所者に対してこのような警告ってのがありますね。あと、本土でのクマ出没とかの警告もそうですよね。むしろこっちを多く見かけました。
産廃投棄防止ならゲート閉鎖されてますし、徒歩などで入れるところの場合は…と。山菜のありそうなところに警告看板あり、と。

山菜は地元の方々の現金収入につながる大事な山の資産ですし。でもまあ、実のところ脅し警告ではなくホントにクマの出るところもあるんでしょうが。

19,0012015-05-26 22:32:17/road/ennakouji/main1.html9
地形図には軌道として書かれていたことはないとされていますが、もしかして本当に軌道だった時代があるのかもしれませんね
富山県の例ですが、立山砂防軌道に限らず現在でも車道としては整備されずにいるダムの資材輸送路としているところ(黒部の「上部軌道」ではありません)があるそうです
19,0072015-05-28 10:15:47/road/ennakouji/main1.html9
途中で廃レールが出てくると,やっぱりドキッとしますね!!
19,0092015-05-28 18:47:29/road/ennakouji/main1.html9
関東で9月に霜が降りるとはすごいな
東でも雲取山なら10月に雪が降るというのも納得
19,0442015-06-01 21:00:01/road/ennakouji/main3.html9
自衛隊が拓くということは、実践(実戦)でいえば“後続の部隊が確実に通れることが最優先”だったりしそうですし、他にはない土留めだったり…もしかして木橋の素材も現地調達だったりするんでしょうか。
しかもここは本筋じゃなくて工事用道路ですし。より自衛隊色が強いかも。そういう痕跡がたくさん感じられたら面白いですね。

19,0472015-06-02 07:30:42/road/ennakouji/main3.html9
廃木橋ステキー( ゜∀゜)o
19,0532015-06-04 01:11:44/road/ennakouji/main3.html9
ヘリで重機を運び入れた可能性はほぼ0です。
当時のヘリの性能、航空法、部隊運用とコストから考えれば。

19,0542015-06-04 01:35:45/road/ennakouji/main3.html9
レポートの導入が、塩那道路というより、清水国道的な感じですね。
19,0902015-06-09 00:15:22/road/ennakouji/main4.html9
>SONYのケース
ICレコーダーのケースですね。
私が所有する機種(ICD-UX533F)も同じケースが付属していました。割と本体からスルリと抜け落ちやすいです。
19,0932015-06-09 03:05:04/road/ennakouji/main4.html9
ヨッキ氏、「還る」のにはまだ早いですよw
19,1052015-06-12 00:17:58/road/ennakouji/main5.html9
9:12のちょっと前
○語弊
×御幣
ですね。
19,1092015-06-12 07:54:55/road/ennakouji/main5.html9
千葉県の激密集笹藪とどっちが辛いですか?映像だけだと、このくらいなら・・と少し思いますw映像では分からない”硬さ”が気になります。
19,1142015-06-12 12:57:33/road/ennakouji/main5.html9
どうでもいいことですが、レポート第4回のデジタルガジェットを入れるケースは、SONYのICレコーダーに付属しているケースだと思います。見た目、うちにあるのとほぼ同じなので。
19,1152015-06-12 20:01:53/road/ennakouji/main5.html9
がんばれ!
久しぶりの塩那道路の姿が見たいんだ!
19,1332015-06-13 23:45:42/road/ennakouji/main6.html9
人の通らないとこで遭難はシャレになんないっす!
19,1392015-06-14 10:06:32/road/ennakouji/main6.html9
動画第五弾の最後で屁こいてない?
19,1442015-06-14 18:16:47/road/ennakouji/main6.html9
へそ曲がりのあまのじゃくなんで
行ってみたいwww
19,1532015-06-16 10:24:33/road/ennakouji/main6.html9
笹薮おつかれさまでした。

笹薮は通行するにはとても苦痛ですが、深く根を張っていて斜面の崩落を防いでいるので、廃道をしっかり保全(?)してくれていると考えれば道路や登山の趣味者としては感謝すべき対象かもしれません。

このレポートを読んで登山者や道路趣味者が少しずつ横川から上るようになれば、道も復活し次第に激藪の苦痛も減ってくると思います。

私もいずれ塩那道路の尾根からの景色を眺めてみたいので、もっと多くの人の通行報告がネットに上るようになったら行きたいと思っています。
19,1652015-06-17 22:05:35/road/ennakouji/main7.html9
その度に、腕に100匹のさかりのついたニャーと格闘したような傷が付こうとも、そしてその傷が冬まで消えなかったとしてもだ。 覚悟しろ! 薮とは男と自然との、裸の組み手と心すべし!!

八箇峠ではこんなに気合を入れていたのに、最近藪に弱くなってないっすか?
レベルXの藪はSSよりも上ですか?

19,1892015-06-18 12:40:12/road/ennakouji/main7.html9
この地域の山、(大佐飛山)に登る際も、この笹藪がくせ者です。なので、冬から春先の藪の上に雪があって藪こぎをしなくて良い時期が登山シーズンです。
19,3072015-06-27 16:34:53/road/ennakouji/main7.html9
この仮設道路建設時に重機を空輸できるヘリコプターは自衛隊には在りませんと言うより世界的にもなかったのでは。
19,3292015-07-01 20:29:31/road/ennakouji/main7.html9
道に見所はなくても楽しめました!日本藪協会ってなんぞ(笑)
19,4172015-07-18 00:40:32/road/ennakouji/main7.html9
Mですね〜 素晴らしい。
20,1142015-09-22 02:53:43/road/ennakouji/main7.html9
藪との激闘レポート楽しく読ませていただきました。1994or5年に逆コースをエスケープルートとして通りました。板室から塩那道路踏破を目指し自転車踏破目指しましたが、雪深く記念碑で断念、夕方4時過ぎに地図に点線で記載あったこの道に突入も脱出は夜10時過ぎ。下手すれば遭難だったでしょう。当時はまだ赤テープがあり、それを頼りに藪に突っ込んでいきました。

16ページ中 14ページ目を表示(合計479件)    1 ... 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16    [前のページ] [次のページ]  

この画面の説明