http://yamaiga.com/road/hatouti/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.49点 / 投票回数 1008人)

3ページ中 1ページ目を表示(合計73件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  
番号書き込み日時書き込みURL▼点数
コメント
35,0932020-07-03 22:28:22/road/hatouti/main.html10
いきなりこれはあちいww>大正初代隧道享年3年
35,0982020-07-04 02:32:56/road/hatouti/main.html10
まさかの地元。崩落する1年前に高校の強歩大会で鳩打隧道を通ったなあ
35,0992020-07-04 06:08:23/road/hatouti/main.html10
「伊那 昭和59年10月号」の写真のお姉さん、当時としてはかなりブッ飛んでたんじゃないだろか。しかも、こんな山奥のタウン誌で。。。
35,1022020-07-04 15:55:56/road/hatouti/main.html10
前コメントの方と同じく強歩大会で通った者ですが、30年前はトンネル辺りはまだ舗装じゃなかった記憶があります。いつの間に舗装されたんでしょう。
35,1032020-07-04 19:24:25/road/hatouti/main.html10
井出一太郎氏の出身は、「長野県(現在の佐久市)」ではなくて「長野県南佐久郡臼田町(現在の佐久市)」ですよね。
35,1092020-07-05 20:41:35/road/hatouti/main2.html10
地元民です。2009年前後に通行しました。
頭上から滴り落ちた水が路面を流れ、素堀りの凹凸にコンクリートを吹き付けたトンネルが、現在のトンネルになったのを覚えています。
茂都計川は「もつけ」でなく「もっけ」だと思います。
続きを楽しみにしています。
35,1102020-07-05 22:08:12/road/hatouti/main2.html10
ワクワク!
35,1162020-07-06 12:10:34/road/hatouti/main2.html10
グーグルのストリートビュー梨野峠入口に映ってる自転車は一瞬よっきれんさんのかと思った。。まるで同じアングル!!
35,1182020-07-06 19:03:11/road/hatouti/main2.html10
山の中の未知の未成道!?物凄い苦労してトンネル掘ってその先を未成で放置はちと考えづらいような。。
35,1212020-07-07 00:34:35/road/hatouti/main3.html10
うわーー
35,1222020-07-07 04:21:45/road/hatouti/main3.html10
うわ、ほんとうに見つけよったで、この人。偉い!
35,1242020-07-07 09:53:26/road/hatouti/main3.html10
確かに発見はすごいし開口してはいる。
しかしこれ、どう料理しますか師匠。
遺跡レベルw
35,1292020-07-07 22:02:43/road/hatouti/main3.html10
穴も見つけてもらいたくてずーっと待っててくれたみたいに思えます
それにしても凄い執念ですね敬服します
35,1312020-07-08 01:06:13/road/hatouti/main3.html10
感動した
35,1322020-07-08 06:56:16/road/hatouti/main3.html10
さて、反対側は
35,1332020-07-08 12:51:09/road/hatouti/main3.html10
Twitterから来ました。ずっと前にどこかの廃線跡の記事を拝見した気がしますが、それからずっと見失ってしまっておりました。令和の時代になってTwitterで再会できるなんて、嬉しい限りです。360度のカメラ映像、素晴らしいですね!今回も大興奮でした。素晴らしい記事をありがとうございます!
35,1342020-07-08 13:08:08/road/hatouti/main3.html10
あれ?
本当?
期待していいのかな?
後で落胆しない?

…のところで、「写真の赤マル、ずいぶん上の方だな…地形的にはもう一段下じゃないのかな?」と思ってたら、まさかの正解で逆に驚いてしまった読者って私だけですか…?
35,1362020-07-08 17:49:14/road/hatouti/main3.html10
まさか、これは新しいやつでもう1本あったりして?
35,1372020-07-08 17:52:51/road/hatouti/main3.html10
いやいや、適切な自己評価ですよ。(笑)
35,1382020-07-08 18:40:25/road/hatouti/main3.html10
ヨッキさんが滅多に行わない自画自賛コメントに相応するような見事な探索、おめでとうございます!
                    F生
35,1402020-07-09 00:33:40/road/hatouti/main3.html10
出来過ぎな発見だなあw

あとそれでも矢張りコンクリートが綺麗すぎるってのは謎だと思うんだけど。。
35,1422020-07-09 07:18:48/road/hatouti/main3.html10
地山が脆かったから最先端の技術を投入して巻き立てたって
ことなんだろうけど、かなり腕のたつ職人を(恐らくは都会から)
連れてきているよね。こう言っちゃなんだけど、たかが
山間の一集落への道としては贅沢。大平峠越えに代わる
伊那谷―木曽谷連絡道路の一部として企画された
ものだったりして。まさかな・・・
35,1442020-07-09 13:15:45/road/hatouti/main3.html10
素晴らしい発見!
35,1452020-07-09 16:45:26/road/hatouti/main3.html10
コンクリートの綺麗さに目を奪われる・・かなりの熟練した職員の仕事だったんだろうな。
35,1482020-07-10 08:03:10/road/hatouti/main4.html10
もしも竣工当時から鳩打隧道が現場打ちコンクリート造であるならば、日本最古の現場打ちコンクリート造隧道の記録が更新されることになります。真実は如何に?
現時点での最古:大正10年竣工・松坂隧道(徳島県・旧国道55号)→https://www.pref.tokushima.lg.jp/ippannokata/sangyo/nogyo/2010083000239
35,1562020-07-12 10:24:54/road/hatouti/main4.html10
名古屋から高速バスで日帰りできそうですね。
もうすぐの夏休みにヨッキさんの足跡をたどりにに行きます。
35,1582020-07-12 12:24:08/road/hatouti/main4.html10
アッパレ!
35,1632020-07-13 13:32:23/road/hatouti/main4.html10
読ませます!清内路への古道も是非探索お待ちしてます。そっちまで抜け出ないとあのトンネルを掘った本当の感覚を体得できない気がする。。
35,1652020-07-13 16:06:07/road/hatouti/main4.html10
清内路への古道の探索報告もぜひ楽しみにしてます。というか、読者の関心を呼び起こすような書き方だから、もう探索はしてたりして?!
35,1662020-07-13 16:55:20/road/hatouti/main4.html10
その一帯は花崗岩地域なので山の表層部が深層風化を起こしてる可能性がありますね。
写真撮られていた林道の露頭もマサ化しているような感じに見えます。
せっかくの旧隧道もその餌食になってしまったのでしょうね...

3ページ中 1ページ目を表示(合計73件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  

この画面の説明