http://yamaiga.com/road/kakumagawa/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.56点 / 投票回数 2075人)

8ページ中 2ページ目を表示(合計227件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8    [前のページ] [次のページ]  
番号書き込み日時▲書き込みURL点数
コメント
22,7432016-05-14 06:14:20/road/kakumagawa/main2.html10
謎出現で次回へ
連載物のセオリー通りですね
ググらないで楽しみに
22,7442016-05-14 09:30:47/road/kakumagawa/main2.html10
夜中にR299を蓼科から小海方面に走ったことが何度かあるが、冬季閉鎖のゲートを過ぎると人家は全くなくなり、新月の夜なら真の闇となる。そこで驚くのは野生動物の多さ。ヘアピンカーブの奥に見えるヘッドライトに反射する野生動物の目は本当に怖い。蓼科山に登ったことがある人ならカモシカなんか珍しくもないだろう。でもさすがに熊は・・・? ところで今回のレポ内の写真を見て有料林道時代のチェリーパークラインを思い出した。当然といえば当然だが植生がそっくりで、雰囲気がとてもよく似ている。そういえばチェリーパークラインの車坂峠は大河原峠とは千曲川を挟んだちょうど反対側にあり、天気がよければお互いの峠が肉眼でも見える。今回のレポのような天気であれば間違いなく見えたと思う。それにしてもこんな優良物件を探索一年後に公開するとは、ヨッキも罪な男だぜ。
22,7452016-05-14 09:35:50/road/kakumagawa/main2.html10
クマー!(AA略)
22,7462016-05-14 09:42:14/road/kakumagawa/main2.html6
くまさんだ^^;;

今ツイートしてるのは実はヨッキさんのbot.なんてことないよね?^^;;
22,7472016-05-14 11:29:18/road/kakumagawa/main2.html9
昔、京浜急行が大船から江の島に至る有料道路を経営していました(ほぼ現在のモノレールの路線に沿って)。料金所は、大船を出て横須賀線を超える陸橋を渡った場所にあり、踏切のような棹で道路を遮断して、係員が料金を徴収していました。料金所の施設は、棹を上げ下げする装置とその脇の係員の小部屋のみ。

ここの料金所も似たようなものだったのではないでしょうか。
22,7482016-05-14 15:37:59/road/kakumagawa/main2.html8
ナビクマのたたりかな? わすれないで〜、とか。
22,7492016-05-14 15:46:13/road/kakumagawa/main2.html8
>で、私の結論としては、この写真の場所が料金所跡である。
徐行標識手前の右側が広い所はどうだろうか
そっちの方が勾配も無さそうだし
22,7512016-05-14 19:01:15/road/kakumagawa/main2.html9
ついに森のお隣さん登場!
次週につづく・・・

てな感じですね。
早く続きを見たいです!!
22,7522016-05-14 19:23:59/road/kakumagawa/main2.html9
熊?猿?
22,7532016-05-14 20:19:54/road/kakumagawa/main2.html7
あ、くまだ。これはくまったね。
いやいや、でっかい猿とかじゃないの?
いや、それも怖いか…
22,7542016-05-14 20:57:46/road/kakumagawa/main2.html9
20年ほど前の有料時代に通った者ですが料金所はプレハブ小屋にポールのゲートがあるだけでそれを係員さんが手動で上げて通してくれるような形でした。(有料時代の妙義荒船林道なんかもそうでした)
料金は確か400円でしたが、夜間から早朝にかけての係員さんがいない時間はゲートが開いていて無料で通れました。
22,7552016-05-14 22:18:07/road/kakumagawa/main2.html7
はじめまして。鹿曲川林道は、松本在住だった1990年代後半に走りました。有料でした。目的は同じく「仙境都市って何?」でした。20年後の今、どうなってるか、続きが楽しみです。
22,7562016-05-14 23:38:07/road/kakumagawa/main2.html8
く・く・くまぁ??こんなに低地(目標に対して)で出たら、どうやって住むのよ!今まで、配水管が布設されている形跡が見えないから、残雪を溶かして飲むのかしら??
22,7582016-05-15 04:34:17/road/kakumagawa/main2.html10
なんかやばいやつっぽいの出てきたw
22,7602016-05-15 09:12:09/road/kakumagawa/main2.html10
ひぃぃぃぃぃっっ!!!!
22,7612016-05-15 14:16:15/road/kakumagawa/main2.html9
♪ ある日、廃道(もり)の中、〜
22,7622016-05-15 17:23:35/road/kakumagawa/main2.html10
長野の人里離れた山奥で見かける、黒くて毛の生えた大きな優しい奴と云えばやっぱりプーさん?(私も怖いのであえて何時もプーと呼んでます)ヨッキさん普段からかなり警戒してるようなので、大丈夫だったんでしょうが、山では気をつけて下さい。ヨッキさんは気付いてなくても、プーさんは何度もあなたを見かけていると思います。
22,7632016-05-15 21:25:01/road/kakumagawa/main2.html9
こんな道で、本当に大型車両なんか通った(通れた)のでしょうか?
乗用車で登坂中に、前方から10トンダンプなんか来たら、ゾッとします。
22,7662016-05-15 22:47:39/road/kakumagawa/main2.html10
『蓼科仙境都市』・・・わぁ、懐かしい!正体は既にご存知な訳ですが、会員制リゾート地です(でした?)。
31年前、7月下旬から3週間ほど、ここで住み込みでバイトしてました。警備その他雑用での募集でしたが、多少電気に詳しかったので、構内CATVの保守作業もやった覚えがあります。
リゾート地内は相当高度差があったので、移動は社有車でした。あぁ、リゾート客用の構内移動マイクロバスの運転もやったなぁ。
当時は、小諸駅からタクシーで、この鹿曲川林道で蓼科仙境都市へ行きました。すっかり忘れていましたが、現在は、こんな事になってたんですね。続きが楽しみです。
22,7672016-05-16 00:29:17/road/kakumagawa/main2.html10
廃道の廃道による廃道のためのサイトで、ケモノの姿のヒキで釣ろうなんてそんな餌に俺様が釣られクマー!!!!!!
22,7682016-05-16 03:50:21/road/kakumagawa/main2.html10
(´・(ェ)・`)クマー
22,7692016-05-16 06:56:43/road/kakumagawa/main2.html5
くまもん?
22,7702016-05-16 07:00:53/road/kakumagawa/main2.html10
この道が有料道路だったなんて想像つきませんが… 最後の熊の印象が強すぎて…
22,7712016-05-16 07:41:05/road/kakumagawa/main2.html10
これはクマったなぁ。大昔岩見山内の林道でゲリラ風味の皆さん方に会った事があり「カレン民族解放軍」かと思ったらやはり現代のマタギの皆さん達で秋田弁で「クマの目撃情報があったので探している。あなたは早く立ち去るべし」といわれたことがありました。
22,7732016-05-16 08:51:09/road/kakumagawa/main2.html10
気付いていない?
驚かしたらやばいっすよ・・・。
22,7742016-05-16 10:24:23/road/kakumagawa/main2.html10
巨大化したわるにゃんでありますよーに・・・。
てんぱっぱ
22,7752016-05-16 12:21:47/road/kakumagawa/main2.html10
冬枯れの林がいい感じですねぇ。道路もいい感じ。

キングコングが生息しているみたいですねぇ(ぜ
22,7762016-05-16 12:38:35/road/kakumagawa/main2.html10
!熊出没注意!

―ヒグマ生息地原住民から
22,7772016-05-16 14:25:57/road/kakumagawa/main2.html10
いやー。生きて帰ってきているようだからアレなんでしょうけど、続きが早く読みたい。
22,7782016-05-16 15:22:54/road/kakumagawa/main2.html10
懐かしいですね。春日渓谷は素晴らしいところでした。あの林道の奥は今は凶悪な破壊状況になっているのではないでしょうか。地図には出ていないのに突然驚きの最高のプレゼントが2ヶ所ありましたね。あの時は思わず歓声が出ました!!最高だった2ヶ所の正体は秘密です。その2ヶ所はレポ−トで明らかになるのを期待していますよ。

8ページ中 2ページ目を表示(合計227件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8    [前のページ] [次のページ]  

この画面の説明