http://yamaiga.com/road/numanohama/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.56点 / 投票回数 1002人)

3ページ中 1ページ目を表示(合計69件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
37,4732021-03-20 20:37:55/road/numanohama/main4.html10
いつも楽しみに拝見しています。
若い頃は廃墟探索に明け暮れ?、ホームページも作っていましたが、今はいろいろな方のをみて楽しんでおります。
このレポートは、何度見ても、胸が締めつけられます。震災の後、南三陸や荒浜など行きましたが、こうして名もなく、メディアにも取り上げられず無くなった集落はたくさんあるのでしょう。
改めて、合掌。
36,6852020-12-13 18:53:46/road/numanohama/main4.html10
津波の破壊力・・・想像を絶します お疲れ様です
36,3002020-10-30 23:15:29/road/numanohama/main4.html10
ツールドみちのくのスタッフをしている読者です。地元の道がレポートされていたので、いつもにも増して興味深く読み進めるうちに、自分が関与しているイベントについて記述されていた事に驚きました。あのルートは、沿岸にありながら海が見えにくい三陸沿岸の道路環境において、貴重な海沿いルートかつ自然地形を生々しく感じられるワイルドな道であり、地元民として自慢のドライブコースでした。そのような理由でツールドみちのくの通過ルートに組み込まれ、参加者からも好評を得たのでした。道路と波打ち際があまりに近く、貴重なクラシックカーが波しぶきを被る、というアクシデントがあったのですが、スタッフや参加者で大慌てで拭き取ったのも今となっては思い出です。
震災後、復旧を心待ちに幾度となく現地を訪れましたが、破壊された道の先は、指をくわえて眺めるしかできませんでした。
レポートを拝読して、知り得なかった現状が分かり、元のルートどおり復旧しない事は残念ですが、何か納得できた気分です。
35,8012020-09-19 20:26:30/road/numanohama/main4.html10
おもしろいというより、大変貴重な記録という事で。なんかね…いまだにあの地震や津波が夢なんじゃないかと思うときがあります。でもこういうのを残しておかないと記憶は薄れるから。
あと、とにかく気を付けてくださいね…
35,7942020-09-18 22:37:56/road/numanohama/main4.html9
無い橋の手前にバリケードくらい置いておけよ
35,6882020-09-04 02:25:16/road/numanohama/main4.html5
最後のDisaster Distanceで一気に冷めた。せめて、Disaster Reductionではないのか。防災関連の用語で変な造語は好ましく思えない。
34,7772020-05-30 08:03:37/road/numanohama/main4.html10
かつての風光明媚な観光道路を、その雄大な自然が根こそぎ破壊していった痕跡をひとつひとつ辿られており、かつての栄光と廃止された今との対比が素晴らしい記事でした。今後、この道路の痕跡も海に流されていくでしょうから、この記事も貴重な資料となる時が来ると思います。
34,7622020-05-29 19:14:15/road/numanohama/main4.html10
このレポは貴重な記録になるでしょうね。
東日本大震災で大変な思いをしたすべての人々に想いをはせて・・・
34,7172020-05-24 12:19:34/road/numanohama/main4.html10
震災4年後に現地に赴いています。
海沿いの状況よりも、青野滝の新道とのT字路付近の沢を跨ぐ盛土部を津波が越えていてそれがそのままになっていたことの方が(盛土上からは、はるか低く見える海に)衝撃的でした。標高30m以上あるはずです。
当時は復旧事業が手付かずでしたが、それもかなり進んでいるようで、安心しました。
34,6632020-05-19 15:50:26/road/numanohama/main4.html10
涙でるわ。18秒あたりの黒影は「震災でまだ行方不明のうちのひと、私じゃなかったから海に戻って行ったんだ!」と思ってしまうひといるかもしれね。波の音も、元の海岸の姿に戻っていくのも怖いだよ。安全ではない場所を鎮魂の歩き。ありがとう。
34,5512020-05-13 23:47:06/road/numanohama/main4.html10
何度か内陸部や幹線道を通行したことはあるが、ここは一度も通らずに廃道となってしまったことが悔やまれる。やはりドライブは自由が効く独りがいい。
34,5472020-05-13 05:49:58/road/numanohama/main4.html8
いい加減、崖等で自転車を降ろす為のロープ位持つべき。何回も投げて壊してて学習してない。それで自転車壊してレポの質が落ちてたら意味無いよ? 
34,5382020-05-11 22:07:23/road/numanohama/main4.html10
震災の爪痕を知れる貴重な資料でもありとてもみごたえがありました。
34,4992020-05-08 13:37:32/road/numanohama/main4.html10
震災直後に東松島へボラいったり、女川や洋野、小本、宮古、楢葉周辺の海岸線を廻ったりなどしました

>破壊の大鉈を振るった張本人が、何食わぬ顔でそこにいる不気味さ

この感覚、よく判ります
34,4982020-05-08 10:13:41/road/numanohama/main4.html10
こういう類の廃道はなかなか見る事が出来ません。
ありがとうございました。
34,4952020-05-08 00:45:21/road/numanohama/main4.html10
ありがとうございます。
34,4842020-05-07 00:33:25/road/numanohama/main4.html10
津波の持つエネルギーの凄まじさを感じることが出来ました。。
34,4822020-05-06 19:23:15/road/numanohama/main4.html9
折角。これほど素晴らしい内容を作っているのだから、本文を読むことができないようなGoogle広告を途中に挟むのはやめてほしい。 
34,4782020-05-06 15:10:27/road/numanohama/main4.html10
元宮古市民(田老町ではなく)です。

貴重なレポートありがとうございました。私は1年半前に訪れましたが、2個目のトンネルを越えたところで引き返しました。
この先進めるのか?という不安と、かつて遊んだ場所、通った道のあまりの崩壊っぷりに、虚無感というか畏怖に似た何かを感じそうそうに立ち去りました。
後で気が付いたら写真すら撮ってないのですからよほど衝撃だったのでしょう。
本当に猿の惑星のような、とは言い当て妙です。

1年半前とこちらの写真から見える景色はまるで変わっておらず、たぶん10年20年後も浸食が進むだけでたいして変わらないのでしょう。

その事実が、うれしいような、悲しいような処理しきれない感情を抱かせますけども、あの先はどうなっていたのだろう?という疑問を解いて頂き感謝します。
34,4772020-05-06 14:05:32/road/numanohama/main4.html9
崩壊したロックシェッド屋根の段差のところ、
逆側からだと自転車同伴ではムリだったのでは?
34,4762020-05-06 12:41:14/road/numanohama/main4.html10
田老町の巨大防潮堤。震災前に本物を見たことが有りましたが、あれが文字通り「粉砕」されたと聞いて嘘だろと思ったことを、まるで昨日のことのように憶えています。

別の場所ですが、鉄筋コンクリート4階建てのマンションが流されたとか。防潮堤を越えた波が落ちる勢いで地面に深さ5mの穴が空いたとか。震災関係は、にわかには信じがたいレベルの話が本当にいろいろと多過ぎます。

震災の跡の残る場所はどうしても辛い探索となってしまいやすく思いますが、さすがにヨッキれんさんは、それを理解した上で、しかしあくまでも丁寧に道路をレポして下さり、ありがたいような印象でした。
お疲れさまでした。
34,4742020-05-06 12:24:15/road/numanohama/main4.html10
〜 補足 〜

第一回
「沼の浜青の滝線に進入すると〜全て作り直されていると思う」

冒頭で述べているバイパス工事の
(区間 L= 680m 現道復旧区間)として
平成26年10月〜平成28年2月1日の工期で
復旧工事が行われました

http://chi-chanhp.net/test/01.jpg
(2015.01.25撮影)

第二回
「「告」と大書きされた注意看板〜内容の記録はない」

ウニアワビ取るな!的なヤツです
密猟は重大な犯罪なのでやめましょう・・

http://chi-chanhp.net/test/02.jpg
(2013.08.22撮影)

「扁額が失われている〜津波に持ち去られ」
丁度1年前の写真ですが扁額は現存してるので
津波によって流出したのは間違いないと思います

http://chi-chanhp.net/test/03.jpg
(2010.03.11撮影)

第三回
震災直後と現レポートでは
大きな変化はありませんでした

http://chi-chanhp.net/test/04.jpg
(2012.06.13撮影)

最終回
「土砂の退かし方などが“粗々”〜道は管理されるようになった」

平成26年頃に防波堤から漁港まで
復旧工事が行われました
粗々と退けられた路上の土砂は恐らく震災後に
幾度と襲来した低気圧による高潮で
堆積した物と思われます

http://chi-chanhp.net/test/05.jpg
(2014.01.14撮影)

その他
震災後、廃止区間にも杭が打ち込まれて居たので
震災直後は恐らく破棄区間の復旧も視野に入れて
災害復旧計画を立てて居た物と思われます

ただ青ノ滝漁港周辺集落の漁業従事者の高齢化(※)による
漁港利用度の低下や
震災以外でも度重なる高潮の被害と復旧
津波避難路の確保等、総合的に見て現道復旧より
山間部へのバイパス新造が有利と判断された物と思われます。

http://chi-chanhp.net/test/06.jpg
(2012.06.13撮影)

※ 最終回「産業の主力を観光へシフトすべく〜海岸線に建設したのでは」
恐らくこの道路は観光資源目的よりも
三陸沿岸特有の急峻な山に挟まれた
隣接する漁港間への短絡道路として
建設された物と推測されます
34,4732020-05-06 11:16:18/road/numanohama/main4.html10
1000年後には、また道ができているんだろうか・・・
34,4722020-05-06 07:02:45/road/numanohama/main4.html10
別の方が言う様に「おもしろい」をクリックするのに躊躇した。が、ソコに道が有った事を「よっき辞書」に記載した意味は大きい。
34,4702020-05-06 03:37:31/road/numanohama/main4.html10
今回のレポートは災害記録として残すべきであろう。
34,4692020-05-06 00:35:42/road/numanohama/main4.html10
津波だけでなく、地形変化(沈降)もあるというのがきついですね。
34,4682020-05-05 21:01:08/road/numanohama/main4.html10
破壊博物館・・・
34,4672020-05-05 19:38:48/road/numanohama/main4.html10
広告のせいで文章が叩き潰されてしまっていて、読めない箇所があります。広告の表示位置ってコントロールできないものでしょうか?
34,4662020-05-05 18:42:32/road/numanohama/main4.html10
このレポ読んで思い出した!1988年頃に訪れている。
第一か第二トンネルは入口付近が崩落していて、
自動車では通り抜けられなかった。
ブルーガイドブック見て立ち寄ったのかなぁ?
34,4652020-05-05 15:50:50/road/numanohama/main4.html10
100年くらい定点観測したい

3ページ中 1ページ目を表示(合計69件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  

この画面の説明