http://yamaiga.com/road/r256_kami/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.58点 / 投票回数 1494人)

6ページ中 1ページ目を表示(合計165件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
37,6412021-04-28 13:02:25/road/r256_kami/main5.html10
ある紀行文を地形図を見ながら読んでいると、登山道のような国道を見つけ、なんじゃこれは、とここにたどり着きました。とても面白かったです。できれば登山道(?)上の小川路峠付近の写真が見たかったです。
37,5992021-04-12 18:56:47/road/r256_kami/main5.html10
道路建設歴史における複雑怪奇の楽しさは、う税金の無駄遣いの賜物でもあるなと実感。
37,5682021-04-08 20:42:18/road/r256_kami/main5.html10
青崩峠のレポートもおねがいします。
37,5442021-04-02 13:08:33/road/r256_kami/main5.html10
現在の256号線“虚道”区間にますます思い入れ深いものを感じるようになりました。果敢な古道踏破と丁寧な机上調査をありがとうございました。
36,7262020-12-22 19:31:25/road/r256_kami/main5.html10
飯田市出身者です。
現在は北関東居住ですが……

上村・南信濃村・大鹿村など、国道152号沿いの村落は、自分がバイクの免許を取った1980年代中〜末期に散々訪れた場所で、矢筈トンネルなどまだ工事中でした。
なので、喬木から赤石林道を超えて行くか、小渋ダムを経て大鹿村経由、未舗装だった地藏峠を越えて行きました。

今では日本のチロルとして観光名所化されてはいますが、当時は本当に陸の孤島で、どこか寂しさを感じると共に強く生きる住民方の生命力を感じて足しげく通ったものです。

本記事を読み、あの頃の想いと光景が強くフラッシュバックして思わず落涙してしまいました。

とても良い記事をありがとうございます。
コロナ禍のため、現地に赴くことは難しいですが、いつか必ず再訪しようと決意を新たにしました。

これからも素晴らしい探索を期待ています。
36,6062020-12-03 12:39:20/road/r256_kami/main5.html10
大変興味深く読ませていただきました。
ところで、おそらくごく最近だと思うのですが、web版の地理院地図の当該エリアが更新されたようで、清水から小川路峠までが山腹を通るルートから稜線上を通る明治時代初期以前の旧道に変更されてしまいました。
実際に通行可能な道としてはそちらが正しいのでしょうが、256号線がさらにかわいそうな扱いとなってしまいましたので、その辺のつっこみも含めた続編を期待しております。
36,5842020-12-01 20:10:42/road/r256_kami/main5.html10
最後の答え合わせが秀逸
現地のオブローダーっぷりも見事
物語調も文句なし
36,4822020-11-24 20:54:28/road/r256_kami/main5.html10
道路にも歴史あり。かつてこの地に暮らした人々の姿、そして道路への思いが浮かび上がるようなレポートでした。素晴らしい記事をありがとうございました。
36,4782020-11-22 18:02:32/road/r256_kami/main5.html10
ネットニュースで国道256号線の記事を見かけたのですが、写真や記事自体が薄く調べてこの記事を見かけました。
写真や地図を加工し、細かい知識なども丁寧に解説されていて大変分かりやすく、酷道ファンではない私でもすらすら理解できました。また、道の変遷なども申し分無く調べあげられていて、まるでひとつの物語のようにしっかり完結しており、読んだあともモヤモヤと残るところがなかったです。
地理の先生をなさっているのかなと思うレベルで楽しませて頂きました。他の記事も是非読んでみようと思います。
36,4762020-11-21 22:13:14/road/r256_kami/main5.html10
素晴らしいの一言です。道にも歴史がありますね。
35,7432020-09-13 18:40:51/road/r256_kami/main5.html9
岐阜市民にとっては衝撃的に面白い!
直接関係ないけど↓こんな記事があります。
国道59〜100号がどう探しても見当たらない訳
https://toyokeizai.net/articles/-/372477
35,4442020-08-07 12:38:24/road/r256_kami/main5.html10
今思ったんだけど...

新清水トンネルも清水国道の一次改築だったのかな...
35,4052020-08-04 17:45:01/road/r256_kami/main5.html10
googleマップでは、遠山併用林道も国道の色で塗られています。
35,3782020-08-01 11:20:40/road/r256_kami/main5.html10
Openstreetmap(開放街図)での国道256号のこの区間の表記が面白いです。
https://www.openstreetmap.org/#map=16/35.3886/137.9683
https://www.openstreetmap.org/#map=16/35.4017/137.9621
34,7412020-05-27 23:39:34/road/r256_kami/main5.html10
涙滂沱として禁じえず。
一見ただの廃道に見え、152号を通行する人は誰も気に留めないであろうこの道に、こんなドラマがあったなんて…
見るべきは青崩峠よりも小川路峠だ。
34,4592020-05-05 02:59:31/road/r256_kami/main5.html10
切り捨てされたあった材(伐採した木(杉)のこと)はおそらく保育間伐と呼ばれる施業の後ですね。保育間伐は切り捨ての間引きで概ね20〜35齢級の森林に対して行います。同じ間引きでも材を搬出するものは間伐(搬出間伐)と言います。
34,4102020-04-27 00:57:28/road/r256_kami/main5.html9
地理院地図、いつの間にか256号登山道国道区間のルートも変わってますねこれ
一部分だけ車道(建設途中の林道?)使うルートになってるような・・・
34,3732020-04-19 21:30:13/road/r256_kami/main5.html10
今地理院地図見たら国道の色分けが正確になってる!
https://maps.gsi.go.jp/#15/35.393616/137.966352/
イェーイ国土地理院見てる〜?
34,3662020-04-19 14:17:01/road/r256_kami/main5.html10
面白い。
31,9342019-06-09 02:12:24/road/r256_kami/main5.html10
とても細かく考察されていて非常に読み応えがありました。2019年3月下旬にGoogleマップの用いる地図データが変更になり、「国道を示すオレンジ色の道」が消滅しましたが、元々データを提供していたゼンリンが運営するいつもNAVIでは現在も同様の線を見ることができます
https://www.its-mo.com/map/detail/127387650_496698880_9/
31,5632019-04-19 01:54:37/road/r256_kami/main5.html10
(´Д`)ノ 読みましたー!今回の5ページにわたるレポート、いつも以上に地図との睨めっこになりました。結局5〜6時間かけて読む事になりましたが、1日1時間づつ5日に分けて…という読み方がどうしても出来ません。どんな大作でも1日当たり何時間かけてでも数日のうちに読み終わらないと気が済まないのです。そうでないと気持ちが集中出来ず、せっかくの力作も気の抜けた様な後味しか残らなくなってしまいます。ですから私の場合ある程度時間の取れる時期に纏めて何作も読ませて貰う事にしています。

ところでGoogle マップが最近やたらショボくなった様な気がしますが思い過ごしでしょうか?
31,4532019-04-02 17:33:23/road/r256_kami/main5.html10
遠山へ市内から行く際に気になっていたことです。
解決(?)してくださりありがとうございました!
31,2212019-03-07 16:52:37/road/r256_kami/main5.html10
飯田建設事務所に伊藤谷を渡る橋の名前を聞いたところ伊藤沢橋と回答を得ましたので追記をお願いします。
By 友弘貴之
31,0642019-02-17 13:26:28/road/r256_kami/main5.html10
大変面白かったです。
以下のリンク先にも少し描かれていましたので、ご参考まで。
https://www.pref.nagano.lg.jp/michiken/infra/doro/seibi/kosoku/sanennanshin/documents/sanennanshin_ponchi_kennai.pdf
30,9972019-02-06 19:49:05/road/r256_kami/main5.html8
国調図根があるって事は国土調査法が行われてるのですね、探索区間終点付近の消えた道は法務局で地図か公図を調べれば分かるかもしれませんね。
でも結構お金かかる……
30,9542019-01-31 23:53:48/road/r256_kami/main5.html10
三遠南信地域関連はワクワクします。
三遠南信道の開通区間が広がるらしく、佐久間のお蕎麦屋さんから是非来てくださいと年賀ハガキをいただいたので、またそのうち行きたいです。
この区間はかつては秋葉街道として人々が行きかってたかもしれないのに、現代は取り残され忘れられたようになっていて道に心があったならどんな心境でいるのかと思うと切なくなりますね。
それをこうしてレポートにすることで知る人が増えるのはとても良いことだと思います。

最初の団地の裏っぽいところに自転車を置いておいたそうですが、なんか物干し台とかあって写真からだと敷地内みたいな気がしてしまったのですが大丈夫でしたか?
30,5452018-12-01 02:26:01/road/r256_kami/main5.html10
平成の司馬遼太郎
30,5282018-11-28 17:16:30/road/r256_kami/main5.html10
最後に謎が解けてすっきりしました。
30,2152018-10-20 18:10:28/road/r256_kami/main5.html9
机上調査編中盤にある昭和56年に国会参議院で行われた「第94回国会災害対策特別委員会」、出席者有名な人いないかなと見てみたら委員に青島幸男さんがいてびっくり
30,1872018-10-16 21:04:22/road/r256_kami/main5.html10
国道308号の暗峠も小川路峠と同じ立ち位置かもしれません。近くを通る初代阪奈道路(無料化で大阪府道・奈良県道8号)を国道308号に昇格すれば酷道区間解消になるのにそれが為されず、このページの国道256号と長野県道251号と似ています。

6ページ中 1ページ目を表示(合計165件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6    [次のページ]  

この画面の説明