http://yamaiga.com/road/r256_kami/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.58点 / 投票回数 1487人)

6ページ中 3ページ目を表示(合計164件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6    [前のページ] [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
29,8342018-08-28 22:17:44/road/r256_kami/main5.html10
清水トンネル旧道レポに出ているニョッキリ主塔は、昭和16年頃の車道だったんですね。
某Earthを見ると今は旧清水橋共々無くなってしまったようで、寂しく思います。
29,8332018-08-28 22:08:33/road/r256_kami/main5.html10
今回の机上調査編は最高に面白く、深い内容でした。立ち飲み屋の一人飲みで見るには最高です。
29,8322018-08-28 22:04:46/road/r256_kami/main5.html10
「雨に濡れるを悲しく思えた位のいい橋」って、良い表現だなぁ←いいねのボタン100回くらい押したい
29,8312018-08-28 21:56:01/road/r256_kami/main5.html10
机上調査、力作でした!
読み応えがあって、勉強したという気分になりました
新しい橋にウキウキした少年の気分、分かる気がします
自分も子供の頃、近所に新たに通ったバイパス道路に
陽気のいい時に見える逃げ水を見に行ったりしたものです
29,8302018-08-28 21:39:33/road/r256_kami/main5.html10
国道474号といえば、青崩峠側でも国道152号からぶんどってたな。
でも高規格で作った草木トンネルが計画変更で一般道化して結局152号が受け皿になるという…
29,8292018-08-28 20:33:43/road/r256_kami/main5.html10
Google Mapの航空写真で見る清水集落付近の未成道も気にかかりますな。
29,8272018-08-28 19:58:05/road/r256_kami/main5.html10
タイトルに関係なくて申し訳ないですが、林道の国道昇格はR299十石峠の群馬県側、林道黒川線を直接編入した事例があった気がします。
29,8262018-08-28 19:26:39/road/r256_kami/main5.html10
力作なり!
29,8252018-08-28 18:47:52/road/r256_kami/main5.html10
文字通り、行政に翻弄されて未整備のまま放置されている道、という感じですね。
高度経済成長期に造ったインフラが一斉に大改修の時期を迎えている今、さほど遠回りでもない代替ルートがある不通区間の整備は当たり前に後回しで、このまま塩漬けが続くことでしょう。
そして、国道の道幅を半分占有している物干し台も、恐らく今後10年以上は健在、と(笑)。
まぁ、ある日突然「整備の見込みがない国道指定を全面的に見直す」とかで、清水国道などと一緒に国道指定が取り消され、正式に「名実ともに消えた廃国道」になってしまうかも知れませんが。
29,8242018-08-28 16:35:46/road/r256_kami/main5.html10
矢筈トンネルが小川路峠道路で152号だったってのは皆知ってるので答えは最初から出てたって訳ですな。全通して無料供用の暁には256号の経路含めて正常化(474との重複区間化or飯田迄に短縮)して欲しい所だがそんなコストかけるぐらいなら現状維持(放置)なベストか。。
29,8232018-08-28 16:28:13/road/r256_kami/main5.html10
ちゃんと写真資料が残ってるとは……
こうなったら現橋の横に国道256号と県道251号の卒塔婆をぜひ建てて欲し……えっ税金の無駄!?
29,8212018-08-28 15:56:30/road/r256_kami/main5.html9
昭和45年に国道152号のコースを
自動車が通れた愛知県東栄回りから通れない小川路峠・青崩峠越えに変更
その上で
>>一般国道152号は、長野県飯田市から静岡県浜松市に至る国道で、南信地域と東海道ベルト地帯とを結ぶ幹線道路であります。
>>そこで、関係地域、市町村にとっては、中部日本を東西に結ぶ重要路線でありますのに、なお未開通区間でありますだけに、事業の早期着工が渇望されているわけであります。
これはずるいだろ
国道に自動車が通れない所があるのを問題と言うなら
指定コースを元に戻すという同程度にずるい解決方法もあった筈だ(爆
実行されていたら「中部横断道路国道編入期成同盟会」の猛反発に遭ったかもしれないが
29,8202018-08-28 15:36:39/road/r256_kami/main5.html10
よし、もう一回最初から見てみよー
29,8192018-08-28 14:37:52/road/r256_kami/main5.html10
大変興味深く拝見いたしました。
色々感じたのですがすべて書き出すと収まらない為、一つだけ。
林道による破壊と言う所で山梨県で一時流行った割とスーパーな林道造成によって登山道など旧来の道が失われたと同地在住の知人が漏らしていたのを思い出しました。
29,8182018-08-28 14:35:28/road/r256_kami/main5.html10
そういえば前に三遠南信道について調べてたときに小川路峠道路と書かれてて「小川路峠???」となっていたことを思い出した。
他の場所でもそういった例が結構ありそう。
29,8172018-08-28 13:59:52/road/r256_kami/main5.html9
上村や和田の辺りは好きなのでよく行きます
小川路峠の国道256号線ですが、三遠南信道矢筈トンネルが自動車専用道路なだけに復活の目はまだあると思います

飯田市街〜遠山郷の歩行者・自転車・原付は県道251を通るしかないんですが、冬季や災害の通行止めで通れない期間すが長いんですよね
県道が通行止めのときなんか、矢筈トンネルのところで途方に暮れてるサイクリストの方をよく見かけます

ただ、長野県は三才山トンネルや新和田トンネルといった重要ルートですら無料化できないほど財政が苦しいですから、やはり小川路峠のトンネルは厳しいですね
29,8162018-08-28 12:54:25/road/r256_kami/main5.html10
ところが!まだまだ問題があるのですよ。現在は無料で通れるから表面化していませんが、
矢筈トンネルはあくまでも三遠南信自動車道の一部であり、全通した後は有料化される
可能性が高い。飯田市街地との行き来に金がかかるようになるのは、遠山郷の産業振興を
図りたい飯田市役所も長野県庁も容認できないでしょう。

矢筈トンネルが未来永劫無料で通れるという確約が得られないうちは、
(特に飯田市役所は)「無料で通れる一般国道」を要求し続けるでしょう。
私が飯田市長ならそうする。まだまだR256小川路峠区間には働いてもらわにゃならんのです。
主に霞が関との折衝において。

まぁ、仮に国交省が「代替となる国道を整備するから矢筈トンネルを有料化する」と
決めたにしても、行われるのは県道251号の整備&国道への組み込みで、小川路峠に
国道が通ることはないでしょうけどね。
29,8152018-08-28 12:25:12/road/r256_kami/main5.html10
夏休みの自由研究としては上々ですな
29,8132018-08-28 11:55:24/road/r256_kami/main5.html10
内容が濃い。凄く興味深いですね。でも皆自然な事をしただけでこんな不可思議なものが出来るとは恐ろしいですね。調査お疲れ様でした。
29,8122018-08-28 11:34:39/road/r256_kami/main5.html10
この地域は地形的な問題もあり、道路整備が進められていない分、ロマンがつまっている。生きている間に地蔵峠と青崩峠と秋葉街道のどれでもいいから自動車道として開通したらドライブしてみたい。
29,8112018-08-27 21:00:21/road/r256_kami/main4.html8
実体が無い道といえば
平成になって有料の雁坂トンネルが開通した国道140号雁坂峠越え
秩父側の現道から分かれて行く旧道が「地形図に書いてあ」った所には険しい崖しか無く
現地へ行った人によればどう見ても道がある(あった)ように見えなかったそうだ
雁坂トンネルが無かった頃の地形図を見たら秩父側の車道が豆焼橋を渡った所で行き止まり
行き止まりよりも手前から崖を降りて谷底の橋で豆焼沢を渡って対岸の黒岩尾根に取り付いて雁坂小屋へ向かう徒歩道が書かれていて
国道の網掛けと路線番号140の付記があった
しかし登山地図には国道が通っている筈の黒岩尾根のコースが載っておらず
登山道とはいえ地形図に書かれている国道が登山地図に載っていないとは現地がどうなっているのか不思議に思った
今は豆焼橋の袂と上述の登山道の途中を結ぶ林道が存在し(地理院地図にも書かれている)
目が見えて足で歩ける人なら豆焼橋から黒岩尾根を通って雁坂小屋へ歩いて行けるらしい
29,8102018-08-27 19:00:45/road/r256_kami/main4.html10
久しぶりに廃道探索まんてんレポでした。
そこみち:http://sokomiti.info/bic/bic2107/bic2107d33c.htm
こちらの方の小川路峠走破レポでは(途中MTB担いだ若者に出会ったとのことです)道祖神は見ているのに11番観音については触れられてないので、林道建設が進んだ後日、元あった場所から移動されてきたのではないでしょうか。6番観音の台座は苔むしており、うしろに古びた石垣みたいなのが見えてますので、6番観音の位置は正しく、旧街道沿いなのかもしれないですね。調査編期待してます。
29,8082018-08-27 12:37:21/road/r256_kami/main4.html10
虚道…新しい…
29,8072018-08-27 05:10:43/road/r256_kami/main4.html10
・世界の中心で「国道」を叫んだヨッキさん
・世界の中心で愛を叫んだけもの
・世界の中心でアイを叫んだけもの
・この世の果てで恋を唄う少女
・道路の中心でラインを引いた業者

印象がそれぞれ異なりますね。だいたい同じ構文なのに(笑)
あ、机上調査編の国県道併走の謎解きがすごく楽しみです!
29,8042018-08-27 00:07:36/road/r256_kami/main4.html9
まさかの小傘ちゃんで草 驚け!
29,8012018-08-26 15:57:29/road/r256_kami/main4.html10
感無量です!ご苦労さまでした。
29,8002018-08-26 15:39:51/road/r256_kami/main4.html10
6年程前に青崩峠を訪ねた後この県道を通り赤石隧道を抜け飯田に下りました。細く険し区危険な道でした、南アルプスは谷深く景色は良いのですが、運転には恐怖を感じるほど、平日なのと、すでに立派なトンネルが開通しておりすれ違う車が無かったのは幸いでした。徒歩で遠山郷へ向かった時代、赴任する人が辞職するというエピソードが納得できます、登山としての山歩きは楽しいですけどね。
29,7992018-08-26 15:00:20/road/r256_kami/main4.html10
過去の遺構にかつての交通を想い、良いレポートでした。お地蔵様に惹かれますね。険しい中、路をゆっくりたどっていた人びとの気持ちになれました。 最後の県道を帰られる時のABCとふった写真のAの手前のがれきに石仏が半分に割れて破棄されたような石があるのが気になりました。
29,7982018-08-26 12:56:47/road/r256_kami/main4.html10
清水集落の最後の1軒、屋根に太陽電池パネルとおぼしきものが設置してあるので(一般への普及は最近であるので)現役家屋と思います。
が、余計なお世話を申すと、太陽電池パネルは意外と重いこと及び風の吹きようによっては揚力が生じるのでキチンと補強工事をしないと屋根がつぶれたり逆に剥がれたりします。また発生している電力次第ですが、万一火災になったときは勝手に発電している事が災いして放水による消火が危険で危ない、じゃなく漏電して危ない。
騎乗位調査編楽しみにしています。
29,7962018-08-26 11:35:32/road/r256_kami/main4.html8
国道の未成道疑惑もある枝道の正体が一番知りたかったのに残念だ。小川路峠ネタ早期着工期成同盟会結成して陳情だなw

6ページ中 3ページ目を表示(合計164件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6    [前のページ] [次のページ]  

この画面の説明