http://yamaiga.com/tunnel/naganohara/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.54点 / 投票回数 799人)

2ページ中 1ページ目を表示(合計39件)    1 | 2    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
27,4852017-12-28 22:18:47/tunnel/naganohara/main5.html7
このレポートとは本当に、 全く関係ないのですが愛知県の名古屋市港区稲永の潮凪町の西名古屋港線(私鉄)の高架線の軒下に何やら廃道らしいものがあるのですが来歴不明の謎の廃道でして手持ちの資料を探しても全く正体不明なのです。
別にずい道等があるわけでは無いのですが是非、調査してください
25,4552017-04-12 08:24:48/tunnel/naganohara/main5.html10
両側から掘り出し貫通したものの、
中央拡幅前に工事停止。
その後の国道整備に引っかかった側の
入口は埋め戻し。ですか・・、

崖すぎるから遊歩道としても使えないし。
もったいないですね。
19,0032015-05-27 05:14:01/tunnel/naganohara/main5.html9
大変興味深い記事で、楽しく拝読いたしました。
ひとつ気になったのは、鉄道会社の略称です。
高崎〜下仁田間の鉄道は「上信電鉄(じょうしんでんてつ)」、新軽井沢〜草津温泉間の軽便鉄道は「草軽電鉄(くさかるでんてつ)」と略すのが普通と思います。
当時の新聞は、当時の現地での呼び名を正確に拾っていてそれは戦後のものと異なるのか、あるいは記者が独自の判断で適当に書いたものか。
軽井沢在住の親戚の年寄りは単に「くさかる」と呼んでましたので、気になりました。
17,8092015-01-23 20:29:45/tunnel/naganohara/main5.html10
隧道レポート楽しんでいます。もう少し若かったら探索に出かけたいくらいです。
17,4282014-12-06 01:33:11/tunnel/naganohara/main5.html10
「こちらは終戦に間に合わず、」とは不思議な書き方の気が。「建設中に終戦となって建設は中止された」ってことでしょ。
17,4262014-12-05 16:07:19/tunnel/naganohara/main5.html9
探索お疲れさまでした。私の家の下は吾妻線のトンネルです。まさに佐藤工業担当分です。
当時は、多数の朝鮮人を使っていたらしく、地域の家々に住まわせて現場に通わせたようです。我が家も例外ではなく、父は家にいた朝鮮人と一緒に遊んだ記憶があるとのこと。
国策とはいえ、相当な苦労もあったでしょうね。
家にいたその人もその後の足跡はさっぱりです。
無事に帰れたのかが気がかりです。
17,4012014-12-02 01:41:19/tunnel/naganohara/main5.html10
興味深く拝見しました。手元の資料(といってもピクトリアル誌ですが…)の草軽電鉄にもこの専用線の話は一切出て来ないのですが、その代わり、戦前からの国鉄バスや長野原線に乗客を奪われた結果と台風被害のため、昭和24年10月に新軽井沢-上州三原間の廃止を株主総会で決議した旨の記述があります。
この前年に件の専用線の権利に手を付けていたとすると非常に興味深く、草軽が起点の変更による延命を模索していた可能性は高いと思います。
結局は廃止決議が沿線自治体による長野原線延伸運動に繋がるのですが…。
17,3882014-12-01 01:00:27/tunnel/naganohara/main5.html10
良いね!
17,3832014-11-30 20:40:10/tunnel/naganohara/main5.html10
読者からの情報でこんな発見があるのが面白かったです。
17,3772014-11-29 22:46:15/tunnel/naganohara/main5.html10
ちょっとした情報が戦時中の国家プロジェクトにつながるとは、ドラマのようです。
17,3712014-11-28 23:10:27/tunnel/naganohara/main5.html10
新オーストリア式工法とNATMは同じだよね?
17,3702014-11-28 20:40:49/tunnel/naganohara/main5.html10
そのうちでいいので、2代目ワルクードもしくはワルクストレイルの紹介もして欲しい。
17,3692014-11-28 18:30:33/tunnel/naganohara/main5.html9
当局が主導する勇ましい営みを伝え
協力者の功績を伝え
民衆の団結を促す
そんな新聞の文章がこわい
東アジア某国を連想させられる
あの国の体制が崩壊したら核実験場とか未成遺構として放置される物件があるのだろうか
17,3682014-11-28 17:05:06/tunnel/naganohara/main5.html10
良かったです。いまの生活があるのは先人たちのおかげ。その意味を無駄にしないために、ヨッキさんの探索はなっていると思います。
17,3672014-11-28 10:04:27/tunnel/naganohara/main5.html10
地元の情報で取り上げられた喜びと驚きで一気に読ませて頂きました!
私は長野原町の隣、嬬恋村在住でこの路線の存在だけは知っていたのですが自分で確認した事もなく記事を読んで大変コーフン致しました。
この隧道から嬬恋方面に幾つか遺構が有るようですのでいつか取り上げて頂けたら嬉しいです。また、この辺りは鉱山跡が多く、ご存知かとは思いますが小串鉱山から須坂へ抜けていたと言われる索道が小串の山頂辺りには残っており、ひょっとしたら須坂までの山中には索道の鉄塔が未だに転々と建っているのではと想像しています。

ヨッキさんの記事、本当に大好きで楽しみにしてます。これからも応援して居ます。頑張って下さい!
17,3662014-11-27 21:55:04/tunnel/naganohara/main5.html8
土木遺産というか 遺跡みたいなモンですね
イースター島のモアイも作りかけの物が作り方を教えているし
17,3642014-11-27 19:11:54/tunnel/naganohara/main5.html7
群馬県内在住の者です。大変興味深く拝見しました。
吾妻線のハイライト区間である川原湯〜長野原間も八場ダム建設で新線に切り替えがなされ、大きく変貌してしまいました。
この区間がダムに沈む前に廃線後が見られるのも今のうちなので、いつか辿ってみたいと思います。

ところで、記事中にあった「上信鉱山」を探訪した記事を見つけましたのでご参考までに。
http://www.geocities.jp/gunmakaze/column/09rouseki.html
17,3632014-11-27 18:39:28/tunnel/naganohara/main5.html10
嬬恋乙女に、文句なく10点
17,3622014-11-27 18:21:55/tunnel/naganohara/main5.html10
見ていてドキドキしました。
やはり未成隧道探索は最高ですね。
17,3612014-11-27 14:10:10/tunnel/naganohara/main5.html10
今回も非常に面白いレポでした。トンネル堀りの教科書のようでしたねw 人知れず潜んでいるこういった物件は無数にあるんでしょうねぇ。ネタは尽きませんね。間違いなく人生が先に尽きますww(ぜ)
17,3602014-11-27 13:15:58/tunnel/naganohara/main5.html10
これぞ歴史
17,3592014-11-27 11:41:23/tunnel/naganohara/main5.html9
県道112号線も面白いかもしれませんね。ヨッキさん好みの不通区間がありますし、、、
17,3582014-11-27 11:14:16/tunnel/naganohara/main5.html8
歴史に埋没したまま人々から忘れ去られていく物件は他にも沢山ありそうですね。ここは運良くトンネルが残っていたので、ヨッキさんに採り上げられましたが…。過疎化と人口減少が進む地方では、こういった物件を調査する人もどんどん減っていき、資料に眠ったままになるケースも多くなりそうです。

場所は全然違いますが、樺太(サハリン)には日本時代の遺構が膨大に残っているそうです。鉄道から工場、民家まで…。
北海道の鉄道ショップ関係者の訪問記が面白いです。
http://www.karamatsu-train.co.jp/karafuto/karafuto1.htm
17,3562014-11-27 08:02:53/tunnel/naganohara/main5.html10
『男度胸の体當り工事』(笑)
17,3552014-11-27 02:09:07/tunnel/naganohara/main5.html10
佐藤工業・・・高熱隧道ですか。
戦争の影に佐藤工業の名前がチラついているようでなんとも恐ろしいです。

吾妻線は結構厳しい所を走っていたりしますが、こんな過去もあったのですね。
机上調査もお疲れ様でした。楽しかったです!
17,3532014-11-26 22:42:02/tunnel/naganohara/main3.html10
皆向外隧道も、掘り返したらこんな風になってたかもね。
17,3522014-11-26 21:12:35/tunnel/naganohara/main3.html9
久しぶりに次を読みたい!
17,3512014-11-26 18:07:01/tunnel/naganohara/main3.html10
1ページ目のコンクリート境界標のマークは土地家屋調査士のマークではないでしょうか?
土地家屋調査士は土地の境界を調査する専門家で、たまにこういうマークが入った境界標を使う事があるそうですよ
17,3492014-11-26 14:44:52/tunnel/naganohara/main3.html10
久々の「探検」気分っすっ!!最高〜!わくわく!!
17,3482014-11-26 13:50:04/tunnel/naganohara/main3.html10
水路は隧道を利用していなかったとは……
そして未完成断面!
しかも奥に行くとまた広くなる!?

2ページ中 1ページ目を表示(合計39件)    1 | 2    [次のページ]  

この画面の説明