この掲示板への書き込みは、管理人の承認後に公開される設定です。
問題のない書き込みは通常48時間以内に反映いたしますが、管理人の都合によりこれ以上遅れる場合があります。
また、次のような書き込みは公開しない場合があります。
 【作者が独り占めしたいオイシイ情報】【誹謗中傷やプライバシーに迄Iに関わるもの】
なお非承認の際の連絡はしておりませんのでご了承ください。


山行が 掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.4802] アレレ? 投稿者:路傍の石   投稿日:2010/04/16(Fri) 15:04:04

>  なぞとして残るのは火災の時期、桁の消失(撤去?)時期、主索など撤去時期だと思います。図書館で北日本新聞をひっくり返していただけば、ある程度分かりそうな気もします。富山県民のみなさん、頼りにしてます。

土木学会図書館のHPを見ていまして。
JSCE橋梁史年表の検索で「利賀」をググりました。
それによると、
「利賀大橋」(最近)は、1948年(昭和23年)6月開通。幅員3m全長178.8m。1965年代に火災廃橋、
とあります。その前代が1937年(昭和12年)開通。問題はそのスケール。幅員3,6m全長181,8m。僅かにデカイ。そしてその前が1934年(昭和9年)流出の木橋で、その前(大正期)は吊り橋、その前は木造刎橋だったとあります。その寿命の短さ。いかに険しい谷に架橋されていたかを示す数字ではないでしょうか。どの情報が正しいんでしょうねえ。昭和40年代に焼失していたとすれば、それから10年以上も残骸を放置した?その下を連絡船が行き来していた、なんて到底信じられないんですが。なぞがなぞを呼ぶような…。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー