この掲示板への書き込みは、管理人の承認後に公開される設定です。
問題のない書き込みは通常48時間以内に反映いたしますが、管理人の都合によりこれ以上遅れる場合があります。
また、次のような書き込みは公開しない場合があります。
 【作者が独り占めしたいオイシイ情報】【誹謗中傷やプライバシーに迄Iに関わるもの】
なお非承認の際の連絡はしておりませんのでご了承ください。


山行が 掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.6402] 橋場駅の勝手な想像 投稿者:にゃんこ   投稿日:2011/11/08(Tue) 00:32:36

橋場駅再訪、興味深く面白く見させていただきました。
で、鉄道にドシロウトな私の勝手な想像ですが、
橋場駅はこれから仙岩峠へ向けての重要な駅として
当初は設計されたのではないでしょうか。

この先、どんな峠となるかは、トンネルの長さにもよるのでしょうが、
もしかしたら短いトンネルに延々と続く急勾配の路線となるかも。
だとすると、蒸気機関車1両だけでは越えられず、
補機を伴った重連運転が必要となったかもしれません。
その車両基地として、橋場駅が考えられていたとすれば…

広い構内は車両基地(石炭や水の補給場所が必要)のためと
考えられますし、
場違いな2つの長いホームも重連の増解結のためとか。
逆方向の貨物ホームも、補機のため?
1番線にやってきた秋田行きの列車の先頭に
補機をつけるにはちょうどいい気がします。
転車台が盛岡方面にあるのも、秋田方面から2番線に
重連でやってきた先頭の機関車(補機)が、
そのまま切り離されて前進し、単独で転車台に進入、
向きを変えて1番線ホームへ戻っていくとも考えられます。

あくまでシロート考えです。
間違いだらけのような気もしますが、思いついたまま書いてみました。


- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー