この掲示板への書き込みは、管理人の承認後に公開される設定です。
問題のない書き込みは通常48時間以内に反映いたしますが、管理人の都合によりこれ以上遅れる場合があります。
また、次のような書き込みは公開しない場合があります。
 【作者が独り占めしたいオイシイ情報】【誹謗中傷やプライバシーに迄Iに関わるもの】
なお非承認の際の連絡はしておりませんのでご了承ください。


山行が 掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.6404] まさに、お宝です。 投稿者:こなつ   投稿日:2011/11/08(Tue) 11:05:04

> 「変なもの」どころか結構なお宝を見せてもらいました。
まったく同感。おどろきました。1930/11/27撮影とは。小牧発電所の運開6日め、しかも流木争議の真っ最中です。「流材を唯一の業とする沿岸民数千の失業問題」となり、このあと流材会社がイヤがらせに丸太をジャンジャン流し、翌年1月には二万七千石用水取入口あたり(No.36-38)で、双方600名の流血の乱闘となるわけです(url)。35ミリは事実上1925年発売のライカI型しかない、新聞にも写真の少ない時期の貴重な映像史料です。

> 利賀旧橋(No.9画像)には萌えました。キャプションからすると、旧橋の時点で「利賀大橋」と称していたのかもしれませんね。
小橋も「利賀小橋」(No.58, 60)ですね。石井頴一郎氏のキャプションは支流名などかなり詳細で、全般に地図などを見ながら書いたと推測させます。いつ書いたかが問題ですね。庄川水力発電が架けた初代吊り橋のなまえが、二代目「仙納原大橋」か、初代「利賀大橋」かは謎です。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー