この掲示板への書き込みは、管理人の承認後に公開される設定です。
問題のない書き込みは通常48時間以内に反映いたしますが、管理人の都合によりこれ以上遅れる場合があります。
また、次のような書き込みは公開しない場合があります。
 【作者が独り占めしたいオイシイ情報】【誹謗中傷やプライバシーに迄Iに関わるもの】
なお非承認の際の連絡はしておりませんのでご了承ください。


山行が 掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.6407] ..と、思われますネェ 投稿者:CZ   投稿日:2011/11/09(Wed) 08:56:46

Googleで只見駅の転車台をキーワードに画像検索すると全体が写った写真がでてきます。
それを見ると現在の池の状態からしても水面とレールのレベルからすると
縁の高さが只見駅の現存品と同じ位と考えられます。
機関車の車庫などのように頻繁に交換が行われず動力化する必要もなく
バラストで地面のレベルからそれなりに浮いている軌道にあわせれば、あの程度の規模で
こと足りるのがわかります。

よく見る機関車の車庫などは放射状にのびた各レールはならされたバラストか
コンクリート引きの路盤に有るため転車台は駆動部含めて埋設されてるので
それとは規模が違うということでしょう。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー