http://yamaiga.com/koneta/koneta_163_2.html の公開中コメント一覧

1ページ中 1ページ目を表示(合計20件)   
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
32,3702019-08-09 20:00:18/koneta/koneta_163_2.html7
峠越えの道が今後も通年除雪対象であるならば、たとえ幅員を減少させてでもバイパス道を全通させ、
旧道は冬季閉鎖とすれば除雪費用の削減と除雪作業員の危険減少、通過ドライバーの事故のリスクなんかが一気に減るのですが、
ましてや沿道、山上の田畑が今後近いうちに耕作放棄されようものなら
最早土砂災害の手当ても最小限で済ませられて長期的にはメリットは相当ありそうですがね。
今後もダラダラと九十九折の峠道を手間隙かけて除雪するのでしょうか、折り畳まれた九十九折は下段の道路に雪を投げて埋めて、
それをまた下段に投げるとか相当な手間隙と事故のリスクや道路構造物の破壊のリスクや無駄費用などがかかるもので。
25,4882017-04-19 18:42:18/koneta/koneta_163_2.html10
山、丸ごとレクレーション拠点として、
記事中に御提案の木橋・砂利道の整備は、
オイシイと思います。
24,7352017-01-26 21:53:21/koneta/koneta_163_2.html10
砂防ダムが完成して仮設の橋の撤去中かな。
24,7242017-01-24 16:05:19/koneta/koneta_163_2.html10
こんにちは。気になってグーグルストリートビューでこの区間を見てみたのですが、近くの砂防ダム(?)を目指して工事を行っているのが確認できました。(新たに橋をかける工事や重機も確認)この道は捨てられることなく新たな使い方で活用されるかもしれませんね。
23,1262016-07-13 14:16:05/koneta/koneta_163_2.html10
何か悲しいですね
14,6742013-12-14 17:58:21/koneta/koneta_163_2.html10
でもこれいつか開通しそうだよね。
14,2712013-10-25 00:08:14/koneta/koneta_163_2.html9
手元の2004年4月発行(震災直前…)の地図には、新道のところに川に沿ったくねくねした白線の道が載ってます。
作業用道路と予想されていた道は、新道と並行するように23号から別れて再び23号に戻ってたみたいですね。
川沿いの農道だったのかな?
よく見ると、上の新潟県資料の地図にもうっすらとこの道が・・・。
い叛遒隆屬鯆未辰討い襦等高線よりちょっと太いぼんやりした線が、手元の地図の道と一致します。
震災前の地図にあるんだから、割と古い道みたいですね。23号の旧道だったりして・・・。
13,6562013-08-25 17:16:15/koneta/koneta_163_2.html8
今回も楽しく読ませていただきました!そこで一つ質問です。ぼくも地図をよく眺めているのですが、ヨッキれんさんはどうやって面白ぃネタを見つけているのですか?
10,2312012-07-29 02:56:18/koneta/koneta_163_2.html10
以前、小芋川集落に住んでいたものです。
あそこを自転車で行った・・・と言うだけで凄いですね(笑)
あの道・・・繋がってくれたら良かったんですけどねぇ。しかし、こうして散歩がてらにでも行ってくれる人がいるなら、まだ全く無駄ではないのだなと思います。
たまたま見付けた記事でしたが、大変面白かったです。これからも頑張って下さいね。
8,8332011-12-13 10:47:30/koneta/koneta_163_2.html10
残りの区間、惜しいですね。
地方の道路整備事業の実態の一つが分かる貴重なレポだと思います。
ヨッキさん、ありががとうございます☆
8,4112011-10-18 22:53:56/koneta/koneta_163_2.html10
これぞ正に私の生まれ育った十二平です。
よくぞ探索して下さいました。先の地震で村は廃村になりましたが、50数年前は店のある堀之内に行くにはこの九十九折りの雪道を徒歩で行くしかなかったのです。
それゆえ計画された道路ですが、ご調査のとおり時代が変わってしまいました。スノージェットを抜けたあたりが生家の棚田で、中学生のころまで米作りの仕事を手伝いました。
夏の道も冬の道も忘れられない故郷の景色です。ありがとうございました。
8,0442011-09-06 23:21:11/koneta/koneta_163_2.html10
魚沼市に住む者です。数々のレポート、いつも興味深く読ませていただいてます!
ここはちょっと前に、レポートを読む前に行って来ました。以前から興味のあった、小芋川集落跡を見るために。
レポートで芋川に架かる小芋川橋を不思議がっていましたが、お察しの通り、小芋川は地名、昔あった集落の名前です。私の母(50代後半)が、確か小学生の頃と言っていたと思いますが、廃村になったそうです。
今から10数年前に母は訪れてみて、家の基礎しか残ってなかった、という話を聞かされていたのがずっと記憶に引っ掛かり、いつか訪れてみたかったのです。
レポートで《この先行き止まり》になっている先が小芋川集落跡になると思います。(今手元に行った時の地図がないので確認出来ません。スミマセン)
真夏だったので草がすごくて、家の基礎なんかが今もあるのかはわかりませんでしたが、明らかに階段のついた石垣があって、それはなかなか良い雰囲気でした。
《行き止まり》の通り、じきに藪に覆われた終点になりましたが、道に沿って鯉の棚(池)があり、多くは現役のようでした。山の沢の冷たい水で錦鯉は大きく育つそうなので、ちょうど良い環境なのでしょうね。運転をしていた旦那さんは、すれ違いの困難なこんな場所で人に会わないかドキドキだったみたいですが(笑)
そうそう。《じょんでぇら》がわかって良かったです(笑) 車ですーっと通っただけだったので、《じゅ》だか《じょ》だかしかわからなく気になってました。
十二平地区もゆっくり見てみたい場所ですね。全村移転は知っていましたが、通った時は全くの無人ではなかったように見えましたが。
もう少しして草が落ち着く頃にまた小芋川を見に行きたいと思ってます。その時はレポートと照らし合わせながら、改めて道も楽しんでみたいと思います!
8,0212011-09-04 12:42:22/koneta/koneta_163_2.html9
完成することは無かった道路の、物悲しさを感じるレポートですね。まだ新しく綺麗なままの道ですが、そのうち必要とする人もいなくなって朽ち果てていくのでしょうか。
7,7232011-08-07 17:51:08/koneta/koneta_163_2.html8
(´Д`)ノ親戚ん家のそばです
7,6932011-08-04 13:42:23/koneta/koneta_163_2.html10
一本の道が、何故計画され、どんな変遷をたどり、何故中止されたかと言う点が浮き彫りになっていて、生々しさがありました。
7,6732011-08-03 00:02:54/koneta/koneta_163_2.html8
九十九折りって美しいょ
ヤマイガ九十九折り選手権 をやってはどうだろう
7,6712011-08-01 21:53:36/koneta/koneta_163_2.html9
googleマップの衛星写真だと対岸の砂利道は、23号が途切れる直前の平場から分岐して沢を渡ってる工事用道路のようですね…
(地図表示だとあやしい小道が行き止まりから「生えて」ますが)
7,6702011-08-01 21:26:57/koneta/koneta_163_2.html8
鉄道も道路も、いくら既存部分が立派でも
目的地まで到達してない路線はまさに無用の長物ですね・・・
それでも道路は開通させさせてしまえば、
地元の益はともかく通り抜ける人の役には立ちそうな物ですが
中越震災で県内中の道路を直さねばならなかった新潟には
そんな余裕はないのでしょうね
7,6692011-08-01 20:47:33/koneta/koneta_163_2.html10
ほんとどうにかして繋げちゃえばいいのにね
とりあえずがとりあえずでは済まないところってのも何とももどかしい道ですね
7,6672011-08-01 15:20:45/koneta/koneta_163_2.html10
震災を理由に、テレビ中継もされた「事業仕分け」で仕分けられちゃったんですね。近所にも工事が止まっている道があるので心中お察しいたします。 ・・・おや?テレビでしか見掛けない襟を立てたおばさんとフルアーマーっぽい人が、我が家になんの御様ですか? うわっ!ヤメッ!

1ページ中 1ページ目を表示(合計20件)   

この画面の説明