http://yamaiga.com/mini/215/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.11点 / 投票回数 301人)

1ページ中 1ページ目を表示(合計22件)   
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
31,0062019-02-07 21:49:03/mini/215/main.html10
埼玉大学教育学部 人文地理研究室 の「今昔マップ on the Web」 の 写真1961-64 (http://ktgis.net/kjmapw/kjmapw.html?lat=33.877916&lng=135.160704&zoom=18&dataset=kanto&age=0&screen=2&scr1tile=k_cj4&scr2tile=k_ort_old10&scr3tile=k_cj4&scr4tile=k_cj4&mapOpacity=10&overGSItile=no&altitudeOpacity=2) 見ると、どうやら現在狭くなっているところが欠落している様が写っていますよ。
ご確認あれ。
29,7622018-08-19 17:40:41/mini/215/main.html10
この前紀州鉄道の廃線跡探索に行った時の謎が解けました
26,9762017-10-21 18:22:06/mini/215/main.html10
この近くとまでは言えませんが、県道「紀伊椿停車場線」に、水害で流されたごく短い橋だけ2車線で復旧、前後は1.5車線のままという事例があります(集落を外れて山の中に入ると2車線)。
橋の名前までは憶えていませんが、朝来帰(あさらぎ)川という難読河川を渡ってます。普段は伏流水で水面さえ見えない川なのに、橋が流されたと聞いてびっくりしたものです。
26,3852017-08-23 08:31:52/mini/215/main.html8
大正国道42号線というのは??です。
地元、和歌山県の者です。
国道42号線は、元々国道170号線でした。

 wikiの文章を引用
現行の道路法(昭和27年法律第180号)に基づく二級国道として初回指定された1953年(昭和28年)では、和歌山松阪線(和歌山市 - 松阪市)として指定されていた。1958年(昭和33年)に一級国道42号への昇格に伴って欠番となり、1963年(昭和38年)新たに指定された高槻橋本線(高槻市 - 橋本市)に採番された。
21,5462016-01-25 10:01:19/mini/215/main.html10
このまま静かに消え去ろうと思われた志ようわはし。よっきさんのおかげで再びスポットライトを浴びることができ、橋も喜んでると思います。月並みな表現ですいません。
てんぱっぱ
21,4952016-01-20 20:13:57/mini/215/main.html9
>これまた非常にレアなケースだと思うが、橋上の路面に鋭角や鈍角の隅が生じている。

写真で「ああ鈍角だ」と解りながらも…こういうのは真上からの撮影写真で観たいと思ってしまうのですが…人間じゃ無理ですよね。
ここでドローンを…いや、何でもないです。

21,4732016-01-18 09:07:00/mini/215/main.html10
どんだけ増水したか知らんけどコンクリ橋を押し流すほどの規模がある河川には見えないけどなあ
21,4712016-01-18 08:58:55/mini/215/main.html10
なかなかおいしいレポでした。橋遺構って道路以上に語りかけてくる場合があるね。
21,4652016-01-17 23:30:22/mini/215/main.html6
[御坊市北塩屋] って言われても遠隔地の人にはピンと来ませんよね
県道絡みのレポートはタイトルに都道府県名が入っているから
後で目次を見ただけでおよその位置が掴めますけど・・・
今後もヨッキれん氏の活動範囲は広がって行くでしょうから
すべてのレポのタイトルに都道府県名を付けたほうが良くないですかね
読者にとって自分の生活圏からの距離感ってわりと重要だと思いません?
21,4632016-01-17 21:35:10/mini/215/main.html7
高知県の松葉川橋も同じように途中で狭くなっています。理由は昭和橋とは逆のようですが。
ttp://homepage3.nifty.com/kibo/haisen_morigauti3.html
21,4622016-01-17 21:18:46/mini/215/main.html9
>高欄そのものの作りについては、広い桁と狭い桁で違いを見出せないが、この親柱の違いを目にしたことで、私の中で“ある仮説”が有力になった。
なるほどドケチ
しかしそうだとしたら何故高欄も架け直し当時の仕様で作らなかったのだろうか
狭い方が新しそうに見えないのも不思議
デザインの統一性を重視したと想定すると絶対に目に付く道幅をケチってデザインもクソもないだろうし
何故だ
21,4612016-01-17 20:56:55/mini/215/main.html10
素晴らしい。
by丸山 熙人
21,4602016-01-17 19:49:50/mini/215/main.html10
こういう感じも好きで興味深いです。
21,4592016-01-17 16:59:12/mini/215/main.html9
昭和22年の航空写真と比較すると、橋の幅はたしかに減っているけれど、その先の道路の幅は変化していないような、もともと橋だけ幅が広く作られていたようにも、見える。なぞだ。
21,4582016-01-17 15:34:24/mini/215/main.html9
さすがのプロオブローダーライターといえる良いミニレポですね。
21,4572016-01-17 13:28:24/mini/215/main.html10
あきたのSHです。
昭和橋、いい感じです。地域の人たちには大事な橋でしょう。
地元、秋田市下新城笠岡にある私のご先祖さまの名前がついた萬吉橋は昨年、旧橋の東側に秋田県が川筋の変更とあわせ大きくして架け替えてくれました。これで、洪水や木橋が流出することはなくなりましたが、埋められた古い川跡をみると、田畑、墓書に行く人たちしか使わない小橋でしたがすこし残念でもあります。
21,4562016-01-17 13:21:16/mini/215/main.html10
しょっちゅう通っているところなのに旧道に気が付いていませんでした。この辺りは昭和28(1953)年に大水害があったので、旧昭和橋の損傷と現天田橋の架設はこの水害がきっかけだったのではないかと思います。
21,4542016-01-17 11:46:10/mini/215/main.html7
地元新聞社の記事データベースや郷土資料に簡単にアクセス出来れば、架け替えの要因もすぐに判明するんでしょうけどね。
インターネットで公開されている情報は世の中にある情報のほんの一部に過ぎないのが残念ですね。
21,4532016-01-17 10:49:09/mini/215/main.html9
現昭和橋と旧昭和橋の間にかかっていたと思しき橋台も見たかったかな
21,4512016-01-17 09:38:24/mini/215/main.html8
天田橋北詰から少し北西方向辺りに、紀州鉄道線の日高川駅跡があります。設備残存していますが、ヨッキさんには、あまりそそらないかもしれません。
西御坊〜日高川間は昭和28年の紀州大水害でやられてしまったとのことで、天田橋架け替えがこの水害後であると仮定されるなら、
旧昭和橋も同時期に被災〜架け替え、だったのではないでしょうか?
21,4502016-01-17 09:11:12/mini/215/main.html10
またも変異種ですね(褒め言葉w)。最初は国道時代の待避所かなにかかと思いましたが確かに旧道化以降の変化のようですね。ヨッキさんの考察力、さすがです。天田橋も航空写真で気づきましたが旧橋の脚台残ってましたね。しかし天田橋の親柱にくっついた辛子明太子と左端のポールのうさぎが気になります…。
21,4492016-01-17 08:15:25/mini/215/main.html10
鋭角のデッドスペースがあるのはとても珍しいですね!
橋脚の上に立てた幅員変化を埋める衝立がいかにも後付感満点なのもいいなと思いました。

1ページ中 1ページ目を表示(合計22件)   

この画面の説明