http://yamaiga.com/mini/221/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.24点 / 投票回数 563人)

2ページ中 1ページ目を表示(合計38件)    1 | 2    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
50,7722022-10-01 07:36:06/mini/221/main2.html10
新湯渡戸橋が開通するみたいで。
旧旧橋になるこの橋はどうなってるんでしょうか…
https://twitter.com/road_open/status/1569228898659074048?t=nS5d7H17VjjeCK9KhqWHIw&s=19
27,1142017-11-09 22:15:27/mini/221/main2.html10
この橋の仙台方で、「工事用道路建設中」という看板が出ています。

旧道となんらかの関係があるかもしれません。
26,0452017-07-08 19:57:50/mini/221/main2.html10
旧湯渡戸橋を含む旧橋は新・関山トンネルの掘削時に作並駅から関山トンネル中間点までの勾配を計算した結果つけかえられたようなことが・・・
昔読んだ「宮城の国道」的な図書に国道48号の県境までの勾配図が載ってて凄く納得した記憶があります
23,3912016-08-13 00:06:49/mini/221/main2.html10
川面からの二橋揃いの写真が美しいですねぇ。 ここのところ多忙で見にこれなかったのですが、出版おめでとうございます、遅ればせながら。 早速発注しますね。
23,0392016-06-26 04:56:50/mini/221/main2.html10
旧・湯渡戸橋。観光遊歩道に出来そうですね
22,9992016-06-14 22:12:55/mini/221/main2.html10
以外と楽しかった(笑)。








22,9912016-06-12 09:52:42/mini/221/main2.html10
まさかグリーングリーンが出てくるとは…田舎の新庄まで帰省する道すがら、「谷あいの山深い所にこんなでかいホテルがあるなんて」などと驚いたのが小1の頃、35年以上前の話です。
22,9812016-06-10 22:47:35/mini/221/main2.html9
当時の交通需要にトントン、または当時ですら低規格なモノを造って短命に終わるという
日本の土木構造物にありがちな例ですね
22,9602016-06-08 21:16:24/mini/221/main2.html10
以前に、よく使っていた道なので、大変楽しく拝見させて頂きました。この橋の仙台側が、きれいな桜並木の直線の登りですが、これも同時に改修したんでしょうね。
22,9582016-06-08 18:51:51/mini/221/main2.html10
 仙台市在住の芋男爵です。

 旧湯渡戸橋の前面に立ちはだかる温泉宿の「ホテルグリーングリーン」(当時の名称)の高層階に宿泊した経験があります。若干記憶が曖昧になっていますが1983年か或いは84年の年末でしたから今から30年以上も前のことです。その後も何度か泊まっていますが安価なプランでは大概広瀬川と背中合わせの山側の部屋が割り当てられるので川に面した部屋の宿泊体験は一度きりです。
 窓から見下ろすと国道の橋(現橋)と源流に近い広瀬川の小さな流れを見下ろすと国道より遥かに低い位置に小さな橋を発見しました。橋の上面は白っぽく見えていましたが欄干らしきものは当時も確認できず土橋の様な雰囲気でホテルに付帯する庭園の遊歩道かとも思ったのですが橋の前後には全く道らしきものは見当たらず一面の緑の中で川を渡る部分だけが浮き出た陸の(川の上の?)孤島にも見えました。この様な珍しい光景は未だに記憶が鮮明ですが写真を撮ったか否かの記憶はありません。当時はデジカメが登場する前ですから撮影していたとしても銀塩フィルムのカメラだった筈でネガが残っているか古い保存資料をあたらないと判然としません。
 今回掲載の記事を読んで昔の個人的な疑問が蘇りました。貴重な情報を公開して頂きありがとうございます。あの小さな庭園の土橋の様に見えた橋が旧道の鉄骨造りのアーチ橋であったとは驚きました。(ついでに何十回も通っている現橋が上路トラスであることも初めて知りました。高い位置で谷を渡る舗装路はPC橋 かと思っていたので。)高層階から俯瞰する光景は現国道橋を走る車を含めて全てがミニチュアサイズの箱庭細工の様に見えました。
 以下は余談です。
既にご存じの様ですが、「ホテルグリーングリーン」の当時は経営主体は鳴子温泉の大きな旅館でしたが施設が大規模に過ぎて一時経営不振に陥った末に山形県天童温泉の「ホテル王将」が従業員を含めて居抜きで買い取って王将グループに入り一時は「RaRaリゾートホテルグリーンガーデン」と称していました。高層ビルに掲げられている「gg」マークの語呂合わせ(辻褄合わせ)でしょう。今は「グリーングリーン」に戻ったとか聞いていますが縁遠くなったので伝聞の範囲です。
ホテルの高層ビルとは別棟で広瀬川に沿う低層の建物がある筈ですが嘗てはここにガラス張りの大浴場があり湯船に浸かりながら現国道を見上げる事ができました。経営主体が変わった後になって温泉浴場の位置を山側に移して露天風呂を新設したそうですが以降は訪問していないので現状がどの様になっているかは把握していません。
 つまらぬ思い出話ばかりで余りお役にたてず済みません。
個人的に東北地方の温泉宿やそば屋巡りのささやかなサイトを開いておりますので機会があれば覗いて頂ければ幸いです。
http://yaplog.jp/imo_danshaku/profile/
sug1_jp@yahoo.co.jp
22,9572016-06-08 16:35:45/mini/221/main2.html9
ミニレポだけど結構読み応えありでした!!
22,9562016-06-08 00:53:39/mini/221/main2.html10
楽しく拝見させて頂きました。
この橋…、
山形出身、今関西在住のものです。
このデカいホテル、11年前の冬に帰郷した際、母と祖母と宿泊した記憶があります。
この旧橋は客室からも、1階のカフェラウンジからも見えておりました。
現橋の下左方向に欄干がなく、路面下のトラスがやけに年代物なので気になって見てたのですが、前後につながる道が良く分からない繋がり方だったので、これはこのホテル専用の道か?と思ったものの、やけに古いし使用されていないいないので旧橋なんだろうな程度には思っていました。
しかし、やけに低い処にかかっているし、前後のつながりがわからないのでまさか国道の旧橋だとは思っておりませんでしたが(旧町道程度に思っていました)今回の平沼氏のレポートで招待を知ることが出来ました。
ありがとうございました。
22,9522016-06-06 22:00:45/mini/221/main2.html10
現橋が昭和28年製には見えない
もっと新しそう
22,9492016-06-06 20:50:55/mini/221/main2.html9
戦争前後の橋ということで、もしかして欄干は金属製だったのが供出されて木造化、戦後新(現)橋が計画されたのでそのまま放置、とか?
時代に翻弄された橋かもしれませんね。現存することがせめてもの救いか。
ググると現橋の架替の計画があるようで、この二橋の運命やいかに。
22,9482016-06-06 20:47:57/mini/221/main2.html10
[オフトピック]
これだからヨッキさんのサイトは面白い。ヨッキさんの探索・レポートを楽しみにここに来るわけですが、それぞれの視点は異なるんですね。
22,925さんのコメントは正解です。中学だか高校の英語の授業を思い出してしまいました(笑)。
[/オフトピック]
22,9472016-06-06 19:16:10/mini/221/main2.html9
こういう場所が富山にあればなぁ…
面白かったです‼
22,9462016-06-06 18:07:21/mini/221/main2.html3
 後編のレポートに旧々橋について書かれるのではないかと期待したのですが、触れられていなかったので、R48を通る用事が、たまたまあったので現地を探索してしまいました。
 ホテル正面から下るヘアピンのカーブの途中から、造成道が川まで続いているわけですが、下りきる手前で左に下る小道跡があります。その先に進むと2箇所ほどの崩落を超えて川原に着くのですが、その対岸に橋台跡と思われる石垣が在ります。上部は高い岩です登って道形を確認することはしませんでしたが、旧々橋の可能性があると思います。
ヘアピンカーブの橋側の擁護の石垣がカーブを描いて、印象的でした。
22,9452016-06-06 16:59:47/mini/221/main2.html9
数年前に、このホテルの10数階に宿泊しました。
予備知識なしに(廃道廃線好きというフィルターが掛かっているとは思いますが)みても、部屋からも橋の存在がはっきりと確認できます。
ただし前後の道は樹木に覆われているのでわかりません。
当時、橋があるのを知らずに景色を見て驚き、帰宅後すぐにパソコンで確認し、まだ地図に載っている事にも驚きました。
22,9422016-06-06 08:38:48/mini/221/main2.html6
ミニレポの見本の様な「ミニレポ」でしたね〜。
22,9412016-06-06 05:52:43/mini/221/main2.html9
昭和12年ごろに大型車も通れそうなゆったりめの規格で作られたってことは軍の絡みもある道路?
22,9402016-06-06 03:48:26/mini/221/main2.html10
2003年頃に泊まりました。下にある大浴場から橋が丸見えでした。不思議に思った記憶があります。
22,9312016-06-02 21:52:11/mini/221/main.html9
対岸の線形が気になる
22,9272016-06-02 14:46:37/mini/221/main.html10
温泉郷のアーチ橋・・・飯坂温泉の十綱橋を思い出しました。十綱橋は大正4年完成だそうです。当時は温泉街のシンボルだったのでしょうか。
22,9262016-06-02 13:32:38/mini/221/main.html10
明らかに廃道なのに、欄干もなく渡橋は危険なのに、地図に残るんですね。法律上ではまだ廃ではないんでしょうか?
てんぱっぱ
22,9252016-06-02 11:01:59/mini/221/main.html9
>>22908さん
"braced"の語尾の発音ですが、「スト」で合ってます。ネイティヴの発音だと「ト」はほとんど聞こえない程度です。

edの発音は規則性があって例えば直前がサ行の場合は「ト」、ザ行の場合「ド」になります。

判り易い例を挙げると、"used"はused to 動詞原形(昔はよく〜したものだ)のときは「ユースト」ですし、形容詞used(中古の)のときは「ユーズド」と発音されます。
22,9242016-06-02 07:35:21/mini/221/main.html7
更新おつかれさまです。

ここは仙台市青葉区作並の湯渡戸橋北詰めで、奥が仙台市方面である。
目の前にあるのが現在使われている湯渡戸橋で、記録によると昭和28(1953)年の竣工だから、これが旧橋でも何ら不思議でないくらい年季が入っているのだが、今もバリバリ働いていて、外見的にも古びた感じをまず与えない、希有な橋である。

昭和28(1953)年の橋の旧橋である。
それだけで、ほぼ戦前生まれの古物だと分かるが、地形図に未だ描かれ続けているのも頷ける程度には立派で頑丈そうな“永久橋”である。

なんか矛盾してませんか?
22,9212016-06-01 23:22:01/mini/221/main.html10
使用時期の短い可哀想な橋ですね。













22,9192016-06-01 22:03:35/mini/221/main.html10
作並リゾートホテル・グリーングリーンは一度倒産したのに、こんな巨大施設になって復活していたとは知らなかった!!(そっちかい!)
22,9182016-06-01 21:46:43/mini/221/main.html9
おお〜そこの巨大温泉ホテルに泊まったことがありますが、すぐ傍に廃橋があったとは…
ちなみに、もうちょっと仙台市寄りに行ったところにあるニッカウヰスキー宮城峡蒸留所では工場見学のほか、ウイスキーの試飲ができます.美味!
22,9172016-06-01 21:36:48/mini/221/main.html10
綺麗だなぁ。かっちょええなぁ。今でも現役の歩道専用橋のよおだぁ。

2ページ中 1ページ目を表示(合計38件)    1 | 2    [次のページ]  

この画面の説明