http://yamaiga.com/mini/227/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.24点 / 投票回数 407人)

2ページ中 1ページ目を表示(合計32件)    1 | 2    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
26,5942017-09-09 15:25:51/mini/227/main.html10
いつも楽しみに読んでいます。
先月(2017年8月)、東京から250ccのバイクで初の青森ツアーに行き、龍飛崎を訪れました。あまりの雨風の強さと青函トンネル記念館・体験坑道等々で頭がクラクラ、強烈な印象でした。海岸沿いの道があるのは地図で見ましたが、抜けられなそうだし、翌日の帰京に備えて南下したい気分が勝り、行きませんでした。失敗でした。今度行く時は(行けるかな?)裏側も行ってみようと思います。帰りの龍泊ラインは濃霧でした。
これからもケガなど無いようお気を付けて、素晴らしい探索を!!
25,8942017-06-21 01:40:42/mini/227/main.html10
ミニレポにしては読みごたえあるレポでしたね。
人々の喧噪から隔離?された地へ赴き、そこの暮らしに思いを馳せる、こういうレポ大好きです。例の学生のようにヨッキれんも幻の国道へ!と期待しましたが、もともと道のないところにはやっぱり行きませんか。
25,8672017-06-14 19:52:41/mini/227/main.html9
昔の地図では道路が続いていることになっている場所が、そして袰内川をさかのぼった道路の尽きるところが、果たしてどうなっているのか?それが少し見たかったで、今回はあえて9点にしてみました。
でも本当は、そんなことはどうでもいいです。こういうしみじみと趣のあるレポートって、やっぱり良いですね。
25,6892017-05-21 11:37:11/mini/227/main.html10
そういえば。
袰岩という地区があり、そばを走る国道には袰岩トンネルというのがあります。
と、袰岩さんという知り合いから教えられ行ってきたことがありました。
北緯39.59671183
東経141.71116129
25,6812017-05-20 01:43:13/mini/227/main.html10
s41年の津軽海峡フェリーが気になりましたね。。当時はまだ東日本フェリーでは?ほかの津軽海峡フェリーがあったのかな?
25,6702017-05-18 01:32:36/mini/227/main.html10
佐渡の二ツ亀周辺の集落(北鵜島など)も長らく相川への陸路がなく、舟で行き来していたのでしたね。
25,6622017-05-15 22:02:21/mini/227/main.html7
幻の県道にまつわるエピソードがこのレポのハイライトですね
しかし燕崎までは行けたんですねその学生
まじですか あほですか 
『夢幻の道を踏破する 第一回 (by ヨッキれん)廃れた道が好きならば、計画で終わった儚い道にも愛を!』
とかどうですか!(笑

ところで海岸線の急斜面はともかく岬の上にも木がほとんど無いのは
ただ気候の厳しさだけではなく過去の人為の影響がかなり有りそうですね
[Next “廃”Stage] でそのへんの所がわかるといいのですが
既に今回で言い訳も出ちゃってるから期待薄かな
25,6542017-05-14 08:23:40/mini/227/main.html10
”御母衣ダム”を縦書きにしてみると、袰の字が出現しますね。
25,6532017-05-13 23:37:16/mini/227/main.html9
階段国道についてですが、

http://kakuyodo.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/post-a31f.html

こちらのブログによれば「国道に指定されてから階段が整備された」となっています。”階段県道”はこの地にはそもそも存在しなかった可能性がある、というわけです。(そうすると島根県道23号のレア度はますます高いということに。笑)
25,6502017-05-13 17:35:54/mini/227/main.html9
船が自家用車みたいな感覚だったのでしょうかね。

昨年竜飛岬観光でゆきました。レンタカー会社の方が、青森の人の運転はスピード出すから気を付けてくださいねと言われましたがその通りみんな70キロでもバツバツに煽ってきます。優しい温厚そうな感じの人が多いのに、冬は道が凍結するところなのに…( ;∀;)
25,6492017-05-13 17:22:17/mini/227/main.html10
ヨッキれんのベストミニレボ。
25,6482017-05-13 14:15:58/mini/227/main.html10
山梨の小菅村も生活圏が東京にある自治体ですよね。自家用車が無ければ、奥多摩に出て立川を経由して山梨市ですか・・・・青い屋根の民宿曇天・強風の中2日、ぐらい閉じ込められて見たい(それ以上は無理ですが・・・)

25,6472017-05-13 03:43:15/mini/227/main.html10
つい先日ゴールデンウィークに龍泊ライン(現地では一貫して“竜泊ライン”の表記でしたが)を走って竜飛岬に行き、翌日は下北半島の海峡ラインを走って大間崎まで行きました。
それにしてもまさか青函トンネル記念館より先にまだ道が続いていたなんて全く気付かず…
25,6462017-05-13 03:07:59/mini/227/main.html10
青森のレポートだ! ということは自転車道のレポ再開も間近かな?
25,6432017-05-12 15:45:42/mini/227/10
「御母内」と書かれた袰内集落…

「母衣内」と書かれた袰内集落…

の間違いではないでしょうか。
25,6412017-05-12 14:58:57/mini/227/main.html8
2010年の8月,竜飛岬記念館の帰り道,ガスが激しくて,海岸方向に降りたの間違い。当時のレンタカーのナビはすごく大雑把な地図しかなく,国道まで続いているような道路が続いていたけど,袰内川を渡るところまで来て,これってってことで引き返した思い出が。GPSロガーのデータを再確認
25,6402017-05-12 12:28:35/mini/227/main.html10
いつも楽しみにしています。かつてバイク乗りであった頃は日本中を走り回っておりました。
今は千葉県の御宿町で暮らしておりますが、
この近所でも色々紹介されそのレポートに大変
感動しております。これからも楽しみにしています。
25,6392017-05-12 10:54:41/mini/227/main.html5
いまいち、位置関係がイメージしづらかったので、
Google Mapと突合させながら読ませて頂きました。

その時、この存在しない国道に関して、一つの仮説が、
googleマップを見ていて浮かびました。

googleマップを写真モードで眺めていると、
この海岸線の一部が、偶然だと思いますが、それっぽい道路に
見える部分があります。



もし、当時、航空写真から地図を作成していたとして、
何らかの手違いにより、この道路の様に見える海岸線を、
道路が有るものと誤認

本来であれば、チェックで引っかかる物が、チェックから漏れ、
誤った地図が世の中に出てしまった。

と言う、無知な素人の考えなのですが、
そんな仮説は成り立たないのでしょうか?


マップだと
https://www.google.co.jp/maps/place/41%C2%B014'18.1%22N+140%C2%B020'18.1%22E/@41.238346,140.3361613,608m/data=!3m2!1e3!4b1!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d41.238346!4d140.33835?hl=ja&authuser=0

辺りや
https://www.google.co.jp/maps/place/41%C2%B013'54.7%22N+140%C2%B019'57.8%22E/@41.231849,140.3305423,608m/data=!3m2!1e3!4b1!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d41.231849!4d140.332731?hl=ja&authuser=0

辺り


25,6382017-05-12 09:31:42/mini/227/main.html10
はやく、はやく、続きを書いて〜。
25,6372017-05-12 09:22:41/mini/227/main.html10
中部地方に住む者にとって北の地はあまりに景色が違って興味をそそられます。
25,6362017-05-12 06:55:44/mini/227/main.html9
本州北端の最果て感あふれるレポでした。写真とともに道路の歴史も伝えてくれるので実際にそこに行ったようにリアルに感じました。
ヨッキどんの筆致も益々磨きがかかってますね。探索レポに留まらず紀行文としても名文だと思います。
新刊が出たら必ず買いますよ(´∀`
25,6352017-05-12 06:23:20/mini/227/main.html10
すらっと読めてたまにはいいですね
25,6342017-05-12 00:09:34/mini/227/main.html8
グーグルマップで見ると、遊歩道の方は土砂崩れにあってるように見えますね・・・。
旧道の先共々、レポ見てみたいです。
25,6332017-05-12 00:03:12/mini/227/main.html8
太宰は金木の商家の生まれですからね。金木も当時は景気が良かったでしょうし、東京でも三鷹だったかの武蔵野に住んでいたそこそこの都会人ですから。
また、太宰の筆致は読者への「釣り」で、真に受けるのはもしかしたら不適当なのかもしれません。

日本海側を「裏日本」というのは本当は間違いで、鉄道やモータリゼイションなき、海運盛んなかつては、北前船が交易をして弁財船なんて呼ばれていたくらいですから、日本海側が表ヤマトでしょう。
太平洋側を「表」と思うのは戦後民なのかと思います。
25,6312017-05-11 22:27:40/mini/227/main.html10
昨年7月に龍飛崎シーサイドパークのバンガローに宿泊してきました。夕日が綺麗でしたし、今回のルートも車で往復できる範囲で往復したので懐かしく拝見させていただきました。しかしその先に廃道や、青函トンネル工事用廃道があるとは知りませんでした。
25,6302017-05-11 21:36:31/mini/227/main.html9
道がデッド・エンドになっている部分の写真が見たかったです。青い家の写真では、カーブしながら道が続いているようなので、僻地の中の僻地がどんな風景なのか非常に気になりました。
25,6292017-05-11 20:58:18/mini/227/main.html10
何だか宮本常一氏の、歩いて訪ねる民俗学に出てきそうな話で、ミニレポなんだけど…そしてある意味消化不良なんだけど、個人的には10点を付けさせていただきます。

当時のここの漁民の暮らしぶりとかが判る資料など、無いものかと夢想してしまいますが、その辺はおそらく宮本氏のそれを当てはめつつ、“冬はハイパー時化!”とかを加味すれば…想像が楽しいですね♪

お疲れ様でした。とても楽しめました。
25,6282017-05-11 19:49:24/mini/227/main.html9
森林鉄道が気になります
25,6272017-05-11 19:25:40/mini/227/main.html10
青函トンネル工事用道路のレポートを楽しみにしています!
25,6262017-05-11 18:53:29/mini/227/main.html8
都会に住んでいるとこういう最果ての果てに憧れのようなものがあります。観光地化されていないのがいいですね。

2ページ中 1ページ目を表示(合計32件)    1 | 2    [次のページ]  

この画面の説明