http://yamaiga.com/mini/228/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.37点 / 投票回数 324人)

1ページ中 1ページ目を表示(合計17件)   
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
26,8702017-10-13 17:15:19/mini/228/main.html10
何回読んでも、おもしろい。 同じ青森県の、岩崎から深浦にかけての海も、かなり裏日本の「地の果て」感がありますが、やはりこちらの海にはかないません。 私も秋田の裏日本人ですが、このような風景はほとんどありません。 「山行が」 にふさわしいレポートと思います。
26,7642017-09-26 14:09:48/mini/228/main.html7
25年ほど前に龍飛側から歩いたことがあります。写真がないのでうろ覚えですが、22.jpgのあたりで引き返したはず。写真ほどひどかったどうかは別にして、崩壊で進めなかった記憶があります。二股の部分は、海側の新道(?)だったような。いずれにしても、当時から放置・無管理状態に近かったのは確かですね。
25,9612017-07-02 02:52:40/mini/228/main.html9
yahoo地図の上空写真では、灯台への九十九折りの道がフグの直角カーブの先、2度目の通行止め付近に接続しそうで切れているんですが。土砂崩れのため付け替えたんでしょうか。となると、野ウサギ.netさんの「案内図」の方が先代の図ってことで、おばけ岩ってのも前半の階段あたりの海に突き出た岩場のことで、屏風岩はそそり立つ斜塔のことでは?
25,8312017-06-07 11:29:55/mini/228/main.html10
竜飛には何度か行った事がありますが、いずれも真冬の積雪の多い時期だったので、竜飛漁港までは行ったものの漁港の終端までは行った事がありませんでした。あそこにこんな物が埋もれていたとは。
25,7302017-05-28 05:28:32/mini/228/main.html10
建設物は適切な維持管理をしないとすぐ自然に埋没していく。
今までこうした経費の事を考えないで作ってきたが、これからどうするのだろうか。
25,7102017-05-24 03:22:10/mini/228/main.html8
看板の表記 裏(に)海岸遊歩道 じゃないかとおもう
25,7082017-05-23 20:24:14/mini/228/main.html10
太宰治の『津軽』を読書中で、気になりました。うわっと驚きの展開になり、大冒険に感動です!一寸先は闇というか、手探りで試してみないと面白くならないということですね
25,6722017-05-19 03:45:59/mini/228/main.html9
昭和50〜60年というとやはりあの歌の影響でしょうか。
上野発の夜行列車や連絡船はもはや「廃」ですが、こちらはいわば裏の「廃」なのかな、と思ったりしました。
25,6712017-05-19 00:51:40/mini/228/main.html9
俺に聞かれても何もわからん
25,6632017-05-16 14:44:21/mini/228/main.html10
観光案内所や近くの看板では単に、「海岸遊歩道」って呼んでるみたいですね。
「キャンプ場から灯台まで」と「分岐から漁港まで」で、名称が変わるのかもしれませんね……
http://ameblo.jp/tappikankou/entry-10590206081.html

http://www.360navi.com/photo/02aomori/01tappi/04sea/10page.htm
http://www.360navi.com/photo/02aomori/01tappi/map01.png

http://www.geocities.jp/thkyd/hiho/200909tugaru/tugaru2tappi.htm
http://www.geocities.jp/thkyd/hiho/200909tugaru/1day/IMGP5785bmap.jpg

龍飛崎灯台の周辺案内図には2005年くらいまで記載されていたようですね。

2005年6月
http://www33.tok2.com/home/m35rx4/tappisaki.htm
http://www33.tok2.com/home/m35rx4/P6070048.jpg

2011年10月
http://youyou.main.jp/c2/aomori/tappizaki.htm
http://youyou.main.jp/c2/aomori/images/tappizaki/145756.jpg

時期や場所が少しズレただけで、ココまで違いが出るのが面白いですねぇ……
25,6612017-05-15 21:41:34/mini/228/main.html9
エキサイトバイク、懐かすぃー^^
25,6602017-05-15 13:12:25/mini/228/main.html10
擬木コンクリートの手摺りは木材感を出す為に塗装されてるのでは?
25,6592017-05-15 11:38:18/mini/228/main.html10
久々に、シンプルなレポートで面白かったですよ。
やっぱり、山行がはこんなのがいいなあ。
25,6582017-05-15 08:43:01/mini/228/main.html10
オモテが有ればウラが有るモンなんですなぁ。
25,6572017-05-15 08:30:10/mini/228/main.html8
ごらんアレが竜飛岬遊歩道だと
オブローダーが指を指す♪
25,6562017-05-15 07:29:19/mini/228/main.html10
今から30年前の1987年12月27日、竜飛漁港側から原付スクーターで遊歩道に乗り入れました。
当時、すでに漁港の階段や東屋はレポと同じで、通行止めの柵などは無かったと思います。タイヤの小さなスクーターなのでウイリーさせながら足で階段を蹴って、無理やり入り込んだのです。
路盤は防波堤っぽい道で、ごま塩のような仕上げをハッキリ覚えています。行ける所まで行こうと思ったのですが、夕方で暗くなってきたし、道幅が狭いのでミスって防波堤から落ちると自力で復帰できないと思い、鍾乳石のような大岩を背景に写真を撮って帰ったのですが、フィルムを入れ忘れるという大ポカをやらかしました。
とにかく道幅が狭く、原付といえども路盤から落ちないようにUターンするのが大変でした。
余談ですが、本来12月の青森は雪の中なのですが、この年は驚くほど降雪が遅く「バイクで走れるんじゃね?」と、思いつきでウオッシャーの4Lポリタンクに予備のガソリンを詰めて青森市から出かけたのです。まだ平舘の海岸バイパスも工事中でした。
25,6552017-05-15 02:17:54/mini/228/main.html8
落石の危険がある場合の道路管理者の責任については、1970年に最高裁判例が出ているようです。(最判昭45.8.20 民集24-9-1268)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=54103

それで結局は、落石防護の予算がなければ通行止めにせざるをえないということになります。

1ページ中 1ページ目を表示(合計17件)   

この画面の説明