http://yamaiga.com/rail/ooma/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.54点 / 投票回数 1452人)

2ページ中 1ページ目を表示(合計40件)    1 | 2    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
32,9212019-10-11 21:16:37/rail/ooma/main12.html10
もはやマグロ漁も……
32,4302019-08-15 21:27:55/rail/ooma/main12.html10
2019年盆休みにJR下北駅から大間岬に行くバスに乗った際、山側に古いアーチ橋が見えたので昔鉄道があったのかと思いつつ、調べていて辿りつきました。とても面白く読ませていただきました。
30,7282018-12-24 10:11:42/rail/ooma/main12.html9
面白かったよ。

シャア大佐
30,0112018-09-18 00:37:18/rail/ooma/main12.html8
最後の方の4径間のコンクリート橋梁は南方貨物線を思い出しますね。
27,8382018-02-06 22:06:00/rail/ooma/main12.html10
毎回ハラハラドキドキ。ヨッキれんの想像を踏まえた解説で毎夜、自己盛り上がりしてます。
頑張れ!また、気を付けて!
27,2932017-12-05 21:29:44/rail/ooma/main12.html10
ハングル文字の新聞、工作員が潜んでいたのかと思ってしまった。時節とは言え、こんな連想をするなんて、やだやだ。ところで、ルパン三世のベルトみたいにバックルをパカッと開いてハンドルくるくるさすと上がったり下がったりできればどんな所も無敵ですな。
27,0462017-10-28 18:39:59/rail/ooma/main12.html10
1993年に二枚橋のアーチを渡ったことがあります。当時はほとんど薮がなく、コンクリートとも砂ともつかない路盤状況だったような記憶があります(下からの写真しか残ってない……)。下風呂のアーチも「未整備」でした。
インターネットのない時代で、『交通公社時刻表編集部編・ローカル線全ガイド』という本のオマケみたいなコラム欄に「下風呂から先にはめぼしいものはない」とあり、それを信じていたところ、バスの窓から「南焼山橋梁」と思われるコンクリート橋を見つけて『いまのはなんだ!?』と混乱させられた覚えがあります。
こちらの探索から10年以上経ちますが、木野部の「恐ろし気な警告」はどうなっているのでしょうね。
26,1572017-07-29 00:29:13/rail/ooma/main12.html10
毎度参考になります
9月に桑畑駅へ行ってみます
26,0622017-07-10 01:30:25/rail/ooma/main12.html10
11年ほど前、1年少々でしたが下北駅の近くに住んでいたことがありました。
休日になると大間や東通村、尻屋崎などいろんな所へ親がドライブがてら連れて行ってくれたものです。
下風呂にも連れて行ってくれたことがあり、行ってまず目に飛び込んできたのがあのオシャレな13連アーチでした。橋の上を人が歩いているのを見て、私もあそこを歩いてみたいと親にせがんだのですが叶わず、時間があるときにまた今度ね、と言われたっきり結局もう一度下風呂へ行く機会がないまま遠いところへ引っ越してしまい今日までちょっとした心残りでした。
あれから11年が経ちふと、親があのとき この橋は鉄道の名残りなんだと言っていたのを思い出し、検索しているとこのレポートを見つけました。
心残りだった部分がすっきりしただけでなく、どの時代につくられたものなのか、なぜコンクリートでつくられているのか、なぜ1度も電車が通ったことがないのかなど、大間線についての背景が知れて、とても面白かったです。
懐かしく、また楽しく読ませていただきました、ありがとうございました。
24,9922017-02-19 02:51:59/rail/ooma/main12.html10
私の親世代はトンネル歩いてました!

ただ崖崩れで危険なので通れなくしたと聞いてます!


母親は現在も住んでます。


今は小学校も廃校されてしまい私達が住んでた頃に賑わいはもうありません。


懐かしくて最後まで拝見させて頂きました険しい道のりご苦労様でした。

24,5082016-12-26 03:45:00/rail/ooma/main12.html9
大間線は、戸井線とセットで語られるべきだと思います。大間と戸井の間は海上ですが、実質的にはいわば、両者併せての路線だと思います。

大間と戸井(現・函館市)の汐首岬とは20km少々ですが、霧や流れの速さなどから、青函航路の迂回航路としては断念されたようです。(現在、建設中の大間原発に対する差止めのため函館市が提訴しているくらい、大間と戸井は近いです。)

現在は大間と函館港の間で、津軽海峡フェリーの大函丸が運行しています。大間の人の中には、むつ市に出るよりもフェリーで函館に出た方がよいと言う人があるくらいです(実際、むつ市の中心地域に出るのは遠いので)。

函館山には日露戦争に備えて函館要塞が建設されましたが(砲台跡などが現存しています)、その後「津軽要塞」として青森県側と合わせて拡張されたようです。つまり、津軽海峡の防衛に関しては大正天皇が皇太子だった頃から既に力が入れられてきたようです。
太平洋戦争になって大間線や戸井線は急ピッチで工事が進められたようですがレールも敷かれぬ未成線のまま終わり、対する青函航路の方は案の定、連合国軍に空爆され壊滅しています。

大間線の方は観光整備がされたようですが、戸井線の方はほとんど顧みられていません。函館市政からするとあまり触れたくない過去なのかもしれませんし、予算を充てるのがもったいないのかもしれません。
戸井線の線形はいまも五稜郭駅から明瞭に残っています(車道や緑道などになっています)。旧・戸井町の方には往時の構造物がまだ残っています(立入りはかなり危険だと思いますが)。
22,6732016-05-10 01:52:19/rail/ooma/main12.html10
毎度ありがとうございます。
楽しく拝見させております。
ついでではありませんんが、過去ログ整理(リンク切れ多数(自覚されていらっしゃるようですし)もよろしくお願い申し上げます。と
17,7142015-01-08 00:32:43/rail/ooma/main12.html10
去年の秋、このあたりを訪れました。
木野部の橋脚跡を遠目に眺めて、ここが開通していたらさぞかし絶景であったろうと思いました。
見ることの出来なかったはずの景色を見られた気分になり、楽しかったです。
桑畑駅予定地の遺構、今度行った時には寄ってみます!

これからも安全第一でご活躍を祈念いたします。
17,0732014-10-20 16:15:49/rail/ooma/main12.html10
素晴らしいレポートありがとうございます
17,0592014-10-17 21:56:50/rail/ooma/main12.html10
地元の県の意外な一面を見れて興奮しました お体に気を付けてください
15,5782014-04-29 12:46:40/rail/ooma/main12.html10
一つの物語を読んでる感じでとても楽しかったです
15,2002014-03-06 16:13:31/rail/ooma/main12.html9
もったいないですよね、鉄路として営業していても赤字廃止でしたでしょうけど、単線幅では道路としても厳しいですね
跡地利用法、、もっとよく考えたいものですね 、たとえば石油備蓄タンクだとか、、
15,0362014-02-11 07:10:48/rail/ooma/main12.html10
素晴らしい。感動しました。ありがとうございました。
12,9872013-06-19 01:19:24/rail/ooma/main12.html10
初めまして、初めて拝見致しました。
いやーまさかまさか。
冒頭の写真のアーチ橋、母の実家の近くですよ。
実家までは数十メートル離れていません。
写真の墓地に我が家のお墓もありますよ〜。

母はそこから田名部の高校にバスで通っていたみたいです。

あと、木野部はアイヌの名残で間違いありませんよ。
祖父の血筋がアイヌです。
東北北部にもアイヌあり。
12,7752013-05-23 14:19:21/rail/ooma/main12.html10
自分は大間線にとりつかれたかのように何度も現地を訪問しましたが、ここまで綿密な調査は出来ませんでしたので、非常に感心しながら読ませて頂きました。特に隧道内の様子はもう見ることはできないと思っていましたので感激です。本当にありがとうございました。
12,5932013-04-25 20:06:13/rail/ooma/main12.html10
木野部第二隧道坑口に残された膨大な鑿跡が忘れられません。

これは出来れば世の人全てが見て触って、この鑿跡ひとつひとつが一体どういうことなのかを知って欲しいと思いますが、しかし、その鑿跡は今では全く顧みられないところにあり、顧みようとしてもまず普通の人は近づけないところにあるという、もう何と言いますか、人の世の無情と言いますか、ここで必死に頑張ったけれども斃れてしまったタコの人たちの人生って一体何だったんだろうかと言いますか、もう神も仏も無いものかと言いますか、なにやらかにやらもの凄く重たいものが頭の中で渦巻いてしまいます。
12,1382013-03-20 02:22:33/rail/ooma/main12.html10
今回も危険を顧みず体をはった報告に手に汗を握りながら
拝見しました。感動です。ありがとうございました。
11,9762013-03-01 22:37:50/rail/ooma/main12.html10
細いロープは登るのも降りるのも大変ですので、結び目を等間隔に作っておくといざという時良いらしいですよ。
10,7522012-09-30 22:51:30/rail/ooma/main12.html10
 53歳の中学教師です。青森県在住ながら、
ずっと幻のような大間鉄道を、地元新聞の
片隅でしか知りませんでした。
 ほんの少し、鉄道専門誌で垣間見ていましたが、
昨日生まれて初めて下北半島を一人で大急ぎで一周
する際、気になっていた大間鉄道の遺構の一部を
垣間見ることができ、感慨に浸りました。
 自宅に戻りネットで検索し、本サイトで詳細かつ、
ご足労、根性されての探索に感激感動を覚えました。
朝鮮人連行、太平洋戦争、軍部、最果ての地にも
注ぎ込まれた未完のインフラ。勉強になりました。
10,6422012-09-14 19:21:26/rail/ooma/main12.html10
大間線の跡が桑畑駅予定地よりも先にあったなんて、驚きです!
10,3972012-08-14 23:59:16/rail/ooma/main12.html10
素晴らしい行動詳細でありました!ただただ脱帽です!時の経つのも完全に忘れて、本行動記録に見入ってしまいました。
10,2112012-07-25 20:21:16/rail/ooma/main12.html10
細田さんの名言「ズガーン」が頭から離れなくなりました。

面白かった、ありがとう。
9,2242012-02-20 02:44:44/rail/ooma/main12.html10
あの数式
C=95
A=200 H
32 36
20 36 ,,, 100(Z) そして110 警察?
9,0852012-01-16 22:40:23/rail/ooma/main12.html10
廃道レポ「大嵐佐久間線」に次ぐ面白さでした。
9,0402012-01-10 17:47:11/rail/ooma/main12.html10
つい先日、この界隈を路線バスで往復したのですが、国道の新道と旧道のつなぎ・分岐の部分の道型は、そういういことだったのか、と納得した次第です。

2ページ中 1ページ目を表示(合計40件)    1 | 2    [次のページ]  

この画面の説明