http://yamaiga.com/rail/subari/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.61点 / 投票回数 830人)

3ページ中 1ページ目を表示(合計72件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
35,4662020-08-10 18:25:09/rail/subari/main3.html10
とても危険な探索ですね。ほどほどに、そしてご自愛ください。
35,4572020-08-09 17:41:55/rail/subari/main3.html10
なんというH2Oの暴力…
読者さんの写真も素晴らしい!
35,2492020-07-19 22:16:10/rail/subari/main3.html10
一枚の隧道の古写真からここまでの境地に至るヨッキれんさんの調査の深さ、隧道への憧れの強さがユーモアに富んだ文章で綴られ、ヨッキれんさんの文才が特に光っている…本当に素敵なレポートでした。読み終わった後の感動は宛ら映画を一本観終わった後の様です。
ダムに纏わるドラマ…毎年の様に繰り返し水害に苦しんだ藤里の方々の気持ちが、記事から伝わります。
在りし日の素波里の迫り来る渓谷の、険しくそして美しい様子を、古写真のみならずカラー写真でも想いを馳せる事が出来、心が満たされました。
35,1462020-07-09 17:50:15/rail/subari/main3.html10
調査の充実っぷりがすごい・・
35,1132020-07-06 02:42:11/rail/subari/main3.html10
秋田住みですがこの時の水害は小学校の夏休み前で秋田市でも相当降りました。この年は秋田市では今年以上に少雪で記憶に残る年でした。それにしても総天然色の写真が残っているなんて!これは凄いですね。
35,1052020-07-04 22:21:07/rail/subari/main3.html10
あいかわらず机上調査の厚みには恐れ入ります。町史だけでなく紀行にまで手を出すとは。でもその方が紀行者視点で当時の様子がよく分かります。ダム建設は生活のため仕方が無いとはいえ、素晴らしい自然の景観やそこにあった土木の産物まで永遠に見ることができなくなってしまうなんて残念でなりません。当時の写真やそこを通行した人の記録は大事に残したいですね。
35,0812020-07-02 16:30:23/rail/subari/main3.html10
よくぞここまで調べ上げたと感心した。筆者の探求心と洞察力と危険を顧みない冒険魂とユーモアを交えた文章と、写真を多用し見やすくまとめたレポートも素晴らしい。これからもケガに気を付けて、新しい過去の偉業を見つけて下さい。
35,0792020-07-02 04:27:18/rail/subari/main3.html10
序盤てっきりショボネタかと思ったら結末に唖然呆然
久々に圧巻のレポでした!
古写真が多いとそれだけで嬉しい
35,0782020-07-02 01:18:05/rail/subari/main3.html10
素波里は「窄(すば)り」(狭窄の窄)が由来だという説もあるようです。
昭和47年の放水では素波里神社も被害を受けたようで、やはりこのカメラマンすご過ぎですね。
しかし、「素波里発電所『こわれる』」って見出しがなんだかいいですね。不謹慎ながら。
35,0772020-07-01 21:56:44/rail/subari/main3.html10
秋田に戻ったヨッキれんさんの決意がなんとなく見えたような気がしました。素晴らしかったです。でも県外探索もまだまだ見たいです!
35,0752020-07-01 21:14:34/rail/subari/main3.html10
人間てすげえなと改めて思わされました。
カメラマンは命知らずが標準仕様なんだろうか
35,0742020-07-01 20:56:23/rail/subari/main3.html10
自然も凄いが人も凄い
35,0732020-07-01 14:05:02/rail/subari/main3.html10
舟必須だから須波利で、人が入れるようになったから素波里なのね。
結局本来の須波利(ダム)に戻ったのは、面白い
35,0662020-06-30 23:26:26/rail/subari/main3.html10
天竜川の秋葉ダムすぐ下流の西川地区も、完成後数年内に大雨時の大量放水で水没した事があります。地域が全破壊されなくてよかったですが、水没エリアには電源開発の宿舎も有りました。
今は堤防強化されました。
35,0652020-06-30 23:26:25/rail/subari/main3.html10
林鉄のトンネル探索を契機として、ダムの造られたいきさつやその後の顛末についての子細な調査、それを読んで興味深い文章にまとめており、すばらしいです。道だけじゃないけどぜんぜんイイ!
35,0642020-06-30 23:05:01/rail/subari/main3.html10
素晴らしく楽しませて頂きました!有難うございました!
35,0632020-06-30 22:39:25/rail/subari/main3.html10
年甲斐もなく感動して泣いてしまいました 素晴らしかったです
35,0622020-06-30 20:51:26/rail/subari/main3.html10
浅渡鉄橋の主塔の写真が見れません!
35,0612020-06-30 19:47:07/rail/subari/main3.html10
素晴らしい題材に迫った貴重な記事だった。

・・・勃〇はやめよう、勃〇は
35,0602020-06-30 19:29:41/rail/subari/main3.html10
これだけの量の画像、拝見できて感無量なり。
35,0582020-06-30 18:03:00/rail/subari/main3.html10
カラー写真、女性が写っているので大きさがわかりやすくていいですね。思ってたより隧道の天井が高いんだ。
35,0562020-06-30 17:51:38/rail/subari/main3.html10
木の伐採が斜面の保水力を低下させるという発想は当時は無かったんでしょうねえ。
35,0552020-06-30 15:51:12/rail/subari/main3.html10
探索自体は短いですが、アツイですね!この記事、作られていないという素波里ダム建設誌の代わりになりそうです。

そして、秋田に戻られたということで、今後も秋田方面のレポート大歓迎です!過去の記事で再探索、追加レポートのほしい記事もたくさんありますし。それに秋田のレポートはヨッキれんさんの地元愛が感じられます。

東又から先のレポートも公開希望です!
35,0542020-06-30 14:47:35/rail/subari/main3.html10
すでにこの世にない隧道のレポがこんなに面白くなるとは・・・
35,0532020-06-30 14:46:47/rail/subari/main3.html10
素波里峡のままで残して欲しかったですねえ〜
35,0522020-06-30 14:24:57/rail/subari/main3.html10
貴重なカラー写真が見られてよかった。素晴らしかった。藤の樹のじいさま、ありがとう。
毎秒740邸▲好押次 ●っきれん、お疲れさま!
35,0512020-06-30 14:14:41/rail/subari/main3.html10
柱状節理みたいなコメントw
ちなみに凝塊岩質泥岩→凝灰岩質泥岩です。
35,0502020-06-30 13:41:51/rail/subari/main3.html10
最後の放水写真で10点!
35,0482020-06-30 13:21:31/rail/subari/main3.html10
お疲れさまでした。10点です。五号隧道は素波里における一瞬の輝きだったんですね。追伸:ポイント還元日最終日の今日。お買い物させていただきます。(笑)
35,0472020-06-30 12:23:06/rail/subari/main3.html10
毎年、世界の何処かでくりかえされる自然の猛威の前では人間の無力さが思い知らされる。

3ページ中 1ページ目を表示(合計72件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  

この画面の説明