http://yamaiga.com/rail/zusou/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.37点 / 投票回数 1084人)

4ページ中 1ページ目を表示(合計108件)    1 | 2 | 3 | 4    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
32,5292019-08-22 04:50:40/rail/zusou/main5.html10
はじめまして。自分は廃線跡に興味があり、色々なサイトを巡っていたらここにたどり着きました。ほんの僅かであっても明治時代の鉄道跡が残っているのは非常に興味深かったです。詳細なレポートで時間を忘れて読みふけりました。また訪問します。
31,5372019-04-16 00:00:23/rail/zusou/main5.html10
すばらしい
31,1242019-02-24 00:14:11/rail/zusou/main5.html10
感動しました
28,6892018-04-28 15:05:40/rail/zusou/main5.html10
湯河原から熱海へ向かって、大名茶屋バス停先の左カーブの法面の下辺りに、線路跡(レール)があると聞いた事があります。
もう20年ぐらい昔の事ですが、降りて行って土を少し掘ればレールが出てくるよと、当時の職場の先輩が話していたのを思い出します。
28,4632018-04-07 16:40:20/rail/zusou/main5.html8
興味深いレポート、いつもありがとうございます。

熱海の軽便鉄道について、先ほどツイートで見つけましたのでお知らせいたします。
もし既出のものでしたらすいません。↓
https://twitter.com/chrms_/status/982494780377583616
27,3012017-12-07 16:34:14/rail/zusou/main5.html10
この路線は芥川龍之介の「トロッコ」のモチーフだそうで、とても興味深いなと思いました。
26,5142017-08-31 18:42:12/rail/zusou/main5.html9
身近に埋もれ残る人々の歴史と関東大震災の爪痕・・・凄まじい
26,3392017-08-20 00:17:38/rail/zusou/main5.html10
面白かったです。目に見えてレールがなかったのは戦争中など現在に至るまでに使われてしまったのかもしれませんが、斜面のどこかにはまだレールが埋もれていると思うととても興味深いです
25,8952017-06-21 23:00:58/rail/zusou/main5.html10
私はいま豆相人車や熱海軽便に興味を持ち始めてこのサイトにたどり着きました
まさか当時の痕跡が残っているとは思ったいませんでした
私も寄ってみたいと思うようになりました
25,2762017-03-24 14:26:58/rail/zusou/main5.html10
不謹慎承知で、今度伊豆が大地震に見舞われて海沿いの有料道路が壊滅したら
復旧工事始まる前にすっ飛んで行って大捜索してみることですな。
25,1162017-03-06 18:48:11/rail/zusou/main5.html10
金属探知機を持って山を歩かねばw
24,9082017-02-13 17:26:32/rail/zusou/main5.html10
伊東町交通史物語
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1099021/16
ココに出てくる「小田原行の人車鐵道」ってココのことですかねぇ?
24,8402017-02-05 17:39:42/rail/zusou/main5.html8
地元に近いので、私も調査したいものです、特に海岸線(犬釘等があるか、東海道線馬入川には、今でもレールやレンガの残骸あるため)
24,3302016-12-02 03:24:45/rail/zusou/main5.html9
(´Д`)ノ 90年という歳月の重みを感じました。
23,5642016-08-28 04:22:02/rail/zusou/main5.html9
軽便鉄道時代に使われてた機関車は熱海駅近くに保存されてますね
熱海市民なんで今度図書館に行って調べてみるかなぁ
23,3862016-08-11 14:06:21/rail/zusou/main5.html10
マジ凄い
23,1912016-07-19 22:23:52/rail/zusou/main5.html10
最高のレポートでした!
あくまでも想像なのですが、戦後の混乱期に資材として持ち去られた可能性も考えられますね。
22,7272016-05-12 18:12:09/rail/zusou/main5.html10
資料については納得しましたが、それでもよっきさんが歩いたところにひとつもレールがなかったことは納得できません。僕が聞いたことがあるのは、第二次世界大戦中
廃線のレールを金属に戻し使ったという話です。この路線もそうだったのっではありませんか?
22,6552016-05-07 18:41:52/rail/zusou/main5.html10
今度から廃線探索には金属探知機を持って行くと良いと思います!
22,6272016-05-05 11:08:59/rail/zusou/main5.html10
ここはツーリング等で何度となく通過していた道です
そこに軌道が通っていたとは信じ難い地形
大地震の恐ろしさを考えさせられる景観ですね
リアルタイムに九州でもこんな事態が起きている
自分たちも心がけて置かなければならないです
22,6212016-05-05 03:09:01/rail/zusou/main5.html10
凄まじい被害ですね・・・。関東大地震恐るべし。改めて調べると震源も最大震度もこの辺りとされていますね。南阿蘇鉄道も同じ運命になってしまうのでしょうか。
22,6022016-05-03 22:35:50/rail/zusou/main5.html10
レポお疲れ様です。
レールはきれいに残っていたら戦時中に剥がされそうなものですけど、埋もれてるなら今でもあるいは・・?!と考えたくなりますね
22,5882016-05-02 08:56:03/rail/zusou/main5.html10
おそらく今まで誰も成し遂げられなかったレポートですね。すばらしい!
22,5872016-05-01 21:20:24/rail/zusou/main5.html10
レールががない理由
すでに述べられていることですが、戦時中不要不急路線で供出されたように、この路線の目立ったところは回収されたのかなぁと思いました。
でも、回収されたのであれば、その根拠となる資料が欲しいところですよね。
てんぱっぱ
22,5852016-05-01 17:45:15/rail/zusou/main5.html10
やったあ、完結ですね、おめでとうございます!
路盤跡の発見とともに、数々の資料にも胸が熱くなりました。特に絵葉書には胸熱!!
資料が多く残っているということは、さぞや愛された鉄道だったのでしょうね。地元千葉県の人車鉄道にはあまり無くて残念。
急斜面とか井戸とか、危ない箇所もあり、いつものことながらハラハラしましたが、ご無事で完遂され、本当に良かったです。(お)
22,5842016-05-01 09:16:04/rail/zusou/main5.html10
昨日のテレビ見ましたよー!
生放送で緊張してましたか?
視聴者としても、さらにトンネルの魅力が伝わりました!
これからも豆相人車鉄道・熱海鉄道のように、大変な廃線探しもあると思いますが、オブローダーの意地をみせつけてやってください!
画面の前で応援しています!
22,5822016-04-30 21:41:09/rail/zusou/main5.html10
これはまた凄い。







22,5812016-04-30 18:54:01/rail/zusou/main5.html9
浪漫ある話ですね。面白かったです。

これは私の考えですが、見つかりやすい場所にあったレールは粗方供出されてしまったのではないでしょうか。
ご存知の通り鉄道用の鋼材は純度の高いものが多いので、戦時中に橋梁やレールを剥がして供出したという話が残っています。
廃線後放置されていたとはいえ貴重な鋼材。地元の人に知られていて、なおかつ「廃品」であれば真っ先に目をつけられるかと思います。

残っているものがまだあるとすれば完全に地中に埋まっているのかもしれません。金属探知機でもあれば或いは...
22,5802016-04-30 13:16:04/rail/zusou/main5.html9
以前幼児施設で人車鉄道を発見しやりーと思ったら、今は無き遊園地車両と聞いてこけたことあります。農家って戦前のものもあるので、ひょっとしたら部品類が隠れてる可能性十分あると思います
22,5792016-04-29 22:15:56/rail/zusou/main5.html7
昔は写真を撮るのも大変だったから記録も少ないし
鉄の価値も高かったからレールも持ち去られたということでしょうか
古い歴史を読み解こうとする際は
時代による環境や価値観の変化まで考慮しないと
頓珍漢な事になりかねないから難しいですね

もしもレールが残っていたとしても
回収困難なほど路線から遠ざかってしまった物でしょうから
そこにロマンを見出せるのはかなり訓練された変態さんだけかも

4ページ中 1ページ目を表示(合計108件)    1 | 2 | 3 | 4    [次のページ]  

この画面の説明