http://yamaiga.com/road/dd740/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.69点 / 投票回数 2208人)

8ページ中 1ページ目を表示(合計233件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
30,5552018-12-03 14:56:05/road/dd740/main6.html9
久しぶりに拝見せていただきました。「豊浜トンネル事故」は、記憶にあり、当時は、経済性優先で安いルートを選んでいたのだろう・・・と思っていました。あの事故をきっかけに海岸沿いのトンネルのルートが再検討されたのなら、それは良いことだと思います。宮城県のR113号線の小原付近でもそれに関連すると思われる対策が行われていたことを記憶しています。
 さて、「トンネルに入ってまもなく、今度は向って右側の壁に取り付けられている装置を見つけた。近寄ってみても、見覚えのない機械だった。」の機械・・・ですが、
 実物を見ないとわからないのですが、もしかして「ストレインゲージ」という「わずかな変位」を測るセンサーではないかな・・と思いました。真ん中にある材料の引っ張り試験用のサンプルみたいなのにも見えるし、なにか「変位」を測定してたのかも。ただ、場所的には「打ち継ぎ目」とかにつけるようなきもしますが、・・・
 ストレインゲージは変位が予想されるか所に張り付けて引っ張られると抵抗値が変わり・・・アンプか何かで増幅するんだっけかな?・・それを継続測定すれば、時間的な変位を観測できるというものですが、それにも見えました。・・学生の時実験で一寸だけ使ったことがありましたが、詳細は忘却の彼方です。
30,5542018-12-02 23:57:52/road/dd740/main6.html10
冷戦が終結してから北海道のインフラはショボくなるばかりなり。
30,4832018-11-23 14:00:53/road/dd740/main6.html10
最初、津波かとおもいきや、真坂野間海造が、おこなわれていたとはしりませんでした゜
30,3912018-11-14 17:30:34/road/dd740/main6.html10
真に知ろうとする者に、自らの本当の名前と出自を伝えた天狗トンネル。
男気に溢れ、痺れるほどカッコいい…
30,2172018-10-20 20:01:40/road/dd740/main6.html10
もっと読みたいと思わせるとても良い文章だと思います。
30,1962018-10-17 17:56:42/road/dd740/main6.html10
分かる人だけには分かる、深い深い現地調査。大変お疲れ様でした。これほど詳細な記録は一言では表現出来ないですね。自分ものめり込みながら夢中に読んでおりました。危険なところも多かったと思いますが、気を付けて下さいね。
29,9662018-09-12 17:34:02/road/dd740/main6.html10
見ていてお尻がムズムズしました… (高所恐怖症)
29,8222018-08-28 16:24:04/road/dd740/main6.html10
ひ…檜山…!

ひ、ひかるちゃん…!
29,7152018-08-14 16:00:49/road/dd740/main6.html9
未成道いいよね!
29,6052018-08-02 17:24:16/road/dd740/main6.html10
めっちゃ面白いですす!!!
29,5602018-07-28 13:34:27/road/dd740/main6.html10
【誤字レポ】トンネルの内壁に備えられた装置と言えば、消化器、非常電話などが思い浮かぶが、それらに必須の分かりやすい案内表示がなく、近寄ってみても見覚えのない機械であり、即座に正体は判明しなかった。→「消火器」

祝北海道進出。残すは中国・四国地方に九州…先は長いですね。期待してます。
29,1772018-06-17 13:10:08/road/dd740/main6.html10
おもしろかった。(小学生並の感想)
これからも頑張ってください。(小並感)
29,1752018-06-17 09:39:49/road/dd740/main6.html10
楽しく読ませていた
29,1742018-06-16 22:14:20/road/dd740/main6.html10
小さい時に北檜山に住んでいたので、記事が出ていてびっくりしました。すごく懐かしかったです。

29,1602018-06-15 04:11:18/road/dd740/main6.html9
机上調査がしっかりしている記事は読み応えも倍増しますね。ところで、最終回 18:17 《現在地》 の地図が 404 not found になりますよ ^^;
29,0772018-06-06 18:55:41/road/dd740/main6.html10
坑口が海に近く、長さもキロ単位の現トンネル、津波がきたら逃場がなくて相当に危険な気がしますが……
岩盤崩壊と津波と、発生頻度も考えて、これがベター(ベストでなくとも)という判断だったのでしょうかね。
幻のナトリウムネオン、息を呑む美しさです!
29,0472018-06-02 00:56:32/road/dd740/main6.html10
道民です。ついに北海道編!ありがとう!
29,0362018-05-30 18:01:41/road/dd740/main6.html10
感想の表現力に乏しいものですが、普通の^^;記事でも10つける読み応えがいつもあると思っている中
最後に近くの展開がすごかった、ナトリウムランプの幻想から津波波高に来てもう
10では足りず20は付けたい記事。
29,0342018-05-30 02:56:46/road/dd740/main6.html10
読み始めたら止まらず真夜中になってしまいました。とても面白かったです。ありがとうございます。
29,0212018-05-26 17:23:01/road/dd740/main6.html10
5回目の消化器に、クスッと吹いてしまいました・・
29,0202018-05-26 08:32:03/road/dd740/main6.html10
トラックドライバーをしています。いつも楽しく拝見させて頂いてます。北海道は道道111号など大物の未成道や廃道がまだ沢山あります。よっきれんさんの切り口でのレポートを見たいです。また北海道にいらして下さい。

同い年の釧路人
29,0172018-05-24 23:28:08/road/dd740/main6.html10
計画変更のなぞだった部分が明らかとなり、大変良いレポートになりましたね

面白かったです
29,0112018-05-23 23:38:38/road/dd740/main6.html10
やっぱり最初は尾花岬を目指した道だったんですね。そりゃそうだよなぁ、北海道の他の3つの端は観光地になっているんだもの。地元の人が北海道最西端を観光地にすることを目論まない訳がない。天気が良ければ奥尻島が見えて景観も良さそうだしね。
29,0102018-05-23 23:13:13/road/dd740/main6.html10
北成トンネル→太田トンネルへの計画変更(2回目の計画変更)ですが、
2004年の台風18号が接近した際に大森大橋の落橋もありましたが、
その南側にあった大橋覆道も海側に設置していた防波板の大半が破損しています。
太田覆道・天狗覆道も同様の危険性があると考えられたのではないでしょうか?
29,0052018-05-23 13:40:02/road/dd740/main6.html10
天狗トンネルの悲しい結末に感動です。
29,0042018-05-23 10:59:55/road/dd740/main6.html10
北海道は30年前に父親の車で行った家族旅行の思い出しかありませんが、運が悪くて舗装の張替えで国道が100キロぐらい砂利道になっていて、目的地までものすごく時間が掛かっていました。
29,0012018-05-22 22:07:53/road/dd740/main6.html10
トンネルは安全に山を越えてこそ。安全に越えられなければ今時のトンネルじゃないんだね。山道のどうしても道をつけられないとこだけ隧道にした一本松尾根の隧道みたいなのはもうできないんだろうな。
29,0002018-05-22 21:49:49/road/dd740/main6.html10
お疲れ様でした。
28,9992018-05-22 21:49:16/road/dd740/main6.html10
北海道新聞の写真データベースに「北成トンネルの大成区側の坑口」として天狗覆道が出てますね。

http://photodb.hokkaido-np.co.jp/detail/0020020559

更に2009/3/20の記事に付いていたと思しき太田トンネルの貫通式の写真も。

http://photodb.hokkaido-np.co.jp/detail/0010382117

記事もwebで見てみたかったですねぇ……

るくす
28,9982018-05-22 21:48:58/road/dd740/main6.html10
太田覆道に乗っかっている物を見れば、最終的な変更が必要なものだったと理解できます。

8ページ中 1ページ目を表示(合計233件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8    [次のページ]  

この画面の説明