http://yamaiga.com/road/hatouti/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.48点 / 投票回数 914人)

3ページ中 1ページ目を表示(合計72件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
35,6852020-09-03 14:25:00/road/hatouti/main5.html8
トリさん情報による追記部分で、読んでてちょっとわかりにくい所があったんですが

[露出している坑門の先端がなぜゴツゴツしているのかという疑問が残った]

[彼女たちは、坑門の材質を確かめるべく、まずは付着している苔をむいた! むきむき!]

[この坑門のコンクリート表面は平滑に加工されており、例えば落盤によって断ち切られた断面ではない。]

ということはつまり、坑門工の端面が本来は平滑であったものが、苔(と苔が抱え込んだ土等)が
コンクリート表面に付着・堆積していたために(探索当日のヨッキ氏の目には)
ゴツゴツして(断ち切られた断面であるかのように)見えたということなんでしょうかね?
(それを前提に見直すと、要石のように見える出っ張りの形状も、苔と堆積物の影響を受けているようにも見えます)。

上記のあたりに、ちょっとすんなり読み取りにくい違和感を覚えて引っ掛かりました。
すこし文体のネジを締め直して推敲していただけるとありがたいかなと思いますが、
まあ些細な事ですかね・・・。
35,6392020-08-29 16:45:46/road/hatouti/main5.html10
これは地元の文化財となり得る大発見なのでは。
すばらしい記事でした。今後の新情報にも期待。
35,3602020-07-29 16:59:24/road/hatouti/main5.html8
レポート第3回の 坑門前で撮ったTHETA全天球画像に
要石疑惑の突起がド真ん中に写ってるじゃありませんか
向かって右上の角が欠けていて 
破断面に砂利が露出しているように見えますね
少なくとも花崗岩の破断面はこうはならないですね
やっぱりコンクリート製なのかな
35,3522020-07-28 13:15:17/road/hatouti/main5.html8
トリさんが一緒に写っている坑門は、
ヨッキさんが撮った写真よりもずっと大きくみえてビックリしました。
一人探索だと比較対象物が得辛いのは如何ともしがたいですね。
だからといって標尺など持ち歩くのもなんか違う気もしますし・・・

ところで、いわゆるコンパネと呼ばれる合板が普及する以前の古いコンクリート構造物の
表面に模様を残していることが多い板を何と呼ぶべきかというのは難しい問題ですね。
現在では、意図的に板と木目の跡を作り出す型枠を「杉板本実型枠」と呼ぶことが多いのですが
コンパネの無かった当時の型枠に使われた板がすべて本実加工された「さね板」であったか?
また本実加工された板であっても当時の現場で実際に「さね板」と呼ばれていたかについては
まだ調査の余地があるかも知れません。

型枠を構成する部材の機能としては「堰板(せきいた)」とも呼ばれるのですがこれは現在の
コンパネを用いた場合も同様に堰板と言うので古い工法を特に指すものではありませんので
「杉板本実型枠」という言い方はこれらを区別するために
後から作られた言葉である可能性がありますので。

さね加工や類似の目的を持つ加工をされた板はコンクリート型枠以前から、
板張りの床板や壁板等にも使われていたのでそちらとの混乱も懸念されます。

とりあえずは、「杉板」とか「杉の堰板」とかのほうが無難なのかも。
35,3512020-07-28 12:01:51/road/hatouti/main5.html10
トリさんGJ! トリさんとの比較写真でやっと隧道の大きさが実感できました。
35,3502020-07-28 00:33:10/road/hatouti/main5.html10
トリさん流石すぎます…www
35,3482020-07-27 18:48:59/road/hatouti/main5.html9
途中の実板の表現は核板のほうが良いお思います
35,2502020-07-20 00:34:03/road/hatouti/main5.html10
本当に奇跡的な発見。それはそうと、民生用の金属探知機が数千円で買える時代になったので、導入してはいかがでしょう。鉄筋や鉄骨なら見つけられるかも。
35,1942020-07-17 12:50:08/road/hatouti/main5.html10
ゴタゴタが多く、遅れたり頓挫したり。
もしこの地に某鬼県令のような人物が居れば、道路地図は違ったものになっていたかも?
35,1902020-07-16 15:13:37/road/hatouti/main5.html10
古くから歴史に翻弄され続けた土地ゆえに住人達の思いも複雑なのかもしれませんね
35,1892020-07-16 15:06:49/road/hatouti/main5.html10
大作ですね。お疲れさまでした。
35,1882020-07-16 13:12:28/road/hatouti/main5.html8
廃止された隧道をコンクリートで覆工して物置?避難小屋?として使用していたけど、再び崩落したので棄てられた。て案はいかがでしょうか。
35,1872020-07-16 10:54:00/road/hatouti/main5.html8
手がかりが少ないので不完全燃焼はやむおえないですね。続く・・事を期待しております。
35,1862020-07-16 02:14:51/road/hatouti/main5.html10
謎を残したままのレポート、想像を掻き立てられて楽しいです!

隧道南側の道が未成であるということですが、実は通じていたのではないかと考えたりします。
隧道が3年間使われていながら、単なる徒歩道というのは、これまでの山行がを読んだ限りではあまりなさそうだからです。

また、当時どのような工事をしたのかわかりませんが、コンクリート巻きたてなどしているので搬入路も必要になりそうです。
清内路側から工事を進めたということも考えられますね。

清内路側の追加調査はもちろんですが、伊賀良側の追加調査をすると何かわかりそうにも思います。

もちろん、ヨッキさんはこれまでの経験からいろいろなことを考えておられるでしょうから、的外れなことを言っていたらスルーしてください。
35,1852020-07-16 01:16:12/road/hatouti/main5.html10
現鳩打隧道は"魁龍団"と同じ歳頃に歩いて通って、その狭さ暗さ素掘りの強烈な印象から自分が古隧道というものに興味を持ち
最終的にこの山行がに辿り着いたきっかけになった道だからこうして扱ってくれたことがとても嬉しい。
今の隧道が2代目だとは当然思わずそれも大正初期にこんな隧道掘るような立ち位置の道だとも思わず
地元のことだからよく分かるその調査力の高さに脱帽…
35,1842020-07-16 00:17:15/road/hatouti/main5.html10
見た目や風景や位置が、旧立倉隧道によく似ています。
今回は隧道の謎というより、巻き立ての謎に思えます。写真をよく見ると、型枠跡はありませんが、塗り区分けらしき線が見えるような。同時代の隧道に同様の施工を見ないのも逆にヒントでは。

有志なり予算なりで初代隧道が完成した後、崩落防止の意味で、地元の凄腕職人が無断無償で巻き上げた、という説を推したいと思います。
35,1832020-07-15 23:10:14/road/hatouti/main5.html10
勝手に考えたストーリー
大正トンネル貫通>石で坑門を作る前から通行>坑門工事&前後の道の工事開始>大正トンネル崩壊、坑門は作りかけで放棄>昭和の峠改良決定>大正トンネル修理&コンクリート覆工>大正トンネル再崩壊>昭和トンネルを1から作る
それにしても、清水峠、数坂トンネル、失敗した道の虚しさよ。
35,1822020-07-15 22:40:04/road/hatouti/main5.html10
08年の現隧道内の写真があったが素掘りの部分がある
現道が近年まで素掘りで旧道が全面コンクリートというのは考えづらい気がする
http://zuidou.blog31.fc2.com/blog-category-15.html
清内路から大平へのルート変遷がとても気になるので続編お待ちしてます
35,1812020-07-15 21:42:42/road/hatouti/main5.html7
そもそもの話になるが、この隧道の天井アーチはコンクリートの場所打ち施工なのだろうか?
型枠の板を当てていた痕もないこのようなつるつるの壁面となるには、
現在であれば鋼製の型枠や、型に合わせて薄い単板を曲げながら積層、接着した
曲面合板を使ったアール型枠による一体式の現場打ちコンクリートを想定しがちですが、
レポートで使われている画像を見た限りでは断言はできませんけれどもひょっとすると
表面はモルタルをコテで塗り付けて手作業で均した左官仕上げであるという事はないでしょうか?
可能性としては、現場打ちコンクリートのジャンカ(豆板)等の欠陥を隠すための
化粧モルタルが施されていたということはあり得そうですし、
実はモルタルの下に組積構造が隠されているという事もあり得ぬとは言い切れないのではないでしょうか。
35,1792020-07-15 18:59:15/road/hatouti/main5.html10
地味と思ったら謎が渦巻く展開.
流石はよっきれん,エラいものを探り当てましたね.
今後の進展が期待されます.
35,1742020-07-14 18:44:37/road/hatouti/main4.html7
北口跡地のV字谷そのものが、崩壊した随道なんじゃないかしら?
35,1692020-07-14 00:25:15/road/hatouti/main4.html8
覆工が無ければ南口もこんな感じの斜面どころか、地形的に疑定地すら怪しい状態だったんだろうな…
35,1672020-07-13 20:37:17/road/hatouti/main4.html9
遠い昔に逝った廃隧道。砂漠の砂に埋もれかけた古代遺跡のようですね。
最後の力で、我が存在を発見してもらったと言うことでしょうか
35,1662020-07-13 16:55:20/road/hatouti/main4.html10
その一帯は花崗岩地域なので山の表層部が深層風化を起こしてる可能性がありますね。
写真撮られていた林道の露頭もマサ化しているような感じに見えます。
せっかくの旧隧道もその餌食になってしまったのでしょうね...
35,1652020-07-13 16:06:07/road/hatouti/main4.html10
清内路への古道の探索報告もぜひ楽しみにしてます。というか、読者の関心を呼び起こすような書き方だから、もう探索はしてたりして?!
35,1632020-07-13 13:32:23/road/hatouti/main4.html10
読ませます!清内路への古道も是非探索お待ちしてます。そっちまで抜け出ないとあのトンネルを掘った本当の感覚を体得できない気がする。。
35,1622020-07-13 12:42:22/road/hatouti/main4.html6
第四回では初代隧道北口の安否はもちろん
帰路で二代目現役隧道の現状も詳しくレポートされるかと思いきや

>北口はまだ“知らない隧道”だったが、その原点となった非業の先代の遺物を自ら探し当て、
>同時に峠の高さを知ったいまの私には、
>これを完成させた関係者の捲土重来の欣舞のさまが、坑門の色の濃さとなって、
>深く深く刻まれているように感じられた。
>特に、平成の末期になって大きな崩壊があった際、もはや現代には不要と烙印されなかったことの底力は、
>峠を取り巻く何者かの想いの強さと無関係ではないはずだった。

などと情感たっぷりに主観を述べるばかりで
そのリアルな現状をほとんど語っていないのは正直言って肩透かしと言いますか…
たとえば 二代目北口坑門上の土被りが浅く あたかもアーチカルバートのように手前へ伸びている所に
初代隧道埋没の轍を踏まぬために 崩土を受け止めるマージンを確保する意図が有ったのではないか?
などと言った考察を加える余地がまだまだ有るように思えるのですが…
それこそ >これを完成させた関係者の捲土重来の欣舞 を迎える為の知恵を
現代に伝える実体を持ったメッセージであるのかも知れないのに
個人的な思い(ある意味妄想)に偏り過ぎているアンバランスを感じてしまいます
35,1602020-07-13 09:03:24/road/hatouti/main4.html9
机上調査に更なる期待!
35,1582020-07-12 12:24:08/road/hatouti/main4.html10
アッパレ!
35,1562020-07-12 10:24:54/road/hatouti/main4.html10
名古屋から高速バスで日帰りできそうですね。
もうすぐの夏休みにヨッキさんの足跡をたどりにに行きます。

3ページ中 1ページ目を表示(合計72件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  

この画面の説明