http://yamaiga.com/road/nippara6/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.49点 / 投票回数 1311人)

4ページ中 1ページ目を表示(合計110件)    1 | 2 | 3 | 4    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
28,6702018-04-24 09:13:20/road/nippara6/main3.html10
探索お疲れ様です。私もこの手の話題に目がないもので、こちらの赤い鉄塊の写真を見てどんな建造物だったのかワクワクしながら考察してましたよ。こういった歴史に忘れ去られた建造物ってホントにロマンがありますよね。私が住んでいる北海道にも廃道や廃墟がたくさんあるので、私も探索してみたくなりましたよ。機会があればぜひ北海道の探索にいらしてください。
24,8702017-02-08 23:21:05/road/nippara6/main3.html10
兎峯橋の片割れって、江戸道レポ「死したる鉄橋」ってきとはないですか。構造もそっくりですけど
22,9622016-06-09 04:16:22/road/nippara6/main3.html10
暇さえあれば、日原レポ見てますねー笑
ずっと東京住みなので、同じ都内という事でみてしまうのかもしれませんけど笑
そういえば、某煙道レポが見れなくなってしまい非常に悲しいです。
まぁ、場所が場所だけに仕方ないのかもしれませんが…
14,3522013-11-05 08:00:14/road/nippara6/main3.html7
ますますもって、兎峯橋の現役時代の勇姿(古写真)を見てみたい…。
トリさん、可愛い…。(笑)
14,1942013-10-16 03:04:58/road/nippara6/main3.html10
「平成19年に撮影した写真」の右手の木の根本の方にうつっているのは、橋の残り半分では?
14,0902013-10-06 21:32:57/road/nippara6/main3.html10
ツイッターに触発され、久々に兎峯橋レポを再拝見しました。日原探索編、大好きです!
兎峯橋、google mapにも写ってますね・・・橋のデカさがようやくわかりました。
もう検討済みかもしれませんが、map上の墜落現場から50メートルほど北東にも茶色い物体があるように見えるのですが、片割れではないですよね?
12,3502013-04-01 20:50:41/road/nippara6/main3.html10
丁寧な調査レポート、ありがとうございます。
歴史の真実を解き明かす展開に、感銘致しました。
哀れな姿になった鉄橋も、後世に知らせてもらい少しは救われたのでは ないでしょうか? 人間の一人として、欲にばかり走る生き方を問われた気がします・・・。  (熊吉)
10,3862012-08-11 23:56:35/road/nippara6/main3.html10
トリ氏かわいい
8,7642011-12-01 21:19:01/road/nippara6/main3.html10
こんばんは
人間って本当に傲慢ですね
造っておいて 不要になると ぽいっと捨てる…
風が強い日には 橋が泣いているような気までしました

それにしても 毎回 とても楽しく拝見しています
8,2322011-09-25 02:07:14/road/nippara6/main3.html5
文章による盛り上げはありましたが、全般的に淡々としたレポートでしたね。よって、評価点は5点(普通)。

あの岩だらけの場所でコンクリート製の親柱を見つけたのは、凄いと思います。
7,5692011-07-17 22:55:32/road/nippara6/main3.html8
一連の日原レポを読んで、まるで廃道のテーマパークのような日原に行きたくなってしまいました。でも、物見遊山の一般人が歩けるような甘い場所は少なそうですね・・・小菅集落へ続く小隧道ぐらいはくぐってみたいです。
7,4382011-07-01 11:43:18/road/nippara6/main3.html10
いつも楽しく拝見させていただいてます。兎峰橋の片割れなのですが、「第三次 日原古道探索 江戸道 第3回
」の時に川底に落ちて流されていた橋が、それではないでしょうか?
前に見たときに、「吊り橋の下がトラス橋」というのが変わっているなと思っていたので、今回の探索がもしやと思いました。
byかんちょ
7,3042011-06-11 17:11:13/road/nippara6/main3.html10
橋に対する供養と言うと大げさかもしれませんが、銘板だけでもどこかに保存してあげたい気がします。でも、橋本体と共に自然の中に残り続ける方がいいのかな・・・?
6,0822011-01-23 19:13:48/road/nippara6/main3.html8
久しぶりに山いが来たよ。
トリさん復活おめでとう!
6,0082011-01-15 17:16:48/road/nippara6/main3.html9
これは6月のイベントレポートの再掲だと思ったら、新発見があったのですね! 橋は無残な姿なのに、ピカピカの御影石製銘板が何とも言えません…。
5,9712011-01-06 22:18:04/road/nippara6/main3.html10
花巻の正より
5,7082010-12-12 09:13:17/road/nippara6/main3.html10
素晴らしい捜索と記述の正確さ面白さに
ただただ脱帽です。
これほどまで引き付ける管理人さんに敬意を表します。
益々のご発展、期待して居ります。
http://satoyamagenryu.web.fc2.com/
5,6022010-11-24 19:49:41/road/nippara6/main3.html10
今回も感動させていただきました。
日原シリーズ最高ぉぉぉ!!!
大杉レポもゾクっとしましたが、このシリーズはゾクゾクしっぱなしなチンさむレポ・・・

鉄部の腐食具合とは対象的に綺麗な銘板。
朽ちても尚死んではいないと語っているような・・・

そんな哀しさを物語っているような橋の上で手を振る
新たな征服者wwwwwトリ氏も最高!

5,5802010-11-21 23:13:03/road/nippara6/main3.html10
レポート中の橋の名称は「兎峰橋」だけど発見された銘板は「兎峯橋」ですな。
5,5432010-11-16 21:42:38/road/nippara6/main3.html8
怖いね〜、ぞーっとします。写真には比較できる者、物を入れてくれると更にに凄みと臨場感だでると思います。
撮影技術の向上を期待します。

怪我しないでください。次回を楽しみにしてます。

ぴよぴよ→ハンドルネーム
5,5082010-11-11 06:00:21/road/nippara6/main3.html10
思わず日原旧道のあの写真(例の狂ってる写真っス)待受画面にしちゃいました(笑)
まぁ、それくらいあの景色は一番強烈だったし・・・

でも、日原って何度見ても飽きないですねぇ〜
5,4562010-11-04 00:47:27/road/nippara6/main3.html9
(´Д`)ノ 昭和51年にオートバイで渡ったことがあります。(あるはずです?)全然記憶にも残っていませんが、こんなことになっているとは・・・。当時は高校2年生でした。アラハズカシ
5,4132010-10-30 19:53:22/road/nippara6/main3.html10
銘板&残り半分探しOFFは如何?
5,3192010-10-21 06:02:45/road/nippara6/main3.html9
悲痛な運命の橋ですね。それにしてももっとちゃんとした葬り方(?)はなかったのかと。その代わりに歴史の証人として現存しえているのかもしれませんが...
そういえばこの兎峰橋と吊り橋と、さほど離れていない(?)場所に2つも橋があるのはちょっと気になりました。あと、兎峰橋の規模に相応したであろう対岸の橋台や道は... 採掘されてしまったということですかね。
5,3152010-10-20 22:13:29/road/nippara6/main3.html8
過去にレポされた歴代の “日原みち” 達には
限られた技術力を知恵と労力で補うことで
天嶮の地に外界への戸口を開こうとした先人の
ひた向きな命の営みの痕跡が感じられて
心揺さぶられるものがありました。
この兎峰橋にも、そうした思いの残照が幽かに残されているようです。

しかし、無造作に削り取られた戸望岩の現状には
巨大な機械力を手に入れた戦後日本の高度成長が生み出した
不遜と暴虐の爪跡が有るばかりで
なんだかやるせない心持ちになりまっするナ。

現在の中国など新興国でも、こういう事が今まさに起きているのでしょうか。
5,3132010-10-20 13:59:09/road/nippara6/main3.html10
今回も感動です!!
親柱、それに銘板まであったとは。
橋の由来や現況も分かり易く、銘板の発見は、とてもドラマチックです。
トリさんもめちゃカッコイイです。
ヨッキさん、ありがとうです☆
5,3112010-10-20 13:23:59/road/nippara6/main3.html10
再訪お疲れ様です!
とり氏の写真で橋の大きさに驚きました。
緑に飲まれた橋の写真の美しさに思わず
PCの壁紙に設定してしまいましたw
5,3072010-10-19 23:12:25/road/nippara6/main3.html9
兎峰橋、ほんとにこんな橋があったんだ。せっかく立派な橋を造ったのにそれを壊す人間っていったい・・・。破壊による撤去というのは悲しすぎます。
5,3032010-10-19 19:45:45/road/nippara6/main3.html10
わんこと意思が通じるトリ氏、、、、うらやまし(笑)
5,3002010-10-19 13:17:42/road/nippara6/main3.html10
大変ショックを受けました。特に最後から2枚目の写真。あと半分は右の瓦礫の中なんでしょうね。
爆破処分ですか。規模が大きければ大きいほどショックですなぁ。ものすごい音がしたんでしょうねぇ。橋の断末魔と言うか。
親柱に感動しました。未だに自らを主張していますね。さぞ悔しかったんでしょう。

トリさんの元気な姿も良かったです。
事故や怪我に注意してください。

私、もしかしたら橋好きかも。
横浜:なまちゃん。

4ページ中 1ページ目を表示(合計110件)    1 | 2 | 3 | 4    [次のページ]  

この画面の説明