http://yamaiga.com/road/oochiyo/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.74点 / 投票回数 3524人)

15ページ中 1ページ目を表示(合計422件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 ... 15    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
30,6402018-12-14 12:25:50/road/oochiyo/main11.html10
以下、夢ですので。公開はお任せします。
通行止めを無視して入り込むようなことは、この青ヶ島に来る前には決してやらなかったのだが、緻細な「マニュアル」があったことで好奇心から飛び込んだ。結果コンクリ階段の2区画を下りたとこで藪が重なり戻ったのだが、進むより戻るときに恐怖が自分を覆った。わずかな段数の階段に手をつき、さながら四足歩行の生き物のように。時刻は14:20。「マニュアル」は早朝であったが日が西に隠れ港上部は影。いくらか気持ちにも陰りがあった。それでも青ヶ島をしゃぶりつくすには貴重な体験となった。感謝。
30,5592018-12-04 03:16:08/road/oochiyo/main11.html10
ヘルメットを装着して下さい。
30,2392018-10-22 00:30:25/road/oochiyo/main11.html10
崩落事故については当時の読売新聞(1994.09.28 東京夕刊 15頁)にあり、郵便局長・郵便局員・郵便局のATM修理に島に来ていた3名が巻き込まれたそうです。
30,1482018-10-10 16:24:50/road/oochiyo/main11.html10
仕事中にこちらのサイトを見つけ、全く仕事に手がつかない状態になり、自分の胸が震えるのを止められませんでした。本当に素晴らしい!
30,0342018-09-21 22:17:33/road/oochiyo/main11.html10
熱すぎます。何か涙のようなものが溢れ落ちました。
29,9652018-09-12 16:48:13/road/oochiyo/main11.html9
みずのわ出版「宮本常一離島論集第四巻 馬毛島・青ヶ島のその後」に、少しだけ大千代港構想の記述がありました。

宮本常一が昭和41年(1966年)7月27〜28日に青ヶ島を訪問、それについての記事になります。
『ところで三宝港の利用できる程度の日は一年に三〇日しかない。もし東岸を利用すれば五〇日可能になり、両者合すれば八〇日になる。しかし東岸には港がない。が奥山村長によれば東岸の大千代というところに長さ四五メートル幅二五メートルの岩礁が海中につき出ており、これをコンクリートでかためれば、突堤として利用できるという。そこから休戸まで道をつけるのが難工事だが、不可能ではないという。(P.93)』

また、訪問したときの船上から写した三宝港の写真もあります。コンクリートで固めた坂道に漁船が引き上げられています。
ご参考までに。
29,8592018-08-31 02:49:37/road/oochiyo/main11.html10
最高にエキサイティングで面白く、時間の経つのを忘れ最後迄読了しました。素晴らしいの一言です。
飽くなき探究心と観察と分析、そしてユーモアーに溢れる語り口は読者を飽きさせない。恐るべし青ヶ島!私も行ってみたいと強く思いました。
29,7262018-08-15 16:20:34/road/oochiyo/main11.html10
もう冒頭のharada氏による空撮を見たとたん股間がザワッとした。よくこんなとこに挑もうと思ったね。
それだけに到達したときの感動は想像だにできないくらいだったろう。
誰かも書いてたけど5本の指に入るレポートだと思う。
29,4992018-07-19 16:31:20/road/oochiyo/main11.html10
2018/07/19のNHKあさイチで青ヶ島の特集が放送されました。オオっ!とうなりながら、見ておりました。
漁船が宙を吊られて三宝港の上に収納されるシーンもありました。ドキドキしましたです。
29,1702018-06-16 10:17:58/road/oochiyo/main11.html10
わたしも青ヶ島の魅力に惹かれて一度だけ訪れたことがあり、その当時を思い出しながらかつてないほどに楽しく読ませていただきました。大千代港のことはとても気になりながらも計画や供用について分からないことばかりだったので解説編がとてもありがたかったです。
余談ですが自分が宿泊したミマツヤのレリーフマップがしれっと登場していたのに驚きました。トンネルが描かれていたなんて……!
29,1022018-06-08 03:51:27/road/oochiyo/main11.html10
(´Д`)ノ おもしろかったのですが、産業らしい産業も無いこんな小人口の島に対して予算の面だけで考えると「なんだかなぁ」という思いだけが先行してしまいます。
29,0382018-05-30 20:12:05/road/oochiyo/main11.html10
ヤフーニュースで青ヶ島村のずさんな公共事業で叩かれてますね。もうダメでしょうね。
29,0352018-05-30 15:04:24/road/oochiyo/main11.html10
ゼンリンのいつもナビでは索道が載っています。
https://www.its-mo.com/z-116833037-503219649-18.htm
29,0182018-05-25 01:14:12/road/oochiyo/main11.html10
素晴らしいレポートでした。インターネットのある時代に生まれて良かった。感謝。
28,9772018-05-20 09:46:02/road/oochiyo/main11.html10
東京の離島の話を読んでいたのに最後に富山の山奥の話が出てきて富山県民としては非常に驚きでした。
ところで最近利賀のダム周辺に道路ができたような記事を見たような気がするので、利賀再訪なんかも期待しております。
28,7032018-05-01 20:30:30/road/oochiyo/main11.html10
THETAは便利だなぁ
28,6852018-04-27 12:58:28/road/oochiyo/main11.html10
今回はかなり危険な案件だったと感じました。無事生還ご苦労様です。私も離島好きですが、ここまで過酷な条件に住むことや、このような大規模な工事を仕掛けることが、はたしてどの位意味があることなのか、大自然に対して、ただ無謀を働いているだけなのでは無いか、まで考えてしまいました。でも一度は行ってみたいですね、青ヶ島へ。(釣りをしますが、大千代港までは行かない(行けない)と思います。)
28,6722018-04-24 21:29:34/road/oochiyo/main11.html10
冒険家!すなわちアヴェンタドール! 
なんて孤独感と躍動感 緊迫感 悲壮感 そして葬会館のあるレポでしょうか!
もうヨッキさんの同業ライバルはいなくなってしまった…?
28,6532018-04-20 16:52:08/road/oochiyo/main11.html10
面白かった。戦いの歴史
28,6492018-04-20 08:19:32/road/oochiyo/main11.html10
第二次世界大戦の「ダンケルクの大撤退」のとき、まさに大千代港のような漁港に仮設の桟橋を設けて撤退しようとしていました(実際は徴用された小型船を使用しましたが・・・)その100m以上かと思われる侵食された、ほぼ垂直の崖。粗い網のような縄梯子で上り下りしていました。かえって、その方が安全に思われる極限の地なのですね
28,6372018-04-19 16:33:19/road/oochiyo/main11.html10
いつも楽しく見させて頂いています!膨大なレポートの中でも5本の指に入る探索、冒険と感じます!最高です!これからもお体に気を付けて、最高の探索を期待しています!
28,6042018-04-17 09:45:52/road/oochiyo/main11.html10
ヨッキさんは、もはやオブローダーじゃなくて冒険家と名乗ってもいいんじゃないかという気さえしてきます。
28,6002018-04-17 01:22:39/road/oochiyo/main11.html10
興味はあるけど容易く行けない青ヶ島のネタだったので更新をいつも楽しみにしてました
とても充実した内容でおもしろかったです。あごが上がるの図で爆笑したw

青ヶ島シリーズに限らずですが山行がさんは、自分だったら行けない場所、見られない風景や
知り得ない歴史や逸話を見せてくれる事にとても感謝しています
本当にありがとうございます
今後も怪我や遭難等に気をつけて活動を続けて下さい
28,5972018-04-17 00:49:51/road/oochiyo/main11.html10
ありがとうございました。お疲れさまでした!
28,5832018-04-16 01:38:13/road/oochiyo/main11.html10
発売されているゼンリンの青ヶ島村の住宅地図に大千代港への階段が鮮明に描かれておりこの道路レポートのことを鮮明に思い出しました。
28,5592018-04-15 00:12:17/road/oochiyo/main11.html10
ロマンだ、伴侶が島に行きたいと話し始めました。宝島やモンテクリスト伯を読んだ時の様な胸の高まりをかんじます。
28,5362018-04-13 12:54:42/road/oochiyo/main11.html10
大千代港への取り付け道路の車道としての最後の部分は車が何台か駐車できるようになっていたのでしょうか、それとも海岸まで車道を作るつもりでぶつ切り状態だったのでしょうか。
28,5282018-04-12 17:53:27/road/oochiyo/main11.html10
>>建設局では、今後、大千代港の就航率の状況を見てから検討するというように考えているようでございますが、当局では、まず港湾の整備を先に進めていきたいと考えております。
出た!需要がある証拠が示されたら作ってやる理論
昭和時代とはいえ50年代に船で離島に着いたら登山しろだなんて酷すぎる
つまり建設局は大千代トンネルを作る気が無かったのな
部外者は島に入るのにまず登山
島民は島に帰ったら家へ帰る前に登山
登山しないと使えない港を進んで使いたいと思う人がいるだろうか
そんな港の需要はやむを得ない場合以外だとどの程度だろうか
28,5262018-04-12 16:35:49/road/oochiyo/main11.html10
この領域になると、もう趣味の世界を超えて、「廃道学」という学問ですね。道の作られる状況、廃れる経過、その背景、歴史を現地調査し考察する。新しい社会科学と言っても過言ではないと思います。ヨッキれんさんは廃道界のカリスマであるとともに廃道学の教授です。尊敬します。
28,5072018-04-11 01:51:39/road/oochiyo/main11.html10
つい先日、居住地沖縄に在する南大東島の避難港完成の報に触れたばかりということもあり、文末のぶち抜き構想には度肝を抜かれました。

南大東は四半世紀をかけて地盤を掘りぬいた壮大な力業の産物ですが、強固な石灰岩質だからこそ実現できたもので、軟弱な火山性の地盤を掘りぬこうという青ヶ島の構想には戦慄するばかりです。

15ページ中 1ページ目を表示(合計422件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 ... 15    [次のページ]  

この画面の説明