http://yamaiga.com/road/shimizu2/ の公開中コメント一覧

(平均点 2.31点 / 投票回数 1098人)

3ページ中 1ページ目を表示(合計88件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
30,9882019-02-05 14:37:03/road/shimizu2/main12.html10
今回で3回拝読させていただきました。一本松尾根にかかわる件は私なりにコメントさせていただきました。
御一読していただければ幸いです。H・M
30,5622018-12-04 22:38:56/road/shimizu2/main12.html10
序1の写真の件。オカルトも好きな私はあーでもないこーでもないとシミュクラ現象を駆使した結果、曇り空と木の葉にて構成される女子っぽいものをようやく見つけたのですが、あっていますかね。
和服女子が6人固まってキャピキャピしてるの図を妄想した私がバカでした。

こんなことより、(取って付けたように)何度読んでも素晴らしい。飽きる事がありません。まるで一緒に旅をしているかのような錯覚に陥ります。
道中の写真もさることながら、凛と立つ夜の鉄塔が頼もしくも美しい。
29,9042018-09-05 19:20:59/road/shimizu2/main12.html10
清水国道と万世大路、それに大千代港の記事が、ヨッキさんのレポ中一番のお気に入りです。
29,8572018-08-30 22:04:13/road/shimizu2/main12.html9
以前に、朝日岳―清水峠―蓬峠は何度か歩きましたが、近くにこんな廃道があると。清水峠の謎の溝の成因もわかりました。
本谷の橋台が残っているのは、沢の傾斜が緩かで冬は雪に埋もれてるからかもしれません。一本松沢の方は沢筋が急なので、雪崩にやられたのかも。
29,1472018-06-14 02:49:34/road/shimizu2/main12.html10
(´Д`)ノ オツカレサマデシタ 隧道探索編を読んでからコメント入れたいと思いマス。もう一度オツカレサマデシター
28,5142018-04-11 20:56:28/road/shimizu2/main12.html10
序1の下から4枚目の画像、私にはどうみても女の子ばかりが6人居るように見えます。
私には霊感はないし、むしろオカルト大嫌いな質ですが、
明らかに登山スタイルでない若い女性が6人見えてしまう。
気持ち悪い事書いてすみません。
27,3692017-12-13 23:18:03/road/shimizu2/main12.html10
最高でした。面白かったです。
26,1682017-07-30 07:44:20/road/shimizu2/main12.html10
いやー、面白かった!
怪我に気をつけて、これからも楽しいレポートを期待してます!
しかし、何度見てもアレはやはり隧道に見えてしまう…(*´Д`*)
25,9502017-06-29 21:58:05/road/shimizu2/main12.html10
とっても面白かったです。国道最高。
24,3912016-12-14 17:58:32/road/shimizu2/main12.html10
最新の地理院地図をみたところ、上の分岐〜下の分岐の部分は点線も削除されてしまったようですね。
このレポが反映されたとか(笑)
23,7452016-09-19 21:24:56/road/shimizu2/main12.html10
とても面白かったです。一般道で峠を越える車道は未だに1本だけですのでこちらも車道として再整備されるといいですね。
21,7072016-02-02 02:28:36/road/shimizu2/main12.html10
最初は興味本位で、軽い気持ちで読んでいました。
いつのまにか引き込まれて、次の展開にハラハラしながら読ませて頂きました。電車や車では何十回と往来した上越国境に、明治初期から現在まで続くこんな壮絶で壮大なロマンとドラマがあったことをここに来て初めて知りました。2晩かけて清水国道記事の全編、隧道の謎編まですべて読ませて頂きました。
私も道路が好きだったつもりですが、そこに執念を燃やしてきた方々との思いの圧倒的な差に愕然ともしました。
それを造った人たちやそこを通行してゆく人たちの思いなど、さまざまな人たちの思いを載せるために、道路は存在しているのだと強く感じさせられました。
これからはもっと大切に道路を走ろうと思います。
それに気付かせて下さったことに御礼を申し上げます。ありがとうございました。
20,6742015-11-17 10:19:22/road/shimizu2/main12.html10
 最初から最後迄読み通しました。平日の合間のみの“読書”だったので一週間程掛かりましたが、文書量と内容 特に復讐編から終章に架けては冒険潭の様な浪漫を感じ胸が一杯になり私も山へ出掛けたくなりました(せいぜい裏山ですが...)。挿入されている山や谷の景観は説明が無ければ一ノ倉沢とまではいかなくとも直前のマチガ沢辺りと区別が付かず、一帯の条件の厳しさが理解できます。私も以前一ノ倉沢の麓迄興味本位で出掛けた事があるのでその先の登山道にも興味を惹かれます。登山国道として甲子峠と 廃道国道として八百津峡谷と条件が揃っていますが、高貴な方々や戦国部隊も活用した由緒迄兼ね備える比類の無さに新種の発見同様の驚きを覚えます。又相方様の人柄は大変興味深く、登場の折にはついつい何かを期待していました。
20,4032015-10-19 20:24:32/road/shimizu2/main12.html10
レポートをされているので、無事なのはわかりますが、読んでいる途中本当に怖かったです。股間がキューっとなりましたw
20,1192015-09-22 15:38:06/road/shimizu2/main12.html10
前編と併せて素晴らしいレポートでした。実は、この週末、群馬側の旧国道を辿って途中から蓬峠に上がって一夜の宿を求め、谷川岳の稜線を周遊する小さな山旅を楽しんできました。鮮やかな国境稜線の景色もさることながら、一の倉沢から白樺避難小屋先までの美しい峠道と、その先に清水峠に続く遥かな道形が強く印象に残ります。もう少し秋が深まって静かになったら今度は清水峠を訪ねたいと思います。
19,1462015-06-14 20:11:57/road/shimizu2/main12.html10
清水国道、面白い、私の感覚では今まで見たレポートの中では最高ランク、「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」なんて言葉がこの道にはある。
18,0222015-02-24 00:03:06/road/shimizu2/main12.html10
無事に帰って来れて本当によかった。しかし同い年?だとは。笑
18,0092015-02-22 02:11:31/road/shimizu2/main12.html10
清水国道新潟部分の踏破、すごすぎます!
本谷の徒渉箇所に立って下流方向を一望してみたいな。
16,9272014-09-27 23:23:45/road/shimizu2/main12.html10
足の痛いのは辛かったろうなぁ。
16,3802014-07-30 02:49:56/road/shimizu2/main12.html10
非常に興味深く拝見させていただきました。どうもありがとうございます。
先ほど、国土地理院の電子国土webで踏破された部分の地形図を見たところ、国道291号線が地図から消えているのですが、これは正式に国道ではなくなったということなのでしょうか?
16,0822014-06-30 12:10:20/road/shimizu2/main12.html10
ヤバイっす(;´д`)
15,8732014-06-08 10:19:45/road/shimizu2/main12.html10
国道であるのに踏破がこんなに難しいとは思いませんでした。
15,7772014-05-16 10:07:02/road/shimizu2/main12.html10
素晴らしい!
15,4352014-04-13 20:18:10/road/shimizu2/main12.html10
今までのレポートで一番ハラハラしました。
本当に素晴らしいレポートをありがとうございました!
隧道はきっとあると思います!
15,3702014-04-05 18:15:44/road/shimizu2/main12.html10
今日、改めて拝見しました。目的地からの帰途にいかに当時の思いが込められていたように思います。日本の背骨の制覇、本当にご苦労様でした。
14,9092014-01-19 20:56:36/road/shimizu2/main12.html10
リベンジ達成、おめでとうございます。それから、よく無事に生還しましたね!!
14,5122013-11-17 00:25:56/road/shimizu2/main12.html10
感動しました!すごい!
12,9352013-06-09 19:35:04/road/shimizu2/main12.html10
道が見つからなかった区間は山全体が滑り落ちてしまった様に思えた。そう思ってみると境界のズレの様に見える個所があったりして・・・旧街道の横向きになった木がどの様な漢字かは、旧三国峠の山城跡で理解しているつもりです。40年近く前の事で、それ程ひどくなかったですが・・・
12,8542013-06-02 04:39:43/road/shimizu2/main12.html10
「酷道」つながりでこのサイトにやってきました。明治初めに清水峠越えの道路が建設され、ほどなく廃道になったことは、「日本百名山」の谷川岳の項を読んで知っていましたが、登山道ですらない新潟側を歩いた方がいたとは驚きです。文章、写真、説明図とも行き届いて、かつ、おもしろく、深夜に一挙に読んでしまいました。ときどき地形図とコンパスで郊外の低山の名もなき道を歩いているのですが、藪と崖にはばまれ撤退することばかりで、お二人の奮闘振りには頭が下がるというか、敬意と憧れを抱きました。すばらしかったです。
12,2722013-03-27 15:04:48/road/shimizu2/main12.html10
これまでにもいろいろ読ませていただきましたが、やっぱりこれが一番です。

3ページ中 1ページ目を表示(合計88件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  

この画面の説明