http://yamaiga.com/road/shimizu3/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.49点 / 投票回数 2782人)

9ページ中 1ページ目を表示(合計257件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
32,5302019-08-22 15:19:32/road/shimizu3/main5.html10
実は、群馬側からMTBで清水峠を走破した方のyoutube動画を見た後、新潟側もどうしてもみたくなり、それで検索してこちらを発見し、第二次からを一気に読ませて頂きました。
本当に興味深かったです。面白かった。
実際に行かれたのは想像を絶する大変さだったのだろうと思います。
そして、改めて思いましたね。
この清水国道・・・ホントに誰か一大プロジェクトとして、藪狩りして復活させてくれないかな・・・と。
現実的ではないのでしょうけどね。
31,8992019-06-04 14:39:54/road/shimizu3/main5.html10
>みなさまはどう思いますか?
私は坑門の石だと確信しておりますよ
お二人はあの雪の中の過酷な環境でそうとは知らぬまま、127年前に生まれた隧道の存在の記憶だけでなく、それを巻き立てていた石、確かな実物そのものも手にしていたのだと
31,5132019-04-11 18:48:30/road/shimizu3/main5.html10
酷道探索(オブローダー)という肩書きに凄く魅力を感じた一連の国道291号線のレポートでした。
自分も色んなものが落ち着いたら、オブローダーに是非なりたいです!
30,4032018-11-16 22:37:16/road/shimizu3/main5.html10
いつも土合駅から谷川岳へ登るときに分断された国道が気になってました。
点線国道なので登山道だと思い込んでたのですが、まさかこんな酷い道だったとは…
29,7092018-08-13 21:21:12/road/shimizu3/main5.html10
歴史研究に勝るとも劣らない綿密な史料調査と現地調査、素晴らしいです!
29,3442018-07-05 14:09:08/road/shimizu3/main5.html10
よっきれんはそこまでやるか、という思いで読み通しました。また、この険しい地形を切り開いた人たち誇らしげな想いと、すぐに廃道になってしまった無念さが
感じられました。
29,1722018-06-16 17:21:54/road/shimizu3/main5.html10
(´Д`)ノ 苦悩と挫折の3回に渡る現地調査の末に勝ち取った栄光!私もシロウトながらトンネルは有ると確信していただけに、胸のすく思いです。勝手な事を書く様ですが、この一連の探索に依ってヨッキれんさんご自身が更に一回りも二回りも大きくなられたのではないかと想像しています。
29,0072018-05-23 17:30:49/road/shimizu3/main5.html10
「絶滅寸前の情報をネットに放流」
感動しました
27,6572018-01-16 02:16:48/road/shimizu3/main5.html9
雪の中からの生還お疲れ様でした。
平日なのに読まずにはいられませんでした。
26,7812017-10-01 19:24:14/road/shimizu3/main5.html10
一気に読み通しました。素晴らしいレポート。臨場感も凄い。
25,9432017-06-28 21:30:59/road/shimizu3/main5.html10
・・・ナマハゲや。廃道のナマハゲや。
「廃道はいねがー」
「廃隧道はいねがー」
25,9072017-06-25 02:06:20/road/shimizu3/main5.html10
新聞社のネット記事で清水国道を知り行き当たりました。
幾度にもわたる挑戦だけでなく、多くの資料を当たっての検証まであり、読み応えばっちりでたいへん素敵でした。お疲れさまでした
25,9012017-06-24 11:33:41/road/shimizu3/main5.html10
素晴らしい! 
25,5612017-04-29 18:01:00/road/shimizu3/main5.html10
読んだのはこれで3回目です。
いつ見ても素晴らしいレポートですね。
色々気になるところはありますが、面白かったです。
25,1832017-03-12 22:48:09/road/shimizu3/main5.html10
感動しました。これはまさに一級のドキュメンタリーです。
直接現地に足を運び、疑問点がなくなるまで徹底的に追求する姿はまさに探求者です。素直に尊敬します。

24,5552017-01-01 05:22:31/road/shimizu3/main5.html10
トビミケです。高校、大学と房総の山も歩きましたが、谷川岳にはそれ以上に通いました。
24,1612016-11-09 15:43:30/road/shimizu3/main5.html10
六日町出身者です。
途中で途切れる国道291号のことは気になっていましたが上京後は気にせず生活していましたが50歳を迎えてこの疑問を教えていただけたことに感謝します。
最近、山に行くようになったので時間を見つけて清水から山に入ってみようと思います。
24,0552016-10-11 17:02:50/road/shimizu3/main5.html10
このレポートの最終ページ、「どうにもならない、こんな岩と土のミッチミッチ空間だった。

しかもひとつひとつの岩が大きく、手をかけてもビクリとしなかった。」のキャプションが付いている画像ですが、そこに映っている岩は人工的に加工されたような形で、私にはどうにも隧道のアーチ部分にしか見えません。
みなさまはどう思いますか?
22,8302016-05-20 20:21:03/road/shimizu3/main5.html10
新潟県に属せる→新潟県に属する
22,5832016-05-01 02:27:50/road/shimizu3/main5.html10
清水峠の最初から読ませて貰いました。2時間くらいかかりましたが、時間をかけるだけのことはありました。ありがとうございました。
21,9812016-02-24 17:47:26/road/shimizu3/main5.html10
先人たちの苦労が手に取るようにわかるレポートだった。
21,8942016-02-16 18:06:46/road/shimizu3/main5.html9
黒字で書かれた旧国道というのはいったい???
21,8342016-02-14 03:27:16/road/shimizu3/main5.html10
酷道にはまり、よごれん様のサイトを見た後、
廃道からたどり着きました。

はらはらしながら、一気読みw

ありがとうございましたw
21,6372016-01-29 16:50:33/road/shimizu3/main5.html7
「遂道」は部首を省略しただけではないでしょうか。
「隧」は、「遂」に、こざと偏(小郷偏)を加えることで意味を付け加えた漢字ですし。「隧」は画数が多くて書くのが大変でしょう。
本来は「國」である字(現在の「国」は造り替えられた字で本来は間違え)も、くにがまえ(国構え)に「王」で書かれていますし。

こういった表記を「誤りだ」と言ったり侮蔑したりする気質は、学校教育によりいわゆる「教科書的」に「×をつける」、永きに亘る中央集権的国家社会化の風潮によるものでしょう。
21,1812015-12-26 19:09:09/road/shimizu3/main5.html10
この幻の旧道も宜しくお願いしますw
21,0852015-12-18 21:27:07/road/shimizu3/main5.html10
じゃあぁぁ、もっかいいっとく?確認しにく?w

そぉれ!
21,0762015-12-17 19:04:47/road/shimizu3/main5.html10
すげえ!確認おめ,てかこっちもすげーすっきりした。
昔は漢字遣いは今よりずっと自由度高かったので遂道が単なるミスなのか即断はできないっすね〜。
21,0752015-12-17 13:07:35/road/shimizu3/main5.html10
先日関越トンネルを走る機会があり、その際にカーナビで三国峠の隣に南北に走るように見えるも通行止めの表示がある国道291号に興味を持ち検索して当サイトに出会いました。
重厚な踏破レポートを一気に読了すると、最後はなんと一昨日の更新になっており、自分の為に情報を用意してくれたのか(自意識過剰)と驚きました。
これからも酷道調査頑張ってください。
21,0732015-12-16 21:08:04/road/shimizu3/main5.html10
国道291号を車道として整備するのは第2の塩那道路になるので現実的ではない。
私の県では長門峡遊歩道を県道として整備している。
ここも国道として登山道を整備出来ないのだろうか。死者も出ているのに。
21,0722015-12-16 21:03:01/road/shimizu3/main5.html10
明治日本の史跡として発掘・復元がなされませんかね。

9ページ中 1ページ目を表示(合計257件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9    [次のページ]  

この画面の説明