http://yamaiga.com/road/wpr230/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.44点 / 投票回数 534人)

2ページ中 1ページ目を表示(合計53件)    1 | 2    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
27,1752017-11-22 02:15:57/road/wpr230/main3.html8
ttps://plaza.rakuten.co.jp/kumotori/diary/201005070000/

相賀八幡神社内にある開通記念は
カジアゲ峠〜新宮市佐野へ抜けるルートの開通記念の可能性あり
(ブログ投稿者の憶測なのか、裏に書いてたかは不明)
27,1162017-11-10 09:40:48/road/wpr230/main3.html10
広報資料で「3分短縮(それも赤文字で強調)」とか言われると何のための工事だよ!とか思ってしまうけれど
(偶然かもしれないが)土砂崩れによる現道流失を未然に防いだ成功の事業だったんですねぇ。
このレポートを全部読んだ後で区長のコメントをみるとグッときました。
26,9792017-10-21 22:37:05/road/wpr230/main3.html10
和歌山県民として、色々な思いで拝見しました。
悔しいけど、自然には勝てません。
26,8642017-10-13 08:09:40/road/wpr230/main3.html10
こちらのページの地理院写真によると、まだ廃道となって間もない頃のらしい航空写真が見られますので、余計かもしれませんが参考までに…
ttp://user.numazu-ct.ac.jp/~tsato/webmap/map/gmap.html?ll=34.446976,132.397467&z=17&data=history&t=h&vm=y&vo=y
26,8252017-10-07 11:20:56/road/wpr230/main3.html9
記念碑出てくるといいですねー
26,8082017-10-05 00:20:24/road/wpr230/main3.html10
ええ話や
26,8012017-10-04 12:57:52/road/wpr230/main3.html10
台風の時に避難所になった高田交流センターが、もしかしたら役場の跡地転用かなぁ……なんて思いながらストリートビューで周りを見回したところ、道を挟んだ反対側になにやら見えますねぇ……

https://goo.gl/Xy1eDb

ただ、地図の役場記号と離れすぎてるのと、現道から高低差あり過ぎるので、コレは関係ないっぽいですかねぇ……
26,7982017-10-03 22:57:12/road/wpr230/main3.html9
GoogleMapで見たところ、小学校・福祉施設の右手の小さな公園の入口脇に、小さな小さな石碑がありますね。でも小さすぎるし新しそう。。。
航空写真を見ると、現在杉の郷えぼし寮(1996年開設らしい)のある敷地に校舎と運動場があって、その北側に現存の木造建物が見えるので、やはり木造建物は村役場跡ではないでしょうか。地図記号の位置関係とも一致しますし。ただそうなると、えぼし寮の建築に伴って石碑も撤去されてたりしそうですが。
26,7962017-10-03 17:05:00/road/wpr230/main3.html5
トップページの「追記」をクリックするとこのページが読み込まれますが、ページ読み込み完了後の先頭位置が「そして締めくくりには、高田地区区長(officeで見たような人物)による、「夢のような喜び」「高田地区の夜明け」といった大絶賛のコメントあり。」の部分になります。(笑)
「追記」の先頭位置を探すだけでも一苦労です。

※読み込み中にページが上下して、最終的に上記の位置になる。(使用ブラウザはIE11)
26,7932017-10-03 12:08:48/road/wpr230/main3.html10
10点!
26,7922017-10-03 10:19:34/road/wpr230/main3.html10
もしかしたら碑が別の場所から境内に移された可能性もあるのではないでしょうか
神社が今で言う公民館的な役割を持っていたかも知れませんしね
ヨーロッパなどでは教会がそのような立ち位置だったそうです
26,7862017-10-02 09:07:37/road/wpr230/main3.html10
石の積み方・形・使っている石の種別で年代がわかるそですすね。ヨッキレンさんの考察もそちら方面に広がる気配が・・・地域振興のためのトンネルが地域の孤立化を防いだのかもしれませんね
26,7762017-09-29 23:26:45/road/wpr230/main3.html8
私の地元だと、林鉄跡を車道化したところが崩れて林鉄時代の石垣が出たことがあります。
26,7742017-09-29 15:30:04/road/wpr230/main3.html10
S28.S33の地図では、高田隧道がほぼ東西方向に描かれれているのと、隧道の高田側の道路がクランク状に描かれているのが現在の地図と比べて
ずいぶん違うなと感じた。

26,7682017-09-27 12:39:38/road/wpr230/main3.html10
中編16:59で差し掛かった辺りに、山側へ分かれる点線道がありますがこれが旧旧道…という話ではなく…?明治の地図から存在しており、当時は峠道が、と言及していたのでこの行き止まりの点線道の正体が気になりました。
26,7652017-09-26 20:52:03/road/wpr230/main3.html9
ここだけだと思う蛍橋もったいないな
でも移動も不可能なのでこのまま朽ちて
消えるしかないのか
26,7622017-09-26 10:31:52/road/wpr230/main3.html9
堅牢な古い石垣の出現すごいです。石垣を積んだ職人さん達の仕事の良さが分かる様です。しかし、この地域へ数年ごとに行くのですが、国道168号線を通る度に高規格道路へと生まれ変わっていて、このお言葉 (しかし維持されず廃道になったものも数多い) を考えるに維持費がとんでもない事になってるんじゃないかと心配になります。しょっちゅう土砂崩れで通行止めになっていますし・・・
26,7612017-09-26 09:52:17/road/wpr230/main3.html10
懐かしい〜。ここによく泳ぎに行った思い出があるな。
その時、旧道は現役でした。
26,7602017-09-26 04:03:51/road/wpr230/main3.html10
区長のコメントがいいね
26,7592017-09-26 00:27:37/road/wpr230/main3.html8
明治以前の道すごいなー
こんな道を頼りにどんな生活をしていたのか
しかし「荷車の通せざる里道」が後のトンネル付近から
ものすごい等高線密集地帯を直登してるところは
どんな道だったのだろう
何かの間違いなのだろうか
26,7582017-09-25 23:02:16/road/wpr230/main3.html10
R418達原廃道より酷いかも・・・。但し達原は完全に路盤が流されているので、高巻き(但し約2mあるコンクリート擁壁を昇り降り)しなければ踏破できないと思われます。
26,7562017-09-25 22:27:11/road/wpr230/main3.html10
S33と現在の地図を比較して・・・r230とR168の分岐点から、R168地図で北のほうに進み、道が西に向かうあたり。S28とS33の地図だとトンネルがありますが、現在の地図だとないように見えますね。
26,7542017-09-25 20:12:57/road/wpr230/main3.html10
決壊箇所を落石防止ネットを伝わって通過していたらと思うと・・・旧石垣とは逢えないままだった可能性が・・・ナイス判断でした!
26,7532017-09-25 18:41:47/road/wpr230/main3.html10
県議会での質疑を読むと、佐野には新宮市の拠点病院やレジャー施設もあり、新たな都市開発の中心とみなされていることも、県道230号延伸の大きな理由に挙げられているが、
現状では佐野方面への林道整備も、崩落事故が多発したりして中断し、ままならない、という。
そんななか、26,708氏が参照された紀南新聞の記事にあるとおり、佐野への延伸についての二階俊博議員の「手を緩めることなく一気にやりましょう」という発言には、とても力強い言霊が込められている、といえるだろう。
二階氏が中央政局で頑張っている姿の心(うら)には、このような地元の代表としての、譲れない気持ちの強さがひしひしと感じられる。
現存の、道路に強い政界の大物である二階氏に、ヨッキ氏が面会したら、どんなことがおきるだろうか。県道213号線のレポート以来、ますます興味をそそられております。
26,7522017-09-25 16:44:42/road/wpr230/main3.html10
その碑は材木商の「玉置藤太郎」氏関連っぽいですね。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/911430/151
26,7502017-09-25 16:12:26/road/wpr230/main3.html10
https://ameblo.jp/hiho-haiko/image-12069509153-13415691925.html

残念ながら、学校だったようですな……

少し離れた相賀八幡神社に「開通記念」という石碑があるみたいですが

http://www.henari1.jp/sps-30-001.files/image005.jpg

高田相賀線とは関係なさそうですねぇ……
26,7492017-09-25 15:19:24/road/wpr230/main3.html10
旧旧道の石垣には鳥肌でした。紀伊半島大水害を受けた那智川でも、ある箇所ではコンクリート製の堤防部分が基礎から流出し、隣り合う明治以前の石垣が崩れず残っていました(いまは全てコンクリートで覆われました)。 塩見峠、20年前に遠足で歩きましたが、当時健在だった製紙工場の植林地でもあり、整備が行き届いていました。
…年末帰省の際、他の方がまだ行かれていないようでしたら、石碑見てきますよ。
26,7482017-09-25 15:11:12/road/wpr230/main3.html10
文字通り道路の中の道路出タ━━━(゜∀゜)━━━
東京から2泊3日の行程で訪問するのに丁度良いか
26,7422017-09-24 18:04:42/road/wpr230/main2.html9
>>今ここに露出しているゴツゴツとした川岸の岩場は、人が手を加える以前の天然の風景を思わせるものだ。美しいが、道の姿とは相容れない。
>>人は長い年月の間に、石垣やコンクリートの擁壁でもって岩場を埋め立て、その上に道幅を確保してきたのだが、数日の洪水が全てを取っ払ってしまった。
橋があったと思しき辺り川が削ったのは人が土木の力を以って作った道だけなのだろうか
人に分捕られた領域を削って取り返すに削り過ぎたのではないだろうか?
26,7362017-09-23 10:51:13/road/wpr230/main2.html10
道路探索の鉄則
「川沿いの旧道があったら崩れていると思え」
レポート中でヨッキれんはとぼけてるけど、内心ちょっとは期待してたでしょ(*^_^*)期待以上のものだったでしょうが

2ページ中 1ページ目を表示(合計53件)    1 | 2    [次のページ]  

この画面の説明