http://yamaiga.com/tunnel/kamikita/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.69点 / 投票回数 2173人)

2ページ中 1ページ目を表示(合計57件)    1 | 2    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
32,1042019-07-08 00:33:25/tunnel/kamikita/main5.html10
こんばんは!山行がのレポの中でこの田代随道の記事が一番強烈な印象を持ってまして。よく読み返しています。
 これからも体調にはお気をつけてレポをお願いします。
 いつもお身体大事になさって下さいです。
31,8102019-05-21 23:46:06/tunnel/kamikita/main5.html10
Good.
31,4172019-03-28 16:15:38/tunnel/kamikita/main5.html10
まさか突破するとは恐ろしいですね・・・行ってみたい場所だったので凄くドキドキしながら読めました。
30,8752019-01-17 15:48:20/tunnel/kamikita/main5.html10
「観光客向けの遺構見学ツアーの実現可能性を検討する」視察が行われたそうです。
さすがに隧道の通過は行われなかったようですが、隧道内の水の処理施設等が稼動している模様。
上北鉱山の元従業員ら、閉山後の遺構視察
東奥日報2018/10/5
https://this.kiji.is/420924882290230369
30,7882019-01-04 00:57:57/tunnel/kamikita/main5.html10
しゅごい
29,3682018-07-06 18:39:09/tunnel/kamikita/main5.html10
あんな所絶対に行かねぇ。
28,6962018-04-29 23:22:55/tunnel/kamikita/main5.html10
古写真に写っているトロッコを牽引していた機関車ですが、形状から見て加藤製作所制ではないかと思われます。〈大井川鐵道井川線にもこれを大型化したような機関車がいた記憶が〉また線路幅は見たところ鉱山の専用線に多く見られた2フィートゲージ〈610ミリ〉のようです。
28,1502018-03-07 16:59:06/tunnel/kamikita/main5.html10
感動しました。
27,8942018-02-13 11:04:06/tunnel/kamikita/main5.html10
明治時代の八甲田山の遭難事件について調べてる中で辿り着きました。
事件の影響でとにかく過酷な地域って印象があったのですが、
思わず鉱山の歴史も知ることが出来て、たいへん興味深かったです。
自分にはこんな冒険とても無理!なので、決死の探検行、つくづく、御苦労様でした、そして、貴重なレポートありがとうございました。
26,3572017-08-21 07:21:11/tunnel/kamikita/main5.html10
クレイジー
25,8072017-06-03 10:32:09/tunnel/kamikita/main5.html10
奈良県諏訪明 知りませんでした。田代新湯をさがしに昨年訪問し見つけられず退散。今年の今月伺う予定だったのですがまだがあるとの事再度計画中。
25,5942017-05-04 15:04:46/tunnel/kamikita/main5.html10
正気の沙汰じゃねぇ…(賛辞)
25,4662017-04-13 18:55:37/tunnel/kamikita/main5.html10
5歳ぐらいまで住んでいました。私も乗ったんですかね?ハラハラドキドキしながら読ませていただきました。
25,1562017-03-10 03:08:50/tunnel/kamikita/main5.html2
見てる人が望んでる隧道探索では無い気がします。
危険なのを望んでる訳では無いんです。
レアだったり浪漫溢れる由来や経緯があったりそう言う物を望んでます。
危なければ良いと言う考えに行かないで欲しい所です。
25,1232017-03-07 14:59:14/tunnel/kamikita/main5.html1
青森十和田湖自転車道線(青森市区間)でコメントした24766番です。
田代隧道の入口、行ったことあります。八甲田温泉からの直線道路の舗装路が砂利道になってすぐ、つづら折りの登りになる手前を右に入った奥ですよね。右に入ってすぐ、両側のカラマツ林は青森高校の学校林です。学校林と言っても遠足で行くとかではなく、林野庁と青森県の分収林で、昭和39年に植林しました。青森市大字駒込字北駒込山国有林 202林班 は3・は4小班です。学校林の巡回に行ったときに見つけたのですが、てっきり鉱山の廃鉱跡だと思っていましたが隧道だったとは。でも今回のは危険すぎです。
24,5122016-12-26 15:00:47/tunnel/kamikita/main5.html10
す…すごい…
青森県西目屋村村にも水上隧道というのがあるんです。来て欲しいですが、全ての意味で行けるのか…
24,1432016-11-04 23:27:56/tunnel/kamikita/main5.html10
いや〜、強烈でした。もう何回拝見したかわからないくらいです。でも、命までは掛けないでくださいね。これからも応援しています!
24,1012016-10-22 15:16:07/tunnel/kamikita/main5.html9
あの写真の公開が来る日は、永遠に無いだろう...
23,5692016-08-28 20:17:39/tunnel/kamikita/main5.html10
最後の3行、公開から長年経った今でもなお本サイトの中でも際立って秀逸なフレーズ。大好きです!

でもくれぐれも無茶なさらぬよう。。。
22,3082016-03-27 03:02:24/tunnel/kamikita/main5.html1
優れた計画には必ず撤退線があるものだが 本件にはそれらを測定する行為が含まれていないため 1点。

この隧道に100回入って 1回でも生きて帰ってこれないとおもうなら この1回もいくべきではなかった。(他の記事もまったく同様である)

撤退することで評価されることは基本的にはないが
施行に関わった方々が死人を出したいと思って作業したわけもなく
先人の顔に泥を塗る恥ずべき行為だと思う。

20,7612015-11-27 01:23:03/tunnel/kamikita/main5.html10
バカ‼(最大限ほめてますw)
20,1012015-09-18 23:04:04/tunnel/kamikita/main5.html10
日本一怖い隧道・・・。
19,6482015-08-14 01:21:07/tunnel/kamikita/main5.html9
酸欠なんかで絶対死ぬなよ!
19,4252015-07-18 20:33:09/tunnel/kamikita/main5.html10
酸欠……怖い……
19,0272015-05-30 12:13:08/tunnel/kamikita/main5.html10
昭和40年に発表された上北鉱山の地質調査論文です。
これによると、隧道内にも鉱脈の露出はあったようですね。

上北鉱山の地質鉱床―とくに上之沢鉱床について

宮島 建久1), 水本 久1)

1) 日本鉱業株式会社 上北鉱業所

https://www.jstage.jst.go.jp/article/shigenchishitsu1951/15/70-71/15_70-71_142/_article
18,5762015-04-19 14:09:30/tunnel/kamikita/main5.html10
無事でよかったです
18,1882015-03-08 23:10:49/tunnel/kamikita/main5.html10
大好きなレポの一つです。
途中に掲載されている旅客列車の写真、原典でモザイク無しのものを見てきました。「客車といっていいのかも分からない・・・」と書かれていましたが、あれはまぎれもなく貨車ですね(笑)。「グランビー鉱車」と呼ばれる、鉱山では一般的な貨車で、車体を横に傾けると側面が開いて、簡単に鉱石を降ろせるようになっているものです。鉱石用の貨車ですので、隧道の軌道が鉱山軌道と直結、あるいは隧道でも採掘を行っていた証拠になると思います。
あと、先頭の「カッコイイ」機関車、あれはバッテリー駆動でしょう。これも鉱山ではよく見られるものですね。
17,3412014-11-25 13:19:29/tunnel/kamikita/main5.html10
すごいですね。
昔近くを通った時は、露天掘りには興味なかったのでスルーしてしまいましたがレポにある洞内分岐にソソラレました。
もしかすると直ぐ上に露天掘り跡がある様なので一部坑内掘りもしていたのか、
グローリー跡なのかもしれませんね。
16,9312014-09-29 00:04:14/tunnel/kamikita/main5.html9
拝啓ヨッキれん。ヒヤヒヤのガクブルレポ 大変でしたね。
開通当時のバスの写真。いいですね。
1957年式TOYOTA DB75型ボンネットバスだと思います。
当時から希少なモデルでした!
FN- 14
16,3642014-07-27 23:43:43/tunnel/kamikita/main5.html10
今から40年位前の小学生の時ですが、谷地温泉へ母と湯治に1か月程滞在していました。毎日に退屈で5万分1の地図を見ては、廃坑になった上北鉱山のトロッコマークのトンネルに非常に興味を持っていました。一体どんなトンネルなんだろうーって。今回、その謎が解けました!ヨッキさん凄過ぎです!本当に臨場感を持ってドキドキしながら読んでました!ありがとうございました!

2ページ中 1ページ目を表示(合計57件)    1 | 2    [次のページ]  

この画面の説明