http://yamaiga.com/tunnel/ryugu/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.58点 / 投票回数 954人)

3ページ中 1ページ目を表示(合計86件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
31,4252019-03-29 01:38:32/tunnel/ryugu/main4.html8
 60才台を、古老とは失礼きわまりない。
31,2802019-03-12 11:37:37/tunnel/ryugu/main4.html10
より詳細になって良かったですね。
31,2742019-03-11 09:46:51/tunnel/ryugu/main4.html10
90年前の全体図、みごと現代に蘇りましたね。
あっぱれです。
31,2662019-03-10 13:00:15/tunnel/ryugu/main4.html10
戦前はまだ川砂利採取が盛んだったし、塩分を含む海砂はコンクリート骨材にするには脱塩のために洗浄作業を要するから、実態には「なるほど」。
文献がまとまって出てこないと推論だけじゃ厳しいですね。
31,2602019-03-09 21:44:51/tunnel/ryugu/main4.html10
短期間しか使わない設備だから一番費用の掛からない組み合わせだったのですね。
31,1602019-02-26 08:51:08/tunnel/ryugu/main3.html10
線路中央の黒い箱状に写っているのが蒸気機関車では…?
流石にこの遠景ではどこの何とまでは判別出来ませんが…。
31,1572019-02-26 02:16:13/tunnel/ryugu/main3.html10
読者から新情報が寄せられて、記事がまた豊かで面白いものになっていきますね。
31,1372019-02-25 18:36:46/tunnel/ryugu/main3.html10
「いわき市勿来地区地域史2」(いわき市勿来地区地域史編さん委員会、2013)のP292とP295に、トロッコ線の別の写真が掲載されているのを見つけました。
(P317にも公開済みの写真がありました)
同書P295より一部抜粋します。
「ここ(岩間)から小浜海岸までの1.6劼隆屬砲蓮∈粛輸送のため専用軌道が敷設され、ガソリン機関車がトロッコを牽引して往復した。
竜宮岬には隧道が掘削された。さらに、小浜港に設けられた桟橋から、運搬船で小名浜港へ運ばれた。」
31,1292019-02-24 18:34:26/tunnel/ryugu/main3.html10
テスト
31,1272019-02-24 00:56:41/tunnel/ryugu/main3.html10
写真の威力すごい
31,1232019-02-23 23:17:27/tunnel/ryugu/main3.html10
追記の内容濃い。
31,1222019-02-23 21:26:32/tunnel/ryugu/main3.html10
いわき市役所は合併50周年記念で市のサイトにいわきの今昔を集めたサイトがあり、土木施設についても多く掲載されています。いわきは廃線が目立ちますが、県内有数の車依存都市だけに旧道、旧橋も面白いです。
31,1182019-02-23 11:13:37/tunnel/ryugu/main3.html10
スバラシイ!あなたの努力が招き寄せた写真ですね。
31,1162019-02-23 10:43:17/tunnel/ryugu/main3.html10
すっきりしました!満潮時に水没しそうな砂地に機関車は無理そうですので、隧道までは手押しで行き、隧道へはジェットコースターの要領で押し上げてやれば手押しで行けないこともなさそうですね。
31,1152019-02-23 01:12:47/tunnel/ryugu/main3.html10
古、古写真が、あった、だとぅ…?
すごい、本当にあったんですね!
提供者様に心から感謝します‼

豆相人力軌道の時も感じましたが、古い絵葉書は記憶と記録をパッケージしたタイムカプセルみたい。
特に交通遺構の類はよく収録されるみたいで、今回もラッキーでしたね!
(うちの地元も絵葉書に色々と残されていて、開通直後の駅の姿や、『例の』絶壁のバス道などは感慨もひとしおです。)

それにしても、トロッコ軌道がまさかの大規模で動いていた!何という光景でしょうか!
さすがに、石碑の写真までは無いものねだりでしょうが、ラッキーついでに、坪井沢のトロッコの写真も一枚くらい出てこないかなあと、言霊を信じて(笑)書いておきます(笑)。(お)
31,1132019-02-22 21:29:58/tunnel/ryugu/main3.html10
絵葉書拡大画像の線路上、一番手前の黒い車体はおそらく動力車とみて良いかと思います。昭和10年代でしたらこのようなガソリン動車はそれなりの数が大規模土木工事や砂利取場で使われていたでしょうから。
31,1112019-02-22 19:15:43/tunnel/ryugu/main3.html10
凄い!古写真って、大事ですね。
31,1092019-02-22 13:20:57/tunnel/ryugu/main3.html10
思わず感激して踊っちゃいました! 写真が発見された追記がとてもいいですね。写真の説得力も大きいのですが、一緒に体験しているような錯覚をおぼえました。この写真の前と端的な記述がそうさせたんだろうなあと思います。ゾクゾクしちゃった(・∀・)記事です。
31,0242019-02-09 19:39:15/tunnel/ryugu/main3.html10
はじめまして 岩間にトロッコトンネルがあったとは・・・ 勉強になりました。 
31,0202019-02-09 14:53:34/tunnel/ryugu/main3.html10
遠めに見た時から、うちの製品っぽいなー、と見てましたが、名前を聞いて爆笑しました。
ご紹介ありがとうございます。発電機器屋デス。

常磐共火さんは、炭田亡き後も、最先端を行く「石炭」火力発電ですので、お間違いなきよう。
イワユルえねるぎーせきゅりてぃです。

ふと気づいたのですが、トロッコの技術も炭鉱の転用なんじゃないでしょうか。
ちょっと守備範囲とは異なられるかもしれないですが、山陰・筑豊・瀬戸内西部あたりにも、似たような展開があるやもしれませんね。
西日本来られる機会あればお手伝いしますよ。
31,0032019-02-07 18:41:39/tunnel/ryugu/main3.html10
手彫り・・では無いよね?

岩間側の「道無し」は困るけど、
観光資源・歴史的資源としては
とてもよいかと。
30,9912019-02-05 20:53:17/tunnel/ryugu/main3.html10
いわきに住んでるけど、知らんかった。
30,9902019-02-05 20:25:28/tunnel/ryugu/main3.html6
軌道は思ったよりも古いものだったのですね。
しかし、海岸沿いの他の穴も気になりますね…。
30,9852019-02-04 22:57:53/tunnel/ryugu/main3.html8
膝下の波でも引かれると帰って来れなくなる事があります。ほどほどに
30,9842019-02-04 18:11:23/tunnel/ryugu/main3.html10
歴史の重みに合掌…
30,9832019-02-04 15:05:44/tunnel/ryugu/main3.html10
工事用の仮設トロッコ軌道という、言わばちっちゃい話から、
そこに紡がれた歴史を相変わらずの手腕で掘り起こされていて
素直に惹かれるレポートでした。

当時トロッコを押していた方が、老人ホームか何処かの窓から
今でもこの海岸を眺めていてくれたらいいな、などと少しだけ思いました。

それにしても、日本の行政は記録はともかく「記憶」を残す事には
あまりに不熱心に過ぎるような気がします。仕方ない事とも思うのですが
今回も資料集めには苦労されたようで、いろいろとお察しします。
30,9822019-02-04 12:43:10/tunnel/ryugu/main3.html10
厳寒期の水濡れは死ぬほどツラい。おつかれさまでした〜
30,9812019-02-04 12:35:27/tunnel/ryugu/main3.html10
もう一歩届かない、もどかしいですが、起源がはっきり判らないというのイメージが膨らんで良いものですね。
30,9802019-02-04 12:03:11/tunnel/ryugu/main3.html10
まさに「土地の記憶」を探るためにヨッキさんは探索してるんですねえ
30,9792019-02-04 11:44:28/tunnel/ryugu/main3.html9
この場合の謎は永遠にわからなくてもいいと思います。わかった時にはこのトンネルは崩れて消えそうで悲しい

3ページ中 1ページ目を表示(合計86件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  

この画面の説明