http://yamaiga.com/tunnel/ryugu/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.56点 / 投票回数 664人)

3ページ中 1ページ目を表示(合計68件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
31,0242019-02-09 19:39:15/tunnel/ryugu/main3.html10
はじめまして 岩間にトロッコトンネルがあったとは・・・ 勉強になりました。 
31,0202019-02-09 14:53:34/tunnel/ryugu/main3.html10
遠めに見た時から、うちの製品っぽいなー、と見てましたが、名前を聞いて爆笑しました。
ご紹介ありがとうございます。発電機器屋デス。

常磐共火さんは、炭田亡き後も、最先端を行く「石炭」火力発電ですので、お間違いなきよう。
イワユルえねるぎーせきゅりてぃです。

ふと気づいたのですが、トロッコの技術も炭鉱の転用なんじゃないでしょうか。
ちょっと守備範囲とは異なられるかもしれないですが、山陰・筑豊・瀬戸内西部あたりにも、似たような展開があるやもしれませんね。
西日本来られる機会あればお手伝いしますよ。
31,0032019-02-07 18:41:39/tunnel/ryugu/main3.html10
手彫り・・では無いよね?

岩間側の「道無し」は困るけど、
観光資源・歴史的資源としては
とてもよいかと。
30,9912019-02-05 20:53:17/tunnel/ryugu/main3.html10
いわきに住んでるけど、知らんかった。
30,9902019-02-05 20:25:28/tunnel/ryugu/main3.html6
軌道は思ったよりも古いものだったのですね。
しかし、海岸沿いの他の穴も気になりますね…。
30,9852019-02-04 22:57:53/tunnel/ryugu/main3.html8
膝下の波でも引かれると帰って来れなくなる事があります。ほどほどに
30,9842019-02-04 18:11:23/tunnel/ryugu/main3.html10
歴史の重みに合掌…
30,9832019-02-04 15:05:44/tunnel/ryugu/main3.html10
工事用の仮設トロッコ軌道という、言わばちっちゃい話から、
そこに紡がれた歴史を相変わらずの手腕で掘り起こされていて
素直に惹かれるレポートでした。

当時トロッコを押していた方が、老人ホームか何処かの窓から
今でもこの海岸を眺めていてくれたらいいな、などと少しだけ思いました。

それにしても、日本の行政は記録はともかく「記憶」を残す事には
あまりに不熱心に過ぎるような気がします。仕方ない事とも思うのですが
今回も資料集めには苦労されたようで、いろいろとお察しします。
30,9822019-02-04 12:43:10/tunnel/ryugu/main3.html10
厳寒期の水濡れは死ぬほどツラい。おつかれさまでした〜
30,9812019-02-04 12:35:27/tunnel/ryugu/main3.html10
もう一歩届かない、もどかしいですが、起源がはっきり判らないというのイメージが膨らんで良いものですね。
30,9802019-02-04 12:03:11/tunnel/ryugu/main3.html10
まさに「土地の記憶」を探るためにヨッキさんは探索してるんですねえ
30,9792019-02-04 11:44:28/tunnel/ryugu/main3.html9
この場合の謎は永遠にわからなくてもいいと思います。わかった時にはこのトンネルは崩れて消えそうで悲しい
30,9782019-02-04 09:29:02/tunnel/ryugu/main3.html10
ああ完結ですか…。
終わって欲しくはないけど、隧道の来歴や往時の姿も知りたい。
その意味では、資料の少なさがなんとも歯痒いですね。貴重な証言をくださった古老のおふたりはGJでしたが。
閲覧でき得る限りの資料をしらみつぶしにあたられたヨッキさんの情熱に、いつもながら胸が熱くなりました。

昭和元年前後にお生まれの方なら(今90代)、昭和7〜8年当時は小学生?またはもっと上の年代の方でも、ギリギリ日記とかスクラップ帖とか残していらっしゃるのかも?欧米の公文書館は個人の記録も蒐集するらしいですが、この仕組みが日本にもあったら良かったのにな〜。隧道工事の記録が、市井には人知れず埋もれているやもしれません。『●月○日、きょう、小浜の砂浜に、ずい道こうじを見にゆきました。』…みたいな。もしかしたら謎な石碑のことも。
てか、一番あって欲しかったのは、文書保存の施設ではなくタイムマシンですかね(笑) (お)
30,9772019-02-04 09:21:05/tunnel/ryugu/main3.html10
来歴が謎、って云うのもまぁ有りですねぇ。色々無想して浪漫だわ。
30,9762019-02-04 02:33:22/tunnel/ryugu/main3.html10
岩間側の坑口の高さについて推論です。「おじさん」氏のブログの写真 https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-78-3e/h_yamame/folder/766575/50/31838850/img_1?1262971748 によると、以前はほぼ坑口レベルまで砂浜があったと見受けられます。これはヨッキ氏の「砂浜が痩せていった」の記述とも符合します。もしくは震災の津波で一気に砂が流れたのかもしれません。ね。
だとすればこのレベルに碑があったというのも不自然ではない気がしますね。
30,9752019-02-03 23:40:15/tunnel/ryugu/main3.html10
初めまして。
私の住んでいる場所のすぐ近くで、道路も何度も通っています。震災前とは周囲の状況も大きく変わっているなかで、こんな遺跡があることを初めて知ってびっくりです。
30,9732019-02-03 23:11:08/tunnel/ryugu/main3.html9
トロッコ運用写真が見つかることを期待します
30,9722019-02-03 22:30:17/tunnel/ryugu/main3.html10
なかなか興味深いレポート。いろんな事が秘められていたんですね。
30,9712019-02-03 19:29:22/tunnel/ryugu/main3.html9
おお,建設中のIGCCの様子をこんな所でみれるとわw
石炭のみに頼らないとは云いましても主力は石炭火発なんで一寸違和感。
それは兎も角これ木が折れたりしたら戻って来られずに死ねません?まあ割と太そうだし最悪工事現場に泣きつけばいいか。
30,9702019-02-03 18:16:03/tunnel/ryugu/main3.html9
「高潮+満潮」じゃなくて「大潮+満潮」では?
30,9642019-02-02 01:37:46/tunnel/ryugu/main3.html10
水濡れもいとわず海に入る!
30,9622019-02-01 22:53:18/tunnel/ryugu/main3.html10
岩間側坑口横の“窪み”は、本来の桟橋ルートが不安なので桟橋に頼らないルートを造ろうとした名残、という気がします。
もし完成していたら、ヨッキさん歓喜の「隧道内分岐」があったかも?
30,9612019-02-01 21:43:09/tunnel/ryugu/main3.html10
寒そう…。
30,9602019-02-01 18:54:54/tunnel/ryugu/main3.html10
荷物を積んだトロッコを押さなくてもいいようにトンネルが片勾配になっているのですね。
30,9592019-02-01 14:46:28/tunnel/ryugu/main3.html10
入水にならないで良かったですね
30,9582019-02-01 14:04:15/tunnel/ryugu/main3.html8
出た坑口の真下が海ってことは…
泥水や砂が流れ出した所でよそ様の土地に迷惑を掛ける恐れが無いな
遠慮なく排水しようぜ
30,9572019-02-01 12:41:53/tunnel/ryugu/main3.html9
一本橋アイテムラッキーゲットでしたね。隧道出口の上部から滝のように水が落ちてくるようですので、丸太橋が嵌っていた縦溝も排水溝なのではと考えました。堆積した土砂も上の山から落ちてきたものでしょうね。
30,9522019-01-30 18:22:13/tunnel/ryugu/main2.html10
変な形の水の溜まった待避坑は作業員が水を飲んだり手や顔を洗ったりする場所だったのではないでしょうか。
30,9492019-01-30 09:21:05/tunnel/ryugu/main2.html10
にゃ〜ん…
30,9482019-01-30 01:22:28/tunnel/ryugu/main2.html10
トンネルを抜けるとそこは行きぐにぃであった

3ページ中 1ページ目を表示(合計68件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  

この画面の説明