http://yamaiga.com/tunnel/shimashima/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.73点 / 投票回数 2878人)

12ページ中 1ページ目を表示(合計345件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 ... 12    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
52,5162023-09-13 18:46:47/tunnel/shimashima/main7.html10
現代的なトンネル、1車線、坂道、砂防ダム完成後の思惑は、観光を兼ねた、ダム&渓谷美の妙。社会見学。遠足ーーー。それより、オブローダー真っ青、職業的山岳地質調査部隊。トラロープ、他をかついで、地獄の急斜面を下降。。。
どんな人がこの任務を請け負っているのかっっ。
そして、計画が中止になってないやんか。ええーーーっっ
平沼さん、全く、変なトンネルとともに、なんか、暴いてしもうたね。。。右岸試掘こう(Windowsじゃないから、変換してくれない。「こう」)のたどり着いた時は、ほっとしたで。素人でもワサビトンネルまではいけそうやね。
51,9132023-06-20 14:05:24/tunnel/shimashima/main7.html10
探検のレポートとしてだけでなく、読み物としても素晴らしい出来でした。
51,5312023-03-14 17:42:49/tunnel/shimashima/main7.html10
数年前亡くなった祖父が松本の営林署(現在では森林管理署でしょうか)で技師として働いていて、かつてはこの島々谷でも仕事をしていたと耳にしました。祖父の目にはどのように島々の景色が映っていたのか今となっては窺い知ることは叶いませんが、自然も生活もなにかしらの保全の上で成り立っているという現実の片鱗をこのレポートで目の当たりにできました。
もし今年のウェストン祭で徳本峠山行が催されるのであれば、島々谷の自然と地域を守る砂防の施工物を楽しみに訪れようと思います。
49,9282022-06-04 20:00:56/tunnel/shimashima/main7.html10
長い!しかし最後まで読ませる!すごいですね。
47,6652021-05-14 00:19:22/tunnel/shimashima/main7.html10
臨場感にあふれ、手に汗握る素晴らしい探険レポートでした。ワサビ沢のことを知ったのは、2012,3年頃の共通テストに取り上げられてたからですが、その美しい名前の場所にいつか行ってみたいと思っていたところ、このような素晴らしいレポートのおかげで行かずして楽しめました。ありがとうございました。
47,4212021-04-09 14:24:02/tunnel/shimashima/main7.html10
道を探索していく上での盛り上がりと道を取り巻く状況についての調査、とても面白くて山行がを代表するレポートといっても過言ではないと思いました!
47,3622021-03-28 18:51:15/tunnel/shimashima/main7.html10
島々谷ってやっぱスゴいんだナァ···。あと“SD”···。最近は見なくなったけど、前は寝てる夢でSDみたいな穴を通り抜けると東京みたいな大都会に通じていて···、みたいなのを良く見たヨ。長野県トヤ
47,3472021-03-28 01:31:04/tunnel/shimashima/main7.html10
昨今の土石流災害において、通常の砂防ダムでは流木被害を防ぐことが難しく、透過型(鉄骨を網状に組み合わせた形)の方が流木の流出を防げるので、下流の橋梁破損などの被害を減らせるそうです。件の代表も透過型を是としているので、防災と環境保全も両立できるかもしれませんね。しかしSDのセンスはずるいw誰が書いたんでしょ…
47,3432021-03-27 15:49:19/tunnel/shimashima/main7.html10
いつも楽しく拝見しております。廃道だけでなく町や遺構の歴史と現況も解説されており読みごたえがあります。これからも健康と安全と法律に留意して廃道探索に取り組んでください。
46,8702021-02-03 22:27:54/tunnel/shimashima/main7.html10
異様なトンネル巡り、SDで爆笑、ハラハラする試掘口探検、遥か昔の林鉄跡…からの、まさかの小泉総理や田中知事まで登場する国を巻き込んだ壮大かつ社会派な内容になるとは…
46,8342021-01-31 15:49:52/tunnel/shimashima/main7.html8
スマホから閲覧しています。広告が画面の半分を占有していてとても見づらいのが残念です。
46,7992021-01-29 02:38:34/tunnel/shimashima/main7.html10
唐突な行き止まり→対岸に見える気になる穴…どうなるんだろうとドキドキしながら読ませていただきました。最後はなかなか難しい問題になりましたね。ところで、トンネル内の勾配についてなのですが、地面にスマホ置くと(?)そこの勾配が表示されるみたいなアプリ(だと思う)を使用されてる方がいます。その画面を撮れば写真で伝わりにくい勾配の加減が読む方にも伝わりやすいかなと読んでいてふと思いました。
46,7742021-01-26 20:19:40/tunnel/shimashima/main7.html10
はじめてコメントします。私は県内の人間ですが、大学生の頃、渓流釣りでワサビ沢トンネルには何度か行きましたので、懐かしく拝見しました笑トンネル下にあった林鉄跡はしばらく上流まで確か続いていましたよ。一緒に行った友人曰く、少なくとも支流のワサビ沢あたりまではあったようです。ちなみに島々谷のとなりに水殿川がありますが、こちらも上流のほうに林鉄跡がありましたよ。
46,2242020-11-23 16:14:09/tunnel/shimashima/main7.html10
素晴らしい!心に残る労作です!
46,2152020-11-20 21:40:25/tunnel/shimashima/main7.html10
本日、熊本県の川辺川ダムの認可申請が熊本県知事より国交省へと提出されました。清流と鮎を護るという大義名分の下に大水害で人を殺してなお意固地になっていた県知事が突如変節したものですが、透過型のダムへのグレードダウンを求めての建設容認ということで、まっ先にここを思い出した次第であります。そこまではただ「何となく思い出しただけ」だったのですが、その後にNHKのニュース番組でこの話題を見ていたところ、その中での川辺川の空撮映像の中にバッチリ“川辺川版SD(滑り台)”がぽっかりと大口を開けているのが映し出されて飛び上がりました。既に仮排水路は完成しているようなのです。遥か遠くの九州にありながら、島々谷6号と同じ運命を辿るはずだったトマソン物件は一発逆転ホームランで本来の役目を果たせる事になりました。再設計や事前準備などまだまだ時間はかかろうかとは思われますが、未着手の今なら容易に近付けそうです。明らかな水路の穴には萌えないと仰いますが、今後本来の意味で活躍し、そして確実に塞がれるのが約束された穴です。熊本県は確かに遠すぎる距離ではありましょうが、もし何かの拍子で九州入りなんて事がありましたら、是非立ち寄ってみてもらいたいものです。駄文を長々と失礼いたしました。
46,1022020-11-08 16:24:22/tunnel/shimashima/main7.html10
導入から正直期待薄で読み始め、なんでこれが6回以上掛かるレポなのだろうと思いつつ次第に引き込まれて一気に読破しました。紅葉狩りの「緩」も蛇足では無いしSDの複線回収には歓喜。「発見」「成果」のみを示すのではなく、探索とその間の心情までもが追体験できるレポートにいつも感服です。ご安全に。
46,0742020-11-05 15:38:17/tunnel/shimashima/main7.html10
右岸の試掘横坑で、『今度は天井に、本物のコンクリートが打ち込まれた部分が二つ現われた。しかし、目的は不明。』について、地質技術者としてコメントします。これは、地山の強度を把握するために行う、『岩盤せん断試験』を実施する際の、ジャッキをあてがう箇所の補強部と思われます。試掘横坑は、このような試験や計測を行うために掘られた横穴です。
46,0522020-11-01 18:42:00/tunnel/shimashima/main7.html10
私もだいぶ前から地形図を眺めてワサビ沢トンネルがすごく気になったんですが、まさにヨッキさんが!謎が解かれて敬服します!
46,0142020-10-27 23:10:36/tunnel/shimashima/main7.html10
ヤバいです。プロの冒険家バンザイ!
46,0022020-10-24 22:01:05/tunnel/shimashima/main7.html10
最後に環境保護団体の活動から、あの田中知事まで登場するなんて、あの穴に気を取られていたときには全く思いもしない展開でした。
45,9802020-10-23 00:47:59/tunnel/shimashima/main7.html10
お疲れさまでした。文豪よっき氏の小説家顔負けの文脈にハラハラしながら読みました。冒険を忘れた現代人の忘れた何かを思い出させる作品と思います。当然10点。
45,9602020-10-20 15:59:33/tunnel/shimashima/main7.html10
当初計画の普通の砂防ダムだと、埋まったら平地と崖が残るだけで、その後土石流があってもスルーするだけで下流被害を防げない谷を作るだけなんですわな。そういう埋まった砂防ダムを、日本海側の県ではよく見ます。昭和40年代までに頻発した土砂災害を根拠に計画されることが多いものの、その頃のような皆伐型の森林伐採はもう少ないし、島々谷も大規模地滑りでもなければ災害原因は皆無で、実際今でも人が住んでいる里へは無関係、仕事を作るための計画でしかなかったように思います。当時から言われていたのは、三郷スカイライン接続の回遊観光道へのもくろみだろうということなので、ある意味仕事を作るというのは当たりかも。私は2006年に終点まで自転車で行きましたが、崩れたところも無く、楽々の道だった記憶があります。
45,9392020-10-18 03:45:01/tunnel/shimashima/main7.html10
公共土木工事を空気のように意識せず暮らしている中で、こういう事例を見るととても考えさせられます。面白かったです。
45,9382020-10-17 22:48:12/tunnel/shimashima/main7.html10
壮大な税金の無駄を感じました。
45,9302020-10-16 22:14:24/tunnel/shimashima/main7.html8
一部の大声で喚く連中によって行政が振り回されるのにはウンザリですわ。
45,8882020-10-14 01:33:14/tunnel/shimashima/main7.html10
渾身のレポートでしたね。腱鞘炎はよくなりましたか。素朴な疑問として、なぜ北谷だけに巨大な砂防ダムが必要で、南谷には不要なのかな、と思って読み進めていました。第2回で崩壊地が出てきたので、北谷だけ崩れやすい地質なのだろうとそのときは納得しましたが、机上調査によればトンネルのずりが崩れたものということ。そうなってくると、この地には大規模な崩壊を誘発するような事業が計画されているのではないか(斜面に島々谷林道?)などと考えてみたり、あるいは、砂防ダムという名目で作って、実は発電用に使うことを想定しているのではないかと疑ってみたり。ちょっと妄想が行き過ぎかもしれませんが、いろいろ考えてしまうレポートでした。積み残しの課題(林鉄、林道)もあるようなので、いつの日か再訪のレポートも楽しみにしています。そのときは、今回発見できなかった試掘坑を発見できたら、入らなくていいので写真くらいは見せてください。ほかのかたも指摘していますが、トップページの記述が「まいに・ちみちこ」(笑)になっています。お茶目なんで登録しちゃいました。よっきさんの取り分は多くはないだろうと想像するので、今度は是非書籍かDVDも新しいの出してください!
45,8842020-10-13 20:43:29/tunnel/shimashima/main7.html10
確かに、人間が自分の利益のために自然の変革を欲しいままにすることは(とっくに)考え直す時期に来ていますね。使い古された言葉ですが、地球は人間のためだけのものではないのですから。地球にとって、人間がウイルスのような手に負えない生き物になってはいけないと思います。
45,8812020-10-13 16:47:43/tunnel/shimashima/main7.html10
>>36136意味不明。私は田口氏の主張とFacebookのリンクを貼っただけですが。成田とか一言もいってません。日本語読めてますか?
45,8722020-10-13 10:28:28/tunnel/shimashima/main7.html10
今回の結末は観光道路事業の中止とは違った考え方をさせられました。同じ長野県民の方のコメントを読むとたしかになぁ…と考えるものがあります。自然がどう猛威を振るうのかわからなくなってきたこの2020年代という現代で、自分も環境破壊反対という立場と完全なる治水対策という立場どちらの側にも立てずにいます。
45,8672020-10-13 01:26:50/tunnel/shimashima/main7.html8
そうか 当初計画どおりに42mの不透過型ダムを作っていたら堆砂域の上端はワサビ沢出合手前の緩傾斜な谷底付近まで伸びるんだ。だからワサビ沢とは離れているのにワサビ沢トンネルと名付けた ということなの か?このレポの机上調査は、工事中断(遅延?)の経緯には触れていますが、表題のワサビ沢トンネルやその建設動機である砂防堰堤の当初設計や施工に関する情報にほとんどタッチできていないという点で片手落ちな印象が拭えませんけれども、資料が容易に入手できないのなら無理に追いかけるほどの事でもないといえばない かなぁ?反対運動をした人がスペックを把握しているということは、何らかの形で資料が公開されてはいる筈ですが…。>“試掘坑如き”をもう一度探しには行きませんけど。とは言っても、林鉄を見に行ったらスルーはできないんじゃないかナ。 レポになるかは別として。

12ページ中 1ページ目を表示(合計345件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 ... 12    [次のページ]  

この画面の説明